生野靖道。 山口組

波入信一

生野靖道

歴史 前身は『石井組』。 初代石井組 1953年12月、がでを結成。 二代目石井組• 1973年8月、秋山潔が二代目石井組組長を襲名した。 1975年、稲葉実は、別府市で、稲葉組を結成した。 同年、高橋辰馬は、大分県天瀬町で、高橋組を結成した。 同年、宮脇與一は、別府市で 宮脇組を結成した。 石井組は4派に分裂した。 同年7月20日昼、別府海門寺公園で、石井組幹部と稲葉組幹部が、のの利権をめぐって、喧嘩となった。 同年9月7日、石井組・橋本勲が稲葉組幹部らによって射殺された。 1978年11月、秋山潔は、稲葉実を石井組処分とした。 1979年6月、稲葉実は、山口組直若となって、石井組から独立し、を結成した。 1980年、川近組・川近幸男組長と宮脇組・宮脇與一組長が山口組直若となって石井組から独立した。 1987年6月22日昼、別府市緑ヶ丘町路上で、二代目石井組系江口組組員が、宮脇組系首竜会会長を拳銃で射殺した。 三代目石井一家 1992年4月、五代目・組長は、三代目石井一家・江口亨総長に盃を与え、山口組直参とした。 四代目石井一家 2009年9月、三代目江口亨の引退により生野靖道が跡目を継承。 山口組直参として、本家より跡目継承を承認される。

次の

四代目石井一家(よんだいめいしいいっか)|大分県【六代目山口組】

生野靖道

歴史 前身は『石井組』。 初代石井組 1953年12月、がでを結成。 二代目石井組• 1973年8月、秋山潔が二代目石井組組長を襲名した。 1975年、稲葉実は、別府市で、稲葉組を結成した。 同年、高橋辰馬は、大分県天瀬町で、高橋組を結成した。 同年、宮脇與一は、別府市で 宮脇組を結成した。 石井組は4派に分裂した。 同年7月20日昼、別府海門寺公園で、石井組幹部と稲葉組幹部が、のの利権をめぐって、喧嘩となった。 同年9月7日、石井組・橋本勲が稲葉組幹部らによって射殺された。 1978年11月、秋山潔は、稲葉実を石井組処分とした。 1979年6月、稲葉実は、山口組直若となって、石井組から独立し、を結成した。 1980年、川近組・川近幸男組長と宮脇組・宮脇與一組長が山口組直若となって石井組から独立した。 1987年6月22日昼、別府市緑ヶ丘町路上で、二代目石井組系江口組組員が、宮脇組系首竜会会長を拳銃で射殺した。 三代目石井一家 1992年4月、五代目・組長は、三代目石井一家・江口亨総長に盃を与え、山口組直参とした。 四代目石井一家 2009年9月、三代目江口亨の引退により生野靖道が跡目を継承。 山口組直参として、本家より跡目継承を承認される。

次の

三代目~六代目 直参 生年月日順リスト

生野靖道

歴史 前身は『石井組』。 初代石井組 1953年12月、がでを結成。 二代目石井組• 1973年8月、秋山潔が二代目石井組組長を襲名した。 1975年、稲葉実は、別府市で、稲葉組を結成した。 同年、高橋辰馬は、大分県天瀬町で、高橋組を結成した。 同年、宮脇與一は、別府市で 宮脇組を結成した。 石井組は4派に分裂した。 同年7月20日昼、別府海門寺公園で、石井組幹部と稲葉組幹部が、のの利権をめぐって、喧嘩となった。 同年9月7日、石井組・橋本勲が稲葉組幹部らによって射殺された。 1978年11月、秋山潔は、稲葉実を石井組処分とした。 1979年6月、稲葉実は、山口組直若となって、石井組から独立し、を結成した。 1980年、川近組・川近幸男組長と宮脇組・宮脇與一組長が山口組直若となって石井組から独立した。 1987年6月22日昼、別府市緑ヶ丘町路上で、二代目石井組系江口組組員が、宮脇組系首竜会会長を拳銃で射殺した。 三代目石井一家 1992年4月、五代目・組長は、三代目石井一家・江口亨総長に盃を与え、山口組直参とした。 四代目石井一家 2009年9月、三代目江口亨の引退により生野靖道が跡目を継承。 山口組直参として、本家より跡目継承を承認される。

次の