ご 購入 いただき ありがとう ござい ます。 ご配慮いただきありがとうございますは正しい敬語?意味・使い方も

「ご購入いただきありがとうございます」の意味と使い方・例文

ご 購入 いただき ありがとう ござい ます

もとになる語「購入」に「~してもらう」の敬語(謙譲語)「お(ご)~いただく」をつかうと「ご購入いただく」という敬語になります。 したがって意味は「購入してもらい~」と解釈できます。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてます。 あわせると意味は「購入してもらい、ありがとう」• ご購入いただき =「購入してもらい」の意味の敬語(謙譲語)• すると「ご購入いただきありがとうございます」の意味は… 「購入してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「ご購入いただきありがとうございます」の敬語の種類について。 この項目はかなりマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 たとえば、• ちなみに謙譲語とか尊敬語ってなに?の解説はすこし後にあります。 「ご購入いただく」にかぎらず・・・ 「お(ご)〜いただく」は 「〜してもらう」の敬語(謙譲語) 使い方はたとえば、• 「ご購入いただく」であれば「(上司なり目上に)購入してもらう」の意味• 「ご連絡いただく」であれば「(上司なり目上に)連絡してもらう」の意味• 「ご指導いただく」であれば「(上司なり目上に)指導してもらう」の意味 というように使います。 あるいは単に「〜していただく」とし、• 例文「購入していただく」• 例文「連絡していただく」• 例文「指導していただく」 のように使っても丁寧です。 意味はどちらもまったく同じ。 ビジネスメールなど文書では「お(ご)〜いただく」をつかうとよりカチッとした文章になります。 いっぽうで会話や電話対応など堅苦しい敬語がもとめられないシーンでは「〜していただく」でも十分に丁寧ですね。 お(ご)〜する お(ご)〜します• 〜いたす 〜いたします• お(ご)〜いたす お(ご)〜いたします• お(ご)〜申し上げる お(ご)〜申し上げます• お(ご)〜差し上げる お(ご)〜差し上げます• 〜していただく 〜していただきます• お(ご)〜いただく お(ご)〜いただきます• 〜させていただく 〜させていただきます• たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 【注意事項】 ・「させていただく」「申し上げる」「差し上げる」は日本語としておかしい表現になる時もあり、何でもかんでも使える訳ではありません。 ・丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方です。 ご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 お(ご)~だ お(ご)~です• お(ご)~になる お(ご)~になります• ~される ~されます• ~なさる ~なさいます• お(ご)~なさる お(ご)~なさいます• ~してくださる ~してくださいます• たとえば「連絡」「指示」「利用」「報告」など。 【注意事項】 ・「〜される」は受け身形との混同をまねくことがあるため要注意。 ・丁寧語「です・ます」とくみあわせて「お(ご)〜です」「お(ご)〜になります」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 文字どおり「購入してもらいありがとう」というお礼フレーズなので、そのようなビジネスシーン(メールなど)で使います。 上司・目上など社内にかぎらず社外にも使える丁寧な敬語フレーズですね。 例文「ご購入 賜りありがとうございます」• 「いただく」「賜る」はどちらも「もらう」の謙譲語ですが、よりカチッとした言い回しは「賜る」のほうです。 とくにビジネス文書や手紙・公式な挨拶シーンで使われることの多い敬語フレーズ。 丁重なメールに仕上げたいときにどうぞ。 相手に著しく負担をかけた時は「恐縮」を使う 上司や目上などの相手にとんでもなく負担をかけてしまったときには… 「ありがとう」だとイマイチしっくりこないですね。 こんなときには申し訳なくおもう気持ちをしめすフレーズをもってくると丁寧です。 とくに上司・目上や取引先にいちじるしく負担をかけたときには以下の例文をつかうと好感度UP。 ご購入+恐縮(申し訳なく思うこと) 「ご購入いただき誠に恐縮です」 「ご購入いただきまして誠に恐縮でございます」 「ご購入くださいまして誠に恐縮でございます」• ご購入+恐れ入る(申し訳なく思う) 「ご購入いただき大変恐れ入ります」 「ご購入いただきまして誠に恐れ入ります」 「ご購入くださいまして誠に恐れ入ります」 こんな感じでつかうと丁寧なビジネスメールになります。 他にもある丁寧な「ご購入」の例文 お礼のシーンで「ありがとう」ばかりつかっていては敬語ビギナー。 お礼をしめすフレーズは他にもいろいろあります。 中級〜上級者むけですが、代表的な言い換え例文だけを紹介しておきます。 例文「ご購入いただき感謝申し上げます」• 例文「ご購入頂きお礼申し上げます」• 例文「ご購入頂き深謝いたします」• クッション言葉を添えるとなお丁寧 ビジネスメールのお礼をより丁寧にするためのコツ。 「ご購入」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってくるとなお丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずご購入いただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずご購入いただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずご購入〜」• 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 (株)転職・ノマドです。 このたびは弊社製品をご購入いただき誠にありがとうございました。 商品ご使用の感想、またお気付きの点等ございましたら、何なりとお申し付けください。 まずはメールをもちましてお礼申し上げます。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 使い方に迷ったときのご参考にどうぞ。 「ご購入」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずご購入いただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずご購入いただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずご購入〜」• 「 ご購入いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご購入くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認。 ご購入いただきありがとうございます 意味は「購入して もらいありがとう」 敬語は「~して もらう」の 謙譲語「お(ご)~いただく」を使用。 ご購入くださいましてありがとうございます 意味は「購入して くれてありがとう」 敬語は「~して くれる」の 尊敬語「お(ご)~くださる」を使用。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご購入いただく=購入していただく」なのか「ご購入くださる=購入してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご購入いただきありがとうございます」「 ご購入くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 お礼では「ご購入いただき〜」が一般的 わたしの経験上ではお礼のビジネスシーンにおいては「お(ご)〜いただきありがとう」という敬語フレーズを使うことが多いです。 おっさん営業マンのたわごとですので無視してもらって構いませんけど… 本来はどちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく vs. くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご利用 くださりありがとうございます」 「 ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

次の

ご購入ありがとうございました

ご 購入 いただき ありがとう ござい ます

「誠にありがとうございました」以外にも感謝の気持ちを伝える言葉は多々あります。 これらの言い換え表現を覚えておくと、同じ言葉の重複を避けることができますよ。 ・本当にありがとうございました 「誠にありがとうございました」より、フランクな表現になります。 その会社や取引先の相手にもよりますが、失礼な表現には当たらないので積極的に使っても問題ないでしょう。 ・感謝申し上げる次第です ・お礼の言葉もございません ・心より感謝申し上げます ・感謝の念を禁じえません。 この3つは先ほどの「本当にありがとうございました」よりも、より丁寧な表現だと言えるでしょう。 「お礼」という面で見ると、「誠にありがとうございました」よりも丁寧さが感じられて、非常に礼儀正しい表現であると言えます。 しかし、会社の同期に対してやカジュアルなシュチュエーションで使うと、丁寧過ぎるがゆえに重たい表現になってしまいます。 フォーマルな場でかつ、丁寧さを強調したい時には、この4つの表現を積極的に使っていきましょう。 ・厚く御礼申し上げます お礼状や年賀状などでよく使われる表現です。 口語というよりは、文語的な表現なので、書面で日頃の感謝を伝えたいときなどに使いましょう。 フォーマルな文書ではよく使われる表現ですので、忘れずに覚えておきましょう。 このように「誠にありがとうございました」には沢山の言い換え表現があり、シュチュエーションや対象、目的によって使用される表現が異なってきます。 「誠にありがとうございました」だけではなく、これらの表現も頭に入れとくとより適切な表現を使うことができる上に、文書内で「誠にありがとうございました」の重複を避けることもできます。 「誠にありがとうございました」を英語で言うと 「誠にありがとうございました」の英語表現を調べてみると、 ・Thank you for your kindness. ご親切にありがとうございます。 ・I sincerely thank you for your polite and thorough response. ご丁寧な対応誠にありがとうございます。 ・Thank you for your quick and polite response. ご丁寧で迅速な対応ありがとうございます。 などの表現が英語での「誠にありがとうございました」に該当するようです。 調べてみるとたくさんの英語表現がありますので、興味がある方は他にも調べてみると外国の方とのビジネスメールでも困ることがないのではないでしょうか。 昨晩は食事会にご招待いただきまして誠にありがとうございました。 お互いに胸襟を開いて語り合う貴重な機会をいただきましたことを心から感謝申し上げます。 またの機会があればぜひともお返しなどをさせていただきたく思います。 今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。 このように、ただ「ありがとうございました」というよりも、頭に誠をつけて「誠にありがとうございました」という方がより丁寧さが増して、ビジネスメール向きの文章と言えるでしょう。 ビジネスメールを書く際は、相手に信頼や誠実さを文面から伝える必要があります。 そのためにもより丁寧な表現で文章を書くことを心がけましょう。 「誠にありがとうございました」もその一つの表現と言えます。 件名:昨日はありがとうございました お疲れ様です。 昨日はお食事をごちそういただき誠にありがとうございました。 課長からたくさんのお話を伺うことができて、とても勉強になりました。 今抱えている仕事に関して行き詰っている部分がありまして、 本音の部分では課長にご相談したいとは思っておりましたが、なかなか言い出せずに昨日まで来てしまいました。 そんな時に課長とこうやってお食事をご一緒させていただく機会が持てたのは、大変ありがたいことだと感じています。 たくさんの料理やお酒もごちそうになりながら、相談も乗っていただいて、大変恐縮しております。 これから仕事上でこの御恩をお返しできるように、精進していきたいと思います。 改めまして、昨日は誠にありがとうございました。 上司へ送るメールでは、馴れ馴れし過ぎる文面は印象としてよくないので一定の敬意を込めてメールを書きましょう。 また、上司にごちそうになる機会は多いと思うので、その際も目上の人にメールを出すという意識を忘れずに、正しい敬語表現でメールを作成しましょう。 この例文の場合、「ありがとうございました」と書いても失礼には当たらないシチュエーションですが、ここで意識的に「誠にありがとうございました」などのより丁寧な言葉を使うことで、文章により誠実さが増すと言えます。

次の

「ご購入いただきありがとうございます」の意味と使い方・例文

ご 購入 いただき ありがとう ござい ます

ご配慮いただきありがとうございますの意味とは? ご配慮いただきありがとうございますの意味は気遣ってくれてありがとう ご配慮いただきありがとうございますの意味は、気遣ってくれてありがとうという意味です。 ご配慮という言葉には「人・物などのことを考えた言動をとること」という意味合いがあります。 そのため配慮を言い換える際には、思いやり・気遣い・心配り・親切心などと言い換えることができます。 ご配慮いただきありがとうございますは他人から何かの優しさをもらった時や、自分の事情などを勘案して思いやりのある対応をしてもらった時にお礼の言葉として伝える際の言い回しです。 ビジネスシーンではこのように相手に対してしっかりとお礼を伝えることはとても重要であると言われています。 なぜなら、こういった礼儀をわきまえた行動をとっている人に対して周囲の人はしっかりとした人間であると感じやすく良い印象を与えやすいからです。 周囲の人から良い印象を抱かれていると、仕事を任されやすかったり困った時に手助けをしてくれたりと、仕事だけに限らず、非常に良い人間関係が築けると言われています。 ご配慮いただきありがとうございますは謙譲語が使われた正しい敬語表現 ご配慮いただきありがとうございますは謙譲語に分類される敬語表現です。 ご配慮いただきありがとうございますという言い方は、してもらうの謙譲語である「いただく」を用いた敬語表現です。 またご配慮の「ご」も敬語の中の分類される謙譲語表現になります。 ご配慮いただきありがとうございますは間違った敬語表現と思っている人が少なくないと言われています。 ご配慮いただきありがとうございますを間違った敬語表現だと考えている人は、ご配慮という言葉が尊敬語であり、相手の行動に対して敬意を表した表現であるととらえていることが理由と言われています。 このようなことからご配慮という相手の言動に対して敬意を表す尊敬語に、配慮をしてもらうという意味の謙譲語「いただく」を組み合わせることは敬語表現として間違っていると考えられることがあると言われています。 しかしご配慮いただきありがとうございますの「ご配慮」は謙譲語であることから正しい敬語と言えます。 ご配慮いただき・くださりの違いは? ご配慮いただき・くださりの違いは誰の視点で述べられたか ご配慮いただき・くださりの違いは誰の視点で述べられたかという点にあります。 ご配慮いただきという表現には「ご配慮してもらって」という意味合いがあります。 もう一方のご配慮くださりという表現には「ご配慮してくれて」といった意味合いがあります。 これらのことから意味は同じなのですが、配慮をいただく人は自分であり、配慮をする人が相手であるという言動の主体者に違いがあります。 ご配慮いただきという表現はご配慮をしてもらった自分の視点で述べられた表現です。 その反対に、もう一方のご配慮くださりという表現は配慮をした相手の視点で述べられた表現です。 これらのことからご配慮いただき・くださりの違う所は誰の視点で述べられたかであると言えます。 しかしご配慮いただきもご配慮くださりも、言葉に込められた意味合いは同じです。 そのため状況などに応じてご配慮いただき・くださりを使い分けることが重要であると言われています。 ご配慮いただき・くださりの違いは敬語表現の違いに現れる ご配慮いただき・くださりの違いは敬語表現の違いに現れます。 ご配慮いただきとご配慮くださりの違いは誰の視点で述べられたかという違いですので、敬語の表現方法に違いが現れます。 ご配慮いただきという表現は「いただく」という謙譲語表現を用いていることからも分かる通り、自分の行為をへりくだった表現で言い表した使い方です。 もう一方のご配慮くださりという表現は、相手の視点で述べられた表現ですので、「くださる」という尊敬語が使われています。 尊敬語は相手に敬意を示すために相手の言動を高めるための表現です。 このようなことからご配慮いただき・ご配慮くださりの違いは敬語の表現に現れると言えます。 ちなみに以下のサイトでは尊敬語・謙譲語・丁寧語の違いや、よく使う敬語の使い分け変換表が掲載されていたので参考になさってください。 寛大なご配慮をいただきありがとうございますという表現には、とっても優しいな思いをかけていただいてありがとうございますといった意味合いが込められています。 寛大なという言葉には、大きな心をもっている様子や相手のことを思いやる気持ちが強いといった意味合いがあります。 そういった意味合いから寛大なという言葉を使う場合には、小さなことで相手を非難しないことといった意味合いで使われることもあります。 このように小さなことに固執せず、大きな心をもった対応をしてくれる人は周囲の人から良い印象を抱かれる傾向があると言われています。 寛大なという言葉にはこのような意味合いがあることから、寛大なご配慮をいただきありがとうございますという表現は、ミスなどを許してくれた際のお礼として使われることもあります。 ビジネスにおいては、1つの仕事が数か月にも及ぶことは珍しくありません。 このように大きな仕事に携わる場合など、関係者と長い付き合いをすることは珍しくありません。 このように長期に渡る仕事に一旦区切りがついた時などに様々なご配慮をいただきありがとうございますという使い方がされます。 こういった際に使われる様々なご配慮をいただきありがとうございますという言い回りには「この度はたくさんの思いやりのある言動をしていただいてありがとうございました」とい意味が含まれます。 他にも様々なご配慮をいただきありがとうございますという使い方は、仕事を辞める時などにも使うことができます。 仕事で色々とお世話になった人に挨拶をする際に「右も左もわからなかった私に様々なご配慮をいただきありがとうございます」という使い方もできますので、状況に応じて使い分けられる表現と言われています。 この度はご配慮いただきありがとうございましたという使い方は、相手の気遣いや親切な対応に対して使われるフレーズです。 「この度は」という表現は「今回は」「この件では」という意味合いを丁寧な言い方にした表現です。 ちなみにビジネスシーンでは「この度」というように漢字表記を用いる方が、相手に対してきっちりとした印象を与えられると言われています。 「このたび」というように平仮名表記にするとフランクな印象を与えがちであると言われているので、正式な文書などには「この度」というように漢字で書くことが無難であると言われています。 この表現は相手に配慮をしてもらうようにお願いをする際に使われます。 例えば「この建物は全館禁煙ですのでご配慮のほどお願い申し上げます」というような使い方です。 このようにご配慮のほどお願い申し上げますという表現は、相手に対して配慮を促すと同時に、禁止事項などを案内する際に使われます。 ビジネス用語なので「ご配慮のほど」と柔らかい表現にしていますが、言っている内容は禁止されている事項の案内であることもありますので注意が必要です。 ちなみにご配慮のほどの「ほど」には深い意味合いはなく、言い回しを柔らかくして相手に不快感を与えないような心配りがされた表現であると言われています。 他にも礼儀をわきまえた敬語の1つであり重宝されると言われている謹んでお請けいたしますという表現については以下の記事で紹介しているので合わせてご覧ください。 厚情という言葉には、厚い情け・思いやり・親切心・優しい心などといった意味合いがあります。 厚情という言葉の意味については詳細が記載されていた以下のサイトもご覧ください。 「格別のご厚情」という言葉遣いは正式な文書や礼儀を重んずる場面で使われるケースが多いことから後ろに続くお礼の意味を表現する文章も「賜り」や「心よりお礼を申し上げます」といった言葉遣いが使われることが多いと言われています。 高配という言葉には、気遣い・親切心・優しい心などといった意味合いがあります。 高配という言葉の意味については以下のサイトに詳しく紹介されていたので参考になさってください。 「格別のご高配」という言葉遣いは案内文などのしっかりとした文章として使われるケースが多いことから後ろに続くお礼の意味を表現する文章も「賜り」や「厚くお礼を申し上げます」といった言葉遣いが使われることが多いと言われています。 他にも良いことが達成された時のことを話す「暁には」という表現もきっちりとした場面で使うことができますので、詳しくお伝えしている以下の記事を参考になさってください。 また比較的上の世代の人に好まれる場末という表現の意味や読み方に関する記事もお役立てください。 ご配慮いただきありがとうございますの意味や使い方を把握しましょう ご配慮いただきありがとうございますという表現はビジネスシーンで使われることが多く、類語などを合わせて押さえておくと重宝します。 表現力が豊かな社会人であると思われるよう、少しずつ語彙力を増やしていきましょう。 最後にビジネスシーンの中でも魅力を感じる人が多いと言われるIT業界についての記事を紹介します。 IT業界は時代の最先端を走り、仕事の成果を感じやすいことで人気があると言われています。 またIT業界は未経験者や転職者にとって働きやすい業界であるとも言われており、人材が不足気味とのことからIT業界で働きたいという人は珍しくありません。 以下の記事ではそんなIT業界の魅力や志望動機の書き方についてお伝えしています。 また一流企業の定義や人気に関する記事も合わせてご覧ください。

次の