沢尻 エリカ 大河。 NHK大河「麒麟がくる」松たか子緊急投入!?沢尻代役・川口春奈に不安の声

【川口春奈】沢尻エリカの代役 NHK大河“初挑戦”川口春奈「撮影秘話」|日刊ゲンダイDIGITAL

沢尻 エリカ 大河

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」のクランクイン取材会が4日、都内のスタジオにて開催され、主演の長谷川博己、出演の沢尻エリカ、本木雅弘、門脇麦、堺正章、西村まさ彦が初披露となる役衣装で出席した。 同作は、第29作「太平記」を手がけた池端俊策氏のオリジナル脚本。 智将・明智光秀を主役とし、「戦国時代」を扱う大河ドラマでは初の試みとなる4Kでのフル撮影を行う。 取材会は、物語の重要な舞台のひとつとなる稲葉山城のセットで行われた。 明智光秀を演じる主演の長谷川、明智光秀の主君・斎藤道三役の本木、道三の娘・帰蝶役の沢尻らは、前日3日にクランクインしており、長谷川は、「すてきな衣装も着させて頂きまして、すごいセットで、やはり大河ドラマのスケール感は、ちょっと違いますね。 僕自身も、ものすごく心が躍動しております。 『僕の今までの俳優人生のすべてが出るのではないかな』と、『日々、引き締めてやっていかなければならないな』と、(クラインクインを迎えた)昨日、思いました」と目を輝かせた。 大河ドラマ初出演となる沢尻は「いよいよ始まったという感じです」と声を弾ませた。 ヘアセットをはじめとするメイクを施し、役衣装に身を包んだ姿で撮影セットの中に足を踏み入れた際の心境を、「自分の中で、もすごく感情が高ぶりました」と振り返った。 「気が引き締まる思いなのですが、とにかく、みなさんの熱もそうですし、現場が楽しいです。 ワクワクしています。 これからも、毎回、毎回、どんなシーンが撮れるのかと楽しみにしています」と声を弾ませた。 みなさんの芝居の熱量がすばらしくて、この現場に一緒にいられて光栄です」とにっこり。 そんな沢尻を、本木は、「芝居の熱量という意味では、沢尻さんがギラギラ、ピカイチでした。 おせじではなく。 初めての緊張感みたいなことも含めて、『今しか』とでもいうような輝きを放っていたような気がします」と絶賛。 本木の言葉を受け、沢尻は、合わせた両手で顔を隠すようにして、照れ気味に笑顔を弾けさせていた。 《竹内みちまろ》.

次の

沢尻エリカに恨み節!? 大河ドラマ『麒麟がくる』放送中断確定で越年の可能性も|日刊サイゾー

沢尻 エリカ 大河

NHK公式サイトより NHK大河ドラマ『麒麟がくる』(長谷川博己主演)の放送が中断することが確定した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同局では4月から同ドラマの撮影をストップした。 「5月31日で緊急事態宣言が解除されたとしても、大河の場合、出演者、制作スタッフの人数も多く、セットも大がかりであるため、すぐに撮影の再開はできません。 1カ月程度の準備期間が必要。 編集にも時間がかかりますから、1カ月以上は空いてしまいます。 その間は再放送やダイジェストでしのぐしかありません」(テレビ局関係者) 昨年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の視聴率は、史上ワーストの全話平均8. 2%(ビデオリサーチ調べの世帯平均視聴率、関東地区・以下同)に沈んだが、『麒麟がくる』は第17話までの平均で15%を超えており、全話平均では2016年『真田丸』(16. 「放送回数は全44話の予定でしたが、撮影再開時期が遅れ、中断期間が長くなれば、年内に収まらなくなってしまいます。 もともとは10月に撮了する予定でしたから、キャストのスケジュールもそこまでしか押さえていなかったため、それ以降、うまくスケジュール調整できなければ、撮影期間はさらに延びてしまいます。 そうなってくると、通常45分放送のところを拡大版にでもするか、放送回数を減らす措置をしないかぎり、年内での放送終了は難しくなってきます。 唯一の救いは、来年に延期となった東京五輪、パラリンピック中継を想定して、通常の47話から3話少なくなっていたことですね」(同) この非常事態に、同局ではあらためて沢尻エリカへの恨み節が出ているという。 沢尻は斎藤道三(本木雅弘)の娘で、後に織田信長(染谷将太)の正室となる濃姫(帰蝶)役に起用されていたが、昨年11月に麻薬取締法違反の容疑で逮捕、起訴され降板。 代役に川口春奈を立てて、沢尻の出演シーンを最初から撮り直しとなってしまった。 「沢尻降板の影響で放送開始が2週遅れとなってしまいましたが、撮り直しのロスがなければ、コロナによる撮影中断があっても、空白はできなかったかもしれませんし、まさに踏んだり蹴ったりで、あらためて沢尻への怒りが沸いているようです」(スポーツ紙記者) 大河が年を越してしまうとなると、何かと中途半端。 同局では、越年を避けるべく、今後あの手この手の策を講じていくしかなさそうだ。

次の

沢尻エリカ出演分の大河ドラマ10回分の撮影費用は6億円。再撮の必要性は本当にあるのか?(神田敏晶)

沢尻 エリカ 大河

4日間で、投票総数799票、10代~80代までから幅広く回答が得られた。 その結果を見ていこう。 (なお)。 インターネットでは早々に「撮り直し検討」が報じられ、ネットニュースのコメントなどでもそれを支持する声が多かっただけに、意外に感じられる方も多いのではないだろうか。 では、多数派となった「反対」の具体的な意見を見ていく。 「女優としては替えがきかない存在。 沢尻エリカの濃姫が見たい」(29・女) 「記者会見での『沢尻エリカの集大成を見せたい』という涙の決意が印象的。 薬物は絶対に駄目ですが、彼女が撮影に真摯に取り組んでいたことは確かだと思うので、見せてほしい」(51・男) 「沢尻さんの演技が好きなのでお蔵入りになるのは残念」(42・女) その一方で、「作品には罪がない」という意見もやはり多かった。 「沢尻エリカさんの罪と女優としての演技は別で考えるべき。 たとえ10話以降に俳優が替わってもストーリーは変わらないのだから問題ない」(34・女) 「沢尻エリカさんの犯罪は責められるべきだが、作品に携わったキャストやスタッフの苦労を考えるとやはり勿体ない」(71・男) 「過去に薬物で逮捕されていてテレビに出ている人はたくさんいる。 作品と個人は切り離すべきで、責任の取り方は出演料を全額寄付してもらうなど、他の形でできると思う」(47・男).

次の