泥 団子 ピカピカ。 泥団子の作り方~子供と簡単にピカピカの泥団子を作るコツ

泥だんごの作り方をご紹介。子供でも簡単!ピカピカに光る泥だんご

泥 団子 ピカピカ

泥ダンゴが大変身! 皆さんの子供の頃、公園の砂場でどんな遊びをしただろうか。 山を作ったり、トンネルを作ったりといろいろあるが、丸めた砂に水を含ませて泥ダンゴを作った人も多いだろう。 そんな中、投稿された泥ダンゴの写真が、砂遊びのレベルをはるかに超えてクオリティが高すぎると話題になっている。 Twitterではビフォーアフター写真を掲載しているが、まずはビフォーの泥ダンゴ。 至って平凡な泥ダンゴである。 我々が作っていたものと変わらないがどう変わるというのか。 驚きの変身を遂げたアフターがこちら。 いかがだろうか。 まず驚きなのはピカピカツルツルのその光沢。 青みがかった色の球体がまるで宝石のような輝きを放ち、もはや我々がイメージする泥ダンゴというレベルではなくアートと言ってもいい。 今日は泥団子作りの究極をキッズに見せてやりました。 まじのビフォーアフター。 弟子入りしたいと子供たちが集まり、気が大きくなりこう思いました。 磨き続ければ泥も宝石のようになる。 そういうことです。 人生も。 — NIHEI tondekefirebird 「今日は泥団子作りの究極をキッズに見せてやりました。 まじのビフォーアフター。 弟子入りしたいと子供たちが集まり、気が大きくなりこう思いました。 磨き続ければ泥も宝石のようになる。 そういうことです。 人生も。 」 とのコメントとともに宝石のような泥ダンゴを投稿したのはNIHEIさん( tondekefirebird)。 このツイートに「師匠弟子入りしたいです」や「まるでガラス玉ですね」とコメントが寄せられていて、6月13日時点で18万以上のいいねが付いている。 それにしても、どうやったらこんな泥ダンゴが作れるのか知りたいのでNIHEIさんに聞いてみた。 秘訣は根気よく磨くこと ーーどのようにしたら宝石のような泥ダンゴになるのか? 私も職場の方から教わったので詳しくは覚えていないですが、あらかじめ用意した普通の泥ダンゴを丸く削り、それに石灰や色を混ぜて乾かし、削りの繰り返しです。 ーー宝石のような泥ダンゴを作るコツは? 根気よく磨くことです。 ーー何時間くらいかかったか? 乾かす時間を入れて6時間ほどかかりました。 ーーどのようにしてこのような青色を出す? この色の出方は色の重ねる順番で、磨き方によっても大きく変わってきます。 ーー弟子入りしたいと子供たちが集まったとあるが、どのような状況でそうなったのか? 自分も子供たちと一緒に作っていて、子供たちがそれを見て集まってきました。 ーー普段から泥ダンゴを作ってる? 普段は作ってないです。 楽しければそれでいい ーー話題になっていることについての受け止めは? この光る泥ダンゴは昔からあるものなので、時代とタイミングが重なって話題を呼んでいるだけだと思います。 先駆者の方の背景や、これができる文化も勉強し伝えられたらより深いものになると考えてます。 ーー宝石のような泥ダンゴ作りを通して子供達に伝えたいことは? 楽しければそれでいいと思います。 宝石のような泥ダンゴのさらに詳しい作り方は、7月27日と28日に浅草Buttobiで午前10時から開催されるワークショップで教えてもらえるという。 (8月にも開催予定) 乾かす時間を入れて6時間もかかるということで根気がいる作業ではあるが、この泥ダンゴ作りは大人も子どもも楽しめそうだ。

次の

大田市社会福祉事業団

泥 団子 ピカピカ

容器によく乾いた砂を入れる。 土を水で湿らせる。 2の後、泥がまとまるように、よくこねる。 こね終わったら、土を手に取って空気抜きをする。 手の平で土をしっかり丸める。 丸くなったら1時間自然乾燥させる。 容器にきめの細かい土を入れ、自然乾燥させた泥団子にふりかける。 土から水分が出て色が変わってくるので、さらにきめの細かい土をふりかけるという工程を30分行う。 9の後、泥団子をより丸くするために、柔らかい布 ジャージやストッキング)を使ってひたすら磨いて凸凹をなくしていく。 ・「ひかるどろだんご 制作キット」 セット内容:土・砂 セット内容は土と砂だけですが、色付けなどしなくてい良いという人は、リーズナブルなのでおすすめです。 ・「どろだんごの王様」 セット内容:土・粉・軽量カップ・削り器・名前シール・袋 他のキットよりも値段が少し高いけど、水さえ準備すればすぐに作り始められます。 泥団子の土を作る。 土は、パン生地のような柔らかさにするのが理想なのだそう。 コンテナの中に土と水をゆっくり追加していくのがポイント。 手に土を取り、丸めて土台の球体を作る。 3泥団子に砂をまぶし、親指でならしていく。 泥団子をビニール袋に入れる。 20分後袋から取り出し、3の工程を繰り返し、再び袋に戻す。 仕上げの砂をまぶして表層を作る。 再び袋に戻し、しっかり乾燥させる。 泥団子を袋から取り出しても砂がつかなくなるまでこの工程を繰り返す。 袋から取り出して20分間乾燥させ、しっかり乾燥していることが確認できたら、柔らかい布で慎重に磨く。

次の

大人が作った「泥ダンゴ」のクオリティがすごい! “弟子入りしたい”子ども殺到の制作者に聞いた

泥 団子 ピカピカ

泥団子でできる、いろいろな遊び方 泥団子は、遊びこむほど、いろいろな遊びに発展します。 ピカピカに光らせるだけではもったいない。 感覚への刺激から、科学的な興味まで、本当にたくさんの育ちにつながっています。 とにかく感触を楽しむ 子ども達が最初に作る泥団子は、全然丸くないし、きれいでもありません。 砂や泥に触れること自体が気持ち良いんですよね。 なんとなく気持ち良いから触ってるだけでも、いろいろな学びがあります。 ザラザラやツルツルを、肌で感じます。 他にも、ベチャベチャ、トロトロなど、実体験を通した言葉の獲得にもなりますね。 掘り返した地面の冷たさ、日が当たった水の温かさ。 しりもちをつかないようにしゃがむことで、平衡感覚にも関係します。 どのように手を動かせば思った形になるのか、どの程度の力を入れるか、自然と学んでいきます。 他の遊びへの発展 ・並べて作品にする 泥団子を作っていると、ひたすら並べたくなるかもしれません。 1人で100個以上の泥団子をアートのように並べた子どもがいます。 みんなの作った泥団子を並べていくと、すごい作品になります。 ・投げて作品にする 透明のシートを張って、何メートルもある大きなキャンバスを作ります。 農業用のビニールシートだと、大きなサイズも簡単に手に入りますよ。 ぶつけた跡の形や、下に流れてスジになるのを、見てるだけでも面白いです。 みんなで泥団子をぶつけると、大きな作品ができあがります。 ・的に当てる 跡が残るので、どこに当たったか、すぐに分かります。 ドッジボールが大きくて扱いにくい子どもでも、泥団子は投げやすいです。 雪が降らない時期にも、楽しんで投げる運動ができます。 ・ごっこ遊びに使う お団子屋さんはもちろんのこと、食べ物やさんの商品として、泥団子は使われます。 いろいろな形や大きさにする。 スープに入れても溶けない泥団子の材料を探す。 思い通りの泥団子を作ろうとするうちに、さらに泥団子作りをしたくなってきます。 ・転がす 築山のてっぺんから、泥団子を転がします。 やっぱり、丸くて固くて大きいものが、遠くまで転がりますね。 転がすものが大きく、自分が作った泥団子なので愛着もあります。 そのため、ドングリやビー玉を転がすよりも、大規模な遊びになります。 雨どいや水道管を使って コースを作ると、数ヶ月遊びが続くこともありますよ。 ・材料を探す、集める 泥団子作りにはまると、材料を探すだけでも楽しくなります。 泥団子は、粘土質の土を混ぜると形が作りやすいです。 それに気付いた子どもは、地面を掘り返して、粘土質の土を探すこともあります。 サラサラの砂を集めて、さら粉やさんを始める子どもも登場します。 ・ぶつける、落とす どちらが固いか、2つをぶつける。 高いところから落としても割れないかどうか試す。 大概、割れるまで続けてしまいます。 で、涙目で次の泥団子を作り始める。 どうすれば固い泥団子ができるかというのは科学的な興味。 固さの比べ方も考えています。 力加減も学んでいますね。 意地を張ると痛い目にあうことも学んでいます。 落としても割れないように、地面が柔らかいところを探すこともあります。 壊れるまで落とし続けるという、非生産的に見えることでも、学ぶことはたくさんあります。 泥団子で遊ぶとき、子ども達は、かなり頭を使っていますよ。 ピカピカに光る泥団子を作る ピカピカに光る泥団子は、やっぱり魅力的です。 作り方を詳しく紹介したサイトがありますので、リンクからどうぞ。 まずは、原田左官工業所のサイトです。 これは、みなさんがあまり知らない方法かもしれません。 大津磨きという技術だそうです。 似たような方法で、ビンや陶器のコップで泥団子を磨くやり方もあります。 「鏡面~」みたいな、専門的な名前もあったはず。 うろ覚えですみません。 子どもに見せるために、時間をかけずに作りたいときにオススメです。 冒頭のこの写真の泥団子は、私が作ったものです。 裏技というのは、陶器のコップで磨くこと。 そして、白っぽいのは泥団子ではなく粘土団子です。 すぐにピカピカになります。 「これ以上丁寧に説明してあるところはないのでは」というほど詳しいサイト。 児童心理学者の加用文男(かよう・ふみお)さんが書かれたものです。 泥団子の本を何冊も監修している方です。 日本泥だんご科学協会の理事長でもあります。 一般的に知られているのはこの方法だと思います。 ビニール袋に入れると、作業を中断できるので、何日も遊びが続きます。 泥団子の状態を見て、子どもが自分で判断できるのです。 子どもが袋の口を結ぶときに泥団子を傷つけないよう、注意が必要です。 ジップのついた袋を用意すると、うまく結べない子どもでも自分でできますよ。 泥団子に限らず、子どもの発達に合わせた遊び方をすることが、本当に大事です。 他の遊びについても、チェックしてくださいね。 関連記事はコチラ 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 「もっといろいろと知りたい」という方は、 や、このサイトの記事が一覧になったをご覧ください。 保育に携わるみなさんが 元気で明るく働けるよう 「保育塾」は3つの企画を行っています 「保育塾」のサイトをご覧のみなさん、講演やワークショップの依頼、お問い合わせ等をしていただき、ありがとうございます。 「保育塾」では、個人の方にも気軽に参加していただけるよう、 研修・ワークショップの一部を、無料で公開しています。 子どもの見取り• ねらいや内容• 保育者の援助• 指導要録・保育要録 主にこれらについて、1回10分から20分くらいの内容を、数回に分けてお届けします。 完全無料です。 自分のペースでOK。 途中でやめたくなったらやめてもOKです。 「やってみたい」「もう少し詳しく知りたい」という方は、 大阪の園より求人情報が届いています。 神奈川の園より求人情報が届いています。 既存の保育求人サイトや、ハローワークの条件には足りないものがあります。 みんなが知りたいのは給料や勤務地、表向きの労働時間だけではありません。 もっと知りたいのは、• 園の保育観• 勤めている人たちの価値観• 具体的に子どもに何を求めているか• 詳しい勤務形態 などです。 保育塾は、価値観の近い保育者と園が、互いに納得した上で働くことのできる仕組みを作りました。 保育塾は、 業者ではないので、料金は一切かかりません。 ただ、積極的な勧誘なども一切しませんので、気長に待てる方はご利用ください。 保育塾のサイトで「イベントの告知」「作品の宣伝」その他もろもろの情報発信をしてみませんか? 基本的に、掲載料はいただきません。 イベントの参加料や商品が高額の場合、また業者の場合は、相応の料金をいただきます。 保育に関するブログを書いている方、いませんか? 一緒に保育界を盛り上げていきましょう。 要望があれば、できる範囲でサポートさせていただきます。 保育所保育指針の解説を30分に一回程度つぶやきます。 指針の理解だけでなく子育てのヒントになりうる事が沢山あります。 保育士だけでなく、子どもに関わる全ての方に役立つと思います。 を是非フォローしましょう。 保育士必見。 保育所保育指針を配信している、のツイートを見てみましょう!! きしもとたかひろさん ツイートを見て、ファンになりました。 本当に子どもと真摯に向き合って、保育のことをすごく考えて、本気で「保育業界は変わらなければならない」と思って活動をしておられます。 あなたは「実習生に敬意を払って学ばせてもらう」って、思ったことありますか? この言葉を見て、その日のうちに掲載許可を頂いて、このコーナーを作りました。 ツイッターをしていない人も、ぜひ見てください。 固定ツイートの「きしもとさん」 どの立場から子どもを取り巻く世界を良くしていくかを、真剣に考えました。 いまの保育業界を本気で根っこから変えられる仕組みを研究しています。 みんなが子どもの可能性をとことん信じて、子どもにとって最善となる保育ができるよう、おもしろいことをしていきたいです。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 最近の「きしもとさん」 好きな手術がしたくてしょうがない医者と、患者に合わせた治療法を提案する医者のどちらがプロで信頼できるかと聞かれたら、一目瞭然だよね。 保育者がしたい保育ではなく、その子どもがなにを必要としているかを考えて保育ができたらいいよね。 その中の選択肢のひとつに自分の特技があったらいいよね。 — きしもとたかひろ 1kani1dai インタビュー記事がほいくライフさんで掲載です。 全3回です。 第1回はぼくの身の上話が中心なので誰が興味あるんだろう…と心配ですが、回を追うごとに面白くなっていくのでぜひ読んでもらえたら嬉しいです。 ライターさんの真摯さと熱量でとてもいい記事になっています。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 承認欲求が良くないことみたいに言われるけれど、それが欲しいと思っているなら今そういうコンディションってことだから「そんな自分はダメだ」って思って自己嫌悪になって身動き取れないくらいなら、目の前の承認欲求をまずは満たしてあげてエネルギー貯めて次に進めばいいと思う。 なんでもバランス。 — きしもとたかひろ 1kani1dai よく「仕事が遅いからサービス残業してもしょうがない」って聞くけど、僕らは労働時間に対価をもらっているから成果が出なくても怠慢や過失でなければ残業代は発生するし、時間内に仕事が終わらないのはマネジメントのせいだからあなたのせいではないし、そこんとこ管理職はちゃんとわかってないとね。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 自分で書いたコラムを読み返してる。 やっぱり自分のために書いているんだなあと実感する。 今日は昼出勤だったので、午前中に次の原稿をあげるつもりだったのに、昼前まで寝てしまった。 気持ちよかった。 電車に乗る前に買ったポカリを座席に置き忘れた。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 箸の持ち方が話題になっているようなので、一つの視点として読んでもらえたら。 — きしもとたかひろ 1kani1dai ある人が発した価値観や視点を見て「間違っている」と思ったとしても、それをその人の全てだと思わないようにしていたい。 みんなどこか間違っていて、その間違いも文脈や背景を知れば間違いではなかったりするから。 奥行きを想像できたらいいなと思う。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 主体性を尊重するうえでその子自身が「選択できる」ということが大切なんだけど、同時に「選択しない」という選択もあるということを知っておかなければならない。 自分で選ぶということをしんどいと感じる子もいるし、選ばないという選択肢も含めて尊重されて、その子は自分で選べるようになっていく。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 外した机に置いたりしないようにお願いしたところ、マスクを外さずにおやつを食べるための最適解を編み出した子がいたのでイラストにしておきました。 よかったら参考にしてください。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 傷つけようと思っていなくても誰かを傷つけてしまうことはある。 なにをどうしたって誰も傷つけないというのは難しいことなのだと思う。 けれど、どうせ傷つけてしまうからというのを言い訳にして傷つけるなら、それはもう故意だ。 どれだけ気をつけても事故は起こるけど、ハンドルは離さないでいようよ。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 原稿を書いてるときに「あ、これ次のネタに置いておこうかな」と思うけど、いや今思ってることなら今書いておこう次は次で何かしら書きたいこと出てくるだろうと思って書いちゃうからいつも長くなっちゃうんだけれど、次も読んでもらえるかわからないんだからそれでいいよね、と思って書いてますいま。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 「余裕がある」というのを「余っている」と認識してその余白を埋めてしまうと、今まで無理なくやっていたことでもうまくできなくなることが。 サボっているのではなく必要な時間。 できるのは人の質ではなく、たまたま余裕を持てる環境だから。 余裕があるからできている、というのを忘れないように。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 私もツイッターやってます。 ツイッターで主に書いているのは、ブログで書いた記事の裏話や、全国で保育をしているみなさんとのやりとり、我が子の様子などです。 フォローよろしくお願いします。

次の