浅草 抹茶 クレープ。 【浅草】抹茶クレープで話題の「寿清庵」!あふれそうなボリュームがすごかった(じゃらんニュース)

寿清庵

浅草 抹茶 クレープ

【浅草】抹茶クレープで話題の「寿清庵」!あふれそうなボリュームがすごかった 2020. 02 2019年9月、観光地として人気の浅草に、抹茶クレープ専門店「寿清庵(ことぶきせいあん)」がオープン!インスタグラムで火が付いたこのクレープ屋さんは、ボリュームたっぷり、京都の素材にこだわった抹茶クレープに注目が集まっています。 抹茶好きがこぞって食べにくる「寿清庵」とは?実際に行ってきた様子をレポートします! 路地裏に佇むお店!看板を目印に「寿清庵」へ 赤ちょうちんが立ち並び、下町感あふれる浅草 寿清庵は、浅草の歴史ある遊園地「浅草花やしき」の近くにあります。 路地裏の少し見つけにくいところにありますが、看板があるのでご安心を! この小道を入り込んだところにあります。 見落とさないように! クレープを食べるには、整理券が必須! 寿清庵のクレープは、整理券の入手が必要なんです! 整理券を配布する時間は、平日が午前11時30分の1回、休日が11時30分と15時の2回です。 整理券に番号が記載されていて、「〇番から〇番の方は何時ごろにお戻りください」と渡すときにアナウンスされます。 今後は、券売機制にし、券に記載されている通し番号の時間に戻るシステムにする予定だそうですよ。 寿清庵の人気メニューは? どのクレープもメニュー名が京都の地名です! 寿清庵には、4種類のクレープ(2019年12月時点)が販売されていて、イートイン・テイクアウトいずれも各880円です。 ・八坂…抹茶ティラミスの上にたっぷりの抹茶パウダーがかかったクレープ。 ・円町…パリパリのクリームブリュレの抹茶クレープ。 ・宇治…ザクザクのチョコクランチがふりかかった抹茶クレープ。 ・祇園…きな粉とみたらし団子が入った抹茶クレープ。 今後メニューは増えていくそうなので、乞うご期待!クレープに使われている抹茶は、すべて「桑原善助商店」という京都の老舗抹茶卸しの上質な抹茶のみを使っています。 オーナーが京都出身だということで、かなり素材にこだわっているんだとか。 また、クレープのほかにもドリンクメニューもあり、抹茶ラテとほうじ茶ラテがよく出るそうです。 職人技!こだわりのクレープが作られる様子 寿清庵のクレープで1番の人気メニューは、抹茶ティラミスの「八坂」。 その次に人気なのがチョコクランチの「宇治」です。 今回はこの2つをオーダーしてみました! クレープを作っている様子は、近くでみることができますよ。 1つ1つ丁寧に作っているところを見るのもとても楽しいので、ぜひじっくり見てください! まずは抹茶ティラミスのクレープ「八坂」を作っていただきました。 生地を焼くいいにおいがお店に広がります…! はじめに、「桑原善助商店」の抹茶がたっぷりと入った生地を広げます。 スタッフのお姉さんの服の色も抹茶色なのが気になります(笑) 薄く焼いた生地に、ホイップと抹茶ホイップをのせていきます。 寿清庵の抹茶ホイップは、自家製だそうですよ。 京都の丹波地方で生産された黒豆をのせていきます。 クレープの中に黒豆が入っているとは、新しい!! 濃厚なティラミスは、抹茶ソースがたっぷりとつけられています!贅沢! マスカルポーネチーズクリームを盛りつけていきます。 表面を平らに整えます。 抹茶パウダーをふりかけて… 完成! ずっしりと手に重みがかかります。 バランスを崩すとこぼれそうなほどのボリューミーなクレープです。 抹茶パウダーのほどよい苦みが最高。 マスカルポーネチーズクリームと抹茶ティラミスの愛称も抜群…!自家製のレモンジャムも少量トッピングしているので、ほどよく酸味も感じられました。 そのままかぶりついてもいいですが、顔が抹茶だらけになるので、小さいスプーンでちびちびと食べることをおすすめします! 続いて、2番人気の「宇治」を作っていただきます。 「宇治」は、中にアーモンドが。 その上にチョコソースをふんだんにかけます。 2階は、6席ほどのスペースになっています。 合計10席ほどなので、すぐに埋まってしまう可能性がありますが、食べ歩きしても楽しそうですね! まとめ 「寿清庵」は、素材にこだわった超ボリューミーな抹茶のクレープが楽しめるクレープ屋さんでした!何回も通って全種類制覇したいと思いました! おいしい抹茶クレープを片手に、浅草の街を散策してみてはいかがでしょうか。

次の

寿清庵

浅草 抹茶 クレープ

ochaba オチャバ の抹茶クレープ専門店の基本情報 ochaba オチャバ の抹茶クレープ専門店の基本情報についてご紹介します。 ochaba オチャバ はもともと、 静岡県産の茶葉を使用して、ミルクをじっくり煮込んだ日本初の 日本茶ロイヤルミルクティーを販売しているお店です。 ochaba オチャバ は浅草に抹茶クレープ専門店をオープンしました。 抹茶クレープ専門店は店内で食べるところはなく、 テイクアウトになります。 食べた後、お店の横にゴミ箱がございますので、お店の近くで食べることをおすすめします。 店舗名 日本茶クレープ専門店 OCHABA オチャバ 営業時間 11:00〜19:00 住所 東京都台東区浅草1-39-14 アクセス 浅草駅 A10出口 徒歩3分 (浅草オレンジ通り商店街の中にございます。 ) ochaba オチャバ 抹茶クレープ専門店メニューは? ochaba オチャバ 抹茶クレープ専門店メニューについてご紹介します。 大きく分けてメニューはクレープとドリンクの2種類になります。 クレープは抹茶でできたクレープ生地を包んだクレープが5種類ございます。 スタンダードは「抹茶ティラミス(プレーン)」です。 マスカルポーネを使用したティラミスクリームが入っています。 多くの方が抹茶ティラミス(プレーン)を購入していました。 見ていると、 女性は「いちご大福」、男性は「みたらし団子」を購入している人が多かったです。 和テイストのクレープは他のお店にはないので、色んな種類を試してみるのもいいですね。 また、ochaba オチャバ 本家メニューの日本茶ロイヤルミルクティーもございます。 日本茶ロイヤルミルクティーのおすすめ注文方法を店員さんに聞いてみたところ、 甘さ:普通 氷:氷少なめ がおすすめだそうです。 多少氷があったほうが美味しいそうです。 氷なし+30とメニューに記載されていますが、 氷なしの場合は抹茶を通常より多く入れる必要があるため追加料金がかかります。 ochaba オチャバ 抹茶クレープ専門店の混雑状況は? ochaba オチャバ 抹茶クレープ専門店の混雑状況についてご紹介します。 日本初の抹茶クレープという話題性があるため、 20人ほど行列ができていました。 私は12時から並び始めて、クレープをゲットできるまでに 30分ほどかかりました。 通りがかりで抹茶クレープを食べたいという方は、厳しいかもしれません。 少々並ばないと食べられません。 ochaba オチャバ の抹茶クレープの感想 ochaba オチャバ の抹茶クレープの感想についてご紹介します。 ochaba オチャバ の抹茶クレープのなかでも「 抹茶ティラミス(プレーン)」を注文しました。 包み紙とシールがochaba オチャバ 風にデザインされていておしゃれですね。 クレープの上には抹茶パウダーがかかっています。 抹茶パウダーとティラミスクリームをスプーンで混ぜて食べると美味しいです。 スプーンとおしぼりはレジの近くに置いてあるので、クレープをもらったときに一緒に取りましょう。 スプーンで食べたりしながら、包み紙を破いて食べていきます。 食べ進めてみると、 オレオクッキーや抹茶ソースが入っているのが分かります。 最後の最後までティラミスクリームが入っているので、ボリューム感のあるクレープです。 抹茶の苦さはそこまでなく、ティラミスクリームの絶妙な甘さとオレオクッキーのアクセントがあり、食べていても飽きがこないです。 クレープ生地のも抹茶が練りこんであるので、抹茶を存分に味わうことができます。 抹茶好きの人にはたまらないクレープです。 最後に ochaba オチャバ 抹茶クレープ専門店に行ってきました。 クレープは今まで沢山食べてきたけれども、こんなに濃厚なクレープは食べたことがないです。 抹茶、ティラミスがこんなにふんだんに使われているので、材料費も高いはず。。 なのに600円という低価格で食べられるのはお得なのかなと思いました。 浅草に行った際はぜひ一度訪れてみてください。

次の

【浅草】抹茶クレープで話題の「寿清庵」!あふれそうなボリュームがすごかった(じゃらんニュース)

浅草 抹茶 クレープ

寿清庵とは? 日本初の抹茶クレープ専門店という触れ込みで営業しているお店です。 建物と建物の間にあり、初めてではとても分かりづらい場所にあります。 看板のすぐ隣ではなく、エアコンの室外機の奥にお店はあります。 いやー、わかんないでしょ。 12時の開店時間になっても、一緒に来てた女子高生たちがいなかったらわからなかったよ… 本当に運よく見つけることができました。 こちらでは京都の地名にちなんだ抹茶クレープが5種類メニューに記載されています。 現在は、八坂と宇治、円町のみの提供で、 祇園と伏見は選べませんでした。 また特濃生地についても今回は選ぶことができませんでした。 sold outではなく、coming soonと記載されていましたので、売り切れではなくまだ用意がないものと思われます。 特濃生地が食べたかったなあー 寿清庵は整理券制のお店 11時半から整理券の配布があり、整理券を持っている人のみに販売しているようです。 休日では15時など途中の時間にも整理券を配布する場合があるようです。 整理券はお店の目の前に単語帳のような形で置いてあります。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 金曜日の12時ちょうどに訪問しましたが、すでに整理券は45番で、14時~14時半の受付でした。 14時10分にお店に戻ると、5人ほどが並んでいました。 1つ1つ丁寧に作っているようで、1組につき5分程度提供に時間がかかっているように思いました。 この時、残っていた整理券の番号は108番で17時~17時半の受付でした。 待っている間もちらほらとお客さんが来るものの、整理券の時間を聞いて帰っていく人が多く見受けられました。 せっかく美味しいのに、帰っちゃう人が多いのはもったいない! まだ開店から1か月で間もないので、もう少ししたら提供もスムーズで早くなるのではないでしょうか。 こちらのお店のクレープを食べる場合には、浅草についたらまず整理券をとって、それから周辺を散策して時間まで待つのがよさそうです。 ドリンクのみの注文の場合には、整理券はいらないとのことでした。 クレープ1つにつき1枚の整理券が必要で、1人1枚までの制限付きでした。 クレープは小さいサイズではないので、相当大食いの方でなければ、1つで十分満足できると思います。 抹茶クレープは八坂を選択 10分ほど待って、自分の番がやってきました。 前後の人の注文を見ていると、八坂もしくは宇治を選んでいる人ばかりでした。 抹茶ティラミスの魅力にひかれて、八坂を注文しました。 インスタで見た通りの映える外見でした。 一番上の白いクリームはおそらくマスカルポーネ、濃厚な牛乳の味のするクリームでした。 クリームはクセがなく、甘みも弱いので、とても美味しくいただけます。 世間のクレープって甘くて最後まで一人で食べきることはほぼできないので、完食できて本当に良かった! 少し食べ進めると、抹茶クリームも出てきて、味の変化を感じられます。 クレープ生地は、しっとりもちもちしていて生地自体もおいしいです。 1番下の部分はレモンのシロップがたまっていたのでしょうか? 最後の一口で急に風味が変わり、びっくりしました。 全体的には、甘さがしつこくなくて、抹茶の香りが引き立っており、食べやすくおいしいスイーツだと思います。 特濃生地と他の種類 特に伏見 を試してみたいです。

次の