大島 トマト。 おすすめ穴場レジャー!西海市の大島トマト狩りで楽しみ美味しくいただけるよ。

フルーツトマトより甘い~大島トマト(キッストマト)~

大島 トマト

西海市にはたくさんの美味しい食べ物があります。 冬の時期には「みかん」や「ゆでぼし大根」などの生産が盛んです。 そして、春先にむけて生産がされる美しい食べ物があります。 それが『トマト』なんです! 西海市のトマトは、一度食べたら他のトマトが食べれなくなるぐらい美味しい!一歳になる娘が西海市で作られたトマトを食べてから、他で作られたトマトを食べてくれなくなりました…それほど美味しいんです。 美味しいトマトができる秘訣! 苗の植え付けのお手伝いへ行きました。 1本1本座り込み優しく植え付けて行きます。 これが結構大変! その後たっぷりのお水をあげながら育てるのかな?と思っていたら、極限まで水をあげない!と聞きました。 そうすることで、高濃度で旨味たっぷりのトマトが出来上がり。 西海市のトマトの特徴は? 西海市で作られたトマトは、美味しい果実の部分を守るために皮がとっても分厚くなってます。 こんなに歯ごたえがあるトマトはここにしかないのでは?と思えるほど! 手のひらサイズのトマトは氷水などで冷やしてガブっと丸ごと食べるのがおすすめです。 特に美味しいトマトはヘタの近くが緑色で、お尻にスジが多く小ぶりな物。 慣れれば美味しいトマトを簡単に見分けることができるようになりますよ! 旬はいつ?どこで買うことができる? 西海市のトマトは『大島トマト』や『西海トマト』と言うブランド名で毎年3月頃から西海市内の各直売所で販売されています。 とても人気商品で土日にはあっという間に完売するそうです。 私も春先になると直売所のおばちゃんとたくさん話して、トマト入荷の情報を仕入れるのが日課です! まとめ 春になったら、自然豊かな西海市へドライブがてら、旨味たっぷりの自慢のトマトをぜひ食べに来てください。 お待ちしております。 予めご了承ください。

次の

大島トマト!

大島 トマト

【鉄腕ダッシュ】は子供が大好きで 毎週見ているのですが突然息子が 「コレ、食べたい!!」と叫びました。 画面を見ると 長崎県の「大島トマト」 というフルーツトマトでした。 造船所の名前は 「株式会社 大島造船所」 長崎県の大手造船会社です。 造船所とトマトって 全然共通点がないですよね。 何故造船所がトマトを? 造船所の仕事が激減した時代に 従業員の働ける場所がなかったので 会社の敷地内を利用しトマトを栽培して 働く場所を作ったことがキッカケだそうですよ。 昭和10年頃から栽培を 始めたそうです。 そうする事で糖分・旨味成分・ ビタミン・有機酸などが小さいトマトに 凝縮され甘味が強く酸味がしっかりします。 TOKIOの2人が 大島トマトの糖度を 測ったら「14度」でした。 これってメロンと 同じくらいの糖度ですよ。 ちなみに一般的なトマトは 糖度が4~5だそうです。 国分太一が 果物を頬張るように食べていましたよ~。 大島トマトは1個80g~100g程度。 子供には食べさせたくない・・・ 笑 大島トマトは通販可能? 大島トマト、食べてみたい!! と子供達が大騒ぎするので ネットで買えるか調べてみました。 贈答用が完売でしたが お手頃価格の2,600円が ネット通販可能のようです。 注文する場合は 名前・住所・電話番号・商品と数量を 電話やメールで連絡してくださいとのことです。 15~18個ほど入って 1箱1,400円です。 ただ、いつも販売している訳では ないようなのでHPをチェックして 在庫を確認してみてくださいね。 我が家は訳ありで 十分だな~^^ スポンサードリンク.

次の

長崎県 西海市の【限定200箱】大島トマト(3kg)<大島造船所農産G> [CCK005]

大島 トマト

大島で栽培されている〇〇〇といえば、甘くて美味しい大島トマト。 でも実はそれだけではないのです。 今夏、 「大島メロン」が初めて売り出されることになりました。 メロン!?大島で?そしてそのお味は??と気になるところが満載です。 大島メロンの栽培を行っている 株式会社大島造船所にお話を伺ってきました。 大島造船所が作る「大島メロン」 「そもそもなんでメロンを作ろうとしたのかっていうと、トマトの裏作で何か良いものが作れないか?と考えたからなんです。 」 と、大島造船の納田(のうだ)さん。 メロンの栽培にはトマトの育苗ハウスを利用しているとのこと。 「 高級品種のネットメロン『ミラノ』と、少し安価な『ユウカ』という2種類を作っています。 ユウカの方は普段でも手に取ってもらいやすいと思います。 7月中旬から直売所などで販売します。 」 育苗ハウスへ行って栽培の様子を見せていただきました! 時は6月下旬。 ただでさえ蒸し暑い季節ですが、育苗ハウスの中はもっと高湿度!メロンには高湿度・高温度が必要なのだそうです。 元は育苗ハウスなので、プランター栽培です。 ミラノの実は6月現在このくらい。 もともと小ぶりな品種で、出荷する頃に1~1. 5Kgほどになるそうです。 新聞紙で覆いをしているのは、日焼けを防ぐためです。 土耕栽培ではないため、メロンの実が下に落ちないよう上から釣っています。 ミラノは高級品種。 苗一本につき、育てる実はたった1個だけに選定するそうです。 つまりここにいるのはミラノのエリートたちです。 もう一つの品種、ユウカのハウスではちょうど釣り作業中。 こちらもメロンのエリートたちが釣られています。 ユウカの方も、苗一本につき実は3個程度にしぼるそうです。 摘果したユウカとスタッフの方。 いつから食べられる?どこで買える? 大島メロンは、 ミラノが7月中旬から収穫の時期を迎え、ユウカは8月のお盆過ぎくらいになるとのこと。 大島メロンの栽培を行っている大島造船所の永田さんにお話を伺うと、 「一昨年から、実験的に栽培していたんです。 でも、トマトの栽培ノウハウとは全く違うので、手探りでゼロからの出発でした。 一昨年、昨年とやってみて、今年は初売り出しでチャレンジの年です。 糖度も大事ですが、 味そのものを良くしたいと思っています。 味、コクなどの数値に表れないものを重視しています。 」 そうやって作られたメロンがどんな味か知りたい方、以下要チェックです。 メロンの発売をお楽しみに! 「味・コクにこだわった」という大島メロンです。 ぜひ初シーズンに食べてみたいですね。 なお、 大島トマト直売所でのミラノの価格は以下です。 (その他直売所・スーパーでは価格が異なります。 6kg以上) 1,800円(税抜) 中玉(1. 1~1. 5kg) 1,500円(税抜) 小玉(1. 出荷は収穫後随時となるので、本当の食べごろになるには買ってから少し待たないといけないかもしれません。 メロンのつるが枯れてきたころ、メロンのおしりを押してみてやわらかくなっていたら食べごろですよ! 今年の夏は、こだわって大切に育てられた大島メロンで、至福のひとときを味わえますよ! 【お問い合わせ】・株式会社 大島造船所 大島トマト農園直売所 平日午前8時~17時 土日休み 西海市大島町1131-1 電話:0959(34)5191 FAX:0959(34)5193.

次の