認知症施設に入りたがらない。 「老人ホームに入りたくない」と言われたらどうすればいい?

認知症による入居拒否

認知症施設に入りたがらない

認知症の母親がお風呂に入らない言い訳 理由を聞くと「面倒くさいから」だそうです。 お風呂に入らないから、着替えもしません。 昼間も寝るときも同じ服装です。 お風呂に入るまで着替えません。 1週間や2週間、お風呂に入らないのは当たり前です。 当然、体臭がきつくなり、私が注意すると「お風呂に入らなくても、誰にも迷惑かけていない」と開き直ります。 母のお風呂対策 その1 私が実家に行っている時に、お風呂を沸かし強制的にお風呂に入れました。 この対策は失敗でした。 母は、娘である私に命令されることに、抵抗があるようでした。 最初の数回はお風呂に入りましたが、そのうち「具合が悪いから」「風邪気味だから」などと理由をつけて、お風呂に入るのを嫌がるようになりました。 考え方を変えてみる 母は、自分に興味がないことは「面倒くさい」と思ってしまいます。 これは、気力がなくなるという、認知症の母の症状です。 反対に、自分が興味があることは、すすんでやります。 私は、母の興味がありそうなことと、お風呂に入ることを関連づけさせることにしました。 母のお風呂対策 その2 母をお風呂があるデイサービスに行かせることにしました。 でも、当時足が痛いと言って、ほとんど外出することはありませんでした。 デイサービスに行けば1日中、母の大好きなおしゃべりがし放題です。 脚が痛くても、玄関まで車椅子でお迎えにきてくれます。 そして、何より専門のスタッフさんが、毎回巧みな話術で母をお風呂に入るように誘導してくれます。 母は、デイサービスに行くのが楽しみになりました。 更に良いことに、デイサービスに行くために、お洒落をしたり、お風呂に入る時に恥ずかしいからと、下着にも気を配るようになりました。 お風呂に入らない、着替えないは認知症の症状です。 そんなときは「お風呂に入らないことは、いけないこと」ではなく、お風呂に入ることと、興味のあることを関連づけさせて、説明されてみてはどうでしょう? 考え方や症状は、人それぞれですが、私の母の「お風呂対策」参考になれば幸いです。

次の

【専門家が回答】老人ホームの入居を拒否する親を説得したい|老人ホームのQ&A集|LIFULL介護(旧HOME'S介護)

認知症施設に入りたがらない

在宅介護はどこまで可能か そもそも在宅介護がどの段階まで継続できるのか?という問題は、本人の介護度や認知症の度合い、在宅で世話をする家族の生活形態によります。 そのため、限界ギリギリの段階まで放っておかず、早いうちから将来的な施設入居を想定しておくことも必要です。 今は在宅介護が出来ている状態としても、介護者が倒れてしまったり、体調次第では介護を続けることが難しい場合もあるので、訪問介護などの在宅サービスや、デイサービス等を併用し、本人には家族以外の人にも「介護」に慣れてもらうことも大切です。 また、本人が納得しない状態で老人ホームへの入居を無理に進めてしまうと、家族に対し「捨てられた」、「騙された」といった感情を抱き、家族間の関係が悪化してしまうこともあります。 なぜ入居を拒否するのか、その原因を確認 老人ホームへの入居を本人が拒んでいる場合、まずその理由を把握することから始めましょう。 歳をとってから生活環境が変わることは誰しも不安なもので、こうした感情を抱くことは決して特別なことではありません。 ですから、このような本人の思いに対して家族も安易に否定をしてはいけません。 老人ホームのどういった部分に対して不安をもっているのかを傾聴してください。 場合によっては、ケアマネジャーなど家族以外の第三者へ協力を求めることも良いでしょう。 家族が聞くだけだと身内としての思いが強すぎて、家族側の気持ちの押し付けになってしまったり、冷静なやりとりができなくなる可能性もあるからです。 本人に気持ちよく入居してもらうためのポイント いきなり老人ホーム見学に連れて行くことには抵抗を持つ方も多いので、パンフレットやホームページなど、具体的にイメージできる資料を見せることからはじめましょう。 実際にホームへ足を運んでみると一番よく分かるのですが、施設によって雰囲気もかなり違います。 まずは家族が複数個所のホームを見学し、「ここならキレイで雰囲気も良い」、「お父さんの好きな趣味の将棋ができる」など、本人に少しでも気に入ってもらえるポイントを見つけましょう。 ホームへの負のイメージを払拭する 老人ホームは姨捨山だ、という悪いイメージをお持ちの方には、とにかく暗いイメージを取り除く説明をすることが大切です。 一昔前とは異なり、比較的お元気なときから入居されている方も多く、ホーム内でのイベントやレクリエーションなどの楽しく過ごすために工夫を凝らすホームが多いということを、伝えてみましょう。 自宅を離れたくない方の場合 住み慣れた今の家に居続けたいという方には、段階を追って新しい環境を知ってもらうことが大切です。 まずは、老人ホームの試食会やレクリエーションへの体験参加から始まり、慣れてきたらショートステイや体験入居など、老人ホームでの生活を肌で体感してもらうと良いでしょう。 何度か足を運ぶ間に、顔見知りの入居者やスタッフもでき、馴染みやすくなることも期待出来ます。 焦らずに時間をかけることが大切です。 協力者を確保する 認知症で帰宅願望が強い方には、まず、スムーズに入居できるための協力者を確保しましょう。 老人ホーム側に、「認知症症状として帰宅願望が強い」という事情をまず説明し、入居のためのアドバイスを求めてみると良いでしょう。 認知症の症状がある本人に老人ホーム入居の説明をしたとしても、同意を得ることは簡単なことではありません。 ショートステイや体験入居を利用しながら、徐々に環境に慣れて「安心な場所だ」と納得してもらうために、家族とホームがしっかり連携することが大切です。 まとめ 本人の気持ちを理解し、家族の思いだけで行動しないことが大切です。 お互いに住むところが離れていても、家族を思いやる気持ちに変わりはありません。 入居に対して安心してもらうための言葉かけを、意識的にすることを心がけましょう。 パンフレットやホームページのようなイメージがわきやすい情報をもとに、実際に本人・家族の目で確認すること(見学、体験入居)によって総合的に判断することが必要です。 そのために、ケアマネジャーなどの外部の専門家等の協力者としっかり連絡を取りながらサポートしていきましょう。 あくまで主役はご本人ですから、家族としては冷静に中立な視点で見ることが大切です。

次の

【認知症】デイサービスを拒否・行きたがらない時の4つの対処法

認知症施設に入りたがらない

自分の親には安全、安心できる場所で暮らしてもらいたいと思う気持ちは当然のこと。 そこから考えられるひとつの選択肢として「老人ホームへの入居」があります。 ところが、老人ホーム入居の話を親にすると、拒否されたうえに責められてしまったというケースをよく耳にします。 今回は、老人ホームへの入居について、どのように話を進めていけば良いのか施設関係者や入居相談員の方に話をお聞きしました。 老人ホーム入居を拒否するのはよくある話 高齢になると、日常の変化に対する不安が強くなり、特に住環境を変えたくないと思う人が老人ホームへの入居に限らず多いそうです。 長年暮らしてきた自宅や、慣れ親しんだ環境から離れ、たとえ子供と同居できても土地勘のない環境に身を置くと、精神的に不安定になったり、外出や活動量が減って体力が衰えてしまうといったケースは、高齢の方でなくても少なからず感じる感覚だと思います。 このまま「今の家で暮らしたい」と考える気持ちは当然のことで、老人ホームへの入居に最初から快く応じるケースは稀です。 家族によっては、後ろめたさや罪悪感を抱えながら、勇気を出して親に老人ホーム入居の相談をしているのに、拒否されたうえ非難されてしまった場合は、 「自分だけが」と思い悩まず、「これはよくある通常の反応なんだ」と考えてほしいと思います。 入居を無理強いしてはいけない 「何かあったらいけない」と心配すればするほど、早く安心できる環境で暮らしてもらいたいと入居を急かし、親を説得しなければと思ってしまいがちになります。 親の安全を思えばこそのことなのですが、本人が老人ホームへの入居を嫌がっているときに無理に話をすすめると、仮に入居できたとしてもその後のトラブルにつながりかねません。 入居後のトラブルとしては、実際に次のようなケースがあるそうです。 ・帰宅願望の強さから、ホームを脱走してしまう ・ホームのスタッフや他の入居者とのトラブル ・ホーム内で引きこもってしまい、孤立してしまう ・意欲が低下し、そのまま寝たきりになってしまう このようなことが起こってしまうと、本人の体調悪化も心配ですし、家族の負担もかえって増えてしまい、親子関係が悪化してしまう可能性もあります。 こういった事態にならないためには、入居前に本人がしっかり納得していることがやはり重要です。 きちんと納得して気持ち良く入居できるように、ある程度時間をかけることを覚悟して、本人に寄り添いながら少しずつ話を進めていくのが理想的です。 老人ホーム入居がなぜ嫌なのか、理由を聞く まずは、本人と話をして老人ホームへの入居がなぜ嫌なのか、理由を聞いてみましょう。 本人が老人ホームについてどう思っているのか、どんなイメージがあるのか、何に不安を持っているのかが具体的にわかると、どんな対策をしていけば良いかが見えてくるはずです。 下記は老人ホーム入居を嫌がる理由として一般的によくあがるものです。 ・長年住み慣れた家を離れたくない ・(在宅介護をしていた場合)家族と離れるのが寂しい ・認めたくない ・環境の変化が不安 ・ホーム内の人間関係が不安 ・虐待などの暗いイメージがある このほかにも、それぞれ思うところはあると思います。 本人が自分の気持ちを素直に話せるように、家族には余裕を持って話を聞く姿勢が求められます。 話してもらうときには、「でも…」「だから…」などと口を挟まずに、本人の思いを聞きながら「そうだよね」と共感してあげることも大切です。 まずは老人ホームの見学をしてみる 老人ホーム入居について、なぜ嫌なのか話を聞いた後は、本人の不安や心配について解消できるように、具体的な行動を起こしていきます。 そうはいっても、環境の変化や老人ホーム内の人間関係について不安を持っているのに、すぐに入居という選択肢は考えられません。 もし介護認定をまだ受けていない、もしくは受けていても介護サービスを利用していない方であれば、まず訪問介護やデイサービス、ショートステイなどを利用してみるのもひとつの手です。 また、既にそれらの介護サービスを利用しているのであれば、ご家族と一緒にドライブや買い物がてら、老人ホームを見学してみるのはいかがでしょうか。 実際の介護サービスや老人ホームがどのようなものか、感じてもらうことができると思います。 現在ではショートステイを利用できる老人ホームもありますので、気軽な気持ちでホームでの生活を体験することもできます。 実際に生活を送ることで、毎日の食事や関わるスタッフなどホームの雰囲気を感じられますし、自分に合うか合わないかもわかると思います。 もし、本人がホームでの生活を気に入っている様子があれば、ホーム側とも話をしながらじっくり検討することができます。 家族と老人ホームがしっかりと連携して、本人が安心して入居できるよう時間をかけて見守っていければ、スムーズな入居につながる可能性も高くなりますね。 認知症の症状がある場合 入居する本人に認知症状がある場合、その症状にもよりますが、本人が納得できるようなストーリーを作って話をすすめた結果、スムーズな入居につながったというケースもあるそうです。 たとえば次のような話の進め方があります。 ・入浴設備が整った老人ホームであれば、「大きなお風呂に入ってゆっくり過ごそう」と話をしてみる。 ・病院の系列の老人ホームであれば、「お医者さんに数日きちんと診てもらって、体調を良くしよう」と話をしてみる。 ・「ケアマネジャーさんや看護師さんが、お父さんのために身体の検査をする段取りをしてくれたから、少し泊まって診てもらおう」などと話をしてみる。 「親を騙しているみたいだ」と抵抗感を覚える方もいるかと思いますが、一番大切なのは老人ホームに入居する本人が幸せに楽しく暮らしていけるかです。 本人が理解できない話をして無理やり入居させるより、本人が納得できるようなストーリーを作って、前向きな気持ちで入居後の生活を送れることが重要です。 この場合、老人ホーム側と話を合わせておく必要もありますから、本人の性格や興味をよく知っている家族とホーム長などがしっかり話し合って、本人にとって一番良い方法を見つけられると良いと思います。 専門家の意見を聞き、直接本人に話してもらう 親の老人ホームへの入居について、できれば家族のなかで話し合い、円満に解決したいと思っている人は多いと思います。 また、デリケートな問題を含むプライベートな話ゆえ、誰にも相談できず一人で抱え込んでしまうケースもあります。 そんなときに ぜひ活用してもらいたいのが、ケアマネジャーや老人ホーム紹介所の相談員などの経験豊富な専門家です。 さまざまなケースを経験し、色々なタイプの老人ホームを知っているので、悩みを聞きながら一番良い方法を一緒に導き出してくれるはずです。 前述したように、前向きな気持ちで老人ホームへ入居するには本人がきちんと納得できている状態が重要で、そのためには感情的にならず落ち着いて話を進めていきたいものです。 ところが、家族同士ではお互いに一番近い存在だからこそ馴れ合いになってしまい、親子共々お互いの話を聞き入れられず、揉めてしまうことが多いと聞きます。 家族にとっても、ほぼ初めての経験である親の老人ホームへの入居。 入居する本人の気持ちを大切に考えながら、家族は辛い立場に立たされることも多いかもしれません。 そのようなときには、一人で悩まずに、ぜひ気軽な気持ちで専門家に相談してみることをおすすめします。 介護エージェントでも老人ホームへの入居のお手伝いをさせていただいております。 専門の相談員が、ご希望のサービスや費用、立地条件などみなさまからのご要望をお聞きし、ご希望に合った老人ホームをご紹介いたします。 また、日常生活でお困りのことや、介護保険のことなど、なんでもご相談ください。 介護エージェント運営事務局.

次の