楽天証券 米国株 執行待ち。 取引におけるご注意事項

楽天証券のNISA口座で海外ETFを買う方法

楽天証券 米国株 執行待ち

大きくは値段を指定する指値(さしね)注文と、指定しない成行(なりゆき)注文にわかれますが、他に条件をつけることで、もっと便利な使い方ができるんですよ。 たとえば、日中仕事をしていて株価をチェックできない時間帯に、保有している銘柄の株価が急落したら、大きな損失を受けますよね。 そんな場合に備えて、「株価が上がったときにはこの注文を出し、下がったときにはこの注文を出す」と、複数の注文を同時に出すことができるんです。 これなら、株価が上がった時には利益確定のタイミングを逃しませんし、下がった時には損失が大きくなる前に売ってしまうことができます。 ここで紹介するさまざまな注文方法を覚えて駆使すれば、あなたの株式投資生活は、もっと便利で安心なものになるはずです。 指値注文と逆指値注文の違い 注文方法 購入 売却 指値(さしね)注文 希望価格より安くなったら購入 希望価格より高くなったら売却 逆指値(ぎゃくさしね)注文 希望価格より高くなったら購入 希望価格より安くなったら売却 指値注文と成行注文それぞれのメリット・デメリットと、効果的な使い分けを解説します。 逆指値注文については解説しています。 株を安く買いたい!「この値段でしか欲しくない」なら指値注文 指値注文では、下の例のように、買う値段・売る値段を指定して注文します。 300円の指値で1,000株の買い注文:300円以下になったら1000株買いたい• 500円の指値で2,000株の売り注文:500円以上になったら2000株売りたい 指値注文だと、株価が自分が指定した金額にならない限りは約定(取引が成立すること)しません。 そのため、指値注文は「この価格まで株価が下がらなければ、その株は欲しくない」とか、「この価格でなければ売らない」というときに使います。 自分が思った通りの値段で取引ができる点がメリットですが、表裏一体のデメリットもあります。 希望した価格にならないと取引ができないので、下の例のような場合には、売買のチャンスを逃す可能性があるのです。 現在、800円の株価がついている銘柄を購入したい• 「もう少し下がるだろうから、750円以下になったら買おう」と考え、750円で指値の買い注文を出した• 株価が750円まで下がらずに、900円、1000円とひたすら上昇を続けた 750円ではなく800円で買っても、十分値上がり益は出ていたのに、750円の指値注文にしていたせいで株が買えないことになります。 指値注文は、株価が急騰しているときや、反対に急落しているときは向いていません。 株価急落で損切りを急ぐ!とにかく早く売りたい時は売りの成行注文 成行注文は、価格を指定せず、「いくらでもいいから買いたい・売りたい」という注文です。 価格を指定しないので、即座にその時の一番安い(低い)売り注文、または一番高い買い注文と約定します。 成行注文が約定するときの流れ• 株価(直前の約定価格)が400円で、一番安い売り注文が402円• 成行の買い注文を出した• 402円で約定 成行注文は約定が早いのがメリット。 しかし価格を指定しないので、自分が思ってもみなかった価格で取引が成立する可能性があります。 思ったより安く買えたというパターンは良いのですが、思っていたよりも高く買ってしまうとか、安く売ってしまうこともあります。 例のようなわずかな価格差ならさほど気になりませんが、株価が急騰・急落している場面や売買高が少ない銘柄(流動性が低い銘柄)などに成行注文を出すと、もっと差が広がることもあります。 成行注文を使うのは、「価格が急騰しているのでできるだけ早く買いたい」とか「急落しているのですぐに売ってしまいたい」など、価格よりも速さを優先したい時です。 「いくらでもいいから、とにかく早く売りたい・買いたい」という時以外は、「自分が許容できる上限・加減での指値注文」を使いましょう。 注文の執行条件 寄付(よりつき) ・寄付でのみ有効な注文 ・前場寄付で約定しなければ後場寄付に注文が引き継がれる ・後場寄付でも約定しなければ失効 ・寄指(寄付の指値注文)、寄成(寄付の成行注文)がある 引け ・引けでのみ有効な注文 ・引けで約定しなければ失効する ・引指、引成がある 指成(さしなり) 不成(ふなり) ・引け(板寄せ)までは指値注文 ・引けの板寄せ時に成行注文に変わる ・引けで約定しなければ失効 指成(さしなり)は、「ザラバ中は希望価格で注文を出しておいて、引けまでに約定しなかったらいくらでもいいから売る・買う」という注文です。 どうしても今日中(前場中)に売買したい場合に使います。 指成はどうしても当日中に売買を完了してしまいたいデイトレーダーなどが活用しています。 ただし、引けで取引が成立しない「ザラバ引け」の場合は、引け注文や指成注文は約定しませんので、必ず当日中に約定するとは限りません。 逆指値注文を覚えておきたい理由は、リスク管理に役立つから。 そして、株価が上昇トレンドに転じたタイミングを逃さずに発注できるからです。 逆指値注文とは?指定価格以上で買う・以下で売る注文方法 指値注文と逆指値注文を比較しながら、逆指値注文の特徴を理解しましょう。 発注方法 注文成立条件 発注者の意図 900円の指値売り注文 株価900円以上 900円以上になったら売りたい 900円の逆指値売り注文 株価900円以下 900円以下になったら売りたい 800円の指値買い注文 株価800円以下 800円以下で買いたい 800円の逆指値買い注文 株価800円以上 800円以上になったら買いたい 逆指値注文は会社員投資家のお悩みを解決してくれる、とても便利な注文方法。 逆指値注文について詳しく解説します。 売りの逆指値注文の使い方!リスク管理に必須 売りの逆指値注文は、リスク管理のために使います。 「ある価格以下になれば売る」という注文をあらかじめ入れておくことで、株価が急落した時に自動的に売り注文が出せて、損が大きくならずに済むのです。 マーケットはいつどんなきっかけで状況が急変するかわかりません。 兼業投資家の場合、仕事中に株価急落の原因となるような悪いニュースが出ても、すぐに売却の注文をするのは難しいですね。 しかしあらかじめ逆指値注文を出しておけば、株価が急落しても大損するリスクを回避できるんですよ。 逆指値注文を出していたため。 1当たり10円の損失で済みました。 もし逆指値注文をしなかった場合、株価が下落するほど含み損が広がってしまいます。 上昇トレンドへの転換点で買える!買いの逆指値活用法 買いの逆指値注文は、上昇トレンドの転換点を逃さずに株を買いたいときに使います。 一定の高値と安値の間をウロウロしているボックス相場(揉み合い)の場合、株価が直近の高値を超えたら(ブレイクアウト)、そこから株価が上昇していく可能性が高いことが知られています。 そのため、直近の高値付近で買いの逆指値注文を出しておけば、上昇トレンドの最初のうちに株を買うことができ、値上がり益を多く確保できます。 日中頻繁に株価をチェックできない人でも、買いタイミングを逃さないので助かりますね。 上昇トレンドの始まりである120円で購入できました。 もし150円や160円で購入してしまうと、それだけ割高になってしまいます。 逆指値の指値注文だと含み損拡大の悲劇を招くかも 逆指値注文には指値注文と成行注文があります。 「逆指値注文は、指値注文じゃないの?」と思ってしまいますが、「逆指値」という言葉自体は、「その価格になったら発注される」という意味です。 逆指値注文では、「その価格になったら、指値または成行で注文する」という指定ができます。 例えばこんな注文が可能です。 発注方法 内容 500円の逆指値買い注文で指値500円 株価が500円になったら、500円の指値注文を発注 500円の逆指値買い注文で成行 株価が500円になったら、成行の買い注文を発注 400円の逆指値売り注文で指値400円 株価が400円になったら、400円の指値注文を発注 400円の逆指値売り注文で成行 株価が400円になったら、成行の売り注文を発注 なぜ、思っていた値段と違う値段で約定する可能性がある成行注文を使うのでしょうか。 それを理解するために、こんな例を考えてみましょう。 株価が急騰していく状態• 逆指値買い注文500円(指値500円)だと、株価が500円になった時点で500円に指値注文を発注• その時点で株価はどんどん上昇していって、600円とか700円になってしまう• 500円の指値の買い注文は約定しない 指値注文にしていたために、売買タイミングを逃して、株価が上昇してしまいました。 売りの場合も同じで、株価が急落していくときに、約定できずに指値注文が残ってしまう可能性があります。 そうなると、株を売れずに含み損が大きくなってしまいます。 上昇トレンド・下降トレンドで「確実に約定」させたいなら、約定を優先する「逆指値の成行注文」を使うことがポイントです。 これ便利!会社員なら知っておきたい注文方法3つ 「逆指値って便利!」って思いましたよね。 でも、実は他にも便利な注文方法があるんです。 通常の指値注文と逆指値注文を組み合わせて発注できたり、ある条件をクリアしたら、その次の注文を自動で出してくれたりするんです。 具体的に見ていきましょう。 指値注文と逆指値注文を同時に発注するOCO注文 まずは通常の指値注文と逆指値注文を同時に発注できるOCO注文(One done,then Cansel the Other)についてご説明します。 証券会社によって、逆指値付き通常注文、ツイン指値などの呼び方もあり、似たような注文方法として追跡指値注文というものもあります。 このOCO注文を売りで使えば、利益確保とリスク管理が同時にできます。 指値注文=ある価格以上になったら売りたい=利益確保• 逆指値注文=ある価格以下になったら売りたい=損失を最低限に抑える このふたつの注文が同時に出されるため、株価が上昇すれば利益確保ができ、下落すれば損失を最低限に抑えられます。 では買いのOCO注文はどうでしょうか。 買いたい株がある場合、安く買うのも重要ですが、上昇トレンドに乗り遅れないように買うのも重要です。 そのどちらも叶えてくれるのが、買いのOCO注文です。 指値注文=ある価格以下になったら買いたい=安く買う• 逆指値注文=ある価格以上になったら買いたい=モミ合いを抜けだし上昇トレンドに転じたタイミングを逃さず買う 株価が上昇トレンドになる場合は、上昇トレンドの最初で買えますし、モミ合いが続いて安値付近まで戻ってくるなら、安く買うことができます。 OCO注文では、どちらかの注文が約定したら、もう片方の注文は自動で消滅します。 サーフィントレードとは 同じ資金で銘柄を変えながら連続して取引を行うこと。 少ない資金でも効率よく利益を取れるので人気のトレード方法です。 サーフィントレードには、「A株が売れたかどうか確認して、あらためてB株の買い注文を出す」という細かい作業が必要になります。 しかし忙しい兼業投資家などは、常に株価をチェックしているわけにはいきませんね。 そんな人に最適なのが、連続注文です。 連続注文をしておけば、A株の売り注文を出し、A株が売れた場合には自動でB株の買い注文を出すことができます。 仕事中でも自動で売りと買いを行ってくれるので、「忙しいが資金を有効に使いたい」という人にぜひおすすめです。 最初のA株の売り注文を「親注文」、続いてB株を買う注文を「子注文」と呼びます。 リバース注文なら、購入から売却まで自動で完結! 連続で注文をだせる方法としては、リバース注文もあります。 Uターン注文と呼んでいる証券会社もあります。 これは買いの注文をいれるときに、「買った後、ある値段まで上昇したら売る」という条件をつけることです。 買った後に株価が上昇したら、同一銘柄を売りたい値段で売ることができます。 約定の状態の確認、株価チェック、発注作業を行う時間がなくても、あらかじめ発注しておくだけでその日のうちに株を買って売ることまでできます。 これも、会社員には嬉しい機能ですね。 注文機能で比較!おすすめはマネックス証券とauカブコム証券 証券会社によって、使える注文機能には差があります。 主要ネット証券5社の注文機能についてまとめましたので、これから証券口座を開設するという方は、証券会社選びのひとつの条件にしてみてください。 マネックス証券とauカブコム証券は注文方法が豊富でおすすめです。 マネックス証券から無料で提供される「マネックストレーダー」を使えば上記注文方法はもちろん、最短ワンクリックで注文ができるスピード注文や、2WAY注文が可能です。 これらの注文方法を駆使すれば株価を随時チェックしなくても、自動で思い通りの取り引きができてオススメです。 常時株価チャートに張り付いていられない人は、ぜひマネックス証券の豊富な注文方法を活用してくださいね。

次の

楽天証券 part154

楽天証券 米国株 執行待ち

注文詳細の見方 注文番号 注文を受け付けた番号です。 注文日時 注文を受け付けた日時です。 状況 執行待 注文執行待ちです。 市場に注文は流れていません。 執行中 執行中の注文です。 出来有 注文数量の一部だけが約定しています。 未約定の注文は引き続き市場に執行されています。 約定 約定済の注文です。 取消中 取消注文が市場に執行されている状態で、 取消は完了していません。 取消が間に合わず、元の条件で約定する可能性があります。 (取消注文までに一部でも約定した場合は「出来有」と表示されます。 ) 取消済 取消済の注文です。 (取消完了までに一部でも約定した場合は「出来有」と表示されます。 ) 訂正中 訂正注文が市場に執行されている状態で、 訂正は完了していません。 訂正が間に合わず、元の条件で約定する可能性があります。 訂正済 訂正済の注文です。 出来ず(出来無) 注文が約定しませんでした。 出来ず(出来有) 注文数量の一部だけが約定しています。 注文数量 注文された数量をご確認いただけます。 約定数量 注文数量に対して、約定した数量をご確認いただけます。 注文単価 注文された価格をご確認いただけます。 注文待機中の場合は表示されません。 約定単価 約定した価格をご確認いただけます。 受渡代金 買付時は、手数料、消費税等を加算し、売付時は、手数料、諸費用を減算した精算金額です。 仮拘束された資金のうち、手数料分については、国内約定日の翌日早朝に拘束を解除し、購買余力にお戻しします。 手数料 買付時は、約定代金に対する手数料です。 売付時は、約定代金に対する手数料とSEC Feeの合計です。 SEC Feeの履歴はからご覧ください。 仮拘束された資金のうち、手数料分については、国内約定日の翌日早朝に拘束を解除し、購買余力にお戻しします。 国内約定日 当社の国内約定日は売買注文の成立を当社が最終確認する日です。 最終確認は米国市場終了後に行います。 ただし当日が日本市場の休業日にあたる場合は、その直近の営業日とします。 国内受渡日 国内約定日から起算して3営業日目です。 取消 注文の 取消が可能な場合のみご選択いただけます。 訂正 注文の 訂正が可能な場合のみご選択いただけます。 【その他のご注意】• 立会い中は注文の状況が変化する可能性がありますので、「情報更新」ボタンを押して、最新の情報を取得してください。

次の

機能・仕様 / iSPEED for iPad

楽天証券 米国株 執行待ち

1検索条件の指定が可能です。 注文種類 注文種類を「全て」、「現物」、「信用」から選択できます。 銘柄 銘柄コードもしくは銘柄名を入力し「検索」ボタンを押すと、当該銘柄の注文のみ表示することができます。 売買 売買の種類を選択できます。 注文状況 下記の条件から、検索対象となる注文状況を選択することができます。 全て:全ての注文を表示します。 執行待ち:市場への注文執行待ちとなっている注文を表示します。 表示対象となる注文状況は、「執行待ち」、「執行待ち(繰越)」です。 執行中:市場へ執行されている注文を表示します。 表示対象となる注文状況は、「執行中」、「出来有」、「訂正済」、「訂正中」です。 出来有:注文状況が「出来有」の注文を表示します。 注文数量の一部だけが約定している状態で、未約定の注文は引き続き市場に執行されています。 約定:注文状況が「約定」の注文を表示します。 注文数量が全て約定しています。 取消中(出来有):注文状況が「取消中(出来有)」の注文を表示します。 注文数量の一部が約定している注文に対して、取消が市場に執行されている状態です。 この段階では、取消は完了していません。 取消が間に合わず、元の条件で約定する可能性があります。 取消中(出来無):注文状況が「取消中(出来無)」の注文を表示します。 執行中の注文についての取消が市場に執行されている状態で、取消は完了していません。 取消が間に合わず、元の条件で約定する可能性があります。 取消済(出来無):注文状況が「取消済(出来無)」の注文を表示します。 取消が完了している状態です。 取消済(出来有):注文状況が「取消済(出来有)」の注文を表示します。 取消は完了していますが、注文数量の一部が約定しています。 出来ず(出来有):注文状況が「出来ず(出来有)」の注文を表示します。 注文の有効期限が切れていますが、注文数量の一部が約定した状態です。 出来ず(出来無):注文状況が「出来ず(出来無)」の注文を表示します。 注文の有効期限が切れている状態です。 訂正済:注文状況が「訂正済」の注文を表示します。 訂正が完了した状態ですが、注文数量の一部が約定している場合もあります。 訂正取消可能注文:訂正・取消注文が可能な注文を表示します。 表示対象となる注文状況は、「執行待ち」、「執行待ち(繰越)」、「執行中」、「出来有」、「訂正済」です。 -(逆指値・アルゴ):逆指値注文やアルゴ注文を表示します。 出力期間 当日、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、期間指定から選択できます。 セット注文をまとめて表示 「セット注文をまとめて表示」のチェックボックスが選択された状態になっています。 【「セット注文をまとめて表示」が選択されている場合 】 買い注文の下に、セット注文(売り)として執行された注文が表示されます。 銘柄などでソートする場合には、「セット注文をまとめて表示」のチェックボックスをはずしていただく必要があります。 【「セット注文をまとめて表示」の選択を外した場合 】 注文が発注時間順に並び、銘柄名などの項目をクリックするとソートすることができます。 一度チェックボックス外すと、外れた状況が維持されます。 信用取引 「信用新規」「信用返済」「現引」「現渡」から選択できます。 信用区分 信用取引の種類が選択できます。 「全て」「制度」「一般 無期限 」「一般 14日 」「一般 1日 」から選択できます。 アルゴ注文 「アルゴ注文のみ」「アルゴ注文含まず」から選択できます。 アルゴ注文種類 「アイスバーグ」「スナイパー」「トレイリング」「リザーブ」「リンク」から選択できます。 2当該注文の状況や内容が確認できます。 訂正 当該注文の訂正ができます。 訂正箇所を入力してください。 訂正できるのは数量、価格、執行条件です。 ただし、数量は減数訂正のみ可能です。 そのほかの訂正注文に関する注意事項は下記をご確認ください。 取消 当該注文の取消ができます。 取引暗証番号を入力し、「執行」ボタンをクリックしてください。 POINT 訂正・取消が可能な注文を簡単に表示することができます! 「検索」ボタンの右上にある「訂正・取消注文」ボタンをクリックします。 訂正・取消一覧画面が別ウインドウで表示されます。 絞込みをすることで、現物取引と信用取引それぞれの注文を分けて表示することもできます。 また、「全取消」ボタンをクリックすると、確認画面が表示され、選択した複数の注文を一括で取り消すことができます。 初期状態では表示されているすべての注文にチェックが入っています。 選択後、取引暗証番号を入力し、「執行」ボタンをクリックします。 市場の状況によっては注文の取消が間に合わず、約定する場合もあります 受付No 当該注文の受付Noを表示します。 通常注文状況 当該注文の状況が確認できます。 執行待ち:注文執行待ちです。 市場に注文は流れていません。 「執行中」となりましたら、取消や訂正の注文が可能となります。 執行中:注文執行中です。 出来有:注文数量の一部だけが約定しています。 未約定の注文は引き続き市場に執行されています。 約定 :注文数量の全数が約定した注文です。 取消中(出来有):注文数量の一部が約定している注文に対して、取消が市場に執行されている状態です。 この段階では、取消は完了していません。 取消が間に合わず、元の条件で約定する可能性があります。 取消中(出来無):執行中の注文についての取消が市場に執行されている状態で、取消は完了していません。 取消が間に合わず、元の条件で約定する可能性があります。 取消済(出来無):取消が完了している注文です。 出来無なので、一部約定はありません。 取消済(出来有):取消が完了している注文です。 出来有なので、注文数量の一部だけが約定しています。 出来ず(出来有):注文数量の一部だけが約定しています。 出来ず(出来無):約定しなかった注文です。 訂正済:訂正が完了した注文です。 注文数量の一部が約定している場合もあります。 逆指値注文状況 当該逆指値注文の状況が確認できます。 待機中:逆指値注文は待機中です。 市場には執行されていません。 市場執行中:逆指値条件に合致し、市場に向けて流れている途中です。 市場執行済:逆指値条件に合致し、市場に執行されました。 取消中:逆指値注文の取消が市場に執行されている状態で、取消は完了していません。 取消が間に合わず、元の条件で約定する可能性があります。 取消済:逆指値注文の取消が完了しています。 アルゴ注文状況 アルゴ注文を発注した場合、アルゴ注文の状況が確認できます。 コード 当該注文で発注されている銘柄の4桁の銘柄コードを表示します。 銘柄名 当該注文で発注されている銘柄名を表示します。 市場 発注中の市場を表示します。 信用区分 「制度」「一般 無期限 」「一般 14日 」「一般 1日 」など、信用取引の種類が表示されます。 弁済期限 信用取引の場合、当該建て玉の弁済期限を表示します。 売買 売買の種類を選択できます。 取引 「現物」「信用」の別を表示します。 注文期限 注文の有効期限が表示されます。 注文単価(円) 注文した価格が表示されます。 逆指値条件 逆指値注文や逆指値付通常注文の場合、指定した逆指値条件が表示されます。 セット注文 セット注文を発注した場合、セット注文と表示されます。 セット注文の売り注文には、買い注文の受付Noが表示されます。 セット注文条件 セット注文を発注した場合、セット注文の条件が表示されます。 税区分 特定口座の区分が、「源泉徴収あり」の場合、「源徴あり」と表示されます。 「源泉徴収なし」の場合、「源徴なし」と表示されます。 注文執行日時 注文が失効した場合、その日時が表示されます。 注文失効理由 注文が失効した場合、その理由が表示されます。 入力経路 注文を発注したチャネルが表示されます。 アルゴ明細 アルゴ注文の詳細を確認することができます。 ポップアップで明細画面が表示されます。 SOR判定時刻 SOR注文を出した際に表示されます。 東証とPTSの気配値を比較した時刻が表示されます。 表示項目の詳細は以下の通りです。 SOR対象外 主市場価格情報無し :東証で現在値が付いていない又は片側だけしか気配がない時に表示する内容• SOR対象外 主市場特別気配 :東証が特別気配の時に表示する内容• SOR対象外 SORサービス時間外 :東証の取引時間外に表示する内容• SOR対象外 売買停止 :東証で売買停止になっている銘柄に表示する内容• SOR対象外 対象外銘柄 :SOR注文の対象外の銘柄に表示する内容• SOR対象外 SOR取り扱い停止 :当社でSOR注文の対象外としている時に表示する内容• SOR対象外 SORサービス停止中 :SOR注文の受付を停止している時に表示する内容• SOR対象外 システム障害 :SOR注文サービスがシステム障害中の時に表示する内容• SOR対象外 その他 :上記以外の理由でSOR注文の対象外となった時に表示する内容 3選択した注文の詳細を確認することができます。 4返済注文中の建玉の情報を確認することができます。

次の