副業 税金 対策。 【副業の税金対策】税金の計算方法とは?申告をしない場合の事例などもご紹介

副業収入! 確定申告で還付金も [節税対策] All About

副業 税金 対策

正社員や公務員は副業を禁止されていることが多いですが、 会社にばれずに副業を行うことはもちろん可能です。 バレないために必要な 「4つの注意点」をまとめたので、副業を内緒にしておきたい人はぜひチェックしてみてください。 ちなみに以下の記事では 「副業30種類」をまとめているので気になる方は併せてお読みくださいませ。 副業をする前にまず確認すること 一般的に、正社員や公務員は副業を禁止されています。 副業を禁止する法律はありませんが、入社したときに会社と交わした契約書に 「副業を禁止する」という文言が書かれている場合が多いですね。 法律違反はしてないけれど、契約違反にはなってしまうので、 バレてしまうと会社から何らかの罰則を与えられる可能性が考えられます。 与えられる罰則は会社によって変わりますが、減給や降格が一般的のようです。 正社員・会社員が副業するときの4つの注意点 最近では、アフィリエイトやポイントサイトで副業をしているサラリーマンが増加しているので、会社にばれないように副業している人は意外と多いんですね。 そのためにはいくつかの注意点を守る必要があります。 (1)副業は20万円以内!20万円以上は確定申告を 副業を行うときに気を付けなければいけないのが、確定申告についてです。 稼いだお金は確定申告をしないと脱税になってしまうので、確定申告をしなくてはいけません。 申告しなければバレないと思っている人もいるようですが、 マイナンバーカードの普及で副業をすると最近はバレるシステムになっています。 追徴課税で大きく取られないように、必ず確定申告をするようにしましょう。 ただし、 副業で得た収入が年間20万円以下の場合は課税の対象外なので 確定申告は不要です。 20万円以上の収入がある場合は、確定申告をするのですが、普通に確定申告をするだけでは会社にバレてしまうのです! 確定申告は住民税からバレるぞ! 確定申告をすると 副業で増えた収入分、住民税が上がってしまうのです。 正社員や公務員は住民税を会社が手続きをして支払っている状態なので、他の社員よりも住民税が高いとわかってしまい、副業がバレてしまうのです。 確定申告をする場合、 「住民税・事業税に関する事項」の住民税の徴収方法を 「特別徴収(給与から天引き)」ではなく 「普通徴収(自分で納付)」を選ぶようにしましょう。 給与から天引きのままだと会社に連絡がいってしまいますが、自分で納付する場合は 副業分だけ別で市町村に支払えば、給与の住民税は変動しないので、会社にバレないで済みます。 確定申告を行うと、5月末頃に支払い用紙が届くので、副業分の住民税を支払うようにしましょう。 (2)副業の選び方に注意する 例えば、会社と同じ街の飲食店でバイトをしてしまったら、いくら確定申告を別にしても顔でバレてしまう可能性があります。 お店で副業をする場合は、顔が見えないようにすることも大切です。 また、インターネットを使った教育ビジネスの副業などで、顔写真を使うことがありますが、そちらもできれば載せないようにしましょう。 なるべくならネット副業が一番です。 (3)副業していることは周りに隠すこと 副業していることはどこから漏れて伝わってしまうかわかりません。 とにかく内緒にしておくことが大切です。 「最近羽振りがいいな」「実は副業始めてるんだ」なんて会話をしてしまった場合、その人が内緒にしていても、その話を聞いていた誰かが密告する場合があるので注意が必要です。 (4)副業が本業の収入を上回らないようにする 副業をした場合、確定申告が必要なことを上記しましたが、 給与から天引きされる住民税は、本業から引かれます。 つまり、副業が本業である会社員の給料を超えてしまうと、会社の給料にかかる住民税が副業の方にかかってしまうので、会社の明細では「住民税0」となってしまうので、バレてしまいます。 副業はあくまで副業ということで、上回らないように注意しましょう。 まとめ 今回は、 バレない副業の注意点をご紹介しました。 正社員の場合、副業を禁止されているので、バレないように副業することが大切です。 最近ではネットビジネスが盛んなので、顔が見えないことや短時間で稼げることなどが挙げられるので、副業をする場合にはおすすめです。 その場合、 ・20万円を越えない、超えたら確定申告 ・確定申告は住民税を「自分で納付」するを選ぶ ・顔出しやバレるようなところで副業しない ・本業の収入を上回らないようにする この4つを守って、安全に副業しましょう!.

次の

副業するなら税金対策が必須!家賃や電気代も経費に?

副業 税金 対策

クリックできるもくじ• 会社員として働きながら、自らの会社で経営者になるという事です。 私の友人でも副業OKの上場会社に勤めながら、複数の会社経営をしている人がいます。 「副業を節税のために会社設立する」この背景を理解するために、まずは税金の仕組みを基礎から整理したいと思います。 (1)サラリーマンが納めている税金の種類一覧 サラリーマンの税金は、毎月会社から天引きされています。 雇われる立場の人たちは、自動的に税金が取られているので納めている感覚が低いと言われています。 ここで仕組みをしっかり理解しましょう。 1、サラリーマンが納める税金の親玉「所得税」 サラリーマンが納める税金の主役が所得税です。 会社の収入に応じて納める税金です。 基本的にはお給料から天引きされています。 給与明細を見ると、所得税という項目で差し引かれていると思います。 会社が毎月従業員から徴収して、国に納めているのです。 2、住んでいる自治体へ納める「住民税」 住民税とは住んでいる市区町村に納める税金です。 基本的に会社がお給料から天引きして住民税を納めます。 去年一年間の収入に紐づいた住民税が翌年に会社に通知されます。 一部の人は直接個人に通知が来るのでお給料から天引きされずに直接支払うこともあります。 3、税金ではないが重たい負担の「社会保険料+雇用保険料」 社会保険料や雇用保険料もお給料から天引きされます。 総額の半分は会社側が負担してくれますが、もう半分は会社員側の負担です。 厳密に言えば税金ではないのですが、働く立場からすれば重たい負担です。 (2)個人事業主で活動する副業サラリーマンは確定申告で納税 サラリーマンが副業を個人事業主として行っているのであれば、確定申告をして税金(所得税)を納めます。 その前に、副業による売上の種類には事業所得と雑所得があります。 事業所得と雑所得で確定申告のときの処理が変わるので注意が必用です。 1、副業の収入は事業所得か?雑所得か? 収入の種類が事業所得か雑所得かによって税金を計算するルールが違います。 ざっくり説明すると、継続的に安定しながらも、手間や時間やリスクをかけて事業を行なっているのであれば事業所得です。 それ以外の副次的な収入は雑所得になるので、副業サラリーマンのほとんどの収入が雑所得として確定申告をすることになるかもしれないですね。 2、副業が事業所得として確定申告するなら専門家にも相談 副業サラリーマンでも会社設立を検討するぐらいの収入が上がっているのであれば事業所得として確定申告になるかもしれません。 解釈による部分が大きいのでそれなりの売上が安定的に出ている場合は信頼のおける税理士に相談しながら確定申告に臨んだ方が安全です。 自分に合った税理士を探すなら、納得いくまで面談できる がおすすめです。 副業や兼業の確定申告の実績やコミュニケーションの取りやすさ、安心感などを判断基準にすると上手くいくと思います。 (3)副業サラリーマンが会社設立・法人化すると節税になるのかを見極める たぶん副業サラリーマンが会社設立を検討するのは節税が背景にあると思います。 なぜ個人事業主から法人化すると税金対策になるのかを理解しておけば、後悔の無い判断ができるはずです。 1、副業の売上(利益)によって会社設立した方が良いタイミングを見極める 個人事業主は売上から経費を差し引いた利益に所得税率をかけます。 所得税は利益が大きくなればなるほど税率も上がります。 法人の場合は売上から経費を引いた利益に法人税率をかけます。 法人税率は一定なので事業の売上(利益)によって会社設立した方が節税になる分岐点があるのです。 個人事業を法人化する場合は本当に節税になるかどうか注意して下さい。 従業員の数や事業の状況によって節税になるかどうか違うからです。 できれば信頼できる専門家にシミュレーションを立ててもうらうのが一番良いと思います。 2、会社設立して法人化すれば役員報酬を工夫して節税の可能性が広がる 個人事業主は自分にお給料を支払う概念はありません。 会社設立することで役員報酬を自分に支払う仕組みになり、支払う報酬は経費になります。 もし奥さんなどの親族を役員に入れたら親族にも役員報酬を支払うことができるようになります。 役員報酬を経費にできる点が会社設立して節税できる要因の一つにもなります。 役員報酬には給与所得控除というルールを適用して所得税を小さくなる仕組みがあるので税金対策の効果が大きくになります。 3、会社設立して法人化すれば経費にできる種類が増える 会社設立して法人化すると、個人事業主の時より経費の幅が広がります。 経費にできる種類が増えれば節税効果が高まります。 過去にも会社設立するからこそ適用できる経費については記事で紹介していますので改めてピックアップしておきます。 飲食店で使ったお金を上手に経費化して税金対策 会社設立をすると飲食店に利用する費用にも厳密なルールが適用されます。 上手に交際費を活用して税金対策をしましょう。 詳細はの記事をご覧ください。 法人化することで様々な節税スキルを駆使することができます。 ただしグレーゾーンの手法を攻めすぎて脱税になることだけは気を付けてください。 4、副業を法人にすれば最初の二年間は消費税納税を免除される 事業を行っていると頭の痛い税金の一つに消費税があります。 消費税を納めるかどうかの判断基準は2年前の売上が1000万円を超えているかどうかです。 個人事業主でも2年前の売上が1000万円を超えていれば今期の消費税込みで受け取っている売上から納める消費税を計算して納税しないといけません。 個人事業主から法人成りをして基準を満たせば、改めて最初の二年間消費税の納税が免除されるので節税になるわけです。 個人事業主は会社にバレるリスクがある? サラリーマンが個人事業主として副業・兼業をしている場合は住民税に気をつけないといけません。 住民税はお住まいの自治体が計算するのですが、サラリーマンとしての収入と個人事業主としての収入を合算した住民税の通知が会社に届いてしまうとバレるリスクが出てくるのです。 副業が会社にバレないようにするために、確定申告をする時に住民税の支払い方を別々にする「普通徴収」を選択して下さい。 自治体によっては忘れていたり、処理を間違ってたりする事があるので必ず確定申告後に処理が別々で対応されているか確認するようにしましょう。 (1)株式会社?合同会社?法人化する会社の形態を選択しよう 法人のかたちには株式会社と合同会社があります。 サラリーマンが副業を会社設立するという切り口の場合は、どちらがマッチしているのでしょうか? 1、一人だけで会社設立をするのであれば合同会社でも良い 出資する人も、経営する立場の人も自分一人だけなら株式会社も合同会社も特に違いはありません。 家族に出資させたり、経営に従事してもらう場合でも違いは特にないと考えてOKです。 もしビジネスパートナーとして利害関係のある第三者に出資してもらったり、経営層に加わってもらうのであれば注意が必用です。 株式会社であれば出資比率は自分ができれば3分の2以上を持つようにしたいです。 合同会社の場合も議決権を自分がコントロールできるように設定するようにして下さい。 2、取引先に対して不安がなければ合同会社でも良い 副業で行う事業の取引先が株式会社や合同会社にこだわりが無いのであれば、どちらでも大丈夫です。 古い商習慣の業界などは合同会社の認知が低すぎて、株式会社で設立した方が良い時があります。 3、会社設立費用を抑えたいのであれば合同会社の方が良い なるべく安く会社設立したいのでれば、株式会社より合同会社の方が会社設立費用が安いです。 株式会社の登録免許税が15万円なのに対して、合同会社の登録免許税は6万円だけです。 さらに株式会社は定款認証で5万2000円ぐらい支払わないといけませんが、合同会社は定款認証の必用はありません。 4、代表取締役と名乗りたいのでれば株式会社の方が良い 副業を会社設立するにしても、どうせなら代表取締役の肩書きを名乗りたい!という方は株式会社の方が良いです。 代表取締役という言葉は株式会社でしか使えず、合同会社の場合は代表社員となってしまうからです。 会社設立がバレてしまうのは社会保険を通して 副業や兼業を税金対策のために会社設立するとしても、なぜ本業の会社にばれるリスクがあるのでしょうか。 それは、会社を設立して役員報酬をもらうと社会保険に入らないといけないからです。 本業の方でも社会保険に入っていると思います。 副業での稼ぎ分も社会保険入らないといけないんですが、その時に副業の部分で社会保険入ったって事が本業の方にも情報がいっちゃうんですよね。 1、自分が役員になる場合は役員報酬をゼロにする 社会保険料は収入によって金額が決まりますが、役員報酬がゼロの場合は社会保険に加入しなくて済みます。 ただし、この方法は会社に利益が残り法人税も払うし、会社に残ったお金は会社のためにしか使えないので節税という観点では効果的ではないかもしれません。 例えば奥さんを役員にするなどの工夫が必要です。 2、妻や家族を社長にして会社設立する 妻を社長にして妻名義の会社設立をしたら、自分は社会保険に入らなくて良いので税金対策もできるし、本業の会社にばれるリスクも最小限にできます。 株式会社であれば、自分は株主(発起人)になれば、会社の持ち主は自分で、社長だけを妻にしておけば大丈夫でしょう。 合同会社であれば業務執行権のない社員が自分で、社長は妻にしておくと良いです。 (3)法人よりも個人事業主の方がメリットがある副業サラリーマンのケース! 副業NGの会社に勤めていて極端にバレるリスクが怖い人には、節税は横に置いて個人事業主のまま副業を継続する選択肢を改めて見つめ直して良いと思っています。 最後に副業サラリーマンが会社設立をするのではなく、個人事業主のままビジネスを継続するメリットをまとめておきます。 1、個人事業主である副業サラリーマンの社会保険料がおトクなケース 会社設立をせずに個人事業主のままの方が結果的に社会保険料が安くなっているというメリットがあります。 現行の制度ではサラリーマンとしての社会保険に加入しておけば、個人事業主の収入に紐づく健康保険や年金保険の加入義務がないからです。 つまりサラリーマンからの収入分で社会保険料に入っているので、副業の個人事業主の収入は社会保険料に反映されていない分メリットがあると考える事ができるのです。 サラリーマンが副業すると社会保険料がトクになる秘密 サラリーマンが副業を個人事業主のままにしておくことでおトクな理由の詳細はをご覧ください。 2、事業が継続できなかった時のリスクを最小限にできる 会社設立をすると赤字でも法人住民税を7万円払わないといけなかったり、税理士にお願いしている場合はその費用が発生したり、存在するだけでもコストが個人事業主よりかかります。 一時的な売上増加だけで会社設立をしてしまうと、翌年いきなり売上が下がった時のリスクヘッジが取れないのです。 せっかく会社設立したのにこんなことなら法人化しなくて良かったという事が起きる可能性があるのです。 個人事業主のままであれば、そのようなリスクは最小限に抑えることができるメリットがあります。 副業サラリーマンの会社設立を中心に情報を整理しました。 節税のために会社設立する場合は必ずシミュレーションを立てて本当に税金対策効果があるかどうかを見極めるようにして下さい。 そして会社設立後のリスクを最小限に抑えるためにも、様々なツールを駆使して事業立ち上げ直後のコストを少なくする工夫は必用だと思います。 例えば は自動的に経理・会計する機能が搭載されていて事務作業にかかる時間を削減することが可能です。 まとめ ・サラリーマンは個人事業主から始めて一定の金額を超えたら法人化を検討する。 ・サラリーマンは法人化せずに個人事業主のままでもトクするケースがある。 <今日のおすすめ本> サラリーマンが副業を検討する場合は、一番の近道がコンサルタントです。 でも何から始めて良いのかわからない。 そんな方はこの本で紹介されている18の事例を自分に当てはめてみて下さい。 何かしらのヒントが手に入るはずです。 著者のテッド・ニコラスは世界的なホテルチェーンを経営しつつ、コンサルタントとしても活躍しています。 未経験者でも、どうやってコンサルタントとして収益を上げるのか?その具体的な手順を教えてくれます。 今なら無料で手に入るのでお試しください。

次の

副業でアルバイトをすると税金はどうなる?住民税や所得税を知ろう

副業 税金 対策

副業と確定申告 会社経営者の方で、個人的にネットオークションを使っている方もいるでしょう。 また、これから起業予定の方で副業収入がある方もいるでしょう。 さらには、週末起業という方もいるでしょう。 原稿執筆料やホームページ作成料など、副業で報酬を受け取った場合。 その方の副業などを合算した総所得(給与・退職以外)が20万円を超えたら確定申告しなければなりません。 言い換えると、給与・退職以外の所得が20万円を超えた方は、これを給与所得と合算して申告する義務があるのです。 源泉徴収されている場合等ケースによっては、20万円以下でも申告することによって、税金が戻る可能性もあります。 還付金がもらえるかも……確定申告で税金が戻るとは? まず、副業の収入は税法上「雑所得」扱いです。 雑所得ということは、必要経費の計上が認められています。 例えば、原稿料を18万円もらったとします。 これに対して10. 21%が源泉徴収されますので、18,378円が所得税等(復興特別所得税を含む。 以下同じ)として源泉徴収されます。 しかし、この時点では必要経費が一切計算されていません。 仮に、コピー代や書籍代、交通費、電話代など、原稿執筆のための必要経費が10万円かかっていたとします。 この場合、雑所得は18万円-10万円=8万円となります。 105%=4,084円となります。 すると、18,378円-4,084円=14,294円があなたの通帳に税務署から振り込まれることになります。 ポイントは認められる経費の範囲 ここでのポイントは、必要経費はどれくらい認められるものか、ということです。 しかし、これは一概には言えません。 実際に経費が収入を上回る状態であれば赤字申告(実際は0円申告)も認められます。 経費性の判断基準になるのはあくまで、「その副業収入を得るために要した費用」となります。 一例として、一般的に認められる必要経費を以下にまとめましたので参考にして頂きたいのですが、あくまで経費の判断基準は上記の「副業収入を得るために必要」ということですので、注意してください。 ・切手、はがき代、電話などの通信回線料など…… 通信費 ・事務所が自宅兼用の場合は家賃の一部…… 地代家賃 ・事務所が自宅兼用の場合は水道光熱費…… 水道光熱費 ・事務用品やコピー代…… 消耗品 ・書籍や雑誌代、新聞代など…… 新聞図書費 ・電車代、ガソリン代、高速代など…… 旅費交通費 ・打ち合わせ代や取引先への接待、お歳暮など…… 交際費 本業での所得税率に注意! それでは、本業で所得税率の高い人が申告する場合はどうなるでしょうか。 このような方の場合、追加申告すると課税されるケ-スもあります。 というのも、雑所得は総合課税扱いとなりますので、所得税率が高い人の場合、その高い税率が雑所得にも適用されるからです。 つまり、副業による所得が20万円以下の場合は、必ずしも申告することが有利になるとは限りません。 ただし、20万円を超える場合には、申告は義務となります。 なお、平成28年分以降の所得税等の確定申告書には、マイナンバーが必要となります。 このマイナンバーが導入されたことにより、課税局サイドは支払調書等の提出を通じて、より明確に各人の所得が把握できるようになりましたので、申告が必要な方は忘れずに申告しましょう。 【関連記事】•

次の