かすみ 草 イラスト。 カスミソウ

無料印刷可能かすみ 草 カスミソウ イラスト

かすみ 草 イラスト

カスミソウとは• 基本情報• 特徴 カスミソウ(ギプソフィラ)属の植物は、地中海沿岸からアジアにかけて、広く125種ほどが分布しています。 カスミソウ( Gypsophila elegans)は一年草で、1mほどの高さに育ち、白い大輪の花を無数に咲かせます。 ほかに、宿根性で、主に切り花用に八重咲き品種が栽培される宿根カスミソウ( G. paniculata)、花壇や鉢植えに使われる一年草で矮性のムラリス種( G. muralis)や、多年草のオノエマンテマ( G. cerastioides)が多く流通しています。 いずれも高温多湿に弱いので、水はけのよい用土や場所に植えつけましょう。 基本データ 園芸分類 草花 形態 一年草,二年草,多年草 原産地 地中海沿岸~アジア 草丈/樹高 20~100cm程度 開花期 5月~7月 花色 白,赤,ピンク,紫 栽培難易度 1~5 耐寒性 強い 耐暑性 やや弱い 特性・用途 花壇,切り花,鉢植え.

次の

カスミソウとは

かすみ 草 イラスト

カスミソウ : : : : : : : : カスミソウ G. elegans Bieb. カスミソウ ムレナデシコ 英名 Annual Baby's-breath Showy Baby's-breath カスミソウ( ) は、の植物。 用などに切り花が生産されるほか、花壇で栽培されることもある。 ムレナデシコという和名もある。 生態 [ ] またはの一年草。 、地方、北部などの高緯度地方が原産。 花色は白か淡赤色。 他のカスミソウ属と同様、岐散花序を形成する。 で、日長10時間以下の短日条件では開花が抑制される。 12時間以上の長日条件で開花が促進されるが、その効果は日長が長いほど強い。 また短日条件でが誘導されるが、温度はロゼット化にはあまり影響していないとされる。 利害 [ ] 切り花や花壇用に栽培・生産される。 しかし開花調節技術が確立されておらず、長期出荷が可能になっていないため、同属の(宿根カスミソウ)に比べ生産量は劣る。 脚注 [ ]• 小さな白い花がたくさん!花束などにもよく使われる。 の抽だいと開花に及ぼす播種期, 日長および栽培温度の影響 園芸学会雑誌 64 4 , 875-882 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

草と緑の落葉樹林のベクトル イラスト

かすみ 草 イラスト

カスミソウとはどんな花を咲かせる植物? カスミソウは、アジアからヨーロッパの広い地域におよそ125種が自生しています。 一般的に出回っているカスミソウのエレガンス種は、1mほどの高さに育つ一年草で、白やピンクの細かい花をたくさん咲かせます。 この他にも、切り花用の宿根草で草丈が高い「パニクラータ種」、矮性の「ムラリス」、多年草でカーペットカスミソウで流通している「オノエマンテマ」などの種類が出回っています。 ポピーやハナビシウソウと共に育て花束にすると、カスミソウのおかげで作った花束が上手に見えて嬉しかった思い出があります。 カスミソウだけで作る大きな花束もおすすめで、見ているだけでフワフワした夢見心地になります。 カスミソウの種類や品種は? パニクラータ種 上記のエレガンス種と区別するために「宿根カスミソウ」の名前で流通する種類です。 ヨーロッパ東部の寒い地域が原産で、明治初期に日本に渡来しました。 近年はエレガンス種の開花調節技術が確立されていないことから、切り花用としては本種が多く出荷されています。 「フェスティバルスノーシリーズ」が、主流の品種です。 エレガンス種 ウクライナやイランなどが原産の一年草で、一般的にカスミソウというと本種を指します。 日本には大正時代に渡来しました、草丈は20~50cmと中型で、細かく枝分かれし、小さな花が株を覆うように咲くのが特徴です。 エレガンスは「優美な」の意味で、この花の美しさを表現しています。 ムラリス 草丈は15~30cmほどの矮性種で、白やピンクの小さな花を咲かせる一年草です。 レペンス(オノエマンマテ、カーペットカスミソウ) ヒマラヤ原産の高山植物で、矮性品種です。 よく目にするカスミソウに比べて花が大きく、カーペットのように広がって咲くのが特徴です。 カスミソウに臭いはあるの? カスミソウは、その名前や可憐な見た目から、とても甘くていい香りがしそうですよね。 しかし、実際は、「トイレの臭い、汗の臭い、加齢臭」と例えられるように、あまりいい臭いはしません。 これは、カスミソウに含まれる脂肪酸「メチル酢酸」によるものです。 この話を聞くと、花束に使うのをためらってしまいますが、最近は臭いの少ない品種や、臭いを抑制するトリートメントなどが開発されているので安心してください。 育て方が簡単なので、季節を感じたい方は、ぜひ育ててみてください。 一重咲きから八重咲きまであり、花のサイズも種類によって違うので、育ててみると新しい発見があるかもしれませんよ。

次の