履歴 書 郵送 封筒。 履歴書の封筒の書き方って?郵送と提出のマナーは?|type転職エージェント

履歴書を郵送する封筒はのり付け?セロテープで封をしてはダメ?

履歴 書 郵送 封筒

書く前にこれだけは知っておこう! 履歴書で人事が見るポイント まずは、履歴書を郵送するための準備を行います。 今後、履歴書は何枚も送る可能性がありますので、必要なものはあらかじめ複数準備しておきましょう。 <履歴書郵送で使うもの> ・履歴書 ・履歴書に同封指示があった書類(エントリーシートなど) ・白色でA4サイズの封筒 ・新品のクリアファイル ・履歴書用写真 ・書類送付状 ・スティックのり ・黒サインペンと赤ボールペン 封筒やクリアファイル、スティックのり、黒サインペン、赤ボールペンなどは、100円ショップにも売っています。 就活期間中に不足がでないよう、まとめて購入しておきましょう。 写真は写真館などで撮影すると、とても印象よく撮れます。 データでももらえるので、一度撮っておくのがおすすめです。 なお、履歴書自体は自分のアピールポイントが十分に書けるもの、大学で推奨されているもの、あるいは企業が指定したものなどを準備しておきましょう。 「履歴書だけ送ればいい」と思ってしまう人もいるかもしれません。 しかし、企業に書類を郵送する際は送付状が必須ですので、就職前に覚えておきましょう。 パソコンで作成する場合は横書き、手書きで作成する場合は縦書きでも構いません。 Wordで書類送付状のテンプレートなどを使うと書きやすいでしょう。 また、用紙サイズは同封する履歴書や応募書類の大きさに揃えてください。 例文を見ながら、各項目の注意点を順にご説明していきます。 【履歴書郵送の際の添え状の文例】 <宛名の書き方> 左上に左詰めで、「会社名」「部・課の名称」「お名前(様)」を書きます。 部署名が短い場合は、改行せずにお名前を書いても大丈夫です。 もし担当名がない場合は、部署の後に「御中」と記載。 採用担当宛という指示があれば、お名前の部分を「採用ご担当者様」に変えて書きましょう。 宛は相手がへりくだる表現ですので、送る方が使うと失礼にあたります。 様に書き換えるように注意しましょう。 <日付の書き方> 日付は右上に右詰めで記入します。 履歴書送付の日付を入れてください。 <署名の書き方> 送付状の中にも自分の情報を書きます。 必要な情報は「住所」「電話番号」「E-mail」などの連絡先と名前です。 <頭語結語の書き方> 「拝啓・敬具」、「拝呈・拝具」、「謹啓・敬白」などの種類があります。 それぞれの組み合わせを変えることはできませんので、拝啓と書いたら結びが必ず敬具になるよう注意してください。 <あいさつの書き方> 拝啓の後にはあいさつ文を入れます。 例文以外では「時下(あるいは貴社におかれましては)、ますますご清栄(ご盛栄)のこととお慶び申し上げます」などの文章を使うケースが一般的。 1種類覚えておけば問題ありません。 なお、「ご清祥」は個人向けの意味合いが強いので、「ご清栄」もしくは「ご盛栄」を選ぶようにしましょう。 時候のあいさつは4月:春暖の候、5月:新緑の候、6月は初夏の候など、月ごとに決まったものがあります。 入れる場合は下記をご参照ください。 1月:初春の候 2月:晩冬の候 3月:早春の候 4月:春暖の候 5月:新緑の候 6月:初夏の候 7月:盛夏の候 8月:残暑の候 9月:初秋の候 10月:秋涼の候 11月:晩秋の候 12月:初冬の候 結びのあいさつは、例文以外ですと「ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 」などの文章が一般的。 そして、添付書類の内容について書く前に中央に「記」と書き、その下に今回添付している書類の内訳と枚数を記入します。 最後に右揃えで「以上」と記入すれば、送付状は完成です。 書類が折れないよう大きい封筒になりますから、書くのは黒のサインペンを使い、バランスよく書けるように意識しましょう。 ここでは、基本となる縦書きの書き方をご紹介します。 <郵便番号の書き方> まずは郵便番号を書きます。 枠がなにもない場合でもそのまま記入して大丈夫です。 <住所の書き方> 封筒右側に送付先住所を記入します。 なにも省略せず、建物名もしっかり記入しましょう。 建物名などが長くなりそうであれば、2行に分けて記入します。 前株と後株を間違えないように注意しましょう。 それだけで別の企業の登録がある場合もあり、お名前を間違えるに等しい失礼に当たりますので注意が必要です。 その次の行に、一段下げて部・課の名前を。 さらにその次の行にお名前を書きます。 4文字までの役職名であればお名前の上に、それより長い場合はお名前の右に会社名と同じ高さで小さめに記入してください。 そしてお名前を1番大きく記載し、「様」をつけます。 部や課に送付する場合は会社名の横に一段下げ、お名前と同じ大きめの文字で「人事部総務人事課 御中」などのように記載しましょう。 <履歴書在中、応募書類在中の書き方> 履歴書などを送付する際には、必ず赤ボールペンで「履歴書在中」もしくは「応募書類在中」と書きます。 履歴書だけ送る場合は「履歴書在中」、他応募書類も含んでいる場合は「応募書類在中」と書き、直線の枠で囲いましょう。 なお、裏はほぼ通常の書き方と変わらず、左下に郵便番号・住所・氏名を書きます。 そして左上に送付する日付を入力しておけば、送った日を把握してもらえるでしょう。 封筒に入れる順番・郵送方法 それぞれの書類の向きと、入れる順番も重要です。 クリアファイルから見える順番に送付状、履歴書、その他応募書類(エントリーシートなど)の順番に入れていきます。 あらかじめ折られている履歴書以外は、シワや折り目のつかないように準備しましょう。 そしてキレイに揃えた後、クリアファイルに入れていきます。 これで、郵送途中の雨で紙がしおれたり、折り曲がったりすることも防げます。 その上で、書類の表面が封筒の正面を向くように入れていきましょう。 また、一部の書類がさかさまになることのないよう、上下もしっかりチェックして入れることが大切です。 最後にスティックのりを使い、しっかり封をします。 その後、〆マークをフラップとの境目に書けば準備は完璧です。 しかし、万が一料金が不足していると応募先の企業に請求が行ってしまったり、自分の元に返送されてきたりします。 どちらにしても、合格の可能性が大きく低下してしまうでしょう。 そこで手間はかかりますが、重要な書類を送付するわけですから、不備なく届くように窓口で行うのが確実です。 また配達証明で送り、確実に送ったという証拠を手元に残しておくと安心です。 履歴書の郵送マナーまとめ あらかじめおさえておきたい、履歴書郵送に関するマナーをご紹介しました。 封筒の書き方や送付状、入れる順番など。 社会人には共通のマナーですから、新卒の今から覚えておき、いざというとき慌てずに対応できるようにしておきましょう。

次の

履歴書封筒の書き方・郵送方法を画像で解説

履歴 書 郵送 封筒

【履歴書の封筒の書き方】宛名の書き方、添え状、封筒選びなどの郵送マナーガイド 【目次】• 封筒の書き方 宛名、履歴書在中、裏面など 郵送時の封筒の書き方を見本付で縦書き版と横書きと両方解説します。 持参での封筒の宛名の書き方はこちらでも紹介しています。 欄がない場合は右上に書きましょう。 都道府県名から正確に住所を書き、ビル名も正式名称で表記します。 社名の左に少し下げて、募集要項にある採用担当部署名を書き、「御中」をつけます。 担当者名が分かっている場合は、担当者名まで書き、最後に「様」をつけます。 文具店などにある「履歴書在中」のスタンプでもOKです。 企業は多くの郵送物があるため、他の郵送物に紛れてしまわないよう、赤字で明記して採用にかかわる重要書類であることがわかるようにします。 <横書きの書き方> 会社名がアルファベットやカタカナの場合は、横書きのほうがよいこともあります。 横書きの場合はも基本的な書き方や注意することは縦書きと同じです。 封筒には黒い油性ペンや油性ボールペンを使う バランスよく、読みやすく書くには、目安として0. 5~1. 0mm程度の黒い油性ペンや油性ボールペンを使うのがベスト。 細過ぎるペン・太過ぎるペンは、文字が読みにくくなりがちです。 なお、水性ペンは郵送の途中に雨などで濡れるとにじむ可能性があり、適していません。 履歴書の封筒への入れ方・閉じ方 A4、B5で、クリアファイルに入れる 一般的な履歴書は、二つ折りにするとA4サイズかB5サイズになるよう作られています。 市販の履歴書には三つ折り用の長封筒が入っていることが多いですが、折り目がついて読みにくくなるため、長封筒は使用せず、A4またはB5サイズが折らずに入る封筒を使う方が望ましいです。 また、せっかく書いた履歴書が、郵送の段階での折れや汚れなどを防ぐために、履歴書をクリアファイルに挟んで封入することをおすすめします。 応募書類をクリアファイルに入れる順番 応募書類は、送付状が上に来るように、下記の順でクリアファイルに挟み、送付状が封筒の表 おもて に来るようにします。 このとき、上下逆さまにならないよう注意しましょう。 送付状 2. 履歴書 3. 職務経歴書 4. その他の応募書類(その他の応募書類がある場合) 封はきれいに糊付けして「〆」を書く 封筒の封は、端から端までしっかり糊付けし、中央に「〆」を書きます。 このとき、はがれるのが心配で糊をつけすぎると、ヨレたりして雑な印象を与えてしまうので注意。 スティックのり、または両面テープを使うときれいに糊付けしやすくなります。 履歴書はコピーを取っておく 履歴書は、封入する前にコピーを取っておきましょう。 郵送してから面接までに時間が空くと、何を書いたか、細かい記憶があいまいになることもあります。 そんなときコピーがあれば直前に見直すことができるので、「面接の場で履歴書に書いたことと矛盾したことをいってしまった」という事態を防げます。 郵送時は、送付状(添え状)も入れる 履歴書を郵送する場合は、あいさつと「どんな応募書類を同封しているか」を明記した送付状を同封するのがマナーです。 送付状はA4サイズ1枚にまとめましょう。 下記に、送付状の文例見本を紹介しています。 > 履歴書の郵送は普通郵便でOK 履歴書を郵送するときは、郵便局の窓口から発送する方法と、切手を貼ってポストに投函する方法があります。 切手は、料金の不足がないよう、事前に調べるか、郵便局の窓口に出しましょう。 貴重品便などで郵送する必要は基本的にはありません。 封筒サイズは角形2号か角形A4号 履歴書の封筒サイズは下記のいずれかが一般的です。 角形2号(角2)または角形A4号(角A4)なら、A4、B5どちらの履歴書も折りたたまずに入ります。 ただし、履歴書がA4サイズでほかにも入れる応募書類がある場合は、書類の厚みが出て角A4だと入らない可能性があるため角2のほうが安心です。 封筒の色は白がおすすめ 白い封筒は上品な印象がありますが、他にも茶色や薄い水色でも問題ありません。

次の

【履歴書を郵送するときの切手料金】封筒サイズと貼るときのマナー

履歴 書 郵送 封筒

転職活動をする方の中には、履歴書を入れる封筒はどのようなものにするのが理想なのか分からない、そう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実際、採用担当者の方々の声を聞くと、以下のような意見を聞くことが出来ます。 ・封筒が汚れていたり、書かれている字が乱筆だったりするとマイナス評価です(小売業・採用担当者) ・応募書類を扱う人のことを思って書類を入れてくれるといいが、そうした気配りがなく雑に入っていると印象が悪くなる(メーカー・人事部部長) ・宛名の書き方が間違っている方や、履歴書を折った状態で持参した方等は、社会人としての資質はないとみています。 (サービス業・人事担当者) 採用担当者は履歴書の封筒から応募者の人となりを見ていることがうかがえます。 つまり、 履歴書の封筒が採用にも大きく響いてくる、とも言えるのです。 そこで、採用担当者によい印象をもってもらえるよう、転職活動を頑張る方に向けて、履歴書の封筒について手順を追いながら案内していきたいと思います。 封入する書類 まず封筒についてご紹介する前に、封入する書類についてお話します。 転職活動では、封筒に入れる書類に以下4点があります。 採用に大きく関わります。 履歴書の書き方について、こちらの記事で詳しく説明をしているので、併せてご覧ください。 履歴書と同様、採用を左右する書類です。 職務経歴書の書き方については、こちらの記事で詳しく説明をしているので、提出を求められている方は見てみてください。 多くの企業は履歴書と職務経歴書の提出のみですが、会社によっては応募書類も求められることがあります。 書き方については、基本的に履歴書の書き方を参考にするとよいでしょう。 書類データをメールで送る際、「書類をお送り致します。 」と一言添えるように、 履歴書を郵送する場合も、一文書き添えるのがマナーです。 送付状とも言います。 担当エリア内の既存顧客に向けてOA危機、通信機器を含めたオフィスサプライズに関するトータルソリューションの提案を行うとともに、現在は部長として部下〇〇人のマネジメントも担っています。 個人としても引き続き、年間売上〇〇万円規模で事業に貢献しております。 今回はこれまでの私の経験をぜひ貴社で活かしたいと思い、応募させていただきます。 何卒よろしくお願いいたします。 「株式会社」を「(株)」と省略しないようにしてください。 採用担当者の氏名が不明の場合には、「採用ご担当者様」「人事部御中」等と記しましょう。 書類のコピーを取る 上記にお伝えした、 「履歴書」「職務経歴書」「応募書類、「添え状」はいずれもコピーを取り、手元に控えを残しておきましょう。 面接では、書類に書かれた内容を基に質問をされます。 そのため、予備があると面接の予習が出来ます。 封筒の種類 お待たせしました。 ではここから、封筒にフォーカスしていきます。 折り曲げられた封筒は、採用担当者がファイリングしたり、コピーを取ったりする際に手間をかけてしまいます。 このことから、マイナスな印象を与えてしまう可能性が考えられます。 アルバイトやパートの応募の際は、この長封筒は問題ありませんが、転職に関しては向いていないので、使用は避けましょう。 転職活動では 白い封筒を選びましょう。 茶色い封筒は薄く破れやすいため、先方の手元に到着する頃には、折れたり歪んだり等の見た目がよくない状態になっていることが考えられます。 その点、白封筒は茶封筒より厚くしっかりしているため、キレイな状態での提出が期待出来ます。 また、白封筒は紙が二重になっている等、中身が透けないようになっています。 そのため、個人情報が載っている履歴書に白封筒は適しているのです。 ペンの種類 封筒に書き入れるペンも適したものをチョイスしましょう。 油性ペンは雨に濡れてもほぼ滲みません。 一方、 水性ペンや消えるペン(フリクションボール)は滲んでしまうため、封筒に書き入れるペンとしては適していません。 7㎜か1. 0㎜のボールペン、またはサインペン等がよいでしょう。 細めのペンは、貧相に見えてしまい全体の見栄えがよくありません。 また、油性マジックは裏移りしてしまう可能性があるため推奨しません。 郵送の場合の封筒作成 それでは、封筒の作成についてお伝えさせていただきます。 郵送と持参の場合では、書き方等が異なります。 はじめに、郵送の場合の封筒作成をお伝えします。 封筒は、 必ず手書きで記入をしましょう。 ビジネスマンであれば宛名シールを印刷して利用する機会が多いかもしれません。 しかし、履歴書を入れる封筒に関しては宛名シールの使用は避けましょう。 「楽をしようとしている」「志望度が低い」等の悪印象を与えかねません。 封筒には両面を使って必要事項を記入していきます。 表面と裏面に記入すべきことを、それぞれみていきましょう。 これは、長文になることを防ぐためです。 例を用いてお伝えいたします。 ・二桁の場合 「21」を書く時は「二一」ではなく「二十一」と記入します。 「20」のようにゼロがある場合は、「二十」と表記せず、漢数字の〇(れい)を用いて「二〇」と書いてください。 「201」のようにゼロがある場合は、「二百一」と書かず、「二〇一」と書きます。 ・四桁の場合 「2023」を書く時は、「二千二十三」と記入すると、やはり長くなってしまいます。 そのため、「二〇二三」と簡潔に書きます。 なお、会社名の書き出しよりも下の位置から書き始める。 記入をしたら、定規を使って「履歴書在中」を四角で囲いましょう。 履歴書以外に職務経歴書やエントリーシート等も一緒に送る場合は、「応募書類在中」と書きます。 これを書き記す目的は、 重要書類が入っていることを示すためであり、開封時に破かないよう注意を促す意味も含まれています。 キレイに書く自信がない方は、文房具店や100円ショップ等で販売されている「履歴書在中」のスタンプを使用するのも手段です。 裏面の書き方 封筒の裏面には上記画像のように、左下に自身の住所・名前を書きます。 表面に記入する住所と同様の注意点に留意しながら記入をしましょう。 書類の入れ方 封筒の両面に必要事項を記入したら、本記事のはじめにご説明させていただいた書類を封筒に入れていきます。 ここで、ポイントとなるのが「書類の順番」と「クリアファイルに挟む」ことです。 これで送付書類の準備は完了です。 封筒に入れてください。 仕上げ 最後に仕上げです。 封を閉じ、封字を記入していきましょう。 ノリの種類は スティックタイプがオススメです。 水のりは封筒がふやける恐れがあるため、推奨しません。 また、両面テープはノリに比べ簡単に開けることが出来ます。 そのため、個人情報が記載されている履歴書等の重要書類には、両面テープ等は適していないと言えるでしょう。 最後にチェックをしましょう。 ここで不備があると、企業に届かなかったり、到着したとしても採用担当者にマイナスな印象を与えてしまったりする可能性があります。 下記についての確認を必ず行いましょう。 本記事では 郵便局から郵送することを推奨します。 郵便局では切手料金を計算してもらえるためです。 もし切手料金が足りないと、差出人に返送されたり、受け取る企業が不足分を支払わななければならなかったりと、不都合が生じてしまいます。 これらを防ぐためにも、郵便局で切手料金を計算してもらってから郵送する方がベストでしょう。 一方、コンビニ等では切手料金を計算してくれないことが多いです。 切手の料金・絵柄 とはいえ、都合によっては郵便局に行けない方もいるかもしれません。 そのような方々のために、ご参考までに切手料金表と、適した切手の絵柄についてお伝えいたします。 下記の料金表をご参考ください。 郵便物の種類 重さ 料金 定期郵便 (23. キャラクターやマンガが描かれた切手は、転職活動の場では適した絵柄とは言い難いため、避けるべきです。 持参の場合の封筒作成 次は、履歴書を持参して面接時に渡す場合についてみていきましょう。 そのため、郵送の場合に作成する 添え状は必要ありません。 当然、切手も貼らなくてOKです。 ただ、履歴書が入っている封筒であることを示すために、表面の左下に赤で「履歴書在中」もしくは「応募書類在中」と書きことを忘れないようにしましょう。 加えて、住所・氏名の上部に履歴書を提出する年月日を記入してください。 封筒に入れず裸の状態で書類を持参してしまうと、汚れたり折れてしまったりする恐れがあるためです。 また、「選考書類を丁寧に扱っている」という印象を与えることから、「仕事も丁寧にやりそう」というプラスなイメージを抱かせることが出来ます。 もちろん 封字を書く必要もありません。 キレイな状態で渡せるよう、 封筒もクリアファイルに挟みましょう。 封筒より大きいクリアファイルがない場合は、上下から二重で挟むことではみ出している部分が折れることを防げます。 それぞれシーンに合わせた渡し方を心掛けましょう。 受付で手渡す場合 受付で履歴書を手渡す場合は、 封筒をそのまま受付担当者に渡しましょう。 封筒ごと渡すことで、面接官のもとへキレイな状態で届くことが期待出来ます。 面接官へ手渡す場合 面接官へ手渡す場合は、マナーが問われるため注意が必要です。 手渡す際は下記の2つのシーンが考えられます。 くれぐれも 履歴書を封筒に入れた状態で渡して、面接官に開封の手間をかけさせないように気を付けてください。 渡すタイミングは面接官の指示があってからでOKです。 面接官が入室したら、書類をクリアファイルから出します。 そして、下から封筒、クリアファイル、書類の順に重ねた状態で、面接官が読みやすい向きで手渡しましょう。 受付担当者と面接官どちらに渡す際も、「本日は宜しくお願い致します」と一言添えて、お辞儀をしながら両手で手渡しましょう。 まとめ 封筒の作成についてお分かりいただけたでしょうか。 郵送と持参では書き方も注意点も異なります。 それぞれの提出方法に合わせた封筒を作成しましょう。 冒頭でお伝えした通り、履歴書だけでなく「封筒」からあなたの人となりを見られています。 そのため、採用に大きく響くとも言えるでしょう。 採用担当者によい印象を与えられるよう、ぜひ本記事を参考に封筒の作成に取り組んでみてください。

次の