引越し 営業。 しつこい営業電話をなんとかしたい!円滑に引越しの見積りをするには?

引越し営業スタッフのサービス品質向上:引越しのムービングエス!

引越し 営業

引越しを「値段で決める」というのは間違った選択ではありません。 しかしプランの変更などがあった際、その窓口が担当営業マンになることが多いため、見積もり時に威圧的な営業マンだと契約後に横柄になったり、トラブルも多くなります。 ちはるさんの言う通り、営業マンが引越しをするわけではないため安さで引越し業者を選んでも良いような気がします。 しかし、自分が作業するわけではないから「できない」ことも「できる」と言って他社より目立とうとしている可能性もあります(引越し営業マンは呼吸をするように嘘をつきます)。 営業マンと現場作業員の意思疎通ができていなければ、 当日ほぼ間違いなく追加料金を支払うはめになり、安く契約しても蓋を開けてみれば他と変わらなかったということもよくあります。 引越しは「人(営業)」で選ぶ!値段だけで選んではいけない 引越し見積もりサイトを利用して何社も見積もりを取っていると、ほとんどのお客様が内容・サービスは二の次で、「値段が安い」だけの会社に任せることが多くなります。 それもそのはず。 引越しは当日にならないとそのサービスを目にすることができないため、「値段」以外の具体的な指標がわからないからです。 また複数の業者が入れ代わり立ち代わり我が家に入ってきて同じような話を延々とするため、料金以外の内容も分からなくなってしまうからです。 料金で引越し会社を選ぶことについて否定するわけではありませんが、引越し料金だけで引越し業者を選ぶということは、営業態度が悪い・雑な営業マンに引越しを任せる可能性が高くなってしまうため、 契約後のトラブルや不当な追加料金なども発生しやすくなります。 引越し業者と営業マンの間で情報が共有されているのは、 見積書に記入されている内容のみなので、見積書に書いていない内容を確認したいときはどうしても営業マン頼りになります。 契約後の窓口はその営業マンがアフターフォローまで担当するため、引越し業者を選ぶときは、後日対応も気持ちよくやってくれる営業マンを選んだ方がよいのです。 引越し契約時に必ず渡される標準引越運送約款は、その内容が細かいためほとんどの営業マンは「読んでおいて下さい」としか指示しません。 あるいはその存在すら伝えません。 対して顧客思いの良い営業マンは、すべての内容説明はしないものの、引越しトラブルに繋がる事例が多い項目については必ず解説します。 特に「」や、「」に関する内容は丁寧に説明してくれるはずです。 なぜなら、 引越しのトラブルは現住所よりも引越し先で起きることの方がはるかに多いからです。 相見積もりという限られた時間の中で、少しでも良い引越しができるよう、 ヒアリングに最も時間をかけます。 仮に引越し先について一切ヒアリングを行わない営業マンがいれば、当日になって大型家財が新居に入らない、吊り上げが必要になってしまった、など追加料金がかかってしまうこともあります。 引越し先について具体的に確認せず「吊り上げできます!」「冷蔵庫入ります!」などデリケートなポイントをスルーする営業マンも信用できません。 何社も見積もりを取って「できない」と言われ続ける中「できる」という業者が現れると私たちはホッとしてしまうのですが、「できる」と言ったその経緯をしっかり確認するようにして下さい。 なぜなら、引越しの営業マンは常に会社から「即決」を求められているからです。 無料の訪問見積もりと言っても、ボランティアではお金になりませんからね。 特にサカイ引越センターのしつこさは群を抜いています。 しかし引越し作業の品質はピカイチ。 ここはさすがです。 また引越し料金に相場はありません。 つまりすべての業者に値段をオープンしてしまえば、1社目よりも2社目の方が、2社目よりも3社目の方が値段が安くなるのは当然のことなのです。 それを防ぐために、引越しの営業マンは時間の許す限り 全力で営業をかけてきているのです。 そのため、「しつこい=悪い営業マン」とは一概に言うことができないのです。 肝心なのは引き際で、良い営業マンは見積もりが始まる前に相見積もりの状況を聞き、自分の使える見積もり時間を把握して、ここぞという場面で「他の引越し業者を断ってくれたら、このくらいにします。 」と最後の値引き交渉を持ち掛けてきます。 それを見逃さないようにしましょう。 良い営業マンは、相見積もりの経過や結果を聞くために、ちょくちょく連絡をしてきてくれます。 相見積もりを取っていると、最初の引越し業者と最後の引越し業者では、プラン内容がまったく違うということも起き兼ねないため、常に対等な見積もりが出せるようにと連絡をしているのです(迷惑行為というよりは親切心の方が強いはずです)。 見積もりの時点でこまめな連絡を取る営業マンは、契約後にもこちらの進捗状況を気遣ってくれたり、こちらの変更にも快く対応してくれます。 契約をするなら、こまめに連絡を取る営業マンにしましょう。 引越しとか、不動産の仲介とか、保険営業とか、 もう競合でほとんど差がないサービスのときは、 営業マンの人柄を見て、契約を決める。 前回はアートの営業マンの人いい人そうだったので、この人に数字にしようと思ったけど、今日の人は怖かったから、最安でもあんまりしたくないかも。 — 攻めの中山 firenakayama 良い引越し営業マンに出会うには相見積もりを取るしかない 営業マンが顧客を選べないのと同時に、私たちも営業マンを選ぶことはできません。 ですからなんてもってのほか。 ボッタクってくださいと言っているようなものです。 そんな状況の中でより良い営業マンに出会うためにこちらができることといえば、多くの 相見積もりを取って営業マンを吟味することです。 見積もりは一瞬ですが、契約をすれば引越しが終わるまで長い付き合いとなります。 もし融通の利かない営業マンを選んでしまうと、結果的に実害としての損・リスクの可能性が高くなります。 正直のところ、「引越し業者」で選ぶ時代というのは終わりました。 オプション等の違いはありますが、資材や一般的なサービスはほとんど同じ。 また有料のサービスがあったとしても、「引越し料金に相場がない」ということを分かっていれば、それを加味した値引き交渉をすればよいだけ。 引越しを気持ちよく、かつ安く、行うためには相見積もりと営業マンの選定が非常に重要です。

次の

引越し料金相場&費用ガイド【引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し】

引越し 営業

サカイの営業所や支店が値引きしてくれる方法 サカイ引越センターは業界でも売上高NO. 1の引越し業者です。 このページでは、引越し料金が安くなる営業所や支店の見つけ方を紹介します。 全国の営業所に対応した方法 サカイ引越センターの営業所から見積もりをとる方法ですが、サカイのキャンペーンサイトで見積もり依頼ができます。 キャンペーンサイトから見積もり依頼すると特典が付きます。 特典の内容はその時々で変わるのでチェックしてみて下さいね。 相見積もりのお得な情報 もし、サカイ引越センターと他社の業者を相見積もりするなら 、リクルートのSUUMO(スーモ)というサービスを使うのがおすすめです。 SUUMO(スーモ)をおすすめする理由ですが、 電話番号の入力が任意で、メール見積もり比較ができるからです。 しかも、サカイ引越センターの全国の営業所が 特典をつけています。 下記は、リクルートのSUUMO(スーモ)というサイトの見積もり画面のスクリーンショットです。 こんな感じで点数で評価されるので、特典だけでなく引越しの品質もよくなりそうですね! 【参考記事】 お近くの営業所・支店が見つからない方へ 引越しの見積もりサイトを使うと、自分で営業所とか支店を探さないでも、お近くのサカイ引越センターから連絡が来るようにできます。 というサイトが、 メールで見積もりがとれるので、昼間働いている人にも気軽に使えてイチオシです。 他社との相見積もりにはなりますが、メールでの連絡なので、都合がいい時に確認すればいいだけです。 サカイと地域密着型の引越し業者を競わせる すみません、情報の付け足しです。 (今は違ったらごめんなさい。。 ) これとサカイ引越センターを比較して、質がいい方を選ぶのもありかもです。 どっちがいいとかではなくて、使い勝手の問題だけなので、好みにあわせて選んで下さいね。 ネット見積もりのメリットについて 「ネット見積もりって、面倒じゃない?」 という声があったので、サカイ引越センターで使うメリットを書いておきますね! 一括見積もりのメリットは、まず、 引越し料金が比較するだけで50%程度は安くなるのが数字で実証されてること。 そして、ご自宅付近に営業所があれば、サカイの支店から連絡がくるので電話番号を探す手間が省けることです。 直接、営業所に電話しなくても、近くにあるサカイの営業所から連絡が来るので、その時には、 他店を引き合いに出して、本命のサカイ引越センターに、他社の見積もりより安くしてもらって下さい。 サカイの料金を他社と比較して契約すれば、失敗することもなく最安値で引っ越しすることができます。 もしも、見積もりサイトから見積り依頼して、サカイ引越センターから連絡がこなければ、近くに営業所がないか指定の条件で空きがないかどちらかです。 でも、サカイ引越センターは営業力があるので、たいていは連絡がくるはずです。 見積もりの方法で、サカイ引越センターの料金は変わりますよ! 引越しはとにかくお金のかかってしまうものですが、サカイ引越センターのフリー便ならお得に引っ越しできてしまいます。 引越しのサカイ自慢のフリー便とはどんなものなのでしょうか。 それは引っ越しの日にちだけを決めておいて、 開始時間をサカイ引越センターの営業所におまかせしてしまうというものです。 サカイ引越センターでは、通常大きく午前・午後とに時間を分けてお客様に選んでもらっています。 お客様にとっては午前中に引っ越しを済ませておいて、午後自由に時間を使うというのが人気のあるパターンではあります。 ということでこの引越しの引越しのサカイのフリー便では、だいたいが午後から近くの営業所の人間が向かうということが多くなります。 そして、遅くなる場合もあり時には夕方頃から引っ越し作業が開始されるということもあります。 何かと忙しい引越しですが、予定が立てづらくなるというデメリットもありますが、その分料金がお得になるというのがフリー便なのです。 荷物があまり多くない場合や、移動距離が短いといった引越しには、フリー便が向いているといえるでしょう。 注意点としては、引っ越し先での作業時間帯が夜遅くにずれ込むということも考慮に入れておくことを忘れないでおきましょう。 引越し相場がすぐわかる定番見積もり 地域ごとの営業所のお問合わせの電話番号(代表の電話)は下記から確認して下さい。

次の

会社概要|企業情報|引越しの見積もりなら0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

引越し 営業

「引越」とは余程の転勤族の方を除いては、そんなに何度もするものではないので慣れないことや不安がいっぱいですよね。 なかには気が付かないうちに、 「厄介なお客様」になってしまうケースもあるのです。 できることなら、せっかくの新生活を気持ちよくスタートしたいものです。 皆さんが気付かないうちに陥りやすい失敗をいくつか例をあげてご紹介しますので、参考にして下さい。 CASE1:荷物の申告は適切に 最近、インターネットで参考見積金額を出せる業者が多くなってきています。 それをもとに、自分の気に入った業者を呼んで実際の荷物を見て正確な見積を算定してもらうのが一般的な流れですが、特に繁忙時期に過少申告が多いです。 もちろん家具1つ、外に置いている自転車を1台、なんて当然、人間だから忘れていることは多いですし、1秒でも早くトラックを押さえたいと思うのは心理です。 でもトラックの大きさは、当然ながら荷物の量で決まります。 特に書籍類のような重量物や、盆栽や家具など、重ねられない物って困るのです。 「何のためのフリースペースが申込みフォーマットにあると思ってるの!」って、思うことはよくあります。 逆に丁寧に申告されていれば、おおよそご希望日のトラックの状況などを確認の上お伺いできるのでスムーズですし、もし 上手く1サイズ小さなトラックが使えれば料金もぐっと下がります。 繁忙時期は特に、パズルのようにトラックの運行状況を組み合わせながらトラックを押さえていくので、どうしても後者のお客様の方がありがたいです。 申告がキチンとできて好印象の方なら、ちょっとくらい上司に金額交渉かけよう、なんて思いますしね。 お互い様だと思いますので申告は丁寧にすることを心掛けましょう。 申告が違っていて「料金がネット見積より高いじゃないか!」って怒鳴られても助けてあげられませんから。 内々示があったり、打診されたあたりで 「うちの息子のためにトラックを予約したい」っていうおばあちゃん、 かなり多いのです。 ・・・おばあちゃん、息子さんいくつ?って感じがするのですけど。 基本的に繁忙時期はトラック争奪戦なのです。 まだ決まりもしない転勤のために、80歳とか90歳くらいの母に電話させる方たちに日本の治安は守れるのだろうか・・・と毎年ちょっと不安になってしまいます。 企業の方や、お子さんが受験中、まだ合格発表前のお母様達も同じです。 基本的に企業の場合はだいたいどこか大手引越業者が入っていて、無条件にその会社の引越は優先してトラックをあけたりしますので。 前述の某公官庁も同じです。 ちょっと危機感がないのか、忙しいのか、テレビ局などは家まで決めてから電話して下さることが殆どですよ。 「トラックの予約はできない」これはしっかり肝に銘じておいて下さい。 だいたい、転居先も決まってない引越の予約をしたがる方に限ってしつこいです。 人間の心理としてわからないでもないですけど。 白い目で見られるのはお引越される当人ですから。 過保護もほどほどに、ですね。 CASE3:未来が心配なお役所払いと親払い これって、今読んで下さっている方には衝撃かもしれないですが、もしかするとあなたの周りにもいるかもしれないお話です。 「役所請求」って言葉があるのですけれど、 これは 「生活保護を受けているひとを市役所のお金、つまり税金で引越させる」ことです。 ただ、まぁこれが対応困難なことが多くて。 だいたい、公営住宅の建て替えなどに伴う転居が多いです。 本気でお客様と言い争うこともありますよ。 最後には「自分で払うわけじゃないから」なんて言われますしね。 でもこれ、親御さんがお金を払う大学生にも多いです。 あきれて物が言えなくなっちゃいます。 「親が払うから」なんて聞いた日には日本の未来が心配で心配で。 わがままって、いつの時代にも限度があると思いますよ。 生活保護受給の例はともかく(年間の発生件数半端ないですけどね)お子様が進学される際のお引越が発生する親御さん、気を付けて下さいね。 何でも印象です。 素直に親御さんに相談してくれるお子さんなら、少しでも安い日のご提案もしますし、日程もどうにかがんばったりしちゃうのが人間です。 営業マンを味方にするって大事だと思いますよ。 元引越業者関係者からの言葉 最後に。 引越業者も人間です。 どちらかと言えば、有名な三大大手であっても他の企業さんよりアナログな部分も多く、働いている人間も感情豊かな方が多いです。 サービスが商品、だからでしょうか。 お見積から当日、後日のダンボール回収まで、できることならば穏やかに進めたいのです。 特別な対応は要りません。 でも、自分だけが先にトラックを確保しようとかそういう事も含めて、 一般良識の範囲を忘れずに、困った時は正直に相談した方が得です。 実際、過去には1週間前まで引越し先が3県のどこか決まらない、でも翌月1日から転勤先に勤務開始で1日しか引越日の猶予がないというお客様もおられました。 正直に職場とご本人の事情をご説明いただき、特別決済でトラックを確保したこともあります。 アナログな部分が多く残っている業界なので、弁えられた内容ならば融通も効きます。 見積に来た営業マンが信用できない、不安があればチェンジもできますので、ぜひ色々お話して素敵なお引越を進めて下さいませ。

次の