スズキ キャリイ トラック。 スズキ スーパーキャリイ vs ダイハツ ハイゼットトラックジャンボ どっちが買い!?徹底比較

スズキ キャリイ 価格・車種カタログ情報

スズキ キャリイ トラック

スズキのトラック型軽自動車、「キャリイトラック」。 39年連続で、トラック車名別の年間販売台数の第一位を記録した。 2010年には合計400万台の販売台数を達成している。 2013年にはグッドデザイン賞も受賞。 中古車は幅広い価格帯で流通しており、相場は80万円前後。 ゆとりのある広々とした快適な室内幅や、積み込みや積み降ろしが容易な大きな荷台が特徴である。 小回りに強い軽トラックで、サビ対策も徹底されている。 シフトチェンジのタイミングを最適化することで、変速ショックを軽減しているため、軽トラックでも低燃費を実現した。 クラッチの操作が必要ないため、AT限定免許のみでも運転でき、加速したいときなどにはマニュアルモードへ変えることもできる。 また坂道での発車でも車両が後退しない機能のヒルホールドコントロールを装備している点も特徴。 エンジンの回転数の抑制することによって、比較的静かに高速道路を走行可能。 特に荒れた道でも、力強い走行性能を維持できる車である。 スズキのワンボックス型の軽自動車であり「キャリイトラック」の姉妹車でもある「エブリイ」と比べると、「キャリイトラック」の方が燃費は良く、よりスポーティなサウンドであることが評価されている。 エリアから探す - キャリイトラック ターボ スズキ の中古車.

次の

スズキ・キャリイ

スズキ キャリイ トラック

スズキのトラック型軽自動車、「キャリイトラック」。 39年連続で、トラック車名別の年間販売台数の第一位を記録した。 2010年には合計400万台の販売台数を達成している。 2013年にはグッドデザイン賞も受賞。 中古車は幅広い価格帯で流通しており、相場は80万円前後。 ゆとりのある広々とした快適な室内幅や、積み込みや積み降ろしが容易な大きな荷台が特徴である。 小回りに強い軽トラックで、サビ対策も徹底されている。 シフトチェンジのタイミングを最適化することで、変速ショックを軽減しているため、軽トラックでも低燃費を実現した。 クラッチの操作が必要ないため、AT限定免許のみでも運転でき、加速したいときなどにはマニュアルモードへ変えることもできる。 また坂道での発車でも車両が後退しない機能のヒルホールドコントロールを装備している点も特徴。 エンジンの回転数の抑制することによって、比較的静かに高速道路を走行可能。 特に荒れた道でも、力強い走行性能を維持できる車である。 スズキのワンボックス型の軽自動車であり「キャリイトラック」の姉妹車でもある「エブリイ」と比べると、「キャリイトラック」の方が燃費は良く、よりスポーティなサウンドであることが評価されている。 エリアから探す - キャリイトラック スズキ ・4WDの中古車 詳細条件• ディーラー車• 左ハンドル ミッション/駆動系/乗車人数• 8名 エンジン種別• ハイブリッド• ディーゼル オプション• 革シート• 全周囲カメラ• DVDナビ• CDナビ• 後席モニター• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• 電動リアゲート• アイドリングストップ• ボディタイプ• トラック• ハードトップ• ボンネットバン• バス 価格帯•

次の

キャリイ スーパーキャリイ

スズキ キャリイ トラック

概要 6月現在、同社の新車で購入できる自動車の商標としては最古の商標( 11代58年)となる。 ~までの39年連続で、日本国内で販売されているトラック(軽・小型・普通)の車名別年間販売台数第1位である。 さらに、2010年1月で累計販売台数400万台を達成した。 スズキからに供給を行っているのトラックタイプは、この車両を元に一部外装パーツの変更を行ったものである。 またエブリイもまではキャリイを名乗り、〜の間は上級車種以外の車種についてはキャリイバンの車名で販売されていた。 軽自動車の新規格に適合させるため以降のキャリイは・ロングホイールベース仕様だったが、2005年11月におよそ7年ぶりに・ショートホイールベース仕様の「FC」系が追加された(ボディサイズは新規格で、農耕用に特化したタイプ)。 ただし、OEM車種のスクラムトラックにはこの仕様が設定されなかった。 2013年8月のフルモデルチェンジに伴ってフルキャブ・ショートホイールベース仕様へ統合され、OEM車種のスクラムトラックもフルキャブ・ショートホイールベース仕様へ移行された。 なお、欧米や東南アジア、インド、オーストラリア等では排気量を拡大したモデルが生産、販売され、また大宇国民車(現:)からは9代目(エブリイにおける2代目)が「ラボ(LABO)」(エブリイは「ダマス(DAMAS)」)、南米ではブランドで「Chevrolet CMP」と言う名称でいずれも現在も生産されているが、ダマスはフェイスリフトを受けている。 海外モデルは145の国と地域で展開されており、軽トラックを除いた累計販売台数は200万台以上となっている(2019年2月末時点)。 車名は英語で「 運ぶ」の意味。 なお、カナ表記に関しては「キャリ ー(長音)」「キャリ ィ() 」などとされるケースが少なからず存在する。 社長の鈴木三郎は商機を逸するべきでないと考え、技術陣に「1年間で開発を済ませろ」と命じた。 スズライトなどの開発にも携わったが担当の設計課長となった。 稲川らは、1年という短期間での急造では、試作を繰り返しての凝った設計を用いる余裕はない、と見切り、鈴木三郎には余計な口出しをしない確約をとったうえ、単純でトラブルの出にくい構造に徹する方針を採った。 シャーシは同時期の小型トラックに倣って、前後輪ともリーフスプリング支持・固定軸の低床ラダーフレームという、単純頑強で強度余裕のある構造を採用、商用車で問題となりがちな破損トラブルを回避した。 出力重視で高回転過ぎのエンジンになったが、トラックとしての全体スペックが決定した時点で、トランスミッション内の減速ギアで実用向けな回転数に落とすやり方で帳尻を合わせた。 当然燃費は悪くなったが、実用面での動力性能が高かったことから、ユーザー側からは大きな問題にはされなかった。 ギアボックスは時流に合わせて、1速以外シンクロナイザー付とした4速コラムシフトをおごり、運転しやすくした。 一方、この時点では二輪車事業の業績による資金調達力向上で、先行したスズライト(横置きエンジン、前輪駆動)ではまだ導入できなかったスパイラルベベルギア用の刃切り機導入(スイス・エリコン社製およびアメリカ・グリーソン社製)が実現したため、については自社で後輪駆動車用の歯車生産が可能となった。 スタイルはセミ・キャブオーバーだが、エンジンはフロントシート下に配置するアンダーフロア型としている。 並行して、軽トラック専用の製造工場もに突貫工事で建設されることになった。 建設の指揮を命じられたのは、銀行員から鈴木三郎の娘婿となり、1958年に鈴木自動車に入社していた(のちスズキ社長・会長)で、会社中枢である企画部との対立を抱えながらの(社内失脚の危険含みの)特命であった。 修は現場での陣頭指揮に立って、職人たち相手の膝詰めの交渉などにも懸命に取り組み、わずか9か月で豊川工場を完成させた。 しかも建設予算3億円に対して最終費用は2億7千万円に抑え、3千万円を企画部に突き返した。 豊川工場建設の実績は、鈴木修がスズキ社内での実力を認められるきっかけになった。 豊川工場のラインで量産が開始された初代キャリイ「FB型」は、単純堅実で信頼性の高い作りとエンジンの強力さ、30万円弱の低価格とが功を奏して商業的成功を収め、スズキの商用軽四輪車市場での地歩を確固たるものとした。 初代は「 スズライトキャリイ」の名で発売された。 他社製品よりも積載量の大きく、積み下ろしのしやすい荷台を特長としていた。 オプションで荷台用の幌も用意された。 バン(「エブリイ」の前身)を追加。 最大積載量は300㎏(4名乗車時は200㎏)。 初代からのキープコンセプトではあるが、エンジンや足回りなどが大きく見直された。 エンジンは先代から継続して「」が採用されたが、クランクシャフトで駆動するオイルポンプによりクランクシャフトベアリングとコンロッドを直接潤滑する 「スズキCCI」方式がシリーズで初めて搭載され、ハイシリコンのピストンが採用されたこともあり高速走行時の耐久性が従来モデルより飛躍的に向上した。 前輪はが採用され、タイヤ・ホイールは12インチから10インチへ縮小となった。 小径化したこともあり、最小回転半径は4. 1mとなった。 先代に引き続き換気用の三角窓を備え、フットペダルは吊り下げ式が採用された。 バンを追加。 フロントシートはSバネタイプのクッションとオフセット式のヒンジを備え、当時のこのクラスとしては豪華だった。 リアドアは上下2方開のワンタッチ式となっていた。 また、このモデルからリアバンパーが初めて採用された。 バン、トラック共にL30型発売後も併売された。 キャブオーバータイプとなる。 2代目と併売された。 機構的にはL20と共通部分が多く、エンジン、ミッションはL20型と同一であったが、サスペンションはが採用された。 ダッシュボードは大型のグローブボックスを備え、眩惑防止のため天板が黒に塗装され、下部には保護のためのゴムパッドを装着していた。 バンを追加。 2名乗車(積載量300kg)または4名乗車(積載量200kg)の2種がラインナップされた。 4名乗車モデルのリアシートはベンチシートであった。 カーヒーター、デフロスター、サイドマーカー、バックアップランプを標準装備していた。 後部乗員保護のため、フロントシートの背面にパッドを備えていた。 販売当初のキャッチコピーは「韋駄天キャリィ」。 がを手がける。 テールランプはトラックは従来と同じく赤色のブレーキ・ウインカー兼用の一体式を、バンは本車種初となるリアコンビネーション式をそれぞれ採用。 しかしバンはそのスタイル故、荷室容積が犠牲となった(この弱点は5代目で幾分改善される)。 ヒーター、ウインドウウォッシャー、全天候型デフロスターを備え、ドアロックはシリーズ初のプッシュボタン式が採用された。 トラックについては1方開式、3方開式の2パターンが用意された。 当代の縦型アウタードアハンドルは、からに追加されたバンモデル(LJ20V)にも流用された。 フロントグリルのデザインを変更。 向けに本車種をベースとしたをと共同開発。 バンをベースにしたキャンピングカーを発売。 36L L50 0. キャッチコピーは『力のキャリイ』。 この代より三角窓を廃止。 トラックのテールランプをコンビネーションタイプに変更。 フロアシフトが採用され、水冷エンジンとなる。 もちろん排気量はそのまま。 バンは荷室面積が拡大、従来のヒンジ式に代わってスライドドアが設定され、のちに5ドアも追加された。 また、バンの後退灯が一灯化され、テールランプと独立したデザインに変更された。 当時としては破格の角度21度の登坂力を誇る馬力を持っていた。 フロントグリルのデザインを変更。 のちに現行の黄色ナンバーにも対応した改良が行われる。 キャリイ生産累計100万台達成。 5代目をベースに車幅が100mm拡大され、「 キャリイWide」の愛称が付く。 「 キャリイ55」で採用された電動式ウィンドーウォッシャーをこの「 キャリイWide」にも採用させた。 脱落式ミラーを装備。 登坂能力21. 3度を売りにしていた。 トラックは当初一方開、三方開から販売され、FRP荷台車、パネルバンが追加されるまでST10が併売された。 グレード展開は経済車、スタンダード、スーパーDXの三種であった。 キャリイバンがフルモデルチェンジ。 ボディは前モデルをベースに拡幅されているほか、細かい箇所でデザインが変更された。 また、トラックと異なりダミーグリルを装着している。 グレード展開はスタンダード、スーパーDXの二種であった。 マイナーチェンジ。 トラックにバンと同じくダミーのフロントグリルが装備される。 また最小回転半径が4. 0mから3. 8mに縮小された。 シートも改善され、乗り心地も向上している。 バンにカスタムを追加。 カスタムはメッキバンパーにメタリック塗装が施され、内装も普通車のようなファブリック素材を使用したシートが採用された。 5代目以来変わらなかったボディの基本設計の変更が行われた。 5月 バンのフルモデルチェンジ。 10月 バンの4ストローク搭載エンジン機種の追加「ST40V型・F5A型」。 5月 マイナーチェンジ。 7月 トラックの4ストローク搭載エンジン機種の追加「ST40型・F5A型」。 バンの仕様変更(機種構成変更。 2ストローク搭載エンジン機種「ST30型」の廃止。 を備えていた。 10月 バンのパートタイム4WD機種(ST31型)と4ストロークエンジン搭載機種(ST40型)にガラスサンルーフ仕様の追加。 11月 マイナーチェンジ。 前面デザイン「下位グレード機種はグリルレス、それ以外はグリルガーニッシュ付加」及び内装を変更。 初めて樹脂バンパーが採用された。 バンはエブリィとして独立する。 3月 パートタイム4WD機種のST41型の一部グレード機種にリミテッドスリップデフ LSD を装着。 1月 一部改良。 全機種がグリルガーニッシュ付加の前面デザインに統一。 55L 型 0. 55L F5B型 0. 55L 直3 SOHC スーパーチャージャー 型 0. 2WDおよび4WD車の上級グレード「KC 標準ルーフ 」および「MC ハイルーフ 」に限りフロントを標準装備。 4サイクルエンジンは先代に引き続きである。 この型式より2WD車と4WD車は「D」の次に来るアルファベットの表示で区別するようになった。 4WD車にはデフロック機構およびが一部に設定。 また5速MT(ただし4WD車はEL: エクストラ・ロー 付)やエアコン付きも設定された。 これに伴い2サイクルエンジン搭載モデル DA81T を廃止。 5月 キャリイ国内販売台数累計200万台達成。 6月 マイナーチェンジ。 スーパーチャージャー搭載モデルに限りのまま3バルブ化されたシリンダーヘッドが与えられている。 大幅な。 廉価グレードは丸型ヘッドランプを採用。 しかし、それとは対照的にスーパーチャージャー付きエンジンは2バルブとなる。 4WD車は全車フロントディスクブレーキを標準装備。 OEM版の(の事実上の後継車種)が登場する。 2度目のフェイスリフト。 全グレードに丸型ヘッドランプを採用。 全車660cc化およびSOHC4バルブ化。 スーパーチャージャー搭載モデル廃止。 車体寸法の基準変更にはフロントバンパーの延長等で対応したため、キャビンの広さは前モデルと変化していない。 4WD車は550cc後期型同様、最廉価グレードのKUを除く全車にオートフリーホイールハブが標準装備となる。 3月 マイナーチェンジ。 自然吸気エンジンの出力向上。 38馬力から42馬力に拡大。 4WD車の「4WD」デカール表示が赤色から青色に変更。 4WD車は全車オートフリーホイールハブが標準装備化された。 66L 直3 SOHC F6A型 0. 車体寸法の規格変更に対応してキャビン自体が広くなり、居住性が向上した。 先代に引き続き、としてマツダへOEM供給される。 グレード構成は最廉価グレードの「KU」、中堅グレードの「KA」、最上位グレードの「KC」、農業従事者向けに特化した「農繁キャリイ」。 「KU」以外の全グレードは異形角型ハロゲンヘッドランプが標準装備となり、「KU」のみ規格型の丸型ヘッドランプが標準装備となる。 4WD全車、及び2WD車の「KC」はフロントディスクブレーキが標準装備となる。 9月 仕様変更。 2WD全車のフロントブレーキが全車ディスクブレーキとなり、更にタイヤとホイールも12インチ化された。 1993年11月 「キャリイバン」が「エブリイ」に統合され、キャリイバンは29年の歴史に幕を下ろした。 ここからキャリイはトラック、1BOXはエブリイと完全に区別される。 7月 2度目の仕様変更。 フロントコーナ部のポジションランプのレンズ部分がホワイトからアンバーに変更される。 ホイールのが変更となる(114. 9月 キャリイ、トラックとしては初めて国内累計販売台数300万台達成。 4月 レトロ調の意匠を採用したキャリイC(クラシック)を追加。 5月 3度目の仕様変更。 ただしSOHC2バルブ。 搭載上の関係でインタークーラーは装備されなかった(60ps)。 66L 直3 SOHC F6A型 0. 新規格に対応するため、車体を拡大すると共にセミキャブオーバータイプとなる。 エンジンは先代と同じく[F6A型]。 ターボ車に続き自然吸気の4WD車もEPI化するが、自然吸気の2WD車は従来のキャブレター仕様のままとなる。 AT車は「ターボ(パワステ付)」のみに設定されている。 ターボは60psから56psになった。 マイナーチェンジ。 荷台の長さが競合他車に比べ短く不評だったため、キャビンを短縮して荷台を延長。 そのため居住性が若干損なわれる。 ボンネットやフェンダーなどドアを除く前部のパネルも変更され、初期型およびエブリィとの互換性を失う。 フロントのエンブレムはSからSUZUKIに変更。 およびの強化に伴いキャブレター仕様が廃止され全車EPI化された。 また、MT車にはを新たに装備した。 グレード体系を見直し、「KA」はスタンダードタイプのみ。 従来の「KA・パワステ付」、「KA・エアコン付」は「KD・パワステ付」、「KD・エアコン付」に変更し、パワステ・エアコンを装備した「KC」を追加。 また、新グレードの「KD」、「KC」、既存の「KA」にAT車が設定される。 一部改良。 従来の「KA」に代わり、ラジオ付で税抜55. 5万円からのお買い得グレード「KU」を追加。 また、先代から継続設定されていたターボエンジン搭載車(インタークーラー無し)の「ターボ」が廃止となる。 エアコン・パワステを標準装備し、上級仕様の内装を採用した「KUスペシャル」を発売。 2001年 一部改良[DA62T]。 エンジンが全車オールアルミとなる。 防錆対策を強化、純正スチールホイールのリム幅の変更により(4. 50B)最小回転半径を小さく(4. 8m)し、フロント部分に簡易型ガーニッシュ(「SUZUKI」ロゴあり)が装着され、更にインパネのデザインを一新。 基本グレードは「KU」のみとなるが、従来の「農繁」を継承した「KU農繁セレクション」が新たに設定された。 また、この型式より2WD車と4WD車の表示区別がなくなり、両方共"DA"となる。 マイナーチェンジ(DA63T)。 キャビンの形状をそれまでのエブリィとほぼ共通なスタイルから大幅に変更し、発売当初と比べると実質的なフルモデルチェンジに近いビッグマイナーチェンジとなった。 軽トラックでは唯一となる分離荷台を採用したことで衝撃を低減し、補修による交換も容易になった。 また、発売のST30から長きに渡って使われてきたテールランプの形状が変更された。 当初ダンプのテールランプは変更されていないが、その後統一されている。 ダッシュボードスピーカーは廃止されドアスピーカー取付け部を設けた。 グレード体系に「KC」が復活。 いくつかの仕様も設けられ、「KC」と「KCパワステ」の4WD・5速MT車には「農繁仕様」を、「KC」には穴あきサビ5年、表面サビ3年の長期サビ保証をつけた「重防錆仕様」、「KCエアコン・パワステ」の2WD・5速MT車には地上高605mmの低床荷台とした「低床仕様」を設定した。 また、この代よりフロントバンパーには塗装はがれの心配がない白色樹脂を使用している。 一部改良。 「KU」を含む全車に運転席シートバックポケットを装備した。 2005年 主にを対象とし、フルキャブ・ショートホイールベースを採用し、旋回等の取り回し性に優れた「FC」シリーズ[DA65T]を追加。 グレードは「FC」・「FCエアコン・パワステ」の2グレードで、全タイプの4WD車にはデフロック機構を追加した「農繁仕様」も設定される。 「FC」に販売店装着オプションのエアコンを取り付けるとドアスピーカーの取り付けは板金を加工しない限り不可能となるため販売店での取り付けは出来ない。 そのためかで取り付けたユーザーの中にはダッシュボード上にスピーカーを乗せる者も存在する。 なお「FCエアコン・パワステ」は取り付け可能。 トランスミッションは全車5MTのみである。 また、「KC」シリーズにはヘッドライトマニュアルレベリング機構を追加し、サイドターンランプの形状を変更、平成19年排ガス基準に適合した。 6月 ショートホイールベース車に「FCパワステ(4WDのみ設定)」、「FCパワステ 農繁仕様」を追加。 7月 「KC」の2WD・3AT車と「FC」の2WD車を廃止。 2007年 「重防錆仕様」のベースモデルが「KC」から「KCエアコン・パワステ」に変更。 これにより、4WD車が追加された。 4月 ラインナップが整理され、ロングホイールベース車は「KU」、「KCエアコン」、「KCエアコン・パワステ(重防錆仕様、低排出ガス仕様)」、「KC農繁仕様」を廃止。 ショートホイールベース車は「FC農繁仕様」を廃止した。 また、フロントのエンブレムは「SUZUKI」ロゴから「Sマーク」に変更した。 仕様変更。 ラインナップを整理し、「KC」の4WD・3AT車、「KCパワステ」の2WD車を廃止。 また、同日に仕様変更を実施したと同じく、フューエルキャップを給油時の紛失防止の為に、給油口付近とプラスチック製のひもに結ばれた形に変更した。 特装車「低温冷凍車」が一部改良された。 コンテナ左側面のドアをヒンジ式から軽自動車規格の低温冷凍車で初めてとなるワンタッチ式ロック機構付のスライド式となり、バックドアのロック機構もワンタッチ式に変更された。 2011年 初代の「スズライトキャリイ」から誕生50年を記念し、「KCエアコン・パワステ」をベースに、荷台作業灯、専用ファブリックシート表皮(撥水加工)、誕生50年記念専用、デフロック機構(デフロック機構は4WD・5MT車のみ)を装備するとともに、ボディー全体の塗装に中塗りを追加し、荷台の裏側などにPVCアンダーコートを追加、アングルポストや類にまで防錆処理を施した「重防錆仕様(穴あきサビ5年・表面サビ3年のサビ保証付)」とした誕生50年記念車「KCリミテッド」を発売。 一部改良。 2012年7月からのシートおよびシートベルトに関する保安基準の改正に対応して、シートの背もたれをハイバックタイプへ変更して、ヘッドレストを大型化。 また、2013年1月から施行される灯火器及び反射器等に関する法規に対応するため、後方反射板の取付が行われた。 仕様変更。 ラインナップを整理し、「KCパワステ」の4WD・3AT車を廃止。 これにより、3AT車は「KCエアコン・パワステ」のみとなる。 販売期間 2013年9月20日- 2人 2ドア型 型 0. 型式はDA16T。 先代では2種類存在していたボディタイプを「FC」系のフルキャブ・ショートホイールベース仕様に統合され、グレード名称を「FC」から先代のセミキャブ・ロングホイールベース仕様に用いていた「KC」に変更。 併せて車体レイアウトが刷新され、フロントウィンドシールドを前方に移動し、荷台のフロントデッキを無くしたことで運転席のヒップポイントが15mm後方に移動。 この他、カバーを小型化して角度を変更するなどしたことで居住空間に余裕を持たせ、ヒップポイントからの開口高とドア開放幅を拡大し、ドアの足元開口部も拡大したことでを履いていても、ヒップポイントが低くなったことで乗り降りもしやすくなり、アームレスト付成型ドアトリムや運転席シートスライド(14段階調整可能、スライド量140mm)を採用。 室内の広さを外からでもわかるように表現するため、の左右幅を広げ、Aを細く見せ、フロントウインドシールドを下部のガーニッシュと連続させるようにした。 荷台はフロア長で2,030mmと広めにとり、床面地上高を650mmに低床化。 また、作業性を高めるため荷台ステップを運転席側にも採用した。 みち板をひっかけることができるリアゲートや補修・交換の際に荷台だけ分解できる分離荷台は先代から継承された。 さらに、塗装は中塗りを加えた3層塗装となったほか、ホイールハウスやフレーム側面などの下周りにはアンダーコートを、ゲート(アオリ)合わせ面の外周にはを、フロントドアヒンジにを塗布。 併せて、荷台を含むボディー外板の表面サビ3年・穴あきサビ5年の長期サビ保証が標準付帯された。 エンジンには既に、等同社の軽乗用車で採用実績があるを同社製軽貨物車で初採用した。 キャリイ用のR06A型は助手席側へ傾斜させたとして搭載され、は側のみ採用している。 これにより、最高出力の向上や低中速域におけるトルクアップを実現。 なお、カバーは近年乗用車に使われている製とは異なり、従来からのカバーになっている。 併せて、超板をAピラー付近に採用し、高張力鋼板を車体とフロントに採用。 位置をシート下のエンジン直前に移動したことで、用配管の短縮、冷却水量の削減、コンデンサー(凝縮器)の廃止を実現、またやドアの肉厚や板厚の見直しを行うなど、性能を保持しつつ徹底した軽量化を行うことで、「KCエアコン・パワステ」の4WD・5MT車は同駆動方式・トランスミッションを採用する「FCエアコン・パワステ」に比べて50kgの軽量化を実現。 これにより、2WD・5MT車で18. マルチリフレクタータイプのハロゲンヘッドランプと運転席エアバッグを全車に採用し、インパネは中央部のオーディオスペースを高めに配置し、2DINサイズのスペースを確保(通常は1DINサイズのオーディオを標準装備するため、オーディオ下部にインパネボックスを装備)。 その周辺に収納スペースを確保した。 グレード体系は先代の「KC」シリーズの体系をほぼ踏襲し、「KC(5MT車のみの設定)」・「KCパワステ(4WD・5MT車のみの設定)」・「KCエアコン・パワステ」を設定するほか、バックブザー、アングルポストプロテクター、アッパーメンバーガード、高低速2段切換式パートタイム4WDとデフロックなどを装備した農繁仕様(4WD・5MT車のみの設定)は先代の「KCパワステ農繁仕様」に加え、「FCエアコン・パワステ農繁仕様」の後継グレードとなる「KCエアコン・パワステ農繁仕様」を追加。 また、「KCエアコン・パワステ」と「KX」には助手席SRSエアバッグ・4輪ABS・助手席シートベルトプリテンショナーのセットオプションを設定した。 なお、今回のフルモデルチェンジに合わせ、以前からOEM供給を行っているマツダに加え、やへもOEM供給を行うことで基本合意したことが各社から発表された。 これにより、三菱自動車工業はの「ミニキャブMiEV」を残してガソリン軽商用車の生産から事実上撤退することとなった。 これに伴い、三菱からOEM供給を受けていた日産自動車もOEM供給元がスズキに変更され、結果的に4兄弟車種となった(なお、2社とのOEM供給による基本合意には、軽ボンネットバンのエブリイも含まれる)。 CMには当初とが、後にが追加出演した。 2013年10月 11代目キャリイが2013年を受賞。 2013年 特装車シリーズをフルモデルチェンジ。 「シリーズ」・「ゲートリフターシリーズ」・「食品シリーズ」・「キャリイカー」の4ラインを用意されており、「ダンプシリーズ」は全車、運転席から操作できるダンプスイッチを備えた電動油圧式のダンプ機構を採用するとともに、4WD・5MT車は標準車と同じく、高低速2段切替え式パートタイム4WDを採用。 一部のグレードに4WD・3AT車を新設した。 ラインナップは積み下ろしが楽な低床設計で、下降時の衝撃をクッションがスムーズに吸収するクッション付を採用した廉価仕様の「金太郎ダンプ」、深めのアオリ仕様で、格子型とパネル型の2つの鳥居が選べる「深底ダンプ」、荷台床板の厚さを3. 「ゲートリフターシリーズ」はリモコンスイッチで操作できる最大リフト荷重350kgの昇降リフトを採用。 アングルポストと荷台作業灯を標準装備する。 前後の揺れが少ない「垂直式ゲートリフター」と弧を描いて上昇する「アーム式ゲートリフター」の2タイプを設定。 「食品シリーズ」は断熱性に優れた保冷コンテナを採用し、標準車では「KX」に採用しているパワードアロック、キーレスエントリー、パワーウィンドウを標準装備する。 「バイクキャリイカー」は水に強い耐水合板やロープフック付専用キャビンガードバーを備えるなど、二輪車配送に適した仕様とした。 さらに、など積荷や仕事に合わせたオーダーメイドの特装車がつくれる「特装ベース車」も用意される。 2013年12月3日 へ2代目としてOEM供給開始。 2014年2月27日 へ7代目としてOEM供給開始。 これにより、日本での自動車市場では稀な 4兄弟車種となった。 2014年8月26日 「KCエアコン・パワステ」のセットオプション装着車に、新型トランスミッション「オートギアシフト(以下、AGS)」車を追加発売(なお、AGS車では前述のディスチャージヘッドランプ装着車の設定はない)。 AGSは5MTをベースに、クラッチやシフト操作を自動で行う電動油圧式を搭載した(AMT)である。 スズキ車ではに続いて2車種目の採用であり、日本市場向けでは初の導入となる。 AT車のように駐車時やエンジン始動時に使用するPレンジや機能を採用しており、時に車両の後退を抑えるも装備した。 さらに、コンピュータによってギアチェンジ操作を最適化することで更なる低燃費(JC08モード燃費で2WD車は19. 悪路での力強い走破性を発揮し、減速時にはMT車のようにが作動。 ローギヤード化することで5MT車を上回る登坂性能を発揮し、5MTベースのため、高速走行時にエンジン回転数を低く抑えられることにより、3AT車よりも高い静粛性も実現した。 併せて、仕様変更も行い、ボディカラーの「シルキーシルバーメタリック」を「KCエアコン・パワステ農繁仕様」にも設定できるようにしたほか、「KCエアコン・パワステ農繁仕様」と「KX」には新色としてに設定されている紺色の「ノクターンブルーパール」を追加した。 2015年4月1日 仕様変更。 2015年8月20日 一部改良(2型)。 また、5AGS車には2速発進モードが追加された。 さらに、左右の荷台ステップの下に平シート用フックを追加し、荷台フックをリアゲート中央上部にも追加。 シートクッションを大型化した。 特装車シリーズもベース車同様の一部改良を行ったほか、ダンプシリーズにはリフト機構を備えた「リフトダンプ」を新たに追加した(4WD・5MT車のみの設定、同年10月生産開始) 2016年8月10日 一部仕様変更並びに誕生55周年記念特別仕様車「KCスペシャル」・「農繁スペシャル」を発売。 「KCエアコン・パワステ」のセットオプション装着車にのみ設定されていた5AGS車を「KX」のセットオプション装着車にも設定(「KCエアコン・パワステ」の場合と異なり、ディスチャージヘッドランプとの同時設定も可能)。 併せて、ボディカラーには「KX」専用色として、「ブルーイッシュブラックパール3」と3代目エブリイワゴンに採用されている「ガーデニングアクアメタリック」を追加し、5色展開となった。 ボディカラーはベース車のラインナップに加え、「KX」専用の新色「ブルーイッシュブラックパール3」と「ガーデニングアクアメタリック」を特別色として設定したほか、「KCスペシャル」は「KCエアコン・パワステ農繁仕様」・「KX」専用色の「ノクターンブルーパール」も特別色として設定した。 2017年11月13日 一部改良(3型)。 従来は「KCエアコン・パワステ」と「KX」にセットオプション設定となっていた助手席SRSエアバッグ、助手席シートベルトプリテンショナー、4輪ABSを全車に拡大して標準装備化。 さらに、が全車に標準装備され、グローブボックスは深底・大型化。 メーカーオプションのディスチャージヘッドランプは「KX」のみの設定となった。 ボディカラーは「シルキーシルバーメタリック」を特装車シリーズの「金太郎ダンプ」にも設定された。 なお、特別仕様車の「KCスペシャル」と「農繁スペシャル」はベース車の一部改良を受けて継続販売される。 2017年9月22日 「第45回2017」に「キャリイ軽トラいちコンセプト」を出品。 2018年5月16日 2代目やでも採用されているセンサーを後方だけでなく前方にも備えた誤発進抑制機能及び軽トラック初の後方誤発進抑制機能が採用され、「KX」及び特別仕様車の「KCスペシャル」と「農繁スペシャル」は標準装備、「KCパワステ」・「KCエアコン・パワステ」・「KCパワステ農繁仕様」・「KCエアコン・パワステ農繁仕様」はセットでメーカーオプション設定された。 同時に、派生モデルとなる「 」が発表・発売された(詳細後述)。 2019年9月2日 一部仕様変更(4型)(9月17日発売)。 安全装備が強化され、軽トラックで初めて夜間の歩行者検知に対応した「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめ、、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、ESP(車両走行安定補助システム)、オートライトシステム、ヒルホールドアシスト(3AT車のみ)が新たに採用され、「KX」及び特別仕様車「KCスペシャル」・「農繁スペシャル」に標準装備、「KCパワステ」・「KCエアコン・パワステ」・「KCパワステ農繁仕様」・「KCエアコン・パワステ農繁仕様」は「スズキ セーフティ サポート」としてメーカーオプション設定された(本オプションを装備した場合、前述した誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能も一緒に装備される。 なお、誤発進抑制機能は「デュアルカメラブレーキサポート」の搭載に伴い、超音波センサー方式からステレオカメラ方式に変更される)。 ボディカラーは「KX」及び特別仕様車の「KCスペシャル」・「農繁スペシャル」に設定の「ガーデニングアクアメタリック」に替わり、「クールカーキパールメタリック」が設定された。 ヒーターコントロールパネルがダイヤル式に変更され、「KX」はフォグランプベゼルがメッキに変更された。 なお、今回の一部仕様変更に伴い、「KCエアコン・パワステ」と「KX」に設定されていた5AGS車が廃止された。 販売期間 2018年5月17日- 2人 2ドア型 型 0. 2018年4月16日付でティザーサイトが公開されており。 2018年5月17日付で販売が開始された。 型式は11代目キャリイと同じ「DA16T」となっている。 この「スーパーキャリイ」の名称は元々、海外向けの車種名として用いられており、長年、向けにベトナムスズキ社を通じて生産・販売が行われており、2016年7月からは社が向けモデルの生産・販売が開始された経緯があるが、名称が同じなだけで仕様が全く異なっており、ベトナム向けでは、8代目キャリイをベースに左ハンドル仕様に変え(当時のキャリイでは「SUZUKI」ロゴだったフロントデザインもSマークに変更されている)、エンジンは970cc・4気筒の型エンジンに置換 、インド向けでは、専用のボディデザイン・設計となり、エンジンは800ccのが搭載されており 、いずれも軽トラックよりも排気量が大きい小型トラックとして販売されている。 開発のベースとなっているのは、第45回2017に参考出品されたコンセプトモデル「キャリイ軽トラいちコンセプト」 で、軽トラ市への出店を想定し、キャビンを従来型より広く取った、「居住性・ゆとりある室内空間」を重視する顧客に対応したモデルであり、この時点でキャビンの窓ガラスが車検対応仕様(すなわち市販化を念頭に置いた設計)となっていたことが明らかになっている。 また2018では「キャリイフィッシングギア」を参考出品、でのレジャーユースを想定したカスタマイズが施された。 キャリイに比べてキャビンが後方へ460mm拡大、全高が120mm高くなったラージキャブ仕様で、運転席は最大40度のリクライニング機構が追加され、シートスライド量はキャリイよりも40mm長い180mmとしている(リクライニング機構とシートスライドは助手席にも搭載されているが、リクライニング角度最大24度、スライド量100mm)。 また、軽トラックで初の助手席前倒し機構が搭載され、シートバックテーブルも装備された。 キャビンが拡大した分、荷台長はキャリイより短くなっているが、キャビン後方の下部に高さ230mm・奥行き495mm・幅1,315mmの開口部を設けており、荷台長1,480mmに対し、荷台フロア長は1,975mmが確保され、荷台フロア長だけで比較すれば、キャリイよりも55mm短い程度にとどまっている。 これにより、標準的サイズのや、長尺の柄がある道具なども、少量であれば積載可能なスペースを確保している。 グレード体系は「L」と「X」の2グレードが用意される。 装備内容は「L」がキャリイの「KCエアコン・パワステ」、「X」がキャリイの「KX」にそれぞれ準じているが、キャリイの該当グレードと異なる点として、前後誤発進抑制機能が標準装備になるほか、全車オーディオレス仕様(オーディオレスに伴い、「L」はインパネボックス非装備)となり、ヘッドレストは一体型タイプに変更。 荷台ステップは運転席側のみとなり、ユーティリティナットが追加される。 さらに、「X」は専用装備として、運転席バニティミラーとトップシェードガラスが追加され、ファブリックシートは撥水加工が施され、UVカット機能付ガラスはフロントドアにも装備され、フォグランプベゼルとドアハンドルはメッキに変更される。 カラーバリエーションは「KX」と同一の5色展開となり、トランスミッションはキャリイ同様、5MT・3AT・5AGSの3種類が設定される。 2019年9月にキャリイ同様に一部仕様変更され(2型)、「デュアルカメラブレーキサポート」、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、ESP、オートライトシステム、ヒルホールドシステム(5MTは除く)が標準装備され、ボディカラーの「ガーデニングアクアメタリック」を「クールカーキパールメタリック」に入れ替え、ヒーターコントロールパネルをダイヤル式に変更。 また、5AGSは「X」のみの設定となった。 なお、キャリイのOEM仕様である、、には「スーパーキャリイ」に相当するラージキャブモデルは用意されていない。 なお、2010年度以降9年間(2010年1月~2018年12月)の日本国内で販売されているトラック(軽・小型・普通)の車名別年間販売台数第1位に関してはの(OEMの、および7代目以降のは除く)にそれぞれ第1位の座を明け渡している。 - スズキ公式サイト• 「キャリィ」と書かれた例: Vol. 15 22ページ• 1969年カタログより• 『360cc軽自動車のすべて』三栄書房 74頁• プレスリリース , スズキ株式会社, 1999年1月9日 ,• プレスリリース , スズキ株式会社, 1999年11月25日 ,• プレスリリース , スズキ株式会社, 2000年5月17日 ,• プレスリリース , スズキ株式会社, 2001年2月9日 ,• プレスリリース , スズキ株式会社, 2001年9月4日 ,• プレスリリース , スズキ株式会社, 2002年5月16日 ,• プレスリリース , スズキ株式会社, 2005年8月26日 ,• プレスリリース , スズキ株式会社, 2005年11月24日 ,• プレスリリース , スズキ株式会社, 2007年12月4日 ,• プレスリリース , スズキ株式会社, 2011年7月1日 , 2018年5月18日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2011年10月11日 ,• プレスリリース , スズキ株式会社, 2013年8月29日 , 2013年8月29日閲覧。 2013年8月30日(2013年8月31日 閲覧)• プレスリリース , 三菱自動車工業株式会社, 2013年8月29日 , 2013年9月22日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2013年8月29日 , 2013年9月22日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2013年10月16日 , 2013年10月6日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2014年2月24日 , 2014年2月24日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2014年8月26日 , 2014年8月26日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2015年8月20日 , 2015年8月20日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2017年11月13日 , 2017年11月13日閲覧。 アルトに設定されているものと機能は同一である。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2019年9月2日 , 2019年9月2日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2019年4月25日 , 2019年4月25日閲覧。 2018年4月17日. 2018年4月17日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2018年5月16日 , 2018年5月16日閲覧。 clicccar. com 2011年11月16日. 2018年5月19日閲覧。 プレスリリース , 2016年7月27日 , 2018年5月18日閲覧。 ドレスアップナビ 2017年10月27日. 2018年5月18日閲覧。 東京オートサロン公式サイト. 2018年5月18日閲覧。 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 トラック(1989年のデビュー時からOEM)• トラック(かつては競合車種だったが7代目からOEM開始により姉妹車へ)• (2代目からOEM開始により姉妹車へ。 初代は競合車種だった6代目ミニキャブのOEM。 - 姉妹車(軽ワンボックス仕様、8代目以降キャリイバン)• - 普通車版エブリイ• (トラック仕様がキャリイの名で販売されている。 - 2013年9月から2014年3月まで、およびと共に11代目キャリイのに出演。 - 2019年9月よりスーパーキャリイを含む共に11代目キャリイのCMに出演。 外部リンク•

次の