ラジャー の 意味。 「ラジャー」の語源由来〜ラジャーの語源とは?語源由来辞典

「ラジャー」の語源由来〜ラジャーの語源とは?語源由来辞典

ラジャー の 意味

みなさん、こんにちは。 日本語学科担当の長谷です。 日本語学科はその名の通り、留学生を受け入れ、日本語の勉強をしている学科です。 中国・韓国・台湾・ベトナムなど、様々な国からの留学生がいます。 日本語にも、日本の生活にもまだまだ不慣れな留学生たち。 授業中に飛び出す質問もユニークなものがいっぱいです。 「ラジャー」は何語? みなさん、「ラジャー(了解)」という言葉は知っていますか?普段は使わないけど、戦闘もののアニメなどでよく耳にするのでは。 「全員、戦闘配置につけ!」 「ラジャー!」 みたいな感じでしょうか?わたしの場合は「ガッチャマン」が真っ先に浮かびますが(古い・・・) 留学生には、日本のアニメが大好きな学生が多く、「ラジャー」の認知度も高めです。 あるとき学生からこんな質問を受けました。 「先生、ラジャーは中国語ですか?中国語で「了解」は『リョウジェー』と発音しますが、『ラジャー』とよく似ています!」 なるほど、学生に中国語で『了解 リョウジェー 』と言ってもらうと、「ラジャー」と「了解(リョウジェー)」は確かに似ている。 英語だと思ってたけど、もしかして語源は中国語…? というわけで「ラジャー」の意味を調べてみました。 答えは無線通信でのやりとりにあった…? 話は無線通信になります。 無線で話をするとき、聞き間違いを防ぐために使う通話コードがあります。 たとえば「 B」と「 D」はよく似た音ですが、「 Bravo(ブラボー)の B」と言えば「 D」と間違うことはありません。 もともと無線は雑音が多く、相手の言葉が聞き取りにくいので、「 Alphaの a」「 Golfの g」・・・というようにアルファベットのすべての文字について法によりコードが決められています。 ちなみに、日本にも「朝日のあ」「いろはのい」「上野のウ」・・・というようにコードがあります アメリカの軍隊では、無線でメッセージを受け取ったときは「 received(受信した=了解)」と応答するのですが、それを省略して、はじめのアルファベット「 R」だけを相手に伝えたそうです。 で 「R」の通話コードは「RogerのR」(Rogerは男性の名前)なので、無線では「了解」のことを「Roger」と言うようになったのです。 なお、「Roger」は、日本的に読むと「ロジャー」ですが、アメリカでは「ラジャー」と発音されるので、日本でもそのまま「ラジャー」として使われているとか。 というわけで、話がずいぶんと長くなりましたが、 「ラジャー」は、中国語ではなく、英語の通話コードに使われている人名でした。 それでは、この辺で。 無線通信ふうに終わりましょう。 「 Echoの E」「 Novemberの N」「 Deltaの D」 (「大阪の オ」「新聞の シ」「マッチの マ」「いろはの イ」) みんな、バイト先で「ラジャー」は使わないでね~ Date: 2016. 31 Tag:• この記事を 友だちに教える.

次の

「ラジャー!」は何語?

ラジャー の 意味

「Understand 」を使用した了解 あなたも1度は必ず耳にしたことのある 「I understand. 「Understand 」は日本語で「理解する」という意味を持つので 「I understand. 」で、了解と表現することができます。 1番よく使用される 一般的な「了解」を表す単語です。 口語だけでなく、文章やメールなどでも、使用できます。 さらに、フォーマルな場でも活用できる単語です。 また「I understand it. 」と表現することで、 相手が述べたそのことに対して「了解(理解した)」と表すこともできます。 便利な表現なので、ぜひ覚えておいてくださいね。 「I understand. 」の過去形 「I understand. 」の過去形は、「I understood. この過去形の「I understood. 」を使用する際には、 注意点があります。 日本語で理解したという場面でも、 いま現在その内容を理解しているとなるため ここでは「I understand. 」を使用するのが通常です。 「I understood. 」を利用するときには、 過去にそれを理解していたという場面で使用してみてください。 「I get it. 」を使用した了解 「I get it. 」も同じく「了解した」という意味を持ちます。 日本語で直訳すると「それを手に入れる、 それを自分のものにする」となるので 『了解』という表現が可能になります。 また、「I got it. 」も同じく「了解」として使用できます。 「Get」が過去形になっているので、 少し過去のことを表す意味を持ちますが、 『わかった、すでに理解している』という場面でも活用できます。 例文 ・We will meet at 10 tomorrow. 私たちは明日10時に待ち合わせしましょう。 ・I got it. わかりました。 ・Did you get it? 理解した? I got it! わかりました。 ネイティブは、こちらもよく使用します 「I」の部分を省略して 「Got it! 」なんて表現を 海外ドラマや映画などでよく見かけませんか? こちらも同じ意味で、理解していることを表す表現です。 ネイティブは、こちらの表現をよく使用します。 少しカジュアルな表現にもなるので、 シチュエーション別で使い分けてみてください。 また 「I got it. 」には理解を表す意味のほかにも、 「I bought it. 」や「I received it. 」 「私がやります。 」といった場面でも活用できます。 「Sounds good」を使用した了解 「了解」というよりは、同意しているという場面で使用ができます。 相手から誘われる場面や提案などに対して、 「That sounds good」を使用して 『それいいね、楽しそうだね』と同意を表すことが可能です。 例文 ・Would you like to go to park this weekend? 今週末、公園に行きませんか? ・Sounds good! いいね! 「That」を省略して「Sounds good」とも表現できます。 」には 日本語で「賛成・同意します」という意味を持つので 『〇〇について、承知いたしました。 』なんて場面で活用できます。 フォーマルな表現でもあるので、 友人間では、あまり使用しません。 例文 ・I agree to that. それを 了解しました。 「All right. 」を使用した了解 「Ok」と同じような意味合いでよく使われる 「All right. 」 日本語で直訳すると『わかった、大丈夫』という意味を持ちます。 少しカジュアルではありますが、 ビジネスの場でも使用することが可能なので、 ビジネスの場でも、とっても 便利な表現のひとつです。 また 「No problem. 」も同じような意味合いで使用できます。 こちらもネイティブがよく使用されます。 7時にここで会いましょう。 ・All right. ・Can you do this for me? これやってくれる? ・No problem. いいよ(了解) 「Will do. 」を使用した了解 こちらもネイティブがよく使う表現です。 「了解」という意味と同時に、 「やります!」というニュアンスも含みます。 「I will do it. 」を省略したものが「Will do. 」です。 例文 ・Say hi to your wife for me. あなたの奥さんによろしく言ってね。 ・Will do! 了解! カジュアルな場面でも使用できる了解 「了解」という言葉、普段の生活で使うことも多々ありますよね。 ここではカジュアルな場面でも使用できる表現をご紹介します。 「OK」を使用した了解 誰もが1度は必ず聞いたことのある 「OK」 こちらも理解をした際に「了解」として、 活用することができます。 また 「Okie Dokie 」も同じく理解を示した表現になります。 発音は『オーキー ドーキー!』です。 例文 ・Do you want to go to mall after school? 学校のあと、モール行く? ・Okie dokie! いいよ~!(了解) 「Sure. 」を使用した了解 「Sure. 」は日本語でいう 「かしこまりました」や「承知しました」というニュアンスをもちます。 例文 ・Can you come here? こっちに来てくれる? ・Sure thing. いいよ(了解) 「Of course」も同じような意味合いで活用できます。 フォーマルな場面でも使用できる了解 仕事場など、フォーマルな場面で使用できる 了解の英語表現もご紹介します。 「Certainly. 」を使用した了解 「Certainly. 」を直訳すると「たしかに」となります。 この「たしかに」には、 「たしかに(そうします)」という意味を含んでいるので 「了解」という場面で活用することができます。 例文 ・Can you copy this for me? これコピーしてきてくれる? ・Certainly. 承知しました。 「Roger. 」を使用した了解 「Roger. 」という言葉 あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか? 日本で使用する際には、 「ラジャー!」と発音しますが、 ネイティブが実際にする発音は 「ロジャー」です。 軍隊の人たちなどが使う印象がありますよね。 例文 ・Roger! 了解!(ラジャー!) 「Copy. 」を使用した了解 この表現、 ネイティブが意外にもよく使用している表現なのです。 例文 ・Can you talk to that guy about meeting? 彼と会議について話してきてくれる? ・Copy(Copy that. ) 了解しました。 「了解」の英語表現まとめ 「了解」の英語表現はいかがでしたか? 知っている単語も多くあったかと思います。 簡単な単語で表現ができるので、 まずは知っている単語を使用して英語を話すことに慣れていくようにしましょう。 言い回しが増えていくことでネイティブとも、 楽しく会話ができるようになり ワンランク上の英語を活用できるようになりますよ。 ぜひ「了解」の英語表現、活用してみてください。

次の

なぜ無線で了解を「ラジャー」というのか?

ラジャー の 意味

インド [ ] ラージャの語は半ば頃からに侵入したたちの族長「 ラージャン」に由来し、更に古くはの王を意味する語(Rex, 属: Regis)と同源であるともいわれる。 ラージャンの地位はされる傾向が強かったが、の成員から選出された指導者としての性格を持ち、その権力は 、 などと呼ばれる部族集会の制約を受けた。 ラージャンに付随する存在として、軍事面でラージャンを補佐する、宗教面で補佐するの地位があった。 アーリア人の部族内において、その構成員は原則的には平等であったが、やがてラージャンを中心とする有力者層と、一般構成員の区別が明確になっていった。 ラージャンを助ける職も世襲される傾向があり、このラージャンと司祭の関係はやがてインドのの中でも中核をなすとの関係の原型となっていった。 ではの称号を訳した ラージャーディラージャ(Rajadhiraja、王の中の王)も用いられた。 の植民地支配下では、ラージャは藩王(はんおう)の称号の一つであり、この場合、支配する領域はと呼んだ。 マレー王朝 [ ] 伝来以前ではラージャは王や王族に使われていたが、イスラーム伝来後、改宗した王には特に由来のの語が使われ、こちらでも語の格は落ちた。 しかし、などでは ホワイト・ラージャ(の王)と称されたことに見られるように、非の王に関してはこの語が使われ続け、のは、 日本のラージャと呼ばれた。 現在でものの君主である ()の当主はラージャを称している。 は第12代に選出されている。 タイ [ ] では特に王にラージャの語を王の称号として使うことはなかったが、ラージャの語は、訛って ラート、 ラーチャー、 ラッチャなどと称され、王の名前の一部として取り入れる傾向があった。 特にマハーラージャは マハーラートと称され、歴史上偉大な仕事を成し遂げた王に付与されたり、ラージャーディラージャは ラーチャティラートと称され一部の王に名前の一部として使われた。 関連項目 [ ]• () この項目は、に関連した です。

次の