坂内 食堂。 ★★★+ · 諸国放浪 みちくさ日記

喜多方ラーメン坂内について│喜多方ラーメン坂内

坂内 食堂

母の実家が福島県で、幼少の頃に夏休みになると福島県の母の実家に遊びに行っていました。 叔父さんが今ラーメンを食べに行こう!と言って、家族5人を連れて行ってくれたのが坂内食堂でした。 本当に美味しいラーメンでした。 見た目は「あっさりラーメンかな?」という印象でした。 食べてみると、確かにあっさりしてるのですがとても強い旨味がありました。 麺はちぢれ麺でスープがよく絡み、バランスが良いです。 このお店でラーメンを食べて以来、母の実家に滞在する時は必ず坂内食堂に立ち寄るのが暗黙の了解となりました。 父は肉そばが固定で、母はお肉が苦手なので父にチャーシューをあげて、私は普段スープは飲み干さないのですがここではしっかり飲み干します 笑 兄弟もしっかり完食します。 毎年夏休みが ラーメン食べに行けるから 楽しみでした。 もう年月が経ちなかなか食べに行ける機会が無くなってしまいましたが、次は私の子供達を連れて行きたいです。 機会があり、成人してから久々に立ち寄ったのですが、相変わらず並んでいました。 叔父さんと父と母と兄妹で立ち寄りましたが、家族と親族が集まって食事する機会が減っていた事もあり「久々だね〜。 いつも何食べてたっけ?」なんて思い出話をしながらラーメンを完食しました。 当時はお肉が食べられなかった母も、医者にお肉を食べる様に指導されて食べられる様になりチャーシュー これがまたビッグサイズ をしっかり完食していました。 普段はラーメンのスープは飲まない私ですが、ここでは全部飲み干してしまいます。 個人的にですが、幼児から年配の方まで美味しく食べられるのかなぁと思います。 喜多方ラーメン発祥のお店だと聞いた事がありますが、数十年経った今も尚愛されるとっても美味しいお店です。 あっさり好きな方も、濃い味が好きな方もきっと満足できると思います。 ラーメン好きは遺伝するのか、息子達もラーメンが大好きなので今度連れて行ってみたいなぁと思っている所です• 坂内食堂 〒966-0816 福島県喜多方市細田7230 営業時間 7:00〜18:00 定休日• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 950円 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「坂内食堂」近くの施設情報.

次の

坂内食堂|福島県喜多方市|支那そば

坂内 食堂

坂内食堂 2002年 2月 10日 (日) 【朝ラーメン「坂内食堂」 写真付き 】 朝7:30、「坂内食堂」に行って来ました。 いつもと変わらずさっぱり系の熱々のスープは冬の朝にピッタリです。 昨日はちょっと深酒したのですが、そんな朝はこれまた美味いものです。 3連休の中日ということもあり、観光客の人も多く見られ、朝からほぼ満員に近い状態でした。 「まこと食堂」「あべ食堂」の前も通ってみましたが、こちらも朝からいっぱい入っているようでしたね。 改めて考えてみるとやっぱり凄い街です。 朝のラーメン屋は異常ですよね。 今日のお昼はまた並んでいるんだろうな。 観光客の皆さん。 寒いので温かくして並んでくださいね。 2004年 1月 3日 (土) 【喜多方ラーメン食べ初め「坂内食堂」(画像付き)】 あけましておめでとうございます。 2004年始めてのラーメンに選んだお店は「坂内食堂」であります。 という訳で、朝8:00に入店。 雪の無い暖かい正月ではありますが、そこは喜多方、冷える朝であります。 店に入ると前金制でありまして、いつものようにカウンターで「普通の」と言い550円を払い席へつきます。 正月の朝でも広い店内にはお客さんもそこそこ入っており、さすが人気店であります。 厨房の向こうでは白い湯気が立ち、寒い朝によくマッチしております。 久しぶりの喜多方朝ラーメンに期待が膨らみます。 程なくして目の前にラーメンが登場。 いつものように透き通ったスープに喜多方の麺。 うまいチャーシューが4枚とメンマ、ねぎ。 ハイハイ、お久しぶりでございます。 これこれ。 お正月からいいですねぇ。 早速いただきましょう。 まずはスープを一口。 いつもの塩味のさっぱりしたスープ。 朝にはいいですねぇ。 次に麺をズルズルッと。 ツルツルもちもち、これぞ喜多方の麺。 坂内名物チャーシューも美味い。 いい感じです。 個々を味わったら、後は一気に完食でございます。 寒い朝に朝ラーメン。 こんな贅沢はありませんね。 満足な一杯でございました。 このラーメンを食べ、喜多方を後に…。 また東京での仕事のために。 さあ、今年もがんばんべぇ~! 余談ですが、個人的に「坂内食堂」は朝に限ると思います。 朝は7:00から営業していますから、9:00までが勝負です。 絶対朝が美味いです。 2005年5月29日(日) 【喜多方名物朝ラーメン「坂内食堂」】 昨日実行できなかった朝ラー。 満を持して早朝7:30に「坂内食堂」へGO!暖簾をくぐり、カウンターへ、料金前払い。 「普通のね。 」と言い550円を渡す。 水はセルフサービス。 水を汲んで、席へ付く。 程なくしてラーメン登場! おっ?今日はチャーシューが5枚のってるぞ。 通常4枚なのに。 「ラッキー!」早起きは1枚の得。 スープを一口。 坂内の味だ。 当たり前だが。 よしよし。 チャーシューと麺をズルズルと。 おっ!チャーシューが重なっている。 また1枚増えた。 「ラッキー!」全部で6枚入っていたぞい。 これだけ通えば良いこともあるもんですね。 早起きは2枚の得。 今日1日良いことがありそう。 と、そこへ東京で働いている高校時代の後輩が、「先輩!おはようございます。 」「おお、久しぶり!元気?」久しぶりの出会い。 早起きは出会いの得。 朝の「坂内食堂」は美味いなぁ。 2005年6月12日(日) 【やっぱり朝ラー「坂内食堂」】 今朝は7:00から子供会のドッジボールに参加。 ラインズマンを9時までこなし、お腹もペコペコ。 後から公園に来ていた妻に一緒に「朝ラー」はどう?とのお誘いが。 よく出来た妻です。 で、子供の推薦で坂内食堂へGO!来店が9時半頃ということもあって、もうお客さんは満杯状態。 さすがです。 ラーメンマップを持った人がおおかったですねぇ。 観光地なんだと再認識。 程なくしてラーメン登場。 今日もいつもの味でした。 少し塩辛いスープに、厚切りチャーシューが4枚。 6才・2才の娘も一緒に行ったものだから、全部でラーメンは4杯。 上の子はほとんどいけるのだけれど、下の子はさすがにねぇ。 下の子の分のほとんどを食べるはめになり、朝から「大盛り肉そば」状態。 さすがに腹にきました。 しかし、あの観光客を見ると、再認識しますね。 ここは観光地なんだなぁ。 おっとゲップ、坂内の香りが、今日は昼いらないかな? ドッジボールを朝から2時間。 なんか眠いですわ。 明日は18:30から学校で説明会だそうで、仕事が終われるか・・・。 明後日は、子供祭囃子の立会い・・・。 子供が小学生になると忙しくなりますなぁ。 まぁ朝ラー食ったから良いか。 なんだそりゃ。 2005年7月3日(日) 【朝ラー・「坂内食堂」大盛肉そば】 どうです。 このボリューム。 これが有名な喜多方を代表する坂内食堂の「大盛肉そば」でございます。 本日の朝ラーはこれ!と云っても、小学校1年生の娘と行ったもんですから、たまにはと思い思わず注文してしまいました。 久しぶりに見るそれは迫力満点です。 こんなにチャーシューがあるのにさっぱりスープと絶妙なバランスをかもし出すんですね。 チャーシューは程よく柔らかく厚切りで食べ応え充分。 娘が6枚くらい食べたでしょうか?それでもまだまだあるチャーシュー。 そば玉は2人前なのかな?いやぁさすがに腹いっぱいでしたわ。 それにしても朝から「大盛肉そば」を頼んでいる人が多いのにはビックリです。 チェーン店のとは違う美味しさがありますよ。 一度お試しあれ。

次の

坂内食堂(地図/写真/喜多方/ラーメン・つけ麺その他)

坂内 食堂

喜多方ラーメン坂内とは 全国に70店舗弱展開しているラーメンチェーン店。 海外にも数店舗出しているみたい。 今まで試してがっかりした系のノリノリな喜多方感があって、期待していなかったのです。 縁あってたどり着いた喜多方の地で、手もみならではのコシ、しっかりとした旨味の熟成多加水麺に出会いました。 そして、坂内食堂との縁。 「見習いとして学ばせてほしい」とお願いしつつも断られる日々。 それでも毎日通い、ようやく「この味を持ち帰り、全国に広めたい」との志を成し遂げるための入り口を掴み、坂内食堂創業者の坂内新吾さん、ヒサさんと調理を通じてわかり合っていきました。 「坂内」の名前を知ってもらいたいとの思いで、何度も百貨店やイベント会場での催事にも出店しました。 そして、昭和59年に喜多方ラーメン坂内の前身となるお店「くら」が内幸町のガード下にオープン。 昭和63年12月は「喜多方ラーメン坂内」の1号店を長野県東御市にオープンしました。 私達は、これからも 「毎日食べても飽きることのない味」 「美味しいものを食べて、笑顔で帰っていただきたい」という、坂内食堂から受け継いだ味と想いを、伝えていきます。 07:00〜18:00• 毎年1月1日・毎週木曜日定休日• スープがなくなり次第閉店• 木曜日が祝日の場合は営業• 福島県喜多方市細田7230• 坂内食堂 喜多方本店 志那そばがシンプルなラーメンで650円。 澄んでいてあっさりした脂質低めのスープです。 写真は夫がいつも注文する肉そばです。 地元の醤油で煮込んだトロトロのチャーシューがどんぶりの上に広がっています。 お値段950円。 ただ脂質が高いので、膵臓が弱い方やダイエット中の方は志那そばかネギラーメンをお勧めします。 本家の難点はすごく混むことです。 並んでいなかったことがない。 今までで一番待った時は2時間オーバーでした。 食べ終えたら3時間…。 長期休暇などの繁盛時には駐車場にも入れず、長蛇の列に耐えて待つことになります。 そんなに待てましぇーんというかたは、ぜひ全国展開しているラーメン坂内に行ってみて下さい。 残念💦ない~というかたにはこちらを。 太めの縮れ麺に、あっさり澄んだ醤油ベースのスープが絡んでたまりません。

次の