ラプラス 育成 論 剣 盾。 【ポケモン剣盾】ラプラスの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】ラプラス育成論・対策【キョダイマックス】

ラプラス 育成 論 剣 盾

ラプラスとは 出典: ポケットモンスター赤・緑 初代 から登場しているポケモンです。 アニメポケットモンスターにも、初期の頃から サトシの手持ちポケモンとして登場していたので、印象に残ってる人も多いと思います。 タイプは 水・氷で、メジャー所の電気・格闘・岩・草から弱点を突かれてしまうのに、こちらから半減以上に出来るのは水・氷のみなので、非常に戦い辛いという印象を受けますね。 体重も重いため、草結び・けたぐりの威力が120で受けてしまいます。 素早さ以外は全体的に良い感じなので、氷タイプさえなければ準伝説ポケモン「スイクン」のような使い方が出来るんですが… 3種類の特性 ラプラスには、「貯水」「シェルアーマー」「うるおいボディ」という 3種類の特性があります。 ポケモングローバルリンク情報 2016年4月6日現在 によると、やっぱり貯水で使用している人が多いみたいですね。 それぞれの効果をご紹介します。 貯水は、水タイプの技を受けると体力が回復する、という強力な効果を持っています!回復手段が眠るしかないラプラスにとっては非常にありがたい特性ですね!水タイプの攻撃を読んで繰り出すなど戦い方の幅が広がります。 これが 一番オススメの特性です。 シェルアーマーは、相手の攻撃が急所に当たらない、ということで、こちらも 耐久が売りであるラプラスにとってはありがたい特性ですね。 急所でイライラしたくない人はこの特性にしましょう。 うるおいボディは、天候が雨状態だと状態異常状態が回復する、という効果で、6世代からは天候が弱体化されたということもあり、シングルでは使いにくい特性ですね。 育成論 さて、ここから本題である育成論の紹介に入っていきます。 まずはどんなラプラスが一般的に使われているか、ご紹介しましょう。 この画像は、2016年4月6日現在のシングルレートのデータです。 やはり特殊型が多いですね。 技使用率No.1である 「ぜったいれいど」は、不利な相手を突破することが出来る一撃必殺の技 で、それを使えるのがラプラス最大の強みですね。 XY時代までレート環境で猛威を奮っていた零度スイクンを見ても、その強さは明らかです。 これからは、「特殊型」とあまり使われていない「物理型」の2種類をご紹介したいと思います。 特殊型 出典: これが 一番おすすめの育成論です!技構成は「絶対零度・氷の礫・波乗りorハイドロポンプ・フリーズドライ」で、火力を求めるならハイドロポンプ、安定を求めるなら波乗りといった感じですね。 持ち物は「とつげきチョッキ」 がオススメです。 この「フリーズドライ」という技は、氷タイプでありながら 水タイプに抜群を取れる、という技なのです。 威力は70なのでそこまで高くないのですが、タイプ一致なのでそれなりの打点になります。 まあ不利体面なら零度打ったほうがいい場面もありますが… 性格は 「控えめ」努力値は「HP140防御132特攻196特防20素早さ20」がオススメです。 スイクンや、受けループなどに対して役割が持てるようになり、絶妙な耐久で相手を突破していきます。 特性「貯水」により、スイクンはほぼ突破出来ますね。 物理型 出典: 性格「陽気」技構成は「たきのぼり・りゅうのまい・氷の礫・思念の頭突きor絶対零度」格闘タイプを呼ぶことが多いので、思念の頭突きのほうがオススメ出来ますね。 りゅうのまいを入れることにより、 全抜き出来る!かも?しれないアタッカーが完成です! 努力値振りは「攻撃252素早さ252」で、1回りゅうのまいを積めば、 最速115族 ライコウなど まで抜くことが出来ます。 りゅうのまいを積んでも火力が足りないので、持ち物は 「いのちのたま」がいいですね。 努力値振りは、素早さを110族までに落として耐久にまわしてもいいと思いますが、火力は絶対に削れません、削る余裕がありません。 まあこちらの型はあまり実用的ではないので、使うなら上の特殊型のほうがいいです。 格闘全般 出典: この辺りは、 上から格闘技をぶち込まれるのでまず勝てません…裏のポケモンに任せましょう。 一発耐えれればいいんですが、居座るのはあまりにもリスキーなのでやはり裏のポケモンに任せるのが安定でしょう。 というわけで格闘タイプを受けることが出来る、クレセリアなどをパーティに入れることを推奨します。 ただ、積んでくるタイプの格闘タイプも多いので、クレセリアなどが起点にならないよう注意する必要がありますね。 得意なポケモン ドラゴン全般 出典: やはり氷タイプなだけあって、ドラゴンタイプには強いです。 襷を持ってるガブリアスの場合でも、 氷の礫を打てばいいので問題なしですね!この先制技がある点もスイクンとの差別点であり、 ラプラスの強みですね。 水タイプや耐久ポケモン 出典: スイクンなどからは、貯水なら 基本的に打点がないので圧倒的有利ですね!また耐久ポケモンに対しては、絶対零度の 試行回数が稼げることが多いので、こちらも有利に立ち回ることが出来ます。 ただ、スイクンは ミラーコートを持ってる可能性もあるので、フリーズドライからではなく、絶対零度から入って様子を見たほうが得策です。 また、水タイプに有利と言ってもロトムやランターンなどは、ボルトチェンジなどで逃げられたりして結構きついです。 Twitterの声 最後に 出典: いかがでしたでしょうか?ラプラスは、非常に使いやすく可愛いポケモンなので、この記事を参考にして頂いて、自分なりに納得のいくラプラスを使って頂けると幸いです。 それではありがとうございました!いいポケモンライフをお過ごしください! カスミが歌っている、ラプラスを題材にしたエンディングテーマです!穏やかな気持ちになるいい曲なので是非!.

次の

【ポケモン剣盾】キョダイラプラスの育成論①じゃくてんほけん基本系②「ねむねご」一撃必殺型の二つの紹介!【ラプラス育成論】

ラプラス 育成 論 剣 盾

ラプラス(キョダイマックス)の育成論 ラプラス(キョダイマックス)の育成論はこのようになります。 性格:ひかえめ or おくびょう• 特性:ちょすい(推奨)or シェルアーマー or うるおいボディ• 持ち物:とつげきチョッキ、じゃくてんほけん、ひかりのねんどなど• 努力値:B4 C252 S252• 実数値:• 205-94-101-150-115-112(控えめ)• 205-94-101-137-115-123(臆病)• また、ダイマックス技の火力を底上げするための控えめもおすすめとなります。 どちらにするかは好みですが、迷ったら準速のペリッパーや70属を抜ける臆病を選ぶのが無難かと思います。 特性は3つの中から好きなものを選ぼう! ラプラスの特性には「これ!」といった決定打になりうる特性はありません。 消去法で、ウオノラゴンに強く出れ熱湯の火傷に悩まされることのない貯水を推奨としていますが、強運キッスなどに強く出れるシェルアーマーや、ダイストリームで状態異常対策のできるうるおいボディにするのも良いでしょう。 持ち物は自由! ラプラスは弱点も多いので弱点保険と相性もよく、また、攻撃技で技スペが埋まりやすい点からもとつげきチョッキとの相性も抜群です。 ひかりのねんどを持たせて壁を後続につなげたりするもよし、割とどんな持ち物でも使いこなしていけそうなポテンシャルがありますね。 努力値はCS特化がおすすめ! 耐久に振るくらいなら、先制でキョダイセンリツを使える範囲を広げたほうが良いでしょう。 ダイマックス前提のポケモンなので、高威力のダイマックス技を使うラプラスは特攻にも努力値を振るのがおすすめです。 ラプラスは無振りでもHPが200超えで、防御や特防も100を超えているため、耐久には努力値を割かずとも高い耐久力を誇っています。 おすすめの技 ラプラス(キョダイマックス)のおすすめの技を紹介します。 フリーズドライ フリーズドライとは、氷タイプでありながら水タイプに抜群を取れる特殊な技で、威力70でありながら多くのポケモンに4倍弱点をつけるため非常に有用な技です。 トリトドンやルンパッパ、ギャラドスにウオノラゴンといったポケモンに刺さり、ラプラスをダイマックスさせないで戦う選択肢を持てるようになります。 フリーズドライはダイマックスしても威力120の技と微妙なので、キョダイマックス前提で運用したいケースでは他にも氷技をもたせるのが良いでしょう。 ハイドロポンプ ラプラスはねっとうを覚えないため、水技は、ハイドロポンプ、なみのり、うたかたのアリアからの選択となります。 シングルであれば、なみのりやうたかたのアリアでも良いですが、ダブルでは味方を巻き込んでしまうため、基本的にハイドロポンプ一択となります。 シングルでも命中不安技ではありますが、元々キョダイマックスで運用したいポケモンであり、威力140ダイストリームになる点からも水技はハイドロポンプで良いと思われます。 ふぶき 威力140のキョダイセンリツを撃つためだけの技です。 フリドラを採用している場合、キョダイマックス時専用技として吹雪を採用するのはありだと思います。 ぜったいれいど 一撃必殺で要塞化の対策ができるほか、ダイマックス時に威力130の氷技となれます。 れいとうビーム 命中安定の氷技ですが、キョダイマックス時には吹雪、通常時にはフリドラに軍配があがりますので優先度は低いです。 10万ボルト 10万ボルトの攻撃範囲はフリドラと被っていますが、ダイマックス時の電気技として使えるため、必要に応じて採用すると良いでしょう。 ダイサンダーでエレキフィールドを貼れれば眠り状態を無効にできるのも嬉しいですね。 こおりのつぶて ラプラスの先制技です。 非常に有用な技ではありますが、ダイマックス時には腐ってしまうので技スペースとの相談になるでしょう。 まもる ダブルではあると非常に便利な技です。 ほろびのうた キョダイセンリツでビートダウンを制し、頭数を減らして滅びの歌でフィニッシュみたいな運用を考えているなら採用するのもありかもしれません。 ラプラス(キョダイマックス)の対策 ラプラス(キョダイマックス)は、壁を貼れるキョダイセンリツがあるため、殴り合いに持ち込むのは得策ではありません。 バタフリーなどでねむらせる キョダイマックスしたラプラスを止める手段として「ねむらせる」のは非常に有効です。 キョダイマックスしたラプラスは並大抵の攻撃では倒せませんし、挑発で壁の発動を無効化することもできませんが、状態異常であれば動きを止めることが可能であるからですね。 また、先に壁を貼られてしまったケースでも眠りによる時間稼ぎができるので、そういった点からも良い対策と言えるでしょう。 かわらわりやサイコファング、コートチェンジなど壁を対策した技を覚えたポケモンを採用する 少々ピンポイント気味になってしまうのですが、かわらわりやコートチェンジなど壁を壊したり奪ったりする技があります。 キョダイセンリツはその追加効果であるオーロラベールが強力なので、それを壊してしまうというのも対策になるでしょう。 アーマーガアのキョダイフウゲキなんかもいいかもしれませんね。 まとめ 3月シーズンから解禁されるラプラス(キョダイマックス)は、オーロラベールを貼りながら攻撃ができるキョダイセンリツが非常に強力なポケモンです。 対策もかなり限られているので、とても優秀なポケモンですね!•

次の

【ポケモン剣盾】ラプラスの型紹介!①のどスプレー型②チョッキボディプレ型③うるおいボディねむる型【ラプラス育成論】

ラプラス 育成 論 剣 盾

普通のポケモンが2ターンかけてようやく可能な両壁貼りを、氷タイプで殴りつつできてしまう超性能の技です。 アタッカーとしてできる限りダメージを与えたいので極振り• ラプラスミラー意識の最速 特性 この型では、ダイストリームで雨を降らせて自己補完できる「うるおいボディ」を採用しています。 ウオノラゴンのエラがみを無効化できたり、受け出ししやすくなる「ちょすい」も良さそうです。 持ち物 オーロラベール対策の「 かわらわり」を、逆に活用することができる「 じゃくてんほけん」を採用して抜きエースとしての性能を上げています。 また、耐久無振りでもそこそこ耐久が高めなラプラスは、キョダイマックス後なら、 壁なしでC特化ロトムの10万を2耐えするほどの耐久力があります。 4倍弱点がなく、ダイマックスで実質弱点がなくなるため、比較的HPを温存した状態で抜き体制を整えることができます。 運用 基本的にはどんなポケモンと対面しても、初手「キョダイセンリツ」から壁を貼って殴り合います。 あくびもちのポケモンに対してはダイサンダーを打ったり、ダイストリームで雨を降らせて回復しましょう。 確定技 わざ 採用理由 かみなり ・高火力でんき打点。 ダイサンダーであくび対策 ・雨下で必中になるので巨大ラプラスと高相性 10まんボルト ・命中安定でんき打点。 ダイサンダーであくび対策 ・ダイサンダーの威力は雷より10下がる りゅうのはどう ・ダイドラグーンのAダウンで物理アタッカーとの殴り合いに有利 サイコキネシス ・命中安定エスパー打点 ・ラプラス対策で出てきた格闘への打ち合いに強く、ダイサイコでマッパを封じれる こおりのつぶて ・先制技 ぜったいれいど ・起点回避。 チョッキ受けなどに。 オーロラベールによる耐久力の強化は非常に強力ですが、ラプラスは素早さのあるポケモンではないのでキョダイマックスを使う際には有利対面を作り出すことが必須条件です。 オーロラベールさえ張ることができれば倒されてしまっても後続が動きやすい環境を作りだすことはできるので、裏には積みポケモンなどの抜きエースを選出しておきましょう。 もしフリーズドライを使うことでしか突破できない場面に遭遇した場合には、キョダイマックスに拘らりすぎないように注意です。 環境に多いオーロンゲなどの壁貼りポケモンのついでに対策しておきましょう。

次の