羽生結弦 みみゆん。 フィギュアスケート 羽生結弦選手│ANA SKY WEB

羽生結弦は嫌い?わざとらしい行動が仇!ブログのみみゆんとは?

羽生結弦 みみゆん

フィギュアスケートグランプリシリーズ第2戦スケートカナダの男子で、自己最高得点を更新して初優勝を果たした羽生結弦(24=ANA)が27日(日本時間28日)、現地のケロウナで一夜明け取材に応じた。 一問一答は以下の通り。 「ドーピングの検査があって、思ったよりもスムーズに終わったので、その後しっかり食事をとってケアしてもらって。 今日に備えてきました。 「うーん。 特に深い意味はないんですけど、ちょっと懐かしいものをやっていきたいなっていうのが、またちょっとずつよみがえってきてて。 今このトーループ1本の構成のショートをやったらどのくらいできるのかなっていう挑戦でもあって。 浮かれてはないです。 すごい地に足をつけている気持ちでいますし。 あとは今回の試合で自分がやってきたことが少し肯定されたような感じがしたので。 やっぱりオータム・クラシックで全然点数でなくて悔しかったというのも、もちろんありますし。 まあ点数に関してどうこう言うっていうことはではないんですけれども、スケートカナダで結構苦戦していたので。 それから考えてみると、今回そういうこともある程度覚悟していたからこそ、今回、演技としてしっかり評価していただいたというのはちょっとホッとしたというか。 「自分の演技を評価してもらえるというか。 自分のジャンプを評価していただけるというのがちょっと見えたので。 ちょっと安心材料にはなりました。 「あっ、でも僕ノーミスじゃないので。 あと3点、4点ぐらいはジャンプだけでも上げられますし。 全然、伸びしろはあると思いますし。 今回の構成だったとしても。 だから、ワールドの時とはまた、たぶん採点のルールも違っていますし。 単純比較はできないんですけど。 久しぶりに210を超えたというのがやっぱりうれしかったですし。 まだショートで110は超えてないですけど、また、ショートもフリーも110、200。 「自分の中でなんですけど、ちょっとずつ高難度のジャンプに偏ってきたなという印象がちょっとあって。 自分自身もそうならなくてはいけないという感覚があって練習してきていて。 まあ、アクセルもそうですし。 ルッツもそうなんですけど。 それにちょっと、うん。 ちょっとだけでもその流れを止めることができたのが今回の試合だったんじゃないかなと自分の中で感じているので。 それが一番良かったかなと思っています。 自分の武器が認められたからこそ、その流れにちょっとでも歯止めをかけることができたのかなという感じがしているので。 それはたぶん、全スケーターの健康状態にも影響はあると思うんですよね。 もちろん、4回転ルッツが本当に難しいのかと言われたら、やろうと思えばみんな跳べるのかもしれないですし。 それはもうタイプによりけりですし。 僕はどう頑張って練習しても下で回ることができないので。 昔からそういうジャンプじゃなかったので。 なかなか4回転ルッツに対してのルッツのジャンプじゃないのかもしれないですけど。 やっぱりそれぞれのスケーターにそれぞれの個性があって、それがやっと評価されるような採点システムになったのに、それがだんだん高難度のジャンプに傾倒していって、PCSとの比率がだんだん合わなくなってきてるというのが、現在の状況だと思うので。 それに対して、ジャンプでも表現できるよ、というところを今回見せられたと思うんですよね。 それは非常に良かったと思ってます。 特に後半の4回転3回転。 あれに関しても、しっかり音に合わせた状態で難しいことをやったので。 難しくてもジャンプでも表現できるというのは自分の武器だと思いますし、それによって評価を得られるんだよというところをちょっとでも出せたんじゃないかなという感覚はあります。 「そういう訳でもないんですけどね。 ただ自分がやってきている道が本当に正しいのか正しくないのかっていう風に迷ってはいたので。 言ってみればなんですけど、ジャンプ跳ぶ前に凄い固まって静止状態から下で回りながらジャンプを跳ぶことが果たして正しいジャンプなのかどうかというのと。 例えば、ステップから跳んだジャンプだったり、ジャンプ終わったあとにステップをやったりとか、そういうものが果たして全部評価されきれているのかということとかに関して凄く疑問を持っていたんですね、ずっと。 今シーズン始まってから。 一番そこを重要視してきて、ずっとスケートやってきましたし、そこが自分の武器だと思っていたので。 今回それをしっかり評価していただけたっていうのは、この道でよかったんだなという自信になりましたし。 研究しているか。 「アカチエワとか。 研究してます。 やっぱり女子の選手って偏見とかではなくて、人間的にどうしても男子よりもやっぱり力が弱かったりとか、筋質的に骨格的に違かったりというのがある中で、あれだけスムーズに4回転が跳べる、アクセルが跳べるというのは、やっぱり魔法ではないので。 ちゃんとしたパターンがあるので。 そのパターンを見つけたいなということで、凄い研究してます。 「トルソワはどっちかというと力で跳べるタイプの選手なので、体幹も凄く強いですし、体のバネ自体がすごくあるんだろうなという感覚を受けました。 あとは回転に入るスピードが非常に早いなという風に思ってて、それは自分に生かせるかといったら、どっちかというと自分のタイプではないかもしれないんですけど。 ただそういう強さも、これから高難度をやっていくにあたって、安定感をあげるためには必要だと思うので、そういうところも見ながら一緒にやらせていただいてました。 (取材終了で)ありがとうございます。 またよろしくお願いします」.

次の

羽生結弦は嫌い?わざとらしい行動が仇!ブログのみみゆんとは?

羽生結弦 みみゆん

フィギュアスケートグランプリシリーズ第2戦スケートカナダの 男子で初優勝を果たした羽生結弦(24=ANA)が27日(日本 05時間28日)、現地のケロウナで一夜明け取材に応じた。 一問一答は以下の通り。 「(ボイスレコーダーを確認し)あ、大丈夫じゃないですね。 止まってますね。 しかもホールドされてますね。 「ははは。 4度目の正直って言うんですか?(笑い)。 「まあ初戦の勝てないジンクスは去年、ヘルシンキというフィンランドという自分にとってすばらしい環境の中で、やったことでそのジンクスが晴れていたので。 今年もそれを一つずつ晴らしていこうという風に思っていて。 実際、達成してみてうれしいですけど。 「まあ、凄くざっくり言えば、つなぎをだいぶ外そうかなという風に思っていたのと。 やっぱりジャンプの確率を上げるためにはスピード落として、しっかり静止した状態から態勢を整えてから跳ぶという方が明らかに確率上がりますし、力も使えるので。 ジャンプ自体も高くなったり、幅が出たりということもあったんだと思います。 ただそれをしようと思ったんですけど、僕にはやっぱりその道ではないなということ感じながら、このスケートカナダに来ていて。 実際、それをもう1回ぶつけてみようと思って、ぶつけた結果、こういう結果になったので。 乗り越えた時にいっそう強い姿が見られるのか。 「なんか核心みたいなところを突いているんですけど、その確信がまだ自信になっていないというか。 まだ手探りな状態を繰り返している状態なので。 「うーん。 なんかちょっと、まだうまく自分の中でコントロールしきれていないみたいな状態ですね。 なんかそこのいいところに入ったり、入らなかったりみないなものを繰り返しているので。 今はループや世界初の3連続ジャンプを成功させて、夢がかなってきた現状については。 「フフフ。 まあそれで世界初って。 まあ世界初かもしれないんですけど、コンビネーションなので。 そこまで喜ぶようなものではないかなと思っています。 ただ、得点を上げるという点に関しては着実に強くなってはいかないとなっていう風には思っているので。 具体的にいつからやっている。 「小学校2年生くらいから全ジャンプをあの入りから全部やっていて。 その当時まだ小学生だったので。 何が目的かなんて分からずに先生に言われるがままにやっていました。 70%は何がある。 「なんか、自分の中のイメージみたいなものですかね。 やっぱり自分の中のイメージをもっと表現しきりたいというのもありますし。 言葉で表現するのがちょっと難しいんですけど。 理想型としての表情の付け方だったり、表現の仕方だったり、または、そのプログラムとしてのオーラだったり、雰囲気だったり。 「もちろん難しいジャンプはやりたいと思っています。 それは絶対必要だとは思っているので。 ただ、ちょっと今回、自分のジャンプにまた自信を持つことができ始めてはいるので、しっかりとその自信を持ちながら、ただ、高難度になった場合でも、この自分の質を消さないように。 その結果を受け手、次のNHK杯のテーマは。 「次のNHK杯は…。 NHK杯はNHK杯で、まず考えようかなと思っています。 もちろんファイナルに行くために必要な試合というような位置づけももちろんありますし。 またはファイナルまでの期間が短いからこそ、凄く慎重にやらなくてはいけないというのもありますし。 また、2戦目でケガをしやすいというのももちろん頭の中に入れつつやっていかなきゃいけないと思っていて。 とにかく、いろんなリスクとかを考えながら。 五輪終わったシーズンは自分のやりたいスケートをやりたいと言っていた。 それがどのように自分の中で変化があったのか。 「やっぱりオータム・クラシックの時に、去年のですけど。 去年のオータム・クラシックの時に凄いフワフワした状態でやっていて。 それが、なんか、まあ、アクセル跳んで早く辞めたいみたいな…感じのところが若干あったはあったんですね。 やっぱり競技続けることがどれだけ大変かというのを覚悟しなきゃいけないと思ってますし。 実際、今、競技を続けている上で、もの凄くいろんなものを削ってやっているとは思っています。 だからこそ。 あの、なんか削っている上でそんな中途半端なことしたくないなと思ったんですよ。 で、今やっとこのスケートカナダが終わった段階で、やっと、その自分がしたいスケート、自分が目指したい理想のスケートと、高難度ジャンプ、自分の夢だったアクセルだとかルッツだとか。 そういったものが、やっとイコールになってきた状態なんですね。 「そうですね。 かなり大きかったです。 やっぱり320を超えたのが本当に久しぶりだったというのもありますし。 ヘルシンキ以来ですかね。 ヘルシンキワールド以来だと思うので。 あの時はまだエレメンツももう一個多いですし。 あの時以来に久しぶりにいい演技ができたので。 これからまた自信を持って、自分は羽生結弦なんだってまた言い聞かせながらまた練習したいなと思っています」.

次の

夢をつむぐ 羽生結弦

羽生結弦 みみゆん

2013年 フィンランディア杯(エスポー) 優勝 ISUグランプリシリーズ スケートカナダ(セントジョン) 2位 ISUグランプリシリーズ エリックボンパール杯(パリ) 2位 ISUグランプリファイナル(福岡) 優勝 第82回全日本フィギュアスケート選手権(さいたま) 優勝• 2014年 ソチオリンピック 個人 金メダル ISU世界フィギュアスケート選手権(さいたま) 優勝 ISUグランプリシリーズ 中国杯(上海) 2位 ISUグランプリファイナル(バルセロナ) 優勝 第83回全日本フィギュアスケート選手権(長野) 優勝• 2015年 世界フィギュアスケート選手権(上海) 2位 スケートカナダ オータムクラシック(バリー) 優勝 ISU グランプリシリーズ スケートカナダ(レスブリッジ) 2位 ISU グランプリシリーズ NHK杯(長野) 優勝 ISU グランプリファイナル(バルセロナ) 優勝 第84回全日本フィギュアスケート選手権(北海道) 優勝• 2016年 世界フィギュアスケート選手権(ボストン) 2位 スケートカナダ オータムクラシック(モントリオール) 優勝 ISU グランプリシリーズ スケートカナダ(ミシサガ) 2位 ISU グランプリシリーズ NHK杯(札幌) 優勝 ISU グランプリファイナル(マルセイユ) 優勝• 2017年 四大陸フィギュアスケート選手権(江陵) 2位 世界フィギュアスケート選手権(ヘルシンキ) 優勝 オータムクラシック(モントリオール) 2位 ISU グランプリシリーズ ロステレコム(モスクワ) 2位• 2018年 平昌オリンピック 男子シングル 金メダル ISU グランプリシリーズ フィンランド大会(ヘルシンキ) 優勝 ISU グランプリシリーズ ロステレコム(モスクワ) 優勝• 2019年 世界フィギュアスケート選手権(さいたま) 2位 ISU グランプリシリーズスケートカナダ(ケロウナ) 優勝 ISU グランプリシリーズ NHK杯(札幌) 優勝 ISU グランプリファイナル(トリノ) 2位 第88回全日本フィギュアスケート選手権(東京)2位• 2020年 四大陸フィギュアスケート選手権(韓国) 優勝 New! スーパースラム達成• 2013年 フィンランディア杯(エスポー) 優勝 ISUグランプリシリーズ スケートカナダ(セントジョン) 2位 ISUグランプリシリーズ エリックボンパール杯(パリ) 2位 ISUグランプリファイナル(福岡) 優勝 第82回全日本フィギュアスケート選手権(さいたま) 優勝• 2014年 ソチオリンピック 個人 金メダル ISU世界フィギュアスケート選手権(さいたま) 優勝 ISUグランプリシリーズ 中国杯(上海) 2位 ISUグランプリファイナル(バルセロナ) 優勝 第83回全日本フィギュアスケート選手権(長野) 優勝• 2015年 世界フィギュアスケート選手権(上海) 2位 スケートカナダ オータムクラシック(バリー) 優勝 ISU グランプリシリーズ スケートカナダ(レスブリッジ) 2位 ISU グランプリシリーズ NHK杯(長野) 優勝 ISU グランプリファイナル(バルセロナ) 優勝 第84回全日本フィギュアスケート選手権(北海道) 優勝• 2016年 世界フィギュアスケート選手権(ボストン) 2位 スケートカナダ オータムクラシック(モントリオール) 優勝 ISU グランプリシリーズ スケートカナダ(ミシサガ) 2位 ISU グランプリシリーズ NHK杯(札幌) 優勝 ISU グランプリファイナル(マルセイユ) 優勝• 2017年 四大陸フィギュアスケート選手権(江陵) 2位 世界フィギュアスケート選手権(ヘルシンキ) 優勝 オータムクラシック(モントリオール) 2位 ISU グランプリシリーズ ロステレコム(モスクワ) 2位• 2018年 平昌オリンピック 男子シングル 金メダル ISU グランプリシリーズ フィンランド大会(ヘルシンキ) 優勝 ISU グランプリシリーズ ロステレコム(モスクワ) 優勝• 2019年 世界フィギュアスケート選手権(さいたま) 2位 ISU グランプリシリーズスケートカナダ(ケロウナ) 優勝 ISU グランプリシリーズ NHK杯(札幌) 優勝 ISU グランプリファイナル(トリノ) 2位 第88回全日本フィギュアスケート選手権(東京) 2位• 2020年 四大陸フィギュアスケート選手権(韓国) 優勝 New! スーパースラム達成.

次の