不穏 類語。 あれこれの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「禍々しい」の意味とは?類語、英語や使い方、例文を紹介!

不穏 類語

「不穏な空気」 この 「不穏な空気」 ふおんなくうき は、それが 「漂う」、または 「感じる」と使うことの多い言葉です。 どちらにしてもいい意味で使われる言葉ではなく、突然そういったことになってしまう場合も多いです。 そこから打開する時には、それを 「切り裂く」と表現するように、見えないながらも何かに覆われたかのような状態になってしまった時に使います。 「不穏な空気」の意味 不穏な空気とは、 「これから悪いことが起こる 可能性が高い と思われる状態」を指す言葉です。 これが 「漂う」、 「感じる」と使うことで、そのような状態になっていることが表現できます。 もしくは 「一触即発の気配」がする場合や、 「何か 主に悪いこと が起こると分かっている前兆時」を指して使うこともあり、いずれの意味で使う場合にも、その後に何も起こらないに越したことはありません。 「不穏な空気」の言葉の使い方 不穏な空気は、本人の意思とは関係なく、突然漂うことも多いと言えるでしょう。 例を挙げると、仲の悪い二人が偶然鉢合わせてしまった時や、誰かの意見に対して極端に反対する人が現れた時などです。 また、いわゆる 「空気が悪くなった」という状態を指して使っても構いませんが、その場合には多少大袈裟な表現になるので、それほどおすすめの使い方ではありません。 「不穏な空気」を使った例文・短文 解釈 不穏な空気を使った例文や短文です。 基本的には何らかの悪い状況 になりつつある状態 を指して使うことになりますが、その解消の為に使っている例も挙げていきます。 「不穏な空気」の例文1 「全員が集まってから、何やら不穏な空気が漂っている」 その中に仲の悪い人間が何人か混じっていたり、全く意見が合わないなどの理由で、これから何か悪いことでも起きそうだと言っている例です。 そうと分かっているなら、今のうちに何とかすることができないか考えるのが一番です。 「不穏な空気」の例文2 「決算の発表があってから、部内に不穏な空気が漂い始めた」 その決算の内容が思ったよりよくなかった為に、これから責任の追求などが始まりそうだと使っている例です。 このような時には、誰かが口火を切って何やらと言い出すと、そこから始まってしまうことが多いと言えるでしょう。 そのまま特に何事も起こらず、序々にそのような空気が晴れるのを祈るしかなさそうです。 「不穏な空気」は、上の例文のように 「晴れる 晴らす 」、またはこの例文で使っている 「切り裂く」ことで、解消する した と表現します。 「不穏な空気」の例文4 「最近の国会は、いつも不穏な空気の中で行われている」 国会では与野党間での議論が盛んに行われるものですが、それが白熱し過ぎて、この 「不穏な空気」の中で行われていると表現される場合があります。 しかし、いわゆる 「パフォーマンス」で大袈裟に発言しているようなことも多いので、実際には何事も起こらずに普通に進行することがほとんどです。 直訳で 「悪いことが起こりそう」という意味になり、日本語の 「不穏な空気」とほとんど同様に使うことができます。 そして、 「 これから 天気が崩れそう」という意味もあるので、正に 「空気 大気 が不穏な状態」を表せる言葉となっています。

次の

物騒なの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

不穏 類語

不吉なまたは悲劇的な展開の兆候を示す、あるいは、予示する の意• 忌わしい• 曲が曲がしい• 曲々しい• 曲曲しい• 縁起の悪い 適切でない親しさの行為 の意• 親しさ• 無作法、あるいは不適当な行為 の意• 激しい騒乱や騒動の状態(政治的または社会的情勢などの場合が一般的) の意• 動揺、不穏な変化または開発の状態 の意• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

そもそも不穏って何?|不穏のメカニズム、せん妄との違い

不穏 類語

公開日: 2018. 17 更新日: 2018. 17 「不敵な笑み」の意味と使い方、心理、例文、類語、英語表現 「不敵な笑み」という言葉をご存知でしょうか。 「不敵な笑みを浮かべる」「不敵な笑みをもらす」と使います。 「不敵な笑み」は小説や映画の中で見聞きすることがありますよね。 では、「不敵な笑み」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 そもそも「不敵」の意味を知っているでしょうか。 「不敵な笑み」と聞くと、あまり良いイメージは持ちませんよね。 実際「不敵な笑み」はどのように使えば良いか、気になります。 そこで今回は「不敵な笑み」の意味や使い方、類語、心理について解説していきます。 意味を適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「不敵な笑み」の使い方と例文 「不敵」を用いた表現では「不敵の笑み」が多く使われています。 「不敵な笑み」とは「 自信満々の表情をしていること、恐れを知らない顔つきをしていること」です。 顔は笑っているものの、その裏には何か良くないことを考えている表情を表します。 ただの笑顔ではなく、「不敵な笑み」は度胸ある行動をした上で、浮かべる笑みを表す場合に使うのが適します。 例えば、勝負や試合に負けても落ち込んだり焦ることもなく、平気な様子で笑みを浮かべていることを「不敵の笑み」と表すことができます。 「不敵な笑み」は相手や物事を甘く見て笑うことなので、マイナスなイメージを伴って用います。 言い回しとしては、 ・不敵な笑み ・不敵の笑顔 ・不敵な笑みを浮かべる ・不敵な笑みをもらす ・ニヤリと不敵な笑み などとなります。 「 不適な笑み」は誤用なので注意してください。 「不適」は「ふさわしくないこと、適さないこと」を意味します。 例文 ・大事なセレモニーの最中でも不敵に笑っている彼のことを、他の参列者は冷たい目で見ていた。 ・彼は後輩からお金を奪うと、不敵な笑みを浮かべてその場から立ち去っていった。 ・彼女の不敵な笑みから、心に余裕があることが分かってしまった。 ・相手の選手は負けているにも関わらず、不敵な笑みを浮かべているので気味が悪かった。 ・流石の彼も今回の件に関しては落ち込むだろうと思っていたが、ニヤリと不敵な笑みを浮かべていた。 ・捕まった犯人は罪を認めるどころか、終始不敵な笑みをもらして何も語らなかった。 ・試合が始まる前から、彼は自分が勝つことが分かっているかのような不敵な笑みをもらしていた。 ・彼が悪事を企んでいそうな不敵な笑みを浮かべていたので、注意を払っておく必要がある。 「不敵な笑み」の類語 異様な笑い (意味:行動が普通ではないこと) 「捕まった犯人は異様な笑みを浮かべていた」 不気味な笑い (意味:不快感があって気味が悪い笑顔) 「不審者は不気味に笑っていた」 薄気味悪い笑み (意味:何となく不快になるような笑み) 「彼が薄気味悪い笑みを浮かべていたので、ゾッとした」 奇妙な笑い (意味:普通ではない笑い) 「奇妙な笑いをしている人には近づかない」 ふてぶてしい笑顔 (意味:物怖じしない笑顔) 「彼のふてぶてしい笑顔には心底腹がたつ」 むかつく笑顔 (意味:不愉快になる笑顔) 「彼は反省するどころか、むかつく笑顔をしていた」 鼻で笑う (意味:相手を軽んじるように笑うこと) 「鼻で笑われたが、いちいち気に留めない」 せせら笑う (意味:相手を馬鹿にするような笑い) 「せせら笑いが至る所から聞こえた」 ニヤニヤする (意味:度胸がある表情をすること) 「彼女はニヤニヤしてばかりで何もしていない」 あざ笑う (意味:人を見下すような笑い) 「私がミスしたことを彼女はあざ笑っていた」 冷笑 (意味:見下すように笑うこと) 「冷笑されたことに、腹が立ってしまう」.

次の