毎日 下痢 腹痛。 【毎朝下痢をする原因】朝に続く腹痛は仕事のストレス!対策法は?

毎日続く下痢への対策!あなたも即実践できる慢性下痢の治し方とは?

毎日 下痢 腹痛

最近、なんだか 下痢が続くなあ? でも、下痢くらい、誰でもなるし、 気にしないでいいだろう。 でも、なんとなく引っかかる。 この下痢は、ちょっと長引いているしなあ。 そんな気持ちを抱えていませんか? 大人で慢性の下痢を訴える人が 増えています。 きちんと、ここで原因を探って 心のモヤモヤをすっきりさせましょう。 下痢が続く 判断の目安はどれくらい? 下痢が続くと言っても、 どれくらいの期間で、「下痢が続く」 と判断すればいいのでしょう? 判断の目安は 2週間です。 下痢が、2週間以上続く状態を 慢性下痢とよびます。 急性下痢と慢性下痢の違い 下痢を大きくわけると 急性と慢性があります。 下痢が、 2週間以上続く そんなあなたは、 慢性下痢になります。 慢性の下痢について知る前に、 いい機会ですので、 急性の下痢についても、簡単にみてみましょう。 急性の場合は、 一過性で、 原因がはっきりしています。 細菌などの、 感染症が原因 食べ過ぎなどの、 非感染症が原因の場合です。 非感染症が原因• 食べ過ぎや飲み過ぎ• 冷えや寝冷え• 特定の食品に対するアレルギー(牛乳など)• ストレス ストレスの場合は微妙ですが、 それ以外の、 原因の特定は、比較的簡単です。 昨日、〇〇を食べて調子が悪い。 海外旅行から帰って、体の不調がはじまった。 クーラーをいれたまま、寝てしまった。 何かしら、 自分で心当たりが、あるのではないでしょうか? 急性下痢は、慢性に比べて、 原因がみつけやすいと言えそうです。 慢性下痢とは? 2~3週間以上、 下痢が続いたり、 再発を繰り返すと 慢性です。 原因が多岐にわたり 急性に比べると、特定するのが難しくなります。 ここでは、慢性下痢をひきおこす 代表的な病気を、みていきたいと思います。 潰瘍性大腸炎 20代の若者に増加しているのが、 潰瘍性大腸炎です。 特徴としては、 下痢の量は多くないにもかかわらず、 頻繁にトイレに行きたくなります。 粘液や血液が混ざるという特徴があります。 さらに病状が進むと、お腹全体が痛くなり、 熱も出て、体のだるさを感じるようになります。 クローン病 クローン病の初期症状として、 下痢が続くことや腹痛があります。 初期のクローン病の患者さんの、 約半数が下痢が続く経験をしています。 すい臓 下痢が続き、みぞおち付近が痛い。 特に、アルコールを飲んだ翌日や、 脂肪分の多い食事をした後に、痛みが強くなる。 このような場合は、 すい臓の疾患によるものかもしれません。 すい臓に炎症が起きているのです。 慢性膵炎です。 おもにアルコールが原因です。 日本酒を毎日3合以上飲み続けると、 10年で膵炎が発症すると言われています。 慢性膵炎が悪化すると 脂肪便や下痢という症状が出てきます。 バセドウ病 若年から中年の女性に、多くみられます。 甲状腺ホルモンが、過剰に分泌される病気です。 ホルモンバランスが狂い、 腸のぜん動運動が、活発になり過ぎて、 下痢が続くのです。 さらに、 排便の回数も増えてきます。 他にも、 バセドウ病の症状には、 眼球突出、疲れやすい、動悸などがあります。 下痢以外にも、このような 自覚症状があれば、バセドウ病の疑いが濃厚です。 遺伝することがあるので、 家族にバセドウ病がいる人は、 特に、注意が必要です。 糖尿病 糖尿病による合併症のひとつに、自律神経の障害があります。 胃の運動をコントロールする自律神経が、 糖尿病が原因で、ダメージを受けているのです。 自律神経がうまく働かず、胃の不全麻痺が起きてしまい、 下痢をはじめとした症状がでてきます。 糖尿病が原因で、下痢になる症状は、 糖尿病性下痢と呼ばれます。 大きな特徴として、下痢に伴う、 腹痛といった症状がありません。 また、夜間に、 急激な水様性の下痢になる という、独特な特徴もあります。 糖尿病性下痢では、それほど 体力が消耗されないことも特徴です。 過敏性腸症候群(IBS) これまで解説した病気はほんの一部です。 じつは、下痢が続く症状を訴えるひとの多くが、 過敏性腸症候群(IBS)という診断を受けています。 症状については、次の章で 詳しく、解説しています。 慢性下痢の原因を特定するためには、 病院で、 消化器系を中心とした検査を 受ける必要があります。 2週間たっても、下痢が続く場合は、 必ず病院へ行き、詳しく 検査してもらうことが大切です。 大人の慢性下痢の多くは過敏性腸症候群が原因 慢性下痢の 約半数の人が、 過敏性腸症候群と診断されています。 このパターンが非常に多いのです。 過敏性腸症候群(IBS)は ストレス、不安、緊張が原因で起きます。 しかし、最近の研究によると、IBSは ストレスや不安だけが原因でない場合もわかってきています。 IBSの患者さんの40%に共通点がみつかったのです。 こちらの記事でそのことについて書いています。 健康な人でも、ストレスによって下痢が起こることはあります。 しかし、それが 慢性的に続くのです。 検査をしても、消化管の自体に異常は見られないのに、 急な腹痛に襲われて、下痢をしたり、 逆に便秘が続いたりする病気です。 下痢と便秘が交互に起こる場合もあります。 多忙な人やストレスに弱い人、 若い女性に多いという傾向があります。 この病気と診断する際に、 参考となる基準は次の通りです。 腹痛や腹部不快感が、 3カ月以上続く。 排便すると、症状が やわらぐ。 排便回数が、それまでより増える、または減る。 便の形状が、コロコロと固い便、軟便、水様便などに変化する。 検査をしても、 消化管に異常がない。 過敏性腸症候群になりやすいタイプとしては、 繊細で几帳面な性格の人や、 不安、緊張などのストレスを発散できずに、 ため込んでしまう人などが挙げられます。 IBSの腹痛や下痢は、通勤途中や、 学校に行く前など、特定のシチュエーションだけでおこる。 特定の場面にかぎらず、 日常生活の様々な場面で起こる場合と2種類あります。 自分が過敏性腸症候群だと感じても まずは、検査を受けましょう。 受診は、 消化器内科になります。 こちらもどうぞ! 高校生の時の、パイナップルダイエットに 始まり、ダイエット人生、ウン十年の なぜなぜぼうやと申し 仕事がピークで忙しい! 明日が試験で、徹夜で勉強! 長時間のドライブ! エネルギーが必要だ ふっふっ!何を隠そう 私は、オイルの使い方には、密かに自信あり! 天ぷらも唐揚げも、上手に揚 コーヒーに 砂糖やミルクを入れない限り カロリーは0だと、ずっと信じていました。 コーヒーや紅茶にはカフェインが 入って アメリカの食品医薬品局(FDA)は トランス脂肪酸に対して、 規制することを発表しました。

次の

水様便(水便・水っぽい下痢便)が続く原因は?解決法は?

毎日 下痢 腹痛

毎日下痢になる方や、食事をすると頻繁にお腹が痛くなる・・・ 元々の体質であったり、いつの頃からか下痢が続くようになった方もいると思います。 出来ることなら 治してしまいたい!ですよね? 筆者も学生の時から、慢性下痢に悩み病院へ行ったり原因や対策方法を調べたところ・・・ 原因は1つではないですが、ほとんどの場合は1つに限られることがわかりました。 また、病院に行っても絶対に治るわけではありません! うつ病患者によくあるように、薬に頼らないといけない・・・。 ということになってしまうと 本末転倒です。 このサイトでは、実際に体験し、調べたからこそ分かる下痢の対策方法も紹介します。 毎日の下痢の原因は? 毎日続く下痢の原因は食生活や運動、不規則な習慣などさまざまな原因がありますが、 おもに次の4つに分かれます。 ストレスが原因として起きる慢性下痢(過敏性腸症候群)• 乳糖不耐性、牛乳やカフェインの摂取による下痢• 食後におきる下痢(胆汁性下痢)• 細菌や病気による下痢(大腸ガン、クローン病等) 1. ストレスが原因として起きる慢性下痢(過敏性腸症候群) 1番のストレスが原因となる慢性下痢は、医学的には 過敏性腸症候群ともいわれています。 参考元: 腸はとてもストレスに弱い臓器です。 腸の健康を保っている善玉菌はストレスを抱えるとすぐに減り、腸内では悪玉菌が増え腸内環境は悪化してしまい、下痢になってしまうのです。 脳と腸には密接な神経網があり、仕事や環境、人間関係などストレスを感じると、自律神経が乱れてしまいます。 その結果、腸にも負担がかかってしまうわけです。 そして、下痢のストレスが、脳に伝わってしまうという 悪循環に・・。 慢性下痢の治し方として、腸そのものへの対策と同時に、 メンタルの改善も重要になってくるのです。 乳糖不耐性、牛乳やカフェインの摂取による下痢 3. 食後におきる下痢(胆汁性下痢) 4. 細菌や病気による下痢(大腸ガン、クローン病等) 上記の下痢は病気や遺伝などの 急性的なものが下痢の原因となっています。 乳糖不耐性や、食後の下痢というのは体質になりますので、牛乳を控えたり、消化の良いものを食べるなどして対策をする必要があります。 もし、ここ数日で激しい下痢が続く場合は、細菌や病気による下痢である確率が高いので、 すぐ に病院で受診してください! 慢性下痢の対策 では、実際に慢性下 痢を対策するる方法と、 慢性下痢との向き合い方をご紹介していきます。 善玉菌を摂取する まずは積極的に 「生きた善玉菌」を摂りいれましょう。 毎日の食に 善玉菌をとりいれるのが慢性下痢の対策になります。 善玉菌が含まれている食べ物 味噌や納豆、ヨーグルト等 を取り入れることで、 「プロバイオティクス」と呼ばれる腸内最近が活発に働いてくれます。 そして、善玉菌のエサとなり、働きを助ける食べ物 りんごやバナナなどの果物 を摂取することを 「プレバイオティクス」といいます。 「プロバイオティクス」 「プレバイオティクス」、この2つを同時に行うことを 「シンバイオティクス」とよびます。 毎日の食事で、納豆や味噌などの善玉菌を積極的にとり、デザートにヨーグルトをとることで健康的なシンバイオティクスを目指すことができます。 また、1日2日ではなく 毎日実践することが慢性下痢の治し方の一つとなってきます。 「平日は仕事やバイト、休日になると家でバッタリ・・・。 」 このような過ごし方をしてしまう方も多いです。 しかし、この習慣は運動不足を招き、 慢性下痢を悪化させてしまいます。 運動不足は、自律神経の働きを抑えてしまい、ストレスを溜めやすくさせてしまうのです。 身体に溜まった疲れや乳酸を解消できません。 イライラや憂鬱な気分にもなりやすいため、疲れをとりたい方はかえって運動をした方が心身ともにリフレッシュされるという事です。 仕事でヘトヘトにもなると思いますが、ジョギングやストレッチで良いので、軽く運動をしましょう。 夜、しっかり眠ることさえ出来れば、ストレスを溜めこむことは少なくなり、翌日に持ち越さずその日のうちに解消することができます。 睡眠不足が続くと、神経物質の 「セロトニン」が不足してしまいます。 別名、幸せホルモンとも呼ばれ、セロトニンはうつ病の改善やストレス耐性に必要とされています。 つまり、寝不足が続くと、ストレスに弱くなり、腸への負担が大きくなってしまうという事なのです。 ・ ・ ・ ・ ・ ただ、はっきりいって 「忙しくて、そんな生活無理!」 と、仕事の関係や私用で、規則正しい生活を送れない方が、多いのではないでしょうか。 即実践できる慢性下痢の対策! 筆者自身も慢性下痢(過敏性腸症候群)で、沢山の知識をつけて実践してきましたが、やはり毎日実践するには、 時間がないと厳しいという事が分かりました・・。 下痢で一番怖いのは自分で コントロールできないことです。 大事な会議やプレゼンでの場、電車などのトイレに行けない状況での下痢は辛いですよね。 筆者も仕事の責任や日々のプレッシャーなどで、 重いストレスを抱えやすく寝付けなかったり、食欲が無い時がありました。 もちろん、ビオフェルミンやエビオス、わかもとなども飲んでる時期がありましたが、治すことはできなかったです。 電車に乗る時はトイレの場所を把握しておく必要があったり、女性とのデートの日がある日は不安で眠れませんでした。 社会人になってからも会議や大事な場面で、 「お腹痛くなったらどうしよう・・・」と 頭を抱える日々が多く、 病院に行っても、医師からは、 「ストレスを解消しよう!」 と言われるだけ。 しかし、数々の薬やサプリを試していく中、 慢性下痢を改善することができたサプリを見つけることができました。 3年間慢性下痢に悩みつづけてきましたが、 実際に使用してみたところ、 本当に効果を感じることができたのでご紹介しておきます。

次の

毎日夜になると腹痛。下痢になるわけではない。考えられる原因は?症状の特徴と対処法

毎日 下痢 腹痛

お腹の痛みがあるのは、男性、状態でともによくある症状です。 しかし「お腹がずっと痛い」「腹痛が続く」など、お腹の痛みが数日以上続く時は、さすがに不安になりますよね。 そんなに痛みがひどいわけではないけど、 チクチクした痛みが続いている。 お腹にシクシクした痛みがある。 ズーンとした重い痛みがある。 ズキズキして動けない程の痛みがある。 こんな時、何がお腹の痛みの原因なのか、わからない事も多いです。 お腹の痛み方はいろいろあるので、痛み方や場所、症状によって、何の病気なのか判断が難しい事もあります。 また、お腹の痛みは病気だけでなく、ストレスなどで痛む事もあるので、数日続いた痛みを放っておく事もあります。 しかし、最初は痛みが穏やかでも、急な痛みに変化する場合かあります。 痛みの度合いが変化するだけでなく、痛みの場所が変わる、移動することも。 他にも、最初は特に痛みだけだったけど、次第にお腹に張りが出てくる病気もあります。 そこで、今回はお腹の痛みが続く、腹痛が続く原因や病気を、左側や右側等の場所や症状別に、詳しく解説していきます。 また原因不明のお腹の痛みの場合、なぜ痛くなるのか、お腹の痛みが続いている、治らない時の市販薬等の対処法もご説明します。 *以下の記事に、 腹部の臓器の位置をイラスト図でご紹介しています。 また、お腹には、左右2つある臓器もあります。 卵管 なので、左側や右側、上下等、 痛む場所によって、お腹の痛み、腹痛が続く原因を特定していく事が大切です。 上記に記載のある場所を見て、痛みの原因かもしれない臓器を考えましょう。 さらに、現在の症状を見ることで、病気がわかる場合もあります。 また臓器ではありませんが、「 腹膜」と呼ばれる、 お腹の臓器(大腸、小腸、肝臓等)の表面を、全体に覆う薄い膜があります。 お腹の痛みや腹痛が続き、お腹の中の臓器に炎症が起こっている場合、腹膜も炎症を起こす事があります。 腹膜だけでなく、「 精巣」も下腹部痛が伴う事もあり、注意が必要です。 胃潰瘍• 慢性膵炎• 慢性胆嚢炎• 虫垂炎• 過敏性腸症候群• 慢性腸炎• 潰瘍性大腸炎• 大腸憩室炎• ズキズキした痛みや、キリキリした痛み、鈍痛を感じることもあります。 胃潰瘍は、みぞおち付近が痛むので、胃潰瘍だと思っていたら「 狭心症」・「 十二指腸潰瘍」ということもあります。 また、「 胃炎」も、上腹部付近やみぞおち付近の痛みが続く事が多いです。 また、左脇腹に痛みがでることもあります。 長期的にアルコールを飲む、男性に多いです。 繰り返し右上腹部に痛みがでます。 また、急性胆嚢炎と比較すると痛みが軽く、鈍痛を感じることがあります。 主に、 右下腹部に痛みがでることが多いです。 虫垂炎は、急に腹痛を伴う印象がありますが、 チクチクした痛みから、ズキズキとした痛みに変わることもあります。 また、最初はお腹全体が痛かったのに、 時間がたつと右下腹部に痛みが移動していくこともあります。 下痢や便秘が数ヶ月以上続くことがあります。 発熱・吐き気・嘔吐の症状が見られることもあります。 腹痛だけでなく、 吐き気や嘔吐を伴うこともあります。 「 急性腸炎」と違い、あまり激しい痛みを感じることはありません。 微熱が続くこともあり、徐々に下痢がひどくなります。 炎症部分が、お腹の中側に風船のように膨らむのが「憩室」です。 細菌の増殖や便秘等で、便が詰まってしまう病気です。 下腹部痛以外に、下痢や発熱の症状がでることがあります。 重症の場合は、 血圧が下がる、黒い便(下血)や血便が見られます。 重症の便秘の場合、便とともに、 腸内ガスが充満する事で腹痛が起きます。 ちなみに、便秘というと「数日出ていないと便秘?」と考える人がいます。 しかし便秘の定義は、必ずしも、1日以上とは限りません。 お腹に感じる不快症状や吐き気・腹痛がなく、2~3日周期で定期的に排便があり、それが本人の排便ペースであれば問題ありません。 卵巣のう腫• 卵巣痛• 卵巣出血• 通常痛みはほとんどなく、腫瘍が大きくなると、 腹部の張りや痛みが出ることがあります。 また、卵巣がねじれる、卵巣が破裂すると、 下腹部に激しい痛みが起こります。 左右の下腹部に痛みを伴う事があります。 また排卵時に卵巣内が傷つき、少量の出血を伴う時に痛みが出る事もあります。 痛みは、 チクチクした痛みやピリピリする痛みが多いです。 主に右の卵巣で、出血が起こることが多いです。 出血した卵巣側に、 下腹部痛が現れます。 通常、少量出血の場合は自然に血が止まります。 しかし、出血が止まらない場合は、 お腹がぽっこりと出たり、血圧の低下、貧血の症状が現れます。 生理の期間、ずっと下腹部痛が続くことがあります。 *以下の記事に、 女性の腹痛の原因や病気を、詳しくご紹介しています。 精索がねじれると、 激しい痛みが現れます。 腹痛が続く腹腔内の病気:腹膜炎 「 腹膜」は、 横隔膜から下の内臓全体を包み込んでいる薄い膜です。 お腹の中の臓器の全てを、半透明フィルムで覆い、人間の内臓を守っている、大切な臓器の一部です。 「虫垂炎」や「急性胆嚢炎」などの合併症で、「 腹膜炎」を発症します。 お腹全体に強い張りが出て、身をよじるような、 激しい痛みが続きます。 血の気がなくなり、真っ青になることもあります。 他にも、 吐き気・おう吐・発熱などの症状や現れることがあります。 「腹膜炎」は、命に関わる病気です。 手を離した瞬間に、何とも言えない痛みがお腹全体に響くと「腹膜炎」の可能性があります。 胃がん• 肝臓がん• 大腸がん• 胃潰瘍と同じようなな、 鈍痛やキリキリした痛みが長期間続きます。 重症化すると、 真っ黒な便(タール便)がでるとことがあります。 しかし、進行していくと、 お腹の張りや、右上腹部に鈍痛が続くことがあります。 また、 下痢の症状がでることもあります。 主に、 血便、下痢、便秘の症状が見られることが多いです。 進行すると、 ズキズキする痛み、腹部のしこり、血尿がの症状が現れます。 原因不明の腹痛が続く時に考えられる事 病院に行って、検査を受けても、お腹の痛みの原因が分からないことがあります。 原因不明の場合は、以下の可能性も考えられます。 無理な運動• 筋肉痛• 呼吸が荒くなる• 無理なダイエット• バリウム検査後のアルコール摂取• 妊娠中の身体への負担• 糖尿病や心臓疾患の副症状• 食中毒の症状 マラソンやジョギング等の運動の後は、お腹の痛みを感じることがあります。 「 無理な運動」を続けると、 筋肉痛になり、腹痛が続くことがあります。 「 呼吸が荒くなる」と、 横隔膜の過剰活動によって、痛みがでることもあります。 また、女性に多いのが「 無理なダイエット」です。 人間は、食べ物を摂取しなくても便が作られます。 「 無理なダイエット」で、 便秘を引き起こすことがあります。 他にも、胃のバリウム検査後、バリウムを外に出すために、下剤を飲む必要があります。 もし、バリウム検査後、当日にアルコール摂取すると、 バリウムを腸内で固めてしまい腹痛がでることもあります。 最悪の場合、「 腸閉塞」や「 腸捻転」を引き起こす場合があります。 また、女性であれば、「 妊娠中」に腹痛が続くことがあります。 胎児の成長と共に、母体の下腹部の負担が大きくなります。 すると、母体の 足の付け根の痛みや、右脇腹の張りと痛み、両脇腹がつるような痛みが続くことがあります。 他にも、心因性で腹痛が続くこともあります。 *腹痛が続き、何科の病院に行けば良いかわからない場合は、以下の記事を参考にしてください。 下痢の場合もありますし、便秘で痛みが治まらない事もあります。 そんな時におすすめなのが「 お腹を温める事」です。 お腹が冷えると、お腹の痛みが続くことがあります。 夏は、暑い外からエアコンがきく冷たい部屋の中に入ると、お腹が痛くなることがあります。 冬は、逆に外にでるとお腹が痛くなったり、冷たい椅子に座ってお腹が痛くなることもあります。 お風呂に入る• ひざ掛け等をお腹にかける• 腹巻きをする• 使い捨てカイロを貼る• 温かい食事をとる(生姜入り) 「 お風呂」に入れば、体全体を温める事ができるので、非常にオススメです。 しかし、すぐにお風呂に入る事ができない場合は、「 ひざ掛け」などで、下半身やお腹を温めるのが良いです。 また「 カイロ」をお腹だけでなく、背中に貼ると、お腹を温める事ができます。 食事でおすすめなのが、「 生姜入りのスープ」。 生姜は、体を内から温める効果があるので、お腹の痛い時や生理痛時におすすめです。 しかし、 「虫垂炎」や激しい痛みの場合は、温めると逆効果になる事もあります。 既に、炎症しているときは、 温めるとさらに痛くなるので、注意しましょう。 また、お腹を温めるだけでなく、「 市販薬」などの薬を飲むのも効果的です。 お腹の痛みや腹痛が続く時に、効果的な市販薬をご紹介します。 お腹の痛みが続く時の市販薬 お腹の痛みが続く時、何の薬を飲めが良いか分からない事も多いです。 頭痛薬であれば、「イブ」や「バファリン」等の鎮痛薬のイメージが強いです。 しかし、お腹の痛みだと「胃腸薬」「整腸剤」「鎮痛剤」と、いろいろな種類があります。 お腹の痛みだけでなく、 症状別に効果的な市販薬をご紹介します。 お腹の痛みと下痢 お腹の痛みだけでなく、下痢が続いている場合、下痢止めを飲む人もいます。 しかし、まずは下痢止めではなく「 整腸剤」を飲みましょう。 下痢が続いている場合、体のウイルス等の菌を、体の外に排出している可能性もあります。 まずは 整腸剤を飲んでみて、様子をみるのが良いです。 市販薬の整腸剤では、• 新ビオフェルミンS錠• ザ・ガードコーワ整腸錠• ミヤリサン錠 等がおすすめです。 もし整腸剤を飲んでも下痢が続く場合や、どうしても下痢を止めたい場合は「 下痢止め」を飲む。 その後、なるべく早めに病院に行きましょう。 お腹の痛みと便秘 お腹の痛みが続き、便秘が原因の場合は「 便秘薬」です。 しかし便秘薬は効果が強すぎる、下痢が続くこともあるので、何度も使うのはよくありません。 便秘薬といえば「コーラック」ですが、コーラックは腹痛になりやすく、一気に下痢になることがあります。 そこでオススメなのが「 タケダ漢方便秘薬」。 タケダ漢方便秘薬は、 腹痛が少なく、自然な感じででるので良いです。 お腹の痛みと胸焼け(胃痛) 上腹部の痛みがあり、胸焼けや吐き気がある場合は、胃が原因の可能性があります。 まずは、「 胃腸薬」を飲んでみましょう。 しかし胃腸薬といっても、効果別に様々な胃腸薬が市販されています。 胃痛の症状別に、おすすめの胃腸薬がこちら。 胸焼けが強い「 太田胃散」• 食後の胃もたれが強い「 新セルベール」• 上腹部等の胃痛が強い「 スクラート胃腸薬」 他にも「 第一三共胃腸薬」も良いです。 胃腸薬は、食後の痛みなのか、空腹時の痛みなのかで、市販薬を選ぶのもオススメです。 しかし、あまりにも種類が多いので、 わからない時は薬剤師さんに相談しましょう。 お腹の痛みと生理 生理前後でお腹の痛みがある場合は、鎮痛剤が効果的です。 効果が強すぎないでおすすめなのが「 イブA錠」、他にも「 バファリンルナi」も良いです。 スポンサーリンク お腹の痛みが続く原因や病気のまとめ• お腹の痛みが続く場合は痛みの場所が重要• お腹の痛みが続く原因は消化器系の病気が多い• 女性は卵巣や子宮に原因がある事も• 原因不明の場合は心因性やストレスの可能性も• 痛みが続く時はお腹を温める• 腹痛や下痢には整腸剤が良い• 生理痛や腹痛のみが続く場合は鎮痛剤 お腹の痛み・腹痛が続く時は、 お腹のどの位置が痛いかを、知ることが重要です。 また、腹痛だけでなく、下痢や吐き気等の症状から判断する事ができる場合もあります。 しかし、お腹の痛みが続く時に一番大切なのは、「 病院を受診する事」です。 腹痛が続くということは、内臓のどこかで異変が起きている可能性が高く、体がシグナルを出しているということ。 仕事等でなかなか病院に行けないと、痛みがひどくなって慌てて病院に行く事もあります。 できれば、 痛みがひどくなる前に、必ず病院で診察を受けましょう。 そして病院に行く時に大切なのが、しっかりと「 検査」を受ける事です。 お腹の痛みは、まずは腹部の「 超音波(エコー)検査」を受けると、内臓に異変がないか確認することができます。 またある程度大きな病院であれば、「 CT」「 MRI」で、病気を特定できる可能性が高くなります。 また、大腸に異常がある、腹痛だけでなく下痢が続く場合は「 大腸内視鏡(大腸カメラ)」の検査を受けるのが良いです。 大腸カメラは、前日から下剤を飲む必要があり、大変な検査です。 しかし、何も異常がなければ安心できますし、何か異常が見つかれば、早めに見つかって良かったと思う事ができます。 お腹の痛みが続く場合は、体からのシグナルなので、是非早めに病院を受診しましょう!.

次の