契約 社員 産休。 派遣社員と契約社員の違いは?女性にメリットが大きいのはどっち?

産休や育休中の社員を解雇することは可能?法的な仕組みや注意点を解説

契約 社員 産休

産休に育休は働く女性にとって大事な話です。 正社員で働いている人や、勤続年数が長い人は心配せずとも会社が積極的に手続きをしてくれます。 では、契約社員やパートの人は産休・育休は取れるのでしょうか。 また、働いていないと貰えない出産手当金は知っていますか。 働いていると、貰えるお金についてもまとめました。 結論から言うと、産休は貰えます。 正規社員・パート・派遣・アルバイトなど、雇用形態関係なく取得する権利があります。 正社員以外で働いている場合、産休の知識がない上司もいます。 「産休は出ない」という言葉を信じないでください。 産休に関しては期間も関係ないので、入社直後だからと諦めないでくださいね。 申請をきちんとしたら産休は取れます。 育休は、雇用形態など条件が入ってきます。 条件によっては、正社員以外でも取ることができます。 妊娠時、契約社員だった私が解りづらいと思った制度。 解りやすく解説してみます! 妊娠した方、確認してみてください。 一方で、産後休業は本人の意思にかかわらず働けません。 出産後8週間は、法律で働くことを禁止しています。 ただどうしてもという方は、産後6週間を過ぎたあと体の経過が良ければ復帰はできます。 医師の診断書が必要になるので、病院に相談しましょう。 とはいえ、生まれたばかりの体は、慣れない育児や寝不足からフラフラのはずです。 また、赤ちゃんの預け先もできない場合が多いと思うので、現実的ではありません。 産休中のお金問題 では、産休中はお金は貰えるのでしょうか。 休みたいけどお金が出ないなら、社会復帰を早くしたいと考える人も多くいます。 結論から言うと、条件はありますが貰えます。 「出産手当金」というものです。 でもそのお金は、会社の給料ではありません。 (会社によっては、給料を支給してくれるところも稀にあります) 産休中のお金は、基本的に会社から出るわけではありません。 出産後も仕事を続ける場合(予定含め)、産休中のお金は健康保険から支給されます。 出産手当金 金額は、収入によって違いますが、月給20万の場合、大体43万ほど受け取れます。 勤め先の保険(社会保険)に加入していたら、雇用形態関係なく対象になります。 出産後に退職する人でも貰える可能性があるので、しっかり確認しましょう。 ちなみに私は退職したけど、対象内でした。 会社で保険に1年以上の加入をしていたので、退職後も受給することができました。 支給開始の日より前に、継続して12ヶ月の保険支払いが条件になります。 なので極端な話、入社後すぐに妊娠すると、産休は取得できるけど出産手当金はもらえません。 産休は誰でも取得する権利がありますが、産休中のお金は会社から出ません。 12ヶ月継続して会社の社会保険に加入することで、産休中をカバーする金額(出産手当金)がもらえます。 妊娠から出産までは、トツキトオカです。 入社後すぐの妊娠の場合、産休に入るまでの期間が12ヶ月に満たないのです。 なので、出産手当金の条件には入らないのです。 支給金額の計算方法• 休業中に申請書を記入するので、人事の方から貰っておきましょう。 自分で健康保険のサイトからダウンロードも出来ますが、やり方は聞いた方がベターです。 申請期限は産休開始の日から2年です。 長いようで、産後はあっという間なので早めの申請をしましょう。 出産手当金の申請は、全期間をまとめても出来るし、産前・産後に分けることもできます。 分けての申請を希望の場合は、申請書が2枚必要になるので注意です。 産休終了後にすぐに手続きをした場合は、出産から3ヵ月程経つ頃が支給日となります。 保険料免除制度 産休中には、嬉しい制度がもう一つあります。 産前産後休業保険料免除制度というものです。 産前産後の開始月から、終了の月の前月までの期間の保険料を免除してくれます。 健康保険・厚生年金保険の保険料が免除されるのは大きいです! まずは勤め先の会社に確認してみてください。 基本的には、会社の方で手続きしてくれます。 産前産後休業をしている間にする必要があるので注意してくださいね。 休業期間中における給与は、有給でも無給でも問題ありません。 免除中も被保険者と成っているので、将来の、年金額を計算には響きません。 3ヶ月分ほど免除になるね 育休の条件 私は、契約社員で勤めていたので、育休は取得できませんでした。 産休は、働く女性全員が対象でしたが(出産手当金含まない)育休は条件が付いてきます。 出産直後の産休から続けて育児休業は取得になります。 対象は、1歳未満の子どもを持つ社員です。 社員というところがポイントです。 育休を取得して、継続して働きたい人はたくさんいると思います。 でもここで、条件が入ってくるのです。 日雇い労働者• 雇用期間が決まっている• 継続して雇用された期間が1年未満の場合• 休業終了後、引き続きの雇用の見込みがない 育児休業給付金 雇用保険に加入している人で、子どもを養育するための育児休業を取得した人が貰える給付金です。 雇用保険に加入している• 育休終了後に職場復帰する予定• 育休前の2年間で、11日以上働いた日が12か月以上ある• 育休中の勤務日数が1カ月で10日以下• 育休中、休業前の月給の8割以上の賃金が支払われていない• 1歳未満の子供を育てるために育休を取っている 条件を満たせば、契約社員やパートの方でも育児休業給付金は貰えます。 同じ会社に1年以上働いている• 子どもが1歳になる頃に契約が続いている・更新の予定がある• 短期派遣などで、1年後には契約が満了することが明らかじゃない場合• 週の労働日数が2日以上 正規社員以外でも、上の4つがクリアされていれば育休が取れます。 わたしは契約社員でしたが、育休は撮れませんでした。 役所との連携の仕事だったため、その業務が終了すれば仕事も終了という前提でした。 なのでわたしの場合は残念ながら、更新の予定が不確かだったので無理でした。 派遣・契約社員の人の育休が難しい理由がここ でも、育休は決して正社員だけの特権ではありません。 勤め先に聞いてみてくださいね。 育休の支給額 育休は、会社から出るわけではありません。 雇用保険と連携しているので、ハローワークが絡んできます。 67(6か月経過後は0. 5) 勤め先がハローワークに申請してくれます。 必要な書類等を求められたら早めに提出しましょう! 保険料免除制度 育休中も、社会保険料は免除されます。 産休と育休の両方を取得する場合は、それぞれ申請が必要となります。 産休も育休も、申請は勤め先がしてくれます。 申請先は年金事務所です。 産休や育休の条件 条件があったりなかったり、支給先が違ったりとややこしい産休・育休制度。 勤め先が主体になって手続きしてくれますが、必要な書類等揃える場面も出てきます。

次の

契約社員や嘱託員だと産休や育休を取らせてもらえない会社がほとんどなのでしょ...

契約 社員 産休

産休がもらえる条件 産前・産後にもらえる産休を取得するには条件があります。 それは健康保険に加入していて、出産予定日の6週間前=42日前 多胎妊娠は14週間前 まで雇用が継続していること 派遣社員なら42日前が契約期間に含まれていることが必要です。 つまり出産前ギリギリまで働く、もしくは雇用関係を持続させる必要がありますね。 ここが産休を取得できるかどうかの最大のポイントです。 派遣会社によっては妊娠報告をした時点で容赦なく契約更新を打ち切られます。 すると出産前42日に無職となるため、産休はもらえません。 妊娠を理由にした解雇は法律で禁止されていますが、派遣先企業はどうとでも言い逃れできてしまうため、普通に契約を打ち切られることも多いです。 ただし、その場合でも派遣元の会社があなたの要求を飲んであなたを出産42日前まで派遣元の会社の直接雇用状態においてくれれば産休を取れます。 実際あなたの雇用関係は派遣先とは関係なく派遣元との間にあるため、派遣元の会社があなたを解雇しなければ産休を取れるはずです。 で、派遣元の会社は妊娠したあなたを解雇すると法律違反となってしまうため、働く意思があることをきちんと示せば基本的に解雇できません。 しかし場合によっては派遣元の会社はあなたが自己都合退職するよう誘導してくるケースもあるので注意してください。 派遣元の会社があなたを直接雇用してくれず、産休が取れそうもないときは泣き寝入りするか労働基準監督署に相談するしかありません。 労働基準監督署ダイヤル 03-8866-0008 スポンサーリンク• 育児休業取得を申し出る時点で入社1年以上であること• 子が1歳6か月になるまでの間に引き続き雇用される見込みがあること です。 1については法律上入社1年未満の人がもらえないのは仕方ないです。 2の条件を満たすには次のうちのどちらかのケースである必要があります。 派遣先が継続してあなたを雇用してくれるケース• 派遣元の会社があなたを直接雇用しておいてくれるケース 1. 派遣先が継続してあなたを雇用してくれるケース 1つ目は派遣先の会社にあなたが必要とされていて、育児休暇後も復帰を希望されている場合です。 これは理想的な状況ですが現実は厳しいです。 もともと派遣社員という時点で代わりが効く仕事だと思うので、派遣先企業が育休で1年以上休むあなたを雇っておくメリットがないので。 なので妊娠したら派遣先の企業からは契約を打ち切られるのが普通です。 派遣元の会社があなたを直接雇用しておいてくれるケース 2つ目は派還元の会社がホワイトで育休中に派遣元の会社との直接契約で雇用状態を維持してくれる場合です。 この場合は派遣先との契約が切られようが関係なく育休を取れます。 そもそも派遣社員の雇用関係というのはあなたと派遣元の会社にあるから本来こうであるべきなんですが、昔から派遣会社はそんなに親切なことはしてくれないのが普通でした。 しかし最近は法律が厳しくなり、出産を理由に契約を切ることが法律で禁止されているため、出産することをあらかじめきちんと伝えておけば、このような処置をしてくれる会社が増えています。 特に大手の派遣会社であるリクルート、アデコ、テンプスタッフ、スタッフサービスなどなら2のケースで育休を取れるケースが多いです。 妊娠したら早めに派遣元の会社に伝えること• 妊娠しました、でも産休いただきたいのでそれまで契約お願いします」と派遣元の会社に相談• 派遣元の会社が派遣先の会社に契約を続けたい旨を相談• 派遣先の判断攻第だが、たいていは産休を取る派遣社員の穴を埋める社員を雇ってほしいとお願いさる• 派遣元の会社が産休のあなたの代用社員を確保する 4まで行けばあなたは無事産休・育休をもらえる可能性が高いです。 派遣元の会社が大手ならすんなり4まで行ってもらえることが多いです。 ただし、 3の時点で派遣先の会社が人員は足りてるから代役はいらないと言ってきたらそこで契約は打ち切られるため、産休をもらえない可能性もあります。 しかしその場合でも派遣元の会社にあなたが育休後も働いてくれるだろうと信用されていれば派遣元の会社があなたを直接雇用状態にしておくことで、派1先の判断とは関係なく産休・育休をもらえる可能性があります。 なので派遣元の会社の人と信項関係を築いておくともらえる可能性が少し上がるかもしれせん。 基本的に産休を取ると一番迷惑がかかるのはその間の代役の派遣社員を探さなければいけない派遣会社です。 なので出産が決主ったら派遣元の会社がスムーズにあなたの代役を探せるように早めに派遣元の会社に報告することで派遣元の会社の信用を得ておくといいでしょう。 小さな派遣会社の場合 小さな派遣会社の場合、2のケースによる育休の取得を断られるケースもあります。 しかし、頑張れば行けないこともないです。 というのも小さな派遣会社は法律のことをよく理解していないためか、育休の取得条件にある 「子が1歳6か月になるまでの間に引き続き雇用される見込みがあること」 という条件を勘違いしていて、同じ派遣先の会社に雇用を継続されなければ育休は取れないと思っていることが多いです。 でも実際に派遣社員の雇用関係は派遣社員と派遣元の会社なので 「子が1歳6か月になるまでの間に同じ派遣会社で別の派遣先を紹介してもらう予定」 ということにしてもらえば育休の取得条件を満たせます。 このことを派遣会社の人に伝えれば育休を取得できるよう説得できる可能性があります。 そもそも育児休暇中の給付金はハローワークから出るものですからね。 実際にこのことを説得材料に派遣会社を説得して、小さな派遣会社ながら育休を取得できた人もいるようです。 スポンサーリンク 関連ページ 派遣社員はアルバイトより時給が高いです。 それもちょっと高い程度ではなく結構違います。 200〜300円高い程度が多いですが、場合によっては500円高い場合も・・・。 いったいなぜ流遣とバイトで時給にここまで差が出るのか、派遣社員の時給が高くなる理由を分析してみました。 派遣社員は交通費が出ないところがほとんどなんです。 これって損してる感ありますよね〜。 なぜ派遣社員は交通費が出ないのでしょうか。 交通費を節約する方法も合わせて解説します。 派遣社員といえば残業がないイメージがありますが本当なのか? はい、本当です! 実際、派遣の5割は残業ゼロ、8割はほぼなしです! 今回は派遣社員の残業の実態を語ります。 派遣社員は正社員と同じように有給がもらえます。 でも勤務開始後すぐにもらえるわけではありません。 この記事では派遣が有給をいつもらえるのか、何日もらえるのか、またもらえないケースについてもお伝えします。 ちなみに有給は使わないと消滅するので要注意です! 派遣社員にはボーナスがないので損してる気分になります。 でも本当に損してるんでしょうか? この記事では、なぜ派遣社員がボーナスをもらえないのか、ボーナスもらえない分損しているのかどうかについて解説します。 派遣社員になりたいけど職場環境ってどうなんだろう・・・。 実は派遣社員の職場環境はめっちゃいい職場とめっちゃ悪い職場に二分されます。 職場環境がいい派遣先と悪い派遣先の違い、環境がよくて定着率の高い職場の求人の選び方を経験者が解説します! 無期雇用派遣にはボーナスがある。 いやいやボーナスなんてもらえない。 いったいどっちなんでしょうか? 今回は無期雇用派遣のボーナス事情を解説します。

次の

派遣社員は産休や育休はもらえるの? もらえる条件やコツを徹底解説!

契約 社員 産休

産前産後の生活を支えるために、健康保険から支給されるお金• 国民健康保険の場合は、残念ながら対象外• 産休中のお給料の代わりとして健康保険からもらえるのが、出産手当金です。 社員のほか、契約社員やパート、アルバイト、派遣社員であっても健康保険に加入し続けている場合はもらえます。 出産手当金は産前・産後の休みに健康保険から支給される 法で定められた産前・産後の休み【産前42日(多胎の場合は98日)・産後56日】の間はお給料が出ない会社がほとんどなので、その間の生活を支えるために、健康保険から支給されるのが出産手当金です。 出産手当金が産前・産後の生活をサポート 出産手当金は契約社員やパート、アルバイト、派遣社員でも対象に! 勤め先の健康保険に加入し、産後も加入し続けている人であれば、正社員のほか、契約社員やパート、アルバイト、派遣社員であってももらうことができる、産休中のお給料の代わりです。 産休・育休後に仕事に復帰するママのための手当です。 注:退職後6カ月以内に出産した方や、健康保険を任意継続した方は支給対象外です。 お給料が多い人ほど手当も多くなります(上限あり)。 ただし、産休中に会社からお給料が支払われる場合は注意が必要です。 産休中のお給料と出産手当金はダブルではもらえないため、産休中でもお給料が出る職場の場合、出産手当金から産休中のお給料分を差し引く必要があります。 そのため、出産手当金額以上のお給料がもらえる人は、出産手当金の支給はありません。 また、出産手当金と傷病手当金が同時に受けられる状態のときは、出産手当金が優先されます。 出産手当金の支給期間中、傷病手当金は支給されません。 ただし、傷病手当金と出産手当金の支給日額が異なる場合もあり、出産手当金の額が傷病手当金の額よりも少ない場合は、傷病手当金を請求することで差額が支給されます。 出産手当金の対象者は? 前述のように、会社員のほか、契約社員やパート、アルバイト、派遣社員であっても健康保険に加入し続けているママであれば、支給の対象となります。 ただし、フルタイムで働いていても、職場で加入しているのが国民健康保険の場合には、残念ながら対象にはなりません。 以前は退職して半年以内に出産したママにも支払われていましたが、現在は対象外となっています。 出産手当金は、いくらもらえる?計算式は? もらえる出産手当金は、次の計算式で算出します。 出産手当金をもらえるのはいつ? 出産手当金は、書類を不備なく提出すれば、通常は約1~2カ月後に一括で振り込まれます。 もらい忘れた場合は、産休開始の翌日から2年以内なら全額請求できます。 2年経過後は1日経つごとにもらえる日数が毎日1日分ずつ減っていきます。 いずれにしても速やかに手続きをしましょう! 出産手当金をもらうための手続きは? 出産手当金を受け取るには、まず、職場の総務部など担当部署か健康保険、もしくは会社を管轄する年金事務所から申請用紙(「健康保険出産手当金支給申請書」)をもらっておきます。 無事に出産した後、医師に必要事項を記入してもらいます(文書料がかかることもあります)。 不備なく記入した申請用紙を提出します。 提出先は、加入している健康保険によって、会社もしくは年金事務所へ(詳しくは、用紙をもらった窓口で確認しましょう)。 【参照】.

次の