ブルー キャット プリキュア。 スタートゥインクルプリキュア(スタプリ)第14話/第15話/第16話/第17話予告感想(5月放送分)

スタートゥインクルプリキュア(スタプリ)第14話/第15話/第16話/第17話予告感想(5月放送分)

ブルー キャット プリキュア

ユニとは、『』の登場人物である。 後述するようにがあるため、名称もいろいろ変わるが、本記事にてすべて扱う。 のとのような飾り、が特徴で、には「~ニャン」とつけていかにもぶりな調のしゃべり方をする。 その実は本物で、ーで行われたションの余でを行ったときは、それを見た達もそのの素らしさに感していた。 ちなみにはの大で、を連れてをしていたときに聞いたの歌に元気とをもらってから心酔するようになった。 なのでと直接会ったときは奮のあまり緊することに。 しかし、にはもう一つの顔があった。 ション終了直後、出品物が全て盗まれ、その中にあったの反応を追うとそこにはの姿。 いぶかしむ達に対し、手持ちのを振りまいて、その正体をあっさりと明かす。 その正体は全を股にかける ブルーキャット!」 こそこれまたと現れ、狙った獲物は必ず盗んでいく、と今や界の世間を騒がすブルーキャットであった。 OPの時点で既に出ていた姿は、ハットを被り(熱感知機付き)をかけ、を基調にしたへと変化、もい二つ結びに。 口調もがなく々しい感じになる。 らしくのよう俊敏性と手先の器用さ、を使ってのを得意としている。 その強気かつ挑発的な態度ゆえ時折余裕すら見せるのだが、そんなも読めないというか不可解な言動が見受けられる。 というのも、もの獲物の1つのはずなのに、とノッの襲撃があるとあっさりとをに渡して「しなさい」と応戦を示。 もっとも本人は「預けただけ」という認識らしいが。 そもそも、どういうわけかるたちがであると知っており、によってションを攪乱させ、隙を作って自分が盗みを働きやすくするためにわざわざ会場に入れるようにしたとも発言。 さらには、何故かの事も知っている。 ということはノットについても知り得ているはずなのだが、のことを含めどうしてそこまで知っているのかな点が多すぎる。 もっと言えば、が盗んだもののうち、自分が手元に残すのは住民がして滅んだの宝のみで、他のものはない人々に分け与えている。 そしての宝を見たには心からの笑みが……。 かくして突如現れた第3勢。 今後達にどう関わっていくのだろうか。 なお、はのまさかの正体に多大なを受けて、失意のあまりをやけ食いしていたことも記しておきたい。 それでもの姿でされるとチョロい状況だが。 あとがだけあってとかも少々。 でも『をつければかわいかろう』でからで言われても「ならねーよ」と言いつつも寄せられた口上「 ので全てを忘れる!キュア!」とか嬉々として演じた上に、自ら キュルとか キュアとか キュカとか キュグとか思いつくのはどうしたもんか。 一方の敵に属する猫執事 先ほどの話の中で出てきた バケニャーン(:)。 今回の敵組織ノットの幹部である者(:)に付き従うの兼お付役である。 かなりので右にかけたが特徴。 冷静かつ丁寧な物で、すぐ熱くなったりしたりするの役となってその行動を嗜めていたりする。 にとっては忠実な部下として信頼を置いており、彼もそれに違わぬ役割を果たしている。 しかしところどころで、を使うのを控えさせたり、を傍観していたり、前述の共に行動しないこともあったりと不可解な行動も見せている。 役としてその役割を果たしていることもさることながら、も普段は口うるさくても時には口を出さないバケニャーンを信頼しているともとれる。 だが、彼には隠されたが秘められていたのだった…… その秘められた秘密、そして覚醒 の反応を追ってやってきたのは。 人口0人のはの現によって住民が全てに変えられていたのだが、探すとそこにはブルーキャットのトがあった。 そんな折りにやってきたのはとバケニャーン。 たちはとなって応戦するが、そこでより衝撃のを知らされる。 を得ようとに襲撃した、交渉決裂となったのでを使うが、まだ段階だったためが暴発、それによって住民がしたというのがその相だった。 はの宝を闇のマーケットに全て売り払い、大な研究資を手にしてをさせる事になる。 そして、バケニャーンはの命でを捕まえ、達にが……と思うとはブルーキャットのの匂いを感じ取る。 直後バケニャーンは姿を変えたかと思うそこにいたのはなんとブルーキャットだった。 実はブルーキャットは人の生き残りであり、故郷を元に戻すためバケニャーンになってノットにび込み、に近づいていたのだった。 なので、ーで最初にブルーキャットに会った時襲撃してきたの側にバケニャーンがいなかったわけだし、バケニャーンがのに関して知っていたのもにを使わないよう制止していたのも、そしてブルーキャットがのこともノットのことを知り得ていたのも、合点がいくわけである。 全ては故郷の宝を全て取り戻し、さらにのを用いてした人々を戻すため行動していたわけだ。 バケニャーンに騙されていたと怒り狂うはした人を使ってノッで攻撃するが、によって返り討ちに。 たちは「このを元に戻したい」とブルーキャットに助けの手を差し伸べようとするが、ブルーキャットはを貼り一の隙を作ってと所持する8本のを奪ってしまう……。 を助けを取り戻すためブルーキャットを追うたち。 となって交戦する中、ブルーキャットはそのの姿、の ユニの姿となり、の成り立ちを明かす。 の種族は変化のを持つがゆえに、他の種族から忌み嫌われ、流浪の民となって々を転々とし、流れ着いたのがも枯れのもいない荒れ果てたこのだった。 名もきにと名付け暮らすようになった彼らはの不思議な、性のを濾過中和し、で木々やが育つ、それによって豊かな暮らしを送れるようになり、を加工して宝飾品を作る楽しみも得た。 それがによってで破壊されてしまう。 連絡のために船に乗っていたことから延びたユニはとなって活動しながら収集し、ブルーキャットの姿で故郷の宝を取り戻すため盗みを働き、バケニャーンとしてノットに潜入(ちなみにバケニャーンの姿はウラの師ハッケニャーンの若いときの姿を元にしていたことがに。 なのでハッケニャーンもはが担当)、そしてのの存在を知ることになる。 すべてはこのを元に戻すため。 (ちなみにユニはから離れる前、深いことをっている。 「 私達はみんなオィオの子。 オィオは私達のでもありでもある。 そして私自身でもある。 私達は1つなのよ」これは族長のオィオ(:)から何らかの形(単為生殖あるいはか)でユニ達他の人が生まれ増えてきたのだろう) しかしその時ードとともにやってきたが怒りのあまり自らをノッにして攻撃し始める。 たちは応戦するが、ユニは自分とは関係ないはずのらがなぜ自分を守ろうとするのかしかしは純に「知らないだからその人を話したい。 変化できるってやば〜っだよ?素敵でしょ?だから守りたい!」と告げる。 ぼろぼろになっても戦うたちを放っておけないユニ、それに呼応する形でのが発動し、はとを手にする。 こうして誕生したキュアコスモ、だがはトによって精を乗っ取られてしまう。 はこの状態のを救いたいと行動をし、もそれに感化される。 を救いたいという想いが満ちたその時、瓶が新たなに変わり、そのを用いて浄化することに成功した。 にも出会い、たちから「のが戻ればに穏が戻る、も元に戻るだろう」と告げられ、故郷を取り戻すために再び動き出すことユニ。 ところが復活したがユニの船をかっぱらってしまい、移動手段がなくなる羽に。 ひとまずはたちに促される形でに搭乗しに向かいたちと行動を共にすることになる。 って(変化のが未熟なので出っ放し)どうすんだろ?と思ったらにも行かず一ままにあちこち回るようになっていた。 行かないってのは多分初めて。 ちなみには。 「と同様に?」と思った方は鋭い。 この日はにが探計画「計画」を実行するため、探機を打ち上げた日であり、さらにには有人船を打ち上げとしては初めて飛行士をに送り出した日でもある。 方式で人(のを含むと人)のになる。 もちろん出身としてはに続いて2人。 そして何気に初のかつ時代初のでもあったり。 ということではと展開の都合上が並列して用いられている。 普段のい二つ結びとはそのままだが、にはュが入り、右側のには小さなハットの飾り、には輪っかが付けられている。 またユニが持つ瓶が変化、専用 として用いられることになる。 的側面で言うと、やはりのやの解析でキュアコスモの存在がとなっていた。 同時に音によるでもいくつか補がある中に「は上坂ではないか」という推察が上がっており、結果としてそれが的中している。 ただ、今回でキュアコスモの画像は表示されても、前を含めたその詳細なに関しては全く記載されていないという、対策が成されていた。 それでもOPの時点でのが既に出てきており、「このがいつも通り後々に関わるのでは」という憶測は々に出ていた。 なお、キュアコスモ登場の発表直後、もちろんでトド入りしたわけだが、何故かキュアコスモよりも 前述のキュアが上位にトド入りしてしまい、さらに上坂は現場での人から「ついに発表されましたね、これからよろしくお願いしますねー、可く描きますから。 で、 この(トドの)キュアってなんですか?」と聞かれる羽になったことを特に記しておきたい。 そしてどう説明していいか答えに窮してになるであった。 :の再来、ってこっちは済みだけどな。 決め技 による浄化技。 を挿して上部のを回してをチャージし、を押して色の線を発射する。 による通常技。 何も挿さない状態でを押してのシャワーを放つ。 (バケニャーン的な意味で)• (の)• は系の&同繋がりも)• 琴も同繋がり)•

次の

スタートゥインクルプリキュア17話感想「ブルーキャットの探しモノ」

ブルー キャット プリキュア

星を出ようとしていたブルーキャットは追ってきたひかるたちを攻撃する。 やむなく、ひかるたちはプリキュアに変身することに。 変化(へんげ)能力でキュアスターの姿をしたブルーキャットに翻弄されるプリキュアたち。 戦う中で、石化した当時の惑星レインボーを思い出したブルーキャットは、本来のレインボー星人の姿に戻ってしまう。 かつての美しい惑星レインボーや自分について語るブルーキャットの元へ、自らノットリガーになったアイワーン(CV:村川梨衣)とカッパード(CV:細谷佳正)が現れる。 ブルーキャットへの怒りで力が増幅したアイワーンノットリガーにプリキュアたちは苦戦を強いられる。 ワタシだけのイマジネーション! あらすじ わたし、《星奈ほしなひかる》! 宇宙と星座がだ~いすきな中学2年生。 星空を観察しながらノートに星座を描いていたら、とつぜん謎の生物《フワ》がワープしてきたのっ! それから、空からロケットが落ちてきて、宇宙人の《ララ》と《プルンス》までやってきた!... あなたたち、ホンモノの宇宙人!? あるとき何者かに襲われて、プリンセスたちは《12本のプリンセススターカラーペン》になって宇宙に散らばってしまったの! このままじゃ星が消えて、地球も宇宙も、闇に飲み込まれちゃう...! 『星々の輝きが失われし時、トゥインクルブックと共に現る戦士プリキュアが再びの輝きを取り戻す』 ララ達は宇宙に古くから伝わる伝説を頼りに プリンセスが最後に生み出した希望・フワと一緒に《伝説の戦士・プリキュア》を探していたんだって。 そこへ宇宙の支配を目論むノットレイダーがフワを狙って襲いかかってきて... 「フワを助けたい! 」そう強く思った瞬間、《トゥインクルブック》から《スターカラーペンダント》と《変身スターカラーペン》が現れて、わたし、プリキュアに変身しちゃった!?

次の

スタートゥインクルプリキュア(スタプリ)第14話/第15話/第16話/第17話予告感想(5月放送分)

ブルー キャット プリキュア

スタートゥインクルプリキュア17話感想「敵?味方?ブルーキャットの探しモノ」の感想です。 再びゼニー星にやってきたひかるたちは、ドラムスの屋敷にあるプリンセススターカラーペンを譲ってくれないかお願いしにやってきた。 そこへ怪盗ブルーキャットがペンを盗むのを協力するように持ちかけてきた。 ブルーキャットの目的 ドラムスもペンを狙っていて勝負することになりました。 屋敷に侵入すると頭上にセンサーが設置されていてレーザーが発射される。 えれなが走りレーザーを誘導してプルンスがロープに変身する。 ブルーキャットがロープを使いレーザー砲を破壊するのだった。 ブルーキャットは何故プリキュアのことを知っているのか?続いてドラゴン兵団が立ち向かうが、逃走中にひかるが転んで気絶する。 ブルーキャットはドラムスに変身してドラムスになりドラゴン兵団を誘導する。 部屋へ逃げ込むと宇宙番犬と呼ばれる猛獣ケルベロスに遭遇する。 「宇宙ケルベロスキラやば!」とひかるは犬のように飼いならして誘導するのだった。 お宝にたどり着いたひかるたちだが、惑星レインボーの宝を見ていたブルーキャットのことを気にしていた。 ドラムスはブルーキャットのことを調べていた。 惑星レインボーの宝以外は貧しい人々に渡していたのだ。 今までプリキュアに変身するのを拒んでいたが、ドラムスはお宝を壊そうとしたため、ひかるたちは変身することになった。 「この宝物はブルーキャットを笑顔にしたんだ。 心からの笑顔を!」 ドラムスの持っているリモコンを奪おうとするとカッパードがやってきた。 ドラムスの力を吸収してキュアスターを狙うが、ブルーキャットと協力してペンの奪取に成功する。 おとめ座のペンを使いソレイユシュートでノットレイダーを吹き飛ばす。 ノットレイダーが来て面倒事になるならプリンセススターカラーペンを持って行けとドラムスから譲ってもらいました。 プリキュアをドラゴン兵団に入ってくれるようにお願いするが断り、ブルーキャットの狙いは惑星レインボーの宝だと判明した。 次回「つかめ新連載!お母さんのまんが道!」.

次の