アイビー 水 やり。 アイビーの育て方!室内外では?水栽培や鉢植えは?枯れる場合は?

アイビーの水やりの頻度は!?やりすぎた場合はどうなる?

アイビー 水 やり

スポンサーリンク 大きく育てるなら、土への植え替えを検討しましょう。 アイビーやポトス、シンゴニウム、トラディスカンティアなどは、水に挿しておくだけで、根っこが出てきてくれます。 水に挿して繁殖させる方法を「水挿し」といいます。 水挿しで根が出てくると、茎やツル、ツタが伸びたり、葉っぱが出てきたりもします。 この様子を見ていると、植物が成長しているように見えますから、このまま育てていても大きく育ってくれるような気がしますよね。 だけど、水だけで育てようとすると、育つために必要な栄養が不足してきて、いずれは成長が滞るようになってきます。 「いつまで」とか「どれくらい」とかということではなく、成長していく中で起こることとしてイメージしてくださいね。 水挿しにした状態で、長い間育てることができる種類もあります。 だけど、育ち方として見る場合には、弱くなりがちです。 例えば、葉っぱの色や茎の色が薄くなってしまったり、間延び気味になってしまったりすることもあります。 液体肥料や栄養剤を薄めて与える方法もありますが、大きく成長させたいと思っているときには、土への植え替えを検討してみることも大切です。 水挿しから土への植え替えのタイミングはいつですか。 水挿しから土への植え替えは、いつがよいのか、どのタイミングでおこなうのがよいのでしょうか。 水挿しで育っている植物は、ある程度「根っこ」と認識できるくらいまで発根させてから植え替えをします。 目安としては、土に植え替えるときに「根を広げるように植え付ける」ことができるくらいです。 だけど「水挿しで出てきた根っこは、水で育てるための根っこ。 土で育てるための根っこではない。 」ということもいわれています。 これは、やってみるとわかるのですが、根が出てきたからといって、何にでも適応できるとは限りません。 失敗することもあります。 だけど、アイビーやポトスであれは、わりと強い植物なので、多少の無茶ぶりや環境の変化にも耐えてくれます。 (はなのあ談) 土への植え替えの時期は、梅雨の時期、真夏、真冬を避けるようにします。 これは、わたしの個人的な考えですが、梅雨、夏、冬は、ふつうに植物を育てるとしても、水やりの加減や日照の加減、湿気対策など、気をつかうことが多くなります。 植物もデリケートな時期になりますから、元気に育ちやすい春・秋がよいと思うのです。 急いで春のうちに何とかするのとかではなく、水挿しで育てていて、ある程度の月日がたった後、ふとカレンダーを見ると春・秋だった。 このくらいのタイミングがよいです。 植え替え後の育て方はどうしたらよいですか。 土に植え替えたら、すぐに日なたに放り出すようなことはしないほうがよいです。 まずは、「明るい日かげ」くらいのところで育てるようにします。 水やりは「水びたし」にするようなことは、してはいけません。 これまで、水挿ししていたからといっても、水やりのし過ぎはよくないのです。 水が完全に切れてしまわない程度にあげていれば十分です。 風通しはよくしておきましょう。 湿気が溜まり過ぎるのもよくないのですが、元気にそだつためには、空気が流れている環境がよいのです。 植え替えをしてから、急激に植物が弱ることがなければ、うまく育ちだした合図だと思います。 徐々に、本来の適した環境に慣らしていけばモリモリ育ってくれますよ。 それでは、ここまでのお話しをまとめてみますね。 水差しから土への植え替えは必要か。 ・大きく育てたいなら、植え替えを検討する価値あり。 ・植え替えのタイミングは急ぎすぎないこと。 ・梅雨、夏、冬の時期は、植え替えをしないこと。 ・植え替え後はデリケートなるので、丁寧に育てること。 植物は「見る楽しみ」もありますが、「育てる楽しみ」もありますよね。 そこに「増やす楽しみ」もプラスできます。 上手に増やすことができるようになったら、お友達に分けてあげたり、交換したりする楽しみも出てきます。 わたしは「自分が楽しみたい」から出発したのですが、続けているうちに「(植物を)見てもらいたい」、「交流のきっかけにしたい」と思うようになってしまいました。 楽しみ方って変化するものですね(笑).

次の

アイビーの増やし方と育て方!人気の水栽培やインテリアもご紹介

アイビー 水 やり

アイビーが枯れそうです。 どうしたらいいでしょうか? 水栽培したアイビーを鉢植えにして半年。 順調に長~く伸び、元気なので伸びた部分を切りました。 すると、すぐに全体が元気がなくなり、連休の間にしなしなと枯れそうになってしまいました。 連休は、七日間留守にしたのですが出かける前に水をやり、念のため土にさす液体肥料をやりました。 ちなみにレースのカーテンごしの場所で育てています。 気付いた時に水をやっていますが頻繁ではありません。 天気のいい時には外に出しますが、3月のある日にうっかりしまい忘れて一晩外に置いておいた日以来、葉が黄色っぽくなってしまいました。 元の元気なアイビーに戻す方法はあるのでしょうか?教えて下さい。 補足fukukomenohahaさん、ありがとうございます。 外出中にしなしなと元気をなくした。 いずれにせよ、これからしばらくは一番育ちやすい時期ですので、しばらく明るい日陰で、管理していれば元気になると思います。 もし、土がカビ臭のように臭う場合は、土が湿り根が傷んでいますので、植替えをする必要があります。 枯れた葉っぱも綺麗に切り取り、カビが出ないようにしてください。 また、液体肥料は、元気のない状態であげないでください。 新芽がでるまでは、明るい日陰で様子を見てください。 元気に新芽がどんどん出始めたら、液体肥料もOKです。 水やりも、植え替え後、タップリとあげますが、その後は土が乾くまでは上げないようにしてください。 機械的に水やりをするのではなく、土の表面を指の腹で少し掘ってみて、乾燥していれば、水やりタイムです。 指の腹に土が湿ってくっつくようでしたら、まだ土が湿っているので、水やりは控えてください。 元気を取り戻せば、グングンと水を吸い上げると思いますので、水やりの回数も増えると思います。 アイビーの育て方: 補足を読んで:そうですか。 それでは外に放置した結果、低温障害を起こし、霜などで葉がいたんだところで、茎を切ってしまい、更に元気がなくなったわけですね。 そしてGW中の外出から帰ったらしなしなとしている、ということでしょうか。 低温障害の程度が軽ければ、このまま様子を見ていいと思います。 しかし葉が完全に変色していたり、萎れてしまったりしていたら、ちょっと回復はむつかしいかもしれません。 ダメもとで、植替えをして日陰で様子を見た方がいいと思います。 まず3月に外に出したままにしたときにだいぶ弱ったのだと思います 弱った状態で肥料が入ったので根が焼けたのかもしれません 胃腸が悪い人が脂こってりのモノや消化の悪いものは食べません 食べたら更に胃腸の調子は悪くなりますよね? アイビーも弱ったところに刺激の強い肥料が入ったことで 弱った根が余計に痛んだのかもしれません。 対処法としては・・・ 肥料はやめて、そのまま様子を見るか・・・ そっと根を痛めないように掘り上げて 根を洗い、新しい綺麗な土に植え替える その時に根を見て硬く白い根ならまず大丈夫 もし、黒や茶色でブヨブヨしてたら厳しいかな それでも葉と枝に張りがあれば再生可能でしょうから 痛んだ根を取り除き、土に植えるか水に挿して様子を見ます 根も駄目、葉も枝も駄目なときは希望は薄いですが 痛んだ根は使えないので切り取り水差しで様子を見ましょう また、ツルの先端の方が元気であれば その部分をカットして水に挿せば発根しますので それを土に植えれば再生、繁殖は可能です。

次の

観葉植物でお洒落な水栽培に挑戦。やり方とおすすめの植物|with Hana(グリーンロード運営)

アイビー 水 やり

伸ばしすぎて、葉が極度に小さくなったり、先端が枯れはじめたりしているアイビー。 ある時期までは勢い良く伸びていたのに、気づいてみたら、こんな風 になっていた経験はありませんか? つるの先端が枯れてしまったり、中ほどについている葉が、通常の葉より、すごく小さくなってしまったりしている様子が、わかると思います。 これは、つるが長くなりすぎてしまったために、先端まで水分や養分が行き届かなくなってしまったことが原因です。 こうなってしまったら、まず「切り戻す」こと。 元気な部分以外はバッサリと切る。 写真のように、元気な部分を残して、ダメな部分はバッサリと切ってしまいましょう。 植物を大胆に切るということは、意外に勇気が要ることですが、アイビーは丈夫な植物。 ガイドの経験では、切り戻したことが原因で枯れたということは一度もないので大丈夫。 勇気を出して、今すぐ切り戻してみてください。 数週間すると、切った部分から新芽が出てくるはずです。 まだ、こんな風にはなっていないから大丈夫という方も、油断は禁物です。 アイビーが元気なうちにカットしましょう でも、アイビーは、先の写真のようになる前に、元気なうちにカットしてあげるのが一番。 それは、 ・適度な長さに保つことで、水分・養分を植物の隅々まで行き渡らせることができる。 ・定期的に新しい芽を出させて常に新鮮な状態を保つことができる。 ・元気なうちにカットした枝は、一輪挿しや挿し木などにして、2度楽しむことができる。 などの理由があるからです。

次の