エンニュート 育成 論。 【ポケモンUSUM】エンニュートの育成論・対策まとめ【ウルトラサンムーン】

【ポケモンUSUM】エンニュートの育成論・対策まとめ【ウルトラサンムーン】

エンニュート 育成 論

ページ:• 投稿者:らりるれろ• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:たけうま• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:くー• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:Hamachi• コメント 12 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:Miya• コメント 20 みんなの評価 :• 投稿者:ポイゾ茄子• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:mreva• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:モソソクルッペ• コメント 23 みんなの評価 :• 投稿者:gorutyanga• コメント 9 みんなの評価 :.

次の

【ポケモン剣盾】エンニュート育成論 炎タイプ屈指の火力と速度!

エンニュート 育成 論

毎回毒タイプの育成論ではそうなりがちですが、この子も例に漏れず毒統一用の型ですので、通常のパーティへのアレンジも、知らないなりに踏まえつつ考察していきます。 ただしどんかんをトレースされると挑発が通らなくなる。 挑発型でもふしょくは選択肢かもしれない。 こうして被トレース時の戦況をパーティと相談して特性を選ぶ程度に留めたい。 ちなみに私はどんかんで100戦以上使用しているが、どんかんが発動した回数は未だ0回である。 考察 風船を持つことで、耐性の範囲から役割対象と行動回数が大きく増える。 そこから鬼火を多くの相手に当てるのがこの型の目的となる。 確定技のうち、鬼火はこの型の採用理由であり、役割対象と対面した時の安定技となる。 オバヒは役割遂行技としては放射や文字より優秀で、鬼火のお陰で起点にされにくいのもポイント。 めざ氷については地面への打点で、削れたガブ等へ撃つなど使用頻度は高いと感じたので確定に。 残りの1枠はパーティ内での役割に応じて変化すると感じたのでいくつか候補として挙げた。 ヘドウェは炎氷の範囲で両方半減される相手へ打点を持ちたいときに。 挑発は詰めの段階で舞などを上から阻止するため。 どくどくはもう1つの状態異常巻きという仕事の拡張。 ドランなどを重く見るなら大きい。 さて、風船の特性上、仮想敵として対地面を個別に考察していきたい。 ・対 で落とされる程度には耐久が紙なので、スカガブ対面は負け。 スカーフ以外にはめざ氷や鬼火を放てるが、を考えると後続でのケアか掃除役としての仕事が必要だろう。 ・対 選択技のうち挑発を採用した場合、1ウエポンのは封殺できる。 さらによく一緒に採用されるルカにオバヒ鬼火、最速でないマンダに鬼火と動けるので、パーティ単位でぐちゃぐちゃに引っ掻き回せるトリガーとなっている。 ・対 岩技が痛いが、相手としては鬼火を想定しないので、ホイホイ後出しされる。 風船とは直接関係ない動きだが、ランド交換読み鬼火は通しやすい印象。 最後の詰めの段階でスカーフを透かして勝ちを確定させたり、交換を強要して鬼火を裏に当てたりといった仕事が風船の役割だろう。 ・対 風船による耐性の変化の恩恵が最も得られる仮想敵の一つ。 先発に来やすい点もポイントが高く、先発を合わせることでかなりこちらのアドとなる。 ちなみに鬼火後オバヒでは落ちないので注意。 ・対 雪崩で落とされるので、すなかきやスカーフに対しては役割が持てない。 持ち物を特定した後なら有利に立ちまわれそう。 有利か不利かはっきりわからない選出段階では仮想敵として選出を考えるのは避けたい。 ここに挙げた地面枠以外にも、物理全般が鬼火を想定せず突っ張ってきやすい性質を生かし、鬼火を当ててから交代~という動きを通しやすい。 また、炎枠として最低限の仕事 ナットカグヤ等への役割 も、高いSから遂行しやすいのもポイント。 半面耐久は低いので、鬼火で火力が減衰するといえど過信はできない。 ・炎枠としての個性 ここまで来てやはり気になるのが差別化ポイント。 ほかの炎タイプでも風船鬼火ならできるだろうという問題である。 しかしこのという、炎タイプのなかでに役割を持たせるならばこれ以上の逸材はない。 のS110を抜ける炎タイプは以外だと、の2匹しかいない。 風船型ということで地面を透かせないを除くとライバルはアローのみ。 はまもるが必須となり、技枠を食うので比較するまでもない。 アローとはステロダメージや4倍弱点の有無、さらには炎技の火力指数も踏まえるときっちり差別化ができている。 つまり、この型のは「風船鬼火撒き兼を上から縛れる枠」という意味で唯一無二の炎枠なる。 ・さいごに 紙耐久でありながらサイクルに参加できる性能、風船のお陰で選出しやすくなるという恩恵などを踏まえると、毒統一以外でも一考の余地はあるのではないでしょうか。 鬼火をまき散らすことで裏のエースを通しやすくする、ルカなどを半壊に追い込めるなど魅力たっぷりの型なので、私自身研究をすすめたいです。 振りなど育成難易度も高くないので、みなさんも一度使用してみては如何でしょうか? panpikkle.

次の

【ポケモン剣盾】エンニュートの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

エンニュート 育成 論

エンニュートの歴史 第七世代 タイプ判明当初はであることからその行く末を心配するプレイヤーも一定数存在していたが、に対してでを撒くことができる上にウエポンを抜群で入れることができることから高評価を与えるプレイヤーもそれなりに見かけられた。 SMリーグ初期の環境ではを活かしたサポーターとしてはがねが重用される環境でそこそこ使われた。 解禁前のSMリーグシーズン1シングルバトルで最終レート2222(1位)を記録したパーティにエンニュートが入っており、それによって注目された面もあった。 ただ、メガシンカが解禁されるにつれて基礎スペックで不安が生じ、マイナーポケモンに。 USUMではより速度と汎用性の高いアーゴヨンが同じの速攻型として登場しており、肩身の狭い思いをすることとなった。 PGLレーティングバトル統計データを見ると、SMリーグシングルバトルでは、、、という技構成が一般的であり、はがメインであったことが分かる。 持ち物はが一番手。 特性は言うまでも無く一択。 USUMリーグシングルバトルではかえんほうしゃの枠をに変えた型、みがわり、まもる、かなしばり、アンコールなどを活かしてターンを稼ぐどくどく耐久型がエンニュートの主流で、この場合は回復手段にくろいヘドロが使われる。 耐久型にする場合は優秀なを詰め込んだノーウエポン型も稀ではなく、例えば、、、といった型も組まれる。 ポケモンバンク解禁前の環境ではサザンドラとの相性補完を活かした「サザンニュート」が確認された。 ただ、エンニュートの耐久ではを持たせない限りサイクルを回すという形で相性補完を活かすことができないのが痛かった。 シナリオではのエースとして出番を貰っている。 WCS2019(GSダブル)世界大会シニアカテゴリベスト8に1体残っていた。 この世代初出の一般ポケモンで速攻型で十分な火力と速度を持つポケモンと言えば、とエンニュート(は既存組の別フォルム)程度しかおらず、如何にアローラ地方に実用的な俊足の一般ポケモンが碌に存在しないかが窺える結果となった。 第八世代 が登場せず、新規に強豪が存在しないことからフェアリー対策としての役割が薄れ、相対的には第七世代より弱体化。 どちらかというと補助技による立ち回りが売りのエンニュートにとって、フルアタック型かセミフルアタック型でなければシナジーを見つけづらいの登場も痛い。 一応を新たに獲得している。 大きな変更としてはめざめるパワーを失っている。 難易度は厳選を難しくするめざめるパワー自体が存在しなくなったという意味で下がったが、これにより役割破壊が不意自由になったため独特の一致技範囲と補助技による立ち回りに特化する必要に追われた。 のCPUとしても、攻撃性能は高いが打たれ弱くも持たない点から評価が可も不可もない程度。 一般的な育成論 、という初の複合タイプのポケモン。 高いとを有する、典型的な高速特殊アタッカー。 努力値も基本的には特攻と素早さに振るのがよい。 弱点に、、、といった、わざとしてはメジャーなタイプが多いのがネックか。 特にじめんは4倍なので要注意。 4分の1ダメージのタイプが、、と3つあるのも大きいため相手を極端に選ぶが、耐久が非常に低いので過信は禁物。 技は基本的には毒タイプならばまたは、炎タイプならばまたはを筆頭に、サブウエポンとしてはかは最低でも欲しい。 めざめるパワーはがベスト。 くさの場合でも弱点の4タイプのうち3つに対抗でき、またじめんの場合はなどを狙える。 あとは遺伝技のや、特攻を大きく上げるの採用もよい。 持ち物はの採用率が高い。 特性はの場合はを採用すれば、どく技の効かない、タイプにも刺さる。 自身のほのおタイプのわざではがねには弱点を突けるが、いずれの主力技を等倍以下での受け、または無効化されるヒードラン、あたりを狙えればなおよい。 隠れ特性のの場合はによる補助技封じを防げるため補助技を採用しても問題ない。 どく状態にする補助技が無い場合、こちらを採用するとよい。 勿論エンニュートへの有効打が2つ以上あるポケモンの場合はかなしばりを打っても別の技で対処してしまう上に、はやを貫通するため穴はあるが、最悪でも起点を作れるので悪くはない。

次の