インター ステラー 2。 【ネタバレ】『インターステラー』をできるだけ分かりやすく解説・考察してみた

インターステラーで質問です。五次元の世界とは具体的にどのような世界なの...

インター ステラー 2

SF映画『インターステラー』は公開前には「ワームホールを通って旅をする宇宙飛行士の冒険」とだけ説明され、2014年11月より全世界で公開が始まりました。 内容は、宇宙旅行の歴史ドキュメンタリーとしての要素も感じさせるもので、そのリアリティさが話題に。 さらに、科学考証の正確さや視覚効果・演技も高く評価されています。 一方で宇宙空間や重力などが関わってくる難しい内容なので、一体何が言いたかったのか、結局どういうあらすじなのか疑問に思った人も多いかもしれません。 そこで本記事ではネタバレを含め、作中に登場するSF・科学用語とともに徹底解説してきます。 異常気象による大規模な食糧問題に直面し、人類滅亡の危機にある近未来の地球。 トウモロコシ農場を営む元宇宙飛行士のクーパーは、昔の仕事仲間だったブランド教授と、地下組織となったNASAで再会し、人類救済のためのプロジェクト「ラザロ計画」を聞かされます。 第二の地球を探す宇宙の旅に出る危険な任務に、娘のマーフィーは猛反対。 しかしクーパーは「必ず戻ってくる」と言い残して、別の銀河系を目指す有人惑星間航行 インターステラー するチームに加わることに。 ブランド教授の娘・アメリアと、物理学者のロミリー博士、地質学者のドイル博士の4人のチームで、宇宙船エンデュランスに乗って地球を後にしたクーパー。 無事にワームホールを通過して、第二の地球を見つけることはできるのでしょうか? 銀河系や光年などがサラッと登場していますが、そもそも私たちが住む地球は、銀河の中の太陽系にあります。 太陽は恒星、地球は惑星、月は地球の衛星です。 地球は太陽の周りを、月は地球の周りを回っています。 こんな太陽系が無数に集まってできているのが「星団」。 星団が100兆ほどの規模で集まっているのが「銀河」。 さらに銀河が集まって形成しているのが「銀河団」です。 人類はいまだ、無人で太陽系の外に出るのが精一杯。 宇宙は本当に広いのです!その広大な宇宙を旅するためには、ワームホールが不可欠です。 「光年」とは光が一年間に進む距離で、宇宙の旅は光年が単位として使われます。 銀河の端から端まで行くためには、10万光年かかるそうです。 では、「ワームホール」とは何でしょうか?作中ではエンデュランスが別の銀河系に行くために、土星近くにあるワームホールを通るシーンがあります。 そこを通り抜けると、一瞬で遠い場所へ移動することができるのです。 いわゆるワープですね。 「ブラックホール」とは大質量を持つ天体で、重力が大きくて光すら吸い込まれてしまいます。 クーパーはガルガンチュアの特異点に向かって落ちていきますが、この時に重力の謎を解くためのデータをTARSに取らせていました。 重力の謎はブランド博士でさえ解けず、「プランA」を諦めた要因です。 後は正に想像の世界。 よく耳にする二次元キャラや、ドラえもんの四次元ポケットなど、実は次元は意外と身近に存在するワード。 私たちが住んでいるのは「三次元」という立体の世界です。 一次元は線、二次元は面、三次元は立体、そして四次元は超立方体 立体に空間という概念が加わったもの。 ドラえもんのポケットは何でも入ってしまう超立方体構造なのです!クーパーがブラックホールを通り抜けてたどり着いたテサラクトも四次元超立方体でした。 われわれ三次元の人間は、紙など二次元の物体を自由に折ったり畳んだりできます。 それと同じように、四次元では空間を歪めることができ、タイムトラベルをすることも可能です。 つまり五次元では、空間と時間を自由に操ることができるのです。 ガルガンチュアの周りを回っている水の惑星では、重力の影響で1時間が地球時間の7年に相当していました。 重力が強い場所では、時間の進み方が遅くなります。 クーパーたちはここで大津波に巻き込まれ、実に23年分もの時間を無駄にしてしまいました。 このように、重力は時間に大きな影響を及ぼします。 ブラックホールの外側にいる人からは、事象の地平線の先はほとんど時間が止まっているように見えますが、地球時間では何十年もの時が流れています。 しかし当のクーパーにとってはほんの短い「時間」。 ラストで年老いた娘のマーフィーと再会しますが、クーパーはさほど年をとっていません。 実際には、クーパーが地球を後にしてから92年が経っていることになります。 二進法 バイナリ とモールス信号は、クーパーがマーフィーに重力の謎に関するデータを送るために、とても重要な役割を果たしています。 テサラクトから見えるマーフィーの部屋に重力で影響を及ぼして、データを伝えようとしました。 その方法が、二進法とモールス信号です。 私たちが普段使っている十進法が「10」を基準にして進んでいくのに対して、二進法は「2」が一区切りになります。 つまり、0,1を繰り返してカウントする方法です。 モールス信号はよく暗号に使用されるイメージがありますね。 いわゆる「・ トン - ツー 」という短音と長音を組み合わせる方法です。 二種類の記号を組み合わせてデータを送るという点で、二進法とモールス信号は似ています。 そこでクーパーが考えたのはこの二つを組み合わせて、重力のデータをマーフィーに伝える方法。 マーフィーが持つアナログ時計の秒針で情報を送り続けました。 前述の通り、四次元超立方体のテサラクトは地球の過去のマーフィーの部屋に通じていました。 クーパーはブラックホールの重力によって、空間と時間を超えたのです。 テサラクトでは地球の過去と現在、そして未来の時間が繋がっており、空間さえも自在になっていると考えられるでしょう。 物語の冒頭で起こっていた、マーフィーの部屋の奇妙なポルターガイストのような現象。 本棚から勝手に本が落ちていたのは、実はテサラクトからクーパーが重力波によって起こしていた二進法のメッセージだったのです。 不思議なことですが、空間と時間を超えてクーパー自身が自分の送った暗号を解き、地下組織NASAにたどり着き、エンデュランスに搭乗することになるのです。 マーフィーはこうして「プランA」を成功に導く、宇宙ステーション建設に必要なデータを受け取ります。 子や孫に囲まれて余生を過ごし、ラストには父との感動の再会を果たします。 これ以上ない幸せなエンディング!しかし『インターステラー』はここでは終わりません。 マーフィーはクーパーに、エドマンズの星で待つアメリアの元へ向かうように言います。 エドマンズの星へ向かうクーパーの顔は、使命感で溢れていました。 なぜなら、宇宙ステーションの建設の先には、第二の地球探しという大本命があったからです。 間違いなくエドマンズの星がそれだと確信し、再び宇宙へ飛び立ったクーパー。 エンデュランス号で地球を旅立つ時に、ブランド教授が引用したディラン・トマスの詩の一節「穏やかな夜に身を任せるな」「老いても怒りを燃やせ、終わりゆく日に」が印象的です。 これは人類のネクストステップ=宇宙への挑戦を、滅びゆく運命に抗おうとする人類を鼓舞する一節でもあったのです。 ノーラン監督にとって、映画作りは『スター・ウォーズ』が原点とのこと。 子どもの頃に何度も観た『スター・ウォーズ』によって、彼の宇宙への果てしない夢と映画作りが始まったのです。 加えて、自身が作りたい映画について次のように述べています。 「僕は家族映画をたくさん観る環境で育ったんたけど、批判や軽蔑する要素が含まれない、すごく自然体で自由な作品が多かったよね。 この絶妙なバランスが、難しいSF映画なのに不思議な感動を覚える『インターステラー』という稀有な作品を作り出したのです。 この作品の撮影中、監督にとって初めての子が生まれていました。 彼はこの作品の最初の方のシーンを見た時、脚本を書いた頃とは全く違う感情が出てきたと語っています。 確かに合理的だけれど、血も涙もない非情な「プランB」は、マン教授のエゴにより失敗しました。

次の

インターステラーで質問です。五次元の世界とは具体的にどのような世界なの...

インター ステラー 2

次元とは方向ですので、3次元は「前後+左右+上下」の3方向の空間です。 4次元はこれにもう一つの方向が加わります。 方向ではなく時間を一つの次元として「空間3次元+時間1次元=4次元時空間」とする考えもあり、こちらの考えが一般的かもしれません。 5次元はさらにその上になり「縦+横+高さ+時間+??」となります。 数学的には何十次元でも記述可能ですが、3次元空間の中に住んでいる私たちにとって「タテでもヨコでも高さでもない、別の方向(もしくは何か)」と言われても感覚的にはとうてい認識できるはずがありません。 ・・・なのですがそれでは夢がないので『インターステラー』のイメージで想像してみます。 クライマックスでクーパーが入り込んだブラックホール内部の空間は、過去・現在・未来、すべての時間の「マーフの部屋」が積み重なっていました。 映画ではエレベータホールみたいな場所に、下が過去・上が未来というように時間を上下で表していました。 クーパーは時間を行き来できる、3次元+時間の4次元空間の「内部に」いるわけです。 そして我々はそのクーパーの姿を「外から」眺めています。 例えばアリが地面(2次元)を這っていて、上(3次元)から見下ろしたとします。 この場合アリは前後左右の平面しか見えないので、上にも空間があるということは分からず、誰かに見下ろされているなんて分からないのです。 これと同じで、時間を見渡せる4次元空間、それを見渡せるさらに外側の空間が5次元ということになります。 実際の5次元を描くのはもちろん不可能ですが、『インターステラー』はなかなかうまく映像化しているのではないでしょうか。

次の

【あらすじ】インターステラーの続編はあるのか【感想・考察】

インター ステラー 2

どうも、ブロガーたろう丸()です。 10月のせっかくの3連休に風邪をひいてしまい、仕方なく自宅でゴロゴロ過ごしていたんですが、 でなんとなく観始めた SF映画 『インターステラー』がもう、めっちゃくっちゃ良かったので、この感動が冷めないうちにザーッと感想をまとめておきます。 地球の寿命は尽きかけていた。 居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。 彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。 作中では「時間と重力場」「特殊相対性理論(ウラシマ効果)」「特異点」「事象の地平面」などなど難解な言葉がなんの説明もなくふんだんに使われていたり、 なんとノーベル物理学賞を受賞しているマジモノの物理学者キップ・ソーン博士が製作総指揮に名を連ねているという、 科学考証ゴリゴリ系のSF映画です。 ここで、『インターステラー』のあらすじをザーッと説明。 あらすじ地球規模の農作物枯死や異常気象によって人類は緩やかに滅亡へと追いやられていた。 優秀な元・宇宙飛行士の主人公・クーパーは、ある日、自宅の本棚から本が勝手に落ちる現象が何者かからの2進数のメッセージであることに気がついた。 メッセージが示す座標に向かうと、すでに無くなっていたはずのNASAの秘密施設が隠されていた。 クーパーは大事な家族に別れを告げ、仲間たちと人類の新天地を探すために宇宙へ旅立つのだった。 ここからは、『インターステラー』の印象深かったポイントをかい摘みながら感想を書いていきます。 ネタバレしかありませんので、「まだ『インターステラー』を観てないよ」って人は、NETFLIXで視聴してからまた戻ってきてくださいね。 クーパー、アメリアらは、仲間を惑星軌道上に残して「水の惑星」探索に降下するが、案の定トラブルが起こり、惑星を脱出した頃にはすでに23年もの月日が流れていた……。 ストーリー展開上、こういう時にトラブルはつき物だけど、1つ目の惑星でいきなり23年もムダにするという大チョンボをしてしまうクーパーたち。 オトモのロボット「TARS」「CASE」 旅のオトモに連れて行くサポートロボット「TARS」と「CASE」。 板っきれのような形で初めはノソノソと歩くだけかと思いきや、 アームが生えたり、コロコロ回転して高速移動したり、果てはアメリアを抱っこしたままワシャワシャ走ったりと実はメチャクチャ器用なヤツ!w しかも優秀なAIを積んでいてジョークやユーモアもある頼れる相棒です。 初登場時は、 「なんやその動き、ダッサい歩き方やなぁ~」とか思ってたんですけど、話が進むごとに色んな形に変形しちゃって 「おまえ!そんな動きも出来たんか!?」ってイチイチ驚きを挟みながら観ていました。 ラストではクーパーと共にTARSが小型宇宙船の運転席に乗り込みますが、そんな姿をみて 「なんかR2-D2っぽいポジションやな~」と思ったのはぼくだけじゃないはず。 こういう 「全てが丸く収まるハッピーエンド」! ご都合主義でもいいじゃないですか。 感動したッ! しかもおばあちゃんになってやっとパパと再会したマーフは、 「親が子を看取るなんていけない。 私には子どもたちがたくさんいるから、パパは一人で取り残されたアメリアを助けに行って」 なんて言って(この時点で少し存在を忘れかけていた)アメリアを救いに行くようにとクーパーを送り出します。 はい、ここでまた 号泣ですっ! 宇宙漂流モノは、圧倒的孤独から再会への感情のギャップを想像しちゃうと、他の再会モノよりも余計に感動してしまうんですよね~。 さいごに 『インターステラー』の物語は、アメリアを救うためにクーパーが小型宇宙船で宇宙コロニー船を飛び出したところで未完のまま終わりましたが、これまたいい引きで終わったなぁと思います。 設定や描写はガチガチのSFでありながら、物語を動かすのは最後には「家族愛」という大正義。 『インターステラー』は今年観た映画の中でも余裕で殿堂入りするオモシロさでした! そういえば、少し前に観た、火星に取り残された宇宙飛行士のサバイバルSF映画『オデッセイ』もめちゃくちゃおもしろかったんですが、『インターステラー』にも『オデッセイ』にもマット・デイモンが出演していましたよね。 「この人(マット・デイモン)よく宇宙にいるよなぁ~」って思いながら『インターステラー』も観ていました。 ぼくの中では 「マット・デイモンが出演している宇宙SF映画はオモシロイ」というジンクスが出来つつありますw ということで今回は、SF映画『インターステラー』の感想をお伝えしてみました! ここまで読んでいただいた方は視聴済みの人がほとんどだと思いますが、この記事を読んで「なんか『インターステラー』また観たくなってきたな~」って人は、NETFLIXで視聴可能なのでぜひチェックしてみてください。 (2018年10月6日時点).

次の