キャンプ場 行方不明。 【小1行方不明】小倉美咲さん『道志村キャンプ場行方不明事件』…ネットに蠢く“疑心暗鬼”の心ない声

キャンプ場で不明「小倉美咲ちゃん」自衛隊も捜索・・・連れ去られた可能性ないか?: J

キャンプ場 行方不明

まなみちゃんは、当時身長120cm、体重20kgと小柄で体も弱く、普段の学校生活においても、教員や同級生のバックアップを必要としていた。 後日、テレビ番組に出演した母・益代さんによれば、まなみちゃんはダウン症を患っていたという。 まなみちゃんは、前日の23日から3日間の予定で、同校5年の恒例行事である野外授業として、児童85人と校長・教員ら数名と共に、隣県のひるがの高原キャンプ場を泊まりがけで訪れていた。 2日目の24日午前7時半頃、この日の夜に予定されていた「肝試し」の下見のため、まなみちゃんは同級生の女の子3人と一緒に出かけた。 最後にまなみちゃんを目撃した澤田広彰校長(当時49歳)の証言よると、午前8時を回る少し前、まなみちゃんら4人は遊歩道にある林道のカーブに立っていた校長の前を通過。 この時まなみちゃんは、同じグループの女の子3人から随分と遅れて歩いていたという。 その姿を見て心配になった校長は、しばらくしてグループの後を追う。 しかしその直後、引き返してきた女の子たちから、「まなみちゃんの姿が見えなくなった」とを知らされる。 まなみちゃんが校長の前を通ってから、わずか10分足らずだった。 林道は、道なりに歩けば出発点の広場に戻るコース。 最後の目撃場所周辺は、アスファルトで舗装された林道。 東側の斜面は、 大人でも登れないようながけが広がっている。 西側に小川があるものの、当時はおぼれるような水深ではなかった。 その後、教員らが付近を捜す見も見つからず警察に通報。 失踪の通報を学校から受けた岐阜県警は、すぐに同施設の捜索を開始する。 約15万平米もあるキャンプ場全体には数百人もの捜査員が動員され、7日間で県警、市消防、ボランティアなど延べ約1700人を投入し、懸命の捜索を続けた。 郡上警察署は、まなみちゃんが道に迷ってうずくまっている可能性があるとみて、 最後の目撃場所付近を中心に捜索を開始。 当日は一般の宿泊客がなく、 不審者などの目撃情報がないことから、その後もキャンプ場周辺を区域割りし、ローラー作戦を行った。 やぶの中や林道の奥、周辺の建物、小川の中。 重機でがけを崩し土の中までも捜索したが、その甲斐もなく、まなみちゃん本人はおろか、彼女の所持していた物さえ一切発見されなかった。 同市の各地でツキノワグマの出没も目撃されていたことから、事件発生当初は「クマに襲われたのではないか?」との予想もなされた。 しかしながら、警察の捜索で衣服や靴などが発見されていないことから、その可能性は極めて低いとみられている。 現状で最も可能性が高いと考えられているのは、何者かが彼女をさらったとする誘拐説だ。 その場合、偶発的にその場に出くわした人物、もしくは、同日に野外授業が行われることを知っていた人間が前夜~早朝にかけて施設に潜入し、グループから遅れて歩くまなみちゃんを発見し、拉致したということになる。 しかし、誰の目にも留まらないように小学5年生の女の子を連れ去ることが可能か、など疑問は多く残る。

次の

【小1行方不明】小倉美咲さん『道志村キャンプ場行方不明事件』…ネットに蠢く“疑心暗鬼”の心ない声

キャンプ場 行方不明

2009年7月24日午前8時頃、岐阜県郡上市高鷲町のひるがの高原キャンプ場で、愛知県常滑市立常滑西小5年の下村まなみちゃん 10 歳 が行方不明になった。 スポンサーリンク 下村まなみちゃんを探すために作られたポスター 岐阜県郡上市キャンプ場女児不明事件【行方がわからなくなるまでの経緯】 まなみちゃんは7月23日から2泊3日の日程で、5年生84人と学校行事のキャンプに参加。 午前7時頃から4人グループに分かれてキャンプ場北側の逆U字状の一周約1キロの遊歩道を肝試しの下見のために散策し始めた。 遊歩道は途中で道からはずれ、山林へ向かってしまう分岐点が2か所あるため、校長が最初に訪れる1か所目の分岐点前に立ち、間違えないように遊歩道の方に誘導していた。 まなみちゃんは3人から約20m遅れて校長の前を通過。 この時、「元気そうだね」と声をかけると、「うん」と笑顔 で応じた。 その後、まなみちゃんがキャンプ場に流れる小川にかかる橋を渡って行く姿を見届けたが、これが最後の姿になった。 山林に入ってしまう分岐点のもう一か所は橋を越えたところにあった。 校長の前を通過してから約3分後、約150m先で、同級生3人がまなみちゃんがなかなか追いついてこないことに気がついて戻ったが、まなみちゃんの姿はなく、橋の手前で校長と鉢合わせした。 遊歩道の途中にある2か所目の分岐点は仮に間違って曲がってもすぐに行き止まりで、その先は草木が生い茂り、大人でも歩けない状況にあった。 周辺には転落するような崖はなかった。 遊歩道はアスファ ルト舗装で、道を囲むように斜面になっているが、ここは子どもではとても上れないほどの高さがあった。 当時、キャンプ場は常滑市の貸し切りでまなみちゃんの通う小学校と別の小学校の2校の関係者だけで、一般客はいなかった。 不審者情報もなかった。 行方不明後、捜索は約6キロ四方で行われた。 周辺の川やキャンプ 場では草を刈ったほか、ため池は水を抜き、底をさらい、周辺にある約350か所のマンホールすべてを開け、下水道などを点検。 周辺の別荘約500軒の所有者から間き取り捜査も行った。 県警へリで上空からの捜索も 行った。 神奈川県のボランティアによる災害救助犬も加わったが、発見には至らなかった。 近くの店などの防犯カメラの映像を調べたが不審点はな かった。 スポンサーリンク 岐阜県郡上市キャンプ場女児不明事件【下村まなみちゃんの特徴】 行方不明当時、下村まなみちゃんは身長120センチ、体重約20キロ。 左右の髪をゴムで留めた 短髪で、水色とピンク色の長袖Tシャツに、ピンク色のズボンをはいていた。

次の

昨年キャンプ場で行方不明になった小倉美咲ちゃんの件ですが、見つかったの...

キャンプ場 行方不明

まなみちゃんは、当時身長120cm、体重20kgと小柄で体も弱く、普段の学校生活においても、教員や同級生のバックアップを必要としていた。 後日、テレビ番組に出演した母・益代さんによれば、まなみちゃんはダウン症を患っていたという。 まなみちゃんは、前日の23日から3日間の予定で、同校5年の恒例行事である野外授業として、児童85人と校長・教員ら数名と共に、隣県のひるがの高原キャンプ場を泊まりがけで訪れていた。 2日目の24日午前7時半頃、この日の夜に予定されていた「肝試し」の下見のため、まなみちゃんは同級生の女の子3人と一緒に出かけた。 最後にまなみちゃんを目撃した澤田広彰校長(当時49歳)の証言よると、午前8時を回る少し前、まなみちゃんら4人は遊歩道にある林道のカーブに立っていた校長の前を通過。 この時まなみちゃんは、同じグループの女の子3人から随分と遅れて歩いていたという。 その姿を見て心配になった校長は、しばらくしてグループの後を追う。 しかしその直後、引き返してきた女の子たちから、「まなみちゃんの姿が見えなくなった」とを知らされる。 まなみちゃんが校長の前を通ってから、わずか10分足らずだった。 林道は、道なりに歩けば出発点の広場に戻るコース。 最後の目撃場所周辺は、アスファルトで舗装された林道。 東側の斜面は、 大人でも登れないようながけが広がっている。 西側に小川があるものの、当時はおぼれるような水深ではなかった。 その後、教員らが付近を捜す見も見つからず警察に通報。 失踪の通報を学校から受けた岐阜県警は、すぐに同施設の捜索を開始する。 約15万平米もあるキャンプ場全体には数百人もの捜査員が動員され、7日間で県警、市消防、ボランティアなど延べ約1700人を投入し、懸命の捜索を続けた。 郡上警察署は、まなみちゃんが道に迷ってうずくまっている可能性があるとみて、 最後の目撃場所付近を中心に捜索を開始。 当日は一般の宿泊客がなく、 不審者などの目撃情報がないことから、その後もキャンプ場周辺を区域割りし、ローラー作戦を行った。 やぶの中や林道の奥、周辺の建物、小川の中。 重機でがけを崩し土の中までも捜索したが、その甲斐もなく、まなみちゃん本人はおろか、彼女の所持していた物さえ一切発見されなかった。 同市の各地でツキノワグマの出没も目撃されていたことから、事件発生当初は「クマに襲われたのではないか?」との予想もなされた。 しかしながら、警察の捜索で衣服や靴などが発見されていないことから、その可能性は極めて低いとみられている。 現状で最も可能性が高いと考えられているのは、何者かが彼女をさらったとする誘拐説だ。 その場合、偶発的にその場に出くわした人物、もしくは、同日に野外授業が行われることを知っていた人間が前夜~早朝にかけて施設に潜入し、グループから遅れて歩くまなみちゃんを発見し、拉致したということになる。 しかし、誰の目にも留まらないように小学5年生の女の子を連れ去ることが可能か、など疑問は多く残る。

次の