スケール アウト と は。 スケールアウトを自動化する:AWS Tips

スケール・アウト

スケール アウト と は

はじめに あなたは「スケールアウト」と「スケールアップ」の違いを説明できますか? 多くの方にとっては馴染みのない言葉かもしれませんが、知っておくと日頃の問題解決にもつながる考え方です。 スケールアップ(Scale Up)・・・のCPUやメモリの増強をすることで処理能力を高めること。 スケールアウト・スケールアップの違いと具体例 スケールアップとスケールアウトはどちらも 処理能力を高めることを目的としたものですが、違いとしては スケールアウト: 処理を分散 アウト スケールアップ: 処理能力を高める アップ という感じです。 文字通りで覚えやすいですよね。 ですが、スケールアップでしか対処できない問題もあるのも現状です。 また、近年は両者を組み合わせた「仮想化技術」も注目されているそうですよ。 この記事を通してスケールアップ、スケールアウトに関する理解を深めていただければ幸いです。 nifcloud. idcf. idcf. nikkeibp.

次の

スケールアップ・スケールアウトの違い、サーバー強化の手法を解説

スケール アウト と は

- 06月09日 火 13:00 Nutanix HCI、Objects、Splunk認定が大規模な拡張と1-クリックでのシンプルさをもたらし、データサイエンティスト向けのIT支援を改善Nutanix Inc. (本社: 米国カリフォルニア州、創業者、会長兼CEO: Dheeraj Pandey、NASDAQ: NTNX、以下Nutanix) は本日、Nutanixプラットフォームを拡張、ビッグデータや分析アプリケーション、非構造化データストレージ向けの新機能を搭載したことを発表しました。 Nutanix Objects 2. 0の一部であるこれらの機能には、大規模な拡張を実現するため、複数のNutanixクラスタをまたいでオブジェクトデータを管理する機能、ノードごとのオブジェクトストレージ容量の増加、Splunk SmartStoreの正式な認証取得などが含まれています。 これらの機能強化により、ビッグデータアプリケーションに最適化されたクラウドプラットフォームに加え、パフォーマンスと驚異的なスケールを実現するとともに、既存環境内の未使用リソースを最大限に活用することでコストを削減します。 ビッグデータのワークロードでは、膨大な非構造化データを効率的に管理し、リアルタイムにデータを分析してビジネスインサイト (洞察) を抽出してゆくため、高パフォーマンスのクラウド環境が求められています。 パーソナライズされた顧客体験を実現 するためにビジネスデータを活用している企業では、ITチームが度々サイロ化、複雑化、運用の非効率性といった課題に直面しています。 これまでの選択肢の中では、ビッグデータアプリケーションを実行するための安全かつ簡単に拡張できるエンドツーエンドなソリューションは提供されていませんでした。 IDCのストレージチームでディレクターを務めるAmita Potnis氏は次のように述べています。 「デジタルトランスフォーメーションでは、企業のワークロードにウェブスケールのストレージが必要です。 オブジェクトストレージは、次世代およびビッグデータアプリケーション向けのストレージとして採用が急速に伸びてきています。 オブジェクトストレージがクラウドからデータセンターやミッションクリティカルなワークロードへと飛躍するにつれ、経済性とパフォーマンスのバランスが求められるようになっています。 Nutanixはその柔軟性とシンプルさで名高い企業です。 マルチクラスタのサポートとSplunk SmartStore with Nutanix Objects認証は、これらのワークロードが必要とする適切な価格とパフォーマンスを満たしながら大規模な拡張を可能にします。 」Nutanixのソフトウェアは、ビルトインされた自動化機能と1-クリックの操作性に加えて、拡張性、パフォーマンス、シンプルさをもたらし、データサイエンティスト、セキュリティチーム、事業部門 (ラインオブビジネス - LOB) を複雑な運用から解放し、データから価値を引き出すことに集中できるようにします。 また、Nutanixのサブスクリプションライセンスモデルは、ダイナミックなビジネスニーズに迅速に適応する柔軟性をもたらします。 さらに、オブジェクトストレージサービスをNutanixのHCIソリューションとネイティブに統合することで、ITチームは既存環境の未使用のリソースをより有効活用してコストを削減し、ストレージ管理と運用を合理化できます。 ビッグデータワークロードを実行するための新機能には、次が含まれています。 0は、大規模なスケールのオブジェクトストアを提供するために、マルチクラスタをサポートしました。 クラスタの境界を取り払うことで、チームは単一のコンソールから管理される複数のNutanixクラスタにまたがった、単一のネームスペースを活用することができます。 また、ITチームはあらゆる既存のNutanix環境の未使用のストレージ容量を活用し、ストレージの経済性を向上させることができます。 0では、最大240TBのストレージを搭載した、より大容量なノードをサポートしています。 これにより、1つのNutanixクラスタでマルチペタバイトのオブジェクトストアの構成が可能になります。 0の顧客企業は、WORM (Write Once Read Many) を利用してコンテンツをロックすることができるようになりました。 Nutanixプロダクトマーケティング担当バイスプレジデントのGreg Smithは次のように述べています。 「あらゆる企業がデータドリブンな企業になろうと取り組みを進めています。 ビッグデータアプリケーションには、驚くほどのスケールとパフォーマンスが、競争力のあるコスト構造で求められています。 Nutanixのプラットフォームは、今回マルチクラスタのオブジェクトストレージを追加しました。 既存のストレージリソースを非構造化オブジェクトストレージとして活用できるため、ストレージの経済性を向上させる魅力あるソリューションとなっています。 」新しいSplunk認定Nutanix ObjectsはSplunk SmartStore認定を取得しており、顧客企業はNutanix Objectsを使ってSplunkのデータ成長を簡単かつシームレスに管理できるようになりました。 両社共通のお客様は、SplunkのワークロードをNutanixソフトウェア上で実行し、Nutanix Objectsをビルトインのオブジェクトストレージとして活用してSplunk環境をサポートできるようになりました。 Nutanix Objects 2. 0に含まれる新機能の詳細は以下のリンク先 (英語) をご参照ください。 nutanix. nutanix. についてNutanixは、クラウドソフトウェアのグローバルリーダーであり、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー・ソリューションのパイオニアです。 Nutanixのソフトウェアは世界中の企業に採用されており、プライベートクラウド、マルチクラウドを対象に、単一のプラットフォームにて場所・規模を問わないアプリケーション管理を実現しています。 詳細については、www. nutanix. (C) 2020 Nutanix, Inc. All rights reserved. NutanixおよびNutanixのロゴマークは米国およびその他の国におけるNutanix, Inc. の登録商標、あるいは出願中の商標です。 本リリースに記載されているその他すべてのブランド名は、識別目的でのみ使用されており、各所有者の商標です。 配信元企業:ニュータニックス・ジャパン合同会社プレスリリース詳細へドリームニューストップへ...

次の

スケール「スケールする・しないってよく聞くけどどういう意味?」スマホ広告用語集

スケール アウト と は

スケールアウトとスケールアップの違いについて スケールアップとは 処理ノード数(サーバーの数)は変えず、CPUやメモリーなどのスペックを上げることで、システムの処理性能を向上することです。 (逆にスペックを下げて処理性能を下げることをスケールダウンとも呼びます。 ) スケールアウトとは 処理ノード数(サーバーの数)を増やし、分散処理することで、システムの処理能力を向上することです。 (逆に台数を減らして処理性能を下げることをスケールインとも呼びます。 ) スケールアップのポイント 一つのノード(サーバー)のCPUやメモリのスペックを上げるということなので、その一つのノード(サーバー)のスペック上限を満たすと、そこがシステムの処理性能の限界ともなってしまうことです。 (それ以上の性能アップが無理。 ) また、一つのノード(サーバー)のCPUやメモリのスペックを上げる=その変更作業中は、システムが一時的にダウンしてしまう点があります。 スケールアウトのポイント ノード数を増やす=性能アップなので、システム処理性能に対して、上限が生まれにくいです。 また、スケールアウトの場合は、システムを停止することなく、動的に実行できるメリットもあります。 (昨今のクラウドサービスだと、マネージドサービス側の設定一つで自動実行してもらえる点も便利です。 ) ただし、スケールアウトのデメリットとしては、そのシステム(アプリケーション)がスケールアウトに対応した仕様・設計になっていないと、処理結果やデータに不整合が起きてしまう心配もあります。 まとめ 覚え方としては、 スケールアップ=性能アップ スケールアウト=アウト(外)に台数を増やす といった感じで覚えておくと良いかと思います。 クラウドサーバーを提供している会社の多くが、専門用語の解説ページなどを作っているため、そちらを参考にしたほうが確実です。 (読みやすいし、分かりやすいです。

次の