猫 殺害 動画。 猫を電子レンジでチンした訴訟の真実…心が弱い人は絶対に見ないで!!

福岡猫虐待事件

猫 殺害 動画

このほど裁判が行われ、男には生涯にわたり動物飼育禁止令が言い渡された。 『ro』などが伝えている。 英のに住む電気工ハイダー・エイ(25歳)は、8月から1年にわたり複数の猫を空中に放り投げるという残虐行為を繰り返し、にその動画を投稿した。 動画では、エイは路上にいる猫を優しく撫でた後に気を許して近付いてきた瞬間を狙うかのように猫の体を掴んで空中高く投げ飛ばしている。 その映像を録画している人物も、エイの行為を面白がり「、空中に向かって飛べ」と笑い声をあげている。 また、ある動画では室内にいる猫を壁に向かって放り投げ、猫はドに当たり床に着地すると、小さく鳴き声をあげる様子をまるで楽しんでいるかのようにエイはに向かって笑っていた。 この動画がに投稿されると、非難が殺到した。 RA(英国王立防止協会)と・ミッドランズ警察は合同で捜査を開始し、エイの身元と居場所を突き止め、逮捕した。 この件を担当したRAのハーチー・さんはこのように話している。 「動画の中の猫は、みな誰かのとして飼われている猫です。 映像にある一匹一匹が誰の猫であるかということまではわかりませんが、エイから虐待を受けた猫がに苦しんでいたり、何らかの怪我をした可能性もあるかもしれません。 抵抗しない猫に近付いて虐待するという行為に、エイは快感を得ているのがこの映像からは見て取れます。 の信頼を裏切る最低の虐待行為です。 」 、治安裁判所で行われた裁判で、動物福祉法第4条に反して猫に不必要な苦悩を引き起こした罪を認めたエイは有罪となり、生涯にわたる動物飼育禁止令を言い渡された。 加えて、時間の無収入労働を含む12か月間の地域奉仕活動を終えることや25日間の活動に参加すること、616ポンド(約9万円)の裁判所費用と85ポンド(約12,)の課徴金支払い命令が下された。 ハーチーさんは「今回の判決は、いかにRAが動物への残虐行為を深刻に受け止めるかということを伝えていると思います」と話しているが、このを知った人からは「処罰が甘すぎる」「こういう奴は実刑にしたっていいぐらい」「この男、動画で投稿した以上の虐待をもっとしているはず。 きっと何年もやってるよ。 そんな罰ぐらいじゃ、きっとまたするはず」「いい年した大人がよくもこんな残酷なことをするもんだ」「こんな奴から追い出してほしい」といった非難の声が相次いでいる。 画像は『ro 付「Man hed s in the for s ned for from king ls」(ture: )』の (Techinht編集部 鈴子).

次の

熱湯・ガスバーナーなどで猫を虐待死

猫 殺害 動画

6匹の命を奪い動画撮影 目を背けたくなるような映像がネットに投稿されていた。 鳴きながら鉄製のオリの中を逃げ惑う、苦痛に怯えた表情の猫。 熱湯を浴びせられ、ガスバーナーで焼かれ黒焦げにされる猫。 瀕死の状態で歯を抜かれる猫……。 その様子を撮影している男こそが、動物愛護法違反の罪で8月27日に警視庁保安課に逮捕、東京地検に起訴された埼玉県さいたま市の税理士、大矢誠被告(52)だ。 少なくとも13匹の猫を虐待し、うち6匹の命を奪ったとされる。 一部始終を動画撮影、インターネット上の匿名掲示板に投稿してその成果を報告していた。 悪趣味を通り越した、猟奇的な行為だ。 虐待の凄惨さは回を追うごとにエスカレート、ネットの闇でを喜ぶ連中は、大矢被告を「カルおじ」の愛称で持ち上げていた。 大矢被告を知る人物が、表の顔を説明する。 「20年以上、税務署に勤務すると税理士になれるそうで、5年くらい前に退官したそうです。 昨年からは北本市内の税理士の事務所を引き継いでいます。 役所に長く勤めていたせいか上から目線で話しますが、勤務態度はまじめで、仕事ぶりも細かく、トラブルもなかったそうです」 さいたま市の大矢被告が住む自宅の近所の女性は、 「マンションの組合の役員をしたり、お子さんとサッカーをしたり、家族思いの普通のおじさんという印象でした」 一見、仕事も家庭も順風満帆に見える人物が、次々と猫を捕まえ命を奪っていった。 猫の惨殺現場になったのは、同県深谷市にある一軒家。 大矢被告の母親の実家だ。 古くからの住人は、 「被告のおじにあたる人が住んでいましたが、10年くらい前に他界されて、それ以降は空き家になっていました」 と明かし、事件後に気づいたことを不安げな表情でつけ加えた。 「うちの家族が言っていましたが、事件のあった家からは、時々煙が上がっているのを見たことがあるそうです。 猫を焼いていた煙なのか……」 表面はまじめな税理士、ひと皮むけば残忍な動物虐待者。 事件の兆候のような出来事が大矢被告の個人事務所があるさいたま市見沼区周辺で起こっていた。 近隣住民は話す。 「夏ごろでしたか、野良猫が毒を飲まされて死んだんです。 近所の人が飼う猫も行方不明になったり、近くの団地でも野良猫の数が、はっきりわかる感じで減っていました」 今から10年ほど前、大矢被告が川越税務署に勤務していたころに身勝手なトラブルを起こしたことがあるという。 当時を知る地元商工会の担当者が明かす。 被告を直撃 「納税者の留守に勝手に敷地内で税務調査をしていたそうです。 それが発端でトラブルに発展。 納税者から相談を受け、私たちが抗議活動をすると、その様子を勝手にケータイのカメラで撮影。 結局、彼の上司が写真を消去しておさまりました。 横柄というか高飛車な印象は、彼を知る人物の一致した見方でしたね」 大矢被告の横柄さは、逮捕後の供述に、如実だ。 「猫は糞尿が臭く、爪で壁などを傷つけるので、有害動物の駆除をしただけ。 法律違反ではない」 と、トンデモない強弁を繰り返したという。 反省の様子は、まったくない。 9月20日に保釈されたばかりの大矢被告を直撃した。 「違います、違います、従業員です」と他人のふりをし、なぜ猫を虐待したのですか?と質問をぶつけても、無言。 事件の説明をすることもなくそのまま歩き続け、助けを求めるために、なんと交番に駆け込んだのだ。 猫は動物愛護法で定められている『愛護動物』にあたる。 殺したり、傷つけた場合の罰則は、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金になる。 ペットはもちろん、野良猫も同様だ。 しかし猫の虐待、殺害事件で裁判になるケースはまれ。 2016年、同様の事案が33件起訴されたが、29件が罰金刑を求めた略式起訴だった。 懲役刑を求める署名活動 大矢被告に懲役刑を求めるインターネット署名の活動をしている綿引静香さんは9月6日、約3万7000筆の署名を東京地検に提出した。 「事件を知り、ショックと怒りを覚えました。 虐待、殺害をして罰金で終わりなんて社会、おかしくないですか?」 と署名活動の理由を語り、その効果を次のように期待すると同時に、被告に償いを求める。 「初公判に向けて10万人分の署名を提出したいと思っています。 難しいかもしれませんが、実刑になれば、他の虐待への抑止力になります。 猫を虐待し、その動画で盛り上がるのは、異常です。 心の闇が広がっているように思います。 猫が嫌い、苦手だからといっても虐待していいわけではない。 被告には一生かけて償ってほしい。 可愛がれとは言いません、罪の深さを考えてほしい」 このような一般市民の動きを、「罰金刑ではなく、懲役刑を求めるムーブメントが高まっている」ととらえるのは、ペットや動物の問題を専門としている石井一旭弁護士だ。 「少しずつですが、厳罰化に向け動きだしています。 小動物の虐待は再犯率も高く、何らかの犯罪の温床、きっかけになることもありますからね」 そう話すと同時に、人間の事件と違って人材を投入できない捜査当局にかわる新たな組織づくりを提案する。 加害者たちは罰則を知っているから、隠れて虐待する。 それを捜査で明るみにしなければ、新たな事件が起きる。 罰せられることをアピールする必要はあります」 逮捕拘留中の被告は、面会した税理士事務所関係者が「事務所を出て行ってもらえますか」と言っても、「俺を追い出したいのか! 」と食ってかかったというが、 「保釈されて世間の反応をいろいろ見たり聞いたりしたんでしょうね。 今は、少し弱気になっていると聞きました」 と前出の大矢被告を知る人物は、直近の様子を明かす。 9月29日現在、市民の怒りや悲しみの声が反映された署名は9万3000筆を超えた。 現在、大矢被告は、妻と2人の子どもと暮らし、初公判を待つ。 どうあがこうが犯した罪は消えることはない。 被告は自分のしたことを自覚しているのだろうか。 外部サイト.

次の

<埼玉・深谷市>猫虐待殺傷の一部始終を動画撮影した、鬼畜男の正体

猫 殺害 動画

概要 [ ] 2002年にのペット関連板であるペット大嫌い板(現)に、ある人物によって、 おい!おまえらと題されるが作成されたことに端を発する。 事件 [ ] (准将)の名から取ったとされる ディルレヴァンガーを名乗る犯人は、マンション自室のユニットバス内でをハサミや針金等を使って尾や耳を切る・首を締めているところをデジタルカメラで撮影、写真をで公開し、虐待の実況中継を行った。 また犯人は、2ちゃんねる上で最も人が多い板のひとつであるにもスレッドを作り、この行為を自ら2ちゃんねる全体に知らしめた。 犯人は内の高校を経てを卒業し、光学機器メーカーに勤めていたが、職場でリストラが進み、社内の雰囲気にいたたまれなくなって辞職して蓄えで生活していた時期にこの事件を起こしたという。 犯人は公判の中で事件を起こした動機について、餌を与えたが糞をされたので憎悪がわいたとも、ネット上で騒がれたかったとも述べている。 反応 [ ] 犯人による虐待行為に対しインターネット上で非難が殺到し、数日中に複数のによって解析や写真の分析がなされ、通報が殺到。 これにより犯人は福岡県警によりされた。 この際、犯人は「猫は逃がした」と供述したが、事件を知った人々により写真が調べられ、問題の猫が生きていたとは思えない等の理由により、犯人への刑事訴追を求める署名運動が起こされた。 同時に犯人の個人情報などがインターネット上の様々な場所で公開され、同事件を追及するが乱立した。 犯人への不信感は、警察の尋問に対して「はさみや紐は引越しのために購入した」や「酔っていて、かっとなって」などと答えていたことにも関係する。 使用されたはさみがと呼ばれる工事材料を切るための専用の工具だったこと、発作的な殺害と言う割には問題のスレッドの書き込み時間が長時間に渡っており、また執拗な虐待の内容を延々と書き込んだりアップロードし続け、さらにペット大嫌い板で以前よりを虐待する様子を頻繁に文章で書き綴っていたことなどから、2ちゃんねる利用者らからは嘘であると判断された。 なおこれらの嘘が、後に「証拠隠滅を働くおそれがある」として福岡県警が逮捕に踏み切る理由となった。 なお同事件はインターネット上で一斉に広まったためも素早く反応し、テレビ・新聞などのニュースで一斉に報じられ、社会的にも大きな反響を呼んだ。 逮捕後と判決 [ ] この事件を知った人々より同県警へと逮捕を求める嘆願書が殺到したことにより(最終的に実刑を求める嘆願書と併せ3,000通を超えたという)、福岡県警側は書類送検から急遽対応を改め、に問題の写真鑑定を依頼したところ猫の死亡が確認されたため、犯人は逮捕され、取り調べを受けた。 取り調べの結果、犯人は猫の殺害を認めたため、違反により6か月・3年の判決を受けた。 このとき、犯人の個人情報が不特定多数によって公開されたことなどにより、すでに社会的制裁を受けたとして、減刑措置がとられた。 他の事件への影響 [ ] この判決は、後の事件にも影響し、同様の刑量判決が、その後の複数の事件裁判で出されている。 同事件以降、海外の動物虐待事件と凶悪事件の因果関係が取り沙汰され、動物虐待事件は凶悪犯罪の予兆であるともされ、動物虐待事件の予防・検挙が、近年多発する児童に対するなどの犯罪を予防することになるとする論調も生まれている。 生き物苦手板に関して [ ] なお、この「生き物苦手(旧ペット大嫌い)板」であるが、元々はマナーの悪い飼い主に対する批判で、「趣味」のカテゴリー内にあった「ペット」関連の掲示板が、によってコミュニティが混乱したため、この煽りを分離するために設置された板である。 事件・逮捕直後は累が及ぶのを恐れて動物虐待行為を仄めかしていた掲示板利用者が激減、一頃は動物虐待行為に対する非難一色に染まった。 近年では一部の動物虐待行為に嗜好を示す者が舞い戻ってきてはいるものの、実質的な犯罪行為の実行が疑われるケースでは、他の利用者から通報されているともいい、事件当時のように直接的な犯行をほのめかすケースはほとんどなくなっている模様。 ただし虐待事件は全く無いと言うわけでもなく、(平成18年)4月に公園で捕まえた猫を踏んで殺害、その写真を投稿した人物が逮捕されたケース(出典: ・があることを理由に懲役6ヶ月執行猶予3年の判決)がある。 関連事象 [ ] この事件は2ちゃんねるのみならず、他のインターネットにも影響を与え、他方では猫愛好家・などがとなっている動物虐待事件の問題で、度々同事件を引用している。 この事件において犠牲となった猫は、後に同事件を最初から最後まで追跡したバラエティ・のが手配した(なお遺体は未発見であるため、犯人がネット上に公開した画像のみが用いられた)の際に、僧侶によりとして こげんたと名付けられた。 これに複数サイトが追従したことから、この名が共通呼称として知られている。 同事件に際しては、不特定多数の人物が犯人探しに奔走、書類送検直後に犯人とされる人物の写真(高校生の時と大学生の時とされる)がネット上に公開される・自宅住所を公開される・家族(親)の職場(公立中学校)が公開されるという事態に発展、親にまで非難の電話がかかることで、その仕事を妨害する事態も発生した。 この追及が後に「社会的制裁をすでに受けた」として期間を執行猶予期間から差し引くという減刑にもつながっている。 同事件に際して殺害された猫の追悼サイトから、サイト閲覧者などから寄せられた追悼文等をまとめた書籍が当初、サイト運営者らのの形で発売され、後の(平成16年)7月には全国的に販売された。 同書籍の印税などは、動物虐待を防止する運動に利用されているという。 犯人が受けた判決に前後して、犯人は両親の住む広島県に引き戻された。 なお犯人は探偵ファイルが判決後に行った「ちゃんとネット謝罪してください」という問いかけに対し、「前向きに考えている」とコメントをしたことが伝えられているが 、それ以降は実社会・ネットコミュニティ共に沈黙を保っており、近況は不明である。 出典 [ ]• 産経新聞 2007年2月23日 -• 』ハート出版、2004年7月。 mimi『君はぼくの声になる-歩きはじめたそれぞれのこげんた物語』ハート出版。 [ ] 探偵ファイル。 記事名にディルレヴァンガーと名乗った人物の実名が使われているため、この箇所を省略した。 また、一部ページに虐待画像あり。 関連項目 [ ]• - かつては2ちゃんねるも匿名性を持っていたが、中傷事件などが相次いだ事から、利用者サイド間では一定の匿名性があるものの、管理側からは匿名性が無いようなシステムとなっている。 同事件発生時にはすでに、スレッド(話題の提示)を作った者のIPアドレスが記録されるようになっていた。 - 親衛隊上級指導者。 悪名高きの師団長。 自身にも数多くの戦争犯罪の嫌疑が掛かっていたが、捕虜として収容されていたポーランドにて看守に暴行され死亡している。 外部リンク [ ]• - (2003年10月5日アーカイブ分) - 問題のスレッド(虐待表現あり)• - (2013年11月28日アーカイブ分) - 事件をまとめたサイト(一部ページに虐待画像あり)• - この事件で殺害された猫を追悼するサイト(虐待画像は無い)• - (2016年3月9日アーカイブ分) - 上記サイトのアーカイブ.

次の