都市大付属小学校 進学先。 東京都市大学|就職・キャリア|就職実績|年度別主要就職先一覧

東京都市大学付属中学校を受験するなら知っておきたい!合格のためにすべき事

都市大付属小学校 進学先

2月1日の偏差値を単純に比較するのはあまり意味がありません。 都市大付属中は午後入試ですから、午前中に上位校を受験した子供達が抑えとして受験します。 そして合格してもほとんど進学しません。 昨年は600人ほど合格していますが、2月1日の定員は120人です。 480人がごっそり抜けてしまうと、合格者平均偏差値と実際の進学者偏差値に大きな乖離が生じます。 攻玉社の2月1日入試は午前ですから、志望順位が高い受験者が多く、合格者の大半はそのまま入学するため、進学者平均偏差値もそれほど下がりません。 大学進学実績を見ても攻玉社の方が実績を残していますし、生徒さんの学力に関しては、もしかしたら攻玉社の方が高いのかもしれないですね。 午後入試がメインの学校は、見た目の偏差値と実際のギャップが気になりますので、攻玉社を選ぶと思います。 攻玉社に行く人が多いと思う。 理由は駅から歩いて数分のところに 学校があるから。 つまり 朝寝坊ができる。 ヤフーニュースに記事がある。 現在の敷地に移ってからも90年以上がたつ 《連載》学校のリーダー 攻玉社中学校・高校の積田孝一校長に聞く ボタンのないネイビーブルーの詰め襟、いわゆる海軍型の制服で知られる中高一貫の男子校、攻玉社中学校・高校(東京・品川)は、幕末期の1863年に開かれた蘭学塾をルーツとする伝統校だ。 数学や外国語、航海術などを教える同塾は当時、慶応義塾と並び称される存在だったという。 その伝統を受け継ぎ、難関大学への進学実績を残す攻玉社の強みや持ち味を積田孝一校長に聞いた。 創立者の近藤真琴は、福沢諭吉や新島襄らと並んで明治の優れた教育者とされ、日本で最初のかな書き辞書『ことばのその』の編者でもあった。 歴史をたどると、海軍とのつながりが深い。 1869年には築地海軍操練所(のちの海軍兵学校)内に移転、このときに名前を「攻玉塾」に改めたという。 戦前は海軍の士官養成校として知られ、多くの海軍軍人を送り出した。 海軍出身で、太平洋戦争の終結時に総理大臣を務めた鈴木貫太郎も卒業生の一人だ。 校訓は「誠意、礼譲、質実剛健」。 海軍の標語だった「スマートで、目先が利いて、几帳面(きちょうめん)、負けじ魂、これぞ船乗り」という精神も受け継いでおり、「礼儀正しく、筋の通ったスマートな人材」の育成を掲げる。 それが理想像というわけだ。 品川区という立地のせいもあってか、割とコンパクトな敷地に建物を効率的に配置した印象だ。 地上7階、地下2階の1号館から4号館まであり、教室や図書室、食堂などのほか、屋内運動場、室内温水プール、トレーニングルームなどもある。 中高一貫の6年制となったのは1966年で、これが攻玉社の「背骨」となっている。 現在は高校からの入学は受け入れない完全な中高一貫体制。 中高のカリキュラムを統合しており、普通は高校1~3年生というところを4~6年生と呼んでいる。 教員は、中高課程の全体を見渡した6年分のシラバス(講義概要・授業計画書)を用意して生徒を迎える。 このため「中学生のうちから、必要に応じて高校レベルの内容を教えることもある。 理科と社会は教科専任制を採用していて、さらに専門性の高い授業を提供できている」(積田氏)という。 6年の間に「教員と生徒の間柄も深まり、何年卒業という言い方よりも、むしろ誰々先生の学年というほうが分かりやすい」と話す。 生物の教員である積田氏自身、今でも教えてきた生徒たちと交流があるという。 1学年の定員240人に対し、東京大学への現役合格者は近年、10人を上回って推移している。 浪人も含めた19年の進学実績をみると、東大が15人、京都大学4人で前年を上回った。 東京工業大学は9人、一橋大学が3人だった。 特徴の一つが現役合格率の高さだ。 東大では15人のうち、12人が現役だった。 教科の担当教員は6年間にわたって生徒と付き合うので、それぞれの学びの進み具合をつかみやすい。 6年の間に「教員と生徒の間柄も深まり、何年卒業という言い方よりも、むしろ誰々先生の学年というほうが分かりやすい」と話す。 生物の教員である積田氏自身、今でも教えてきた生徒たちと交流があるという。 浪人も含めた19年の進学実績をみると、東大が15人、京都大学4人で前年を上回った。 東京工業大学は9人、一橋大学が3人だった。 特徴の一つが現役合格率の高さだ。 東大では15人のうち、12人が現役だった。 東大入試対策では、東大の博士や修士経験者を迎え、実体験をまじえた話を聞けるような授業を組む。 教員陣の若返りが進んできたことも、学びの後押しに効果を上げているという。 最後の6年生は演習主体の授業となり、必要単位数を超えて授業を受けることも認めている。 積田氏は「ありきたりの受験対策を超えた、積極的な学びが結果にもつながっている」と話す。 すべての授業の前に行う「黙想」も特徴の一つだ。 授業開始の3分前に予鈴が鳴ると、校庭で遊んでいた生徒も教室に戻り、合図に従って黙想に入る。 目を閉じて精神を整える黙想は、柔道や剣道などの稽古の前後に行うのが一般的だが、積田氏は「気持ちを切り替え、授業に集中する効果がある」と語る。 ちなみに校内では、スマートフォンや携帯電話の使用は禁止だ。 積田氏は「簡単に検索して、分かったような気になってほしくない。 プログラミングが教科に組み込まれるようになる時代だからこそ、自分で論理的に考える力が問われる」。 キャリアガイダンスや国際交流イベントも開催し、教室に閉じこもらない学びをプロデュースする。 積田氏は「芸術も礼儀も、本当の教養人には欠かせない」と強調する。 部・クラブ活動も盛んだ。 ガンダム研究部や数学研究愛好会、レゴ部といった珍しい名前もある。 生徒5人が集まり、顧問を立てれば、新設を申請できるルールで、「新たな部やクラブが誕生しやすい環境」(積田氏)という。 大海原にこぎ出す海の男の系譜なのか、同校出身者にはパイオニアと評される人物も多い。 たとえば、国立西洋美術館の礎となった「松方コレクション」で有名な実業家、松方幸次郎(川崎造船所初代社長)、映画『ゴジラ』シリーズの第1作を撮った本多猪四郎監督も卒業生。 日本人で初めて宇宙飛行を経験した元TBSのジャーナリスト、秋山豊寛氏もOBだ。 少子化の進展などで、私立学校の航路は波穏やかとばかりはいえない。 そんななか、同校は授業などで大学と協力する「高大連携」や国際ネットワークの強化を進めるべく構想を練る。 「学歴だけで生きていける世の中ではなくなってきた今、『大学の先』まで見据えた中高一貫校が求められている」と積田氏。 156年の歴史を持つ「攻玉丸」は帆をいっぱいに張って生徒を新しい海へ導こうとしているようだ。

次の

東京都市大学付属小学校(2018.5)

都市大付属小学校 進学先

そういう事情なら私立中学など選抜試験を突破して入学するような中学校であれば退学もやむを得ないでしょうね。 公立中学校では退学はあり得ないけど、転校を進められることはあり得ますね。 本人に心の傷が残ることは可哀想だと思いますが自分の蒔いた種です、また、選抜試験を突破してかようにしては問題を繰り返すのは意識が足りず自業自得だと言わねばなりませんね。 はっきり言ってこういった子が公立中学に転入してさらに問題児となるケースは少なくはありません。 受け入れる学校側も大変だしその父兄にとってはえらい迷惑な話です。 むしろ中学2年の今の時期まで辛抱強く対応してきたと言えますし、もっと早く見切りをつけたほうが本人にとっても学校についても無駄な労力をせずに良かったのではないかと思いますね。 よくあるのは中学1年の終わりで退学処分(形式上は自主退学)にして、2年の初めから公立中学に転入させ、早くから新しい学校になじませる方法ですね。 新聞沙汰になったりはしませんがこの手の退学勧告はよくあることです。 「いじめられて」ってありますけど、先生が複数人で指導するのはいじめではありません。 生徒の様子を客観的にとらえ、きちんとした指導をしようとすれば問責の際には複数の先生が担当するのはごく普通の事ですよ。 いじめとは教師が集団で意図的に特定の生徒を差別してその生徒に不利益なことを強いるといった場合でしょうが、これとは見かけは似ていても「似て非なるもの」ですね。

次の

東京都市大学塩尻高校(長野県)の情報(偏差値・口コミなど)

都市大付属小学校 進学先

学びの始まりは好奇心 教室にどーんと置かれた1本のカツオ。 本物のカツオを前にこれから漁業の学習だ。 カツオというと一本釣りのイメージだが、実際には南方海域で巻き網漁も行われている。 「違いは何だろう。 」素朴な疑問から消費、価格、資源の維持、漁業権問題などへと次々に考察が広がる。 ある日は山盛りの真っ赤なイチゴが登場する。 ひとしきりイチゴを食べてから、農業の授業が始まる。 このイチゴは真っ赤、かため、先が尖っているなどの観察から、やわらかくてまるっこいイチゴとどう違うのかと疑問が生まれる。 「いつもカツオやイチゴを準備できるわけではありませんが、教員はいろいろなアイデアを日ごろから蓄積して授業に備えています。 限られた時間の中で子どもたちの意欲を高め、吸収力が深まるように工夫します。 楽しい体験から始まった授業が、経済や社会の問題に踏み込んでいくわけですが、子どもたちの熱い想いや柔軟な考え方に、いつも驚かされます。 」と、入試広報部長の榎本哲哉先生はいう。 意欲を学力につなげる 2017年度は例年以上に男子も女子も有名中学校への合格者数が多かった。 しかし、榎本先生は学ぶ力が花開くのはその後だと考えている。 「有名校への合格を競うのではなく、子どもたちが希望する学校に進むことができるかどうかが重要です。 高学年でつけた自ら学ぶ力が発揮されるのは何も受験の時だけではなく、中高生になってからの場合もあります。 本校で培った学ぶ力を進学先の学校でもいかんなく発揮してほしいです。 」 1・2年生は「からだ全体で学ぶ」、3・4年生は「ともに学ぶ」、5・6年生は「自ら学ぶ」というコンセプトを立てている。 それを後押しする環境がある。 新校舎になって10年、少しずつ新しい設備を導入している。 例えば、全教室に設置した移動式電子黒板は従来の黒板と併用して、子どもたちと教員が一緒に使い方を考えながら利用を始めた。 書画カメラ・パソコン・タブレットと併用することで、子どもたちの授業への取り組み方も大きく変わっていった。 この電子黒板の活用によって、子どもたちの会話も活発になり、考え方も深まったという。 重永睦夫校長は「子どもたちからは欲求や意欲が常に発信されている。 教員にはそれを感じとる力がなくてはならない」という信念をもち、教員には子ども一人ひとりに向き合うことを求める。 子どもたちの呟く予期せぬ発言を拾い上げて、その高い意欲を受け止め、かつそれを学力につなげることを重視する。 面談はいつでも何回でも 4・5年生になると保護者から面談の希望が多くなる。 中学校の志望校選定についての相談が多く、両親あるいは親子で面談を希望する場合も少なくない。 生活面の心配事の相談にも教員は耳を傾ける。 面談は、保護者が学校の考え方を理解する機会であると同時に、教員にとっても子どものことを知る貴重な機会ととらえているので、できる限りの時間をとっている。 志望校選択は子どもと保護者が決めること。 これが学校の基本姿勢だ。 相談に乗るし、情報も伝えるが、その子のことを熱い想いで支えることが大事。 それには保護者と学校が互いの考え方を伝え、理解し合って、何が子どもの現在と将来のためになるかを考える必要がある。 小学校6年間は、人生の土台をつくるかけがえのない時期。 「高い学力の定着」と「豊かな心の育成」を柱に子どもたち一人ひとりと真剣に向き合う。 すべては子どもたちの未来のためにと考える、学校の明確な姿勢が感じられる。

次の