調剤 薬局 コロナ 対策。 新型コロナウイルス感染症に関する情報 |日本薬剤師会

新型コロナウイルス感染症対策でマスク以外に私が備えるもの

調剤 薬局 コロナ 対策

詳細な条件は厚生労働省が詰めるが、ホテルなど宿泊施設で療養する患者と接した場合も含む。 病院で窓口業務にあたる事務職や病院内の清掃員なども対象になりそうだ。 調剤薬局は対象外だ。 また、対物業務から対人業務への移行を実践してきた薬剤師が「対人業務」とみなされていないのかと、怒りや嘆きの意見が多く発せられています。 その一部を紹介いたします。 医療従事者への慰労金、医療介護だけじゃなくてコロナ禍で頑張るたくさんの業種の人にあげてほしいし、どこかで線引きしなくちゃなのも分かってる。 でもさーでもさー薬剤師として、お金がもらえないからじゃなくて、対人業務と見なされていないってことが悲しい😭— 子育て薬剤師💊勉強用 NOLZucav7JbH8vT 慰労金のお金うんぬんじゃなくて。 薬局薬剤師の仕事が認められていないのに怒りを覚える。 医療従事者であることも対人業務であることも否定され。 私たちの仕事はなんですか。 — ちわ ncmt312 薬局薬剤師は慰労金貰えないだろうと思ってたし、そこは別にいいけど、医療従事者でもなく、対人業務ですらないことになるのは腑に落ちない。 なんのために薬剤師になったのか…ひどすぎる。 慰労金なんていらないけど、医療従事者と認められないのは納得できない。 — ココ coco5208 子供達に『抱っこして』って頼まれても『パパはバイ菌かもしれないから』って涙をのんできたのに。 そんな心ない言葉を浴びながらも使命感でやってきた。 毎回この手のニュースを見ると大事にしてきたものを否定された気持ちになる。 なのに医療従事者扱いされないなんて!— 若々 じゃくじゃく suwatteoriru 薬局薬剤師は地域医療を支える重要な存在です。 感染予防対策、0410対応など、日々苦労をしながら多くの調剤薬局が緊急事態宣言下でも営業を続けました。 病院にかかる前に薬剤師に相談する患者が増加するなど、新型コロナウイルス禍で薬剤師への注目は高まっています。 そのような中での今回の「慰労金」問題。 日々現場で患者と接している薬剤師の皆さまはさまざまな思いを抱かれたことだと思います。 正式な決定がどのようになるのか、今後のニュースにも引き続き注目していきたいと思います。 nikkei.

次の

調剤薬局における新型コロナウイルス対策について

調剤 薬局 コロナ 対策

R2年2月28日に厚生労働省の医政局医事課/医薬・生活衛生局総務課の連名による事務連絡が関係機関に通知されました。 この事務連絡のタイトルは 「 新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や 処方箋の取扱いについて」となってます。 この事務連絡は2月29日時点では厚労省のホームページにはアップされておらず、「根回し段階」にあるようですが、週明けには三師会(医師会・歯科医師会・薬剤師会)を通じて通達されるのではないでしょうか。 実は2月27日に同タイトルの事務連絡が通知された翌日28日に内容を一部修正して再度通知されているようです。 29日現在、一般社団法人日本保険薬局協会のホームページで27日発出版が確認できます。 これに対し、全日本病院協会のホームページ には28日発出版が掲載されています。 28日版は他に、岩手県のホームページや、高知県薬剤師会のホームページにも掲載されていました。 高知県薬剤師会のホームページに掲載されている通知のあて名は「日本薬剤師会」となっていることから、すでに日薬から各都道府県薬剤師会には28日中に伝達されているのでしょう。 皆さんの都道府県ではいつ現場に連絡が来ますかね?? 事務連絡の内容=オンライン服薬指導の前倒し で、肝心の内容です。 (以下では28日発出版について述べています) 新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取扱いについて 今般、「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」(令和2年2月 25 日新型コロナウ イルス感染症対策本部決定。 以下「基本方針」という。 )がとりまとめられたところです。 基本方針を踏まえ、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、慢性疾患等を有する定期受診患者等が継続的な医療・投薬を必要とする場合に、電話や情報通信機器を用いた診療によりファクシミリ等による処方箋情報の送付等の対応が必要なケースがあることから、あらかじめ、その取扱いに関する留意点を別添にまとめましたので、貴管下の医療機関、薬局等に周知していただくようお願いいたします。 との前置きに続き、別添とした文書(タイトルは「 慢性疾患等を有する定期受診患者等に係る電話や情報通信機器を用いた診療、処方箋の送付及びその調剤等に関する留意点について」)で、 1.電話や情報通信機器を用いて診療し医薬品の処方を行い、ファクシミリ等で処方箋情報が送付される場合 ・ 新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、慢性疾患等を有する定期受診患者等について、当該慢性疾患等に対する医薬品が必要な場合、感染源と接する機会を少なくするため、一般的に、長期投与によって、なるべく受診間隔を空けるように努めることが原則であるが、既に診断されている慢性疾患等に対して医薬品が必要になった場合には、電話や情報通信機器を用いて診察した医師は、これまでも当該患者に対して処方されていた慢性疾患治療薬を処方の上、処方箋情報を、ファクシミリ等により、患者が希望する薬局に送付し、薬局はその処方箋情報に基づき調剤する。 注)処方箋情報のファクシミリ等による送付は、医療機関から薬局に行うことを原則とするが、患者が希望する場合には、患者自身が処方箋情報を薬局にファクシミリ等により送付することも差し支えない。 ・ ただし、新型コロナウイルスへの感染を疑う患者の診療は、「視診」や「問診」だけでは診断や重症度の評価が困難であり、初診から電話や情報通信機器を用いて診療を行った場合、重症化のおそれもあることから、初診で電話や情報通信機器を用いた診療を行うことが許容される場合には該当せず、直接の対面による診療を行うこと。 ・ なお、新型コロナウイルスへの感染者との濃厚接触が疑われる患者や疑似症を有し新型コロナウイルスへの感染を疑う患者について、電話や情報通信機器を用いて、対面を要しない健康医療相談や受診勧奨を行うことは差し支えない。 その場合、新型コロナウイルスを疑った場合の症例の定義などを参考に、必要に応じて、帰国者・接触者相談センターに相談することを勧奨することとする。 順を追って箇条書きにすると、• 新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から• 慢性疾患等を有する定期受診患者等について、• 当該慢性疾患等に対する医薬品が必要な場合、• 感染源と接する機会を少なくするため、一般的に、長期投与によって、なるべく受診間隔を空けるように努めることが原則であるが、• 既に診断されている慢性疾患等に対して医薬品が必要になった場合には、• 電話や情報通信機器を用いて診察した• 医師は、これまでも当該患者に対して処方されていた慢性疾患治療薬を処方の上、 (=慢性疾患の定期処方のこと)• 処方箋情報を、ファクシミリ等により、患者が希望する薬局に送付し、• 薬局はその処方箋情報に基づき調剤する つまり、次の要点で電話等診療&調剤を認めます、となっています。 また、感染を疑う患者の診療はきちんと対面で通常の然るべき診療を行うこととなっています。 続いて、医療機関に対する内容として、 2.医療機関における対応 ・ 新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、電話や情報通信機器を用いた診療で処方する場合、 慢性疾患等を有する定期受診患者等について、 当該患者が複数回以上受診しているかかりつけ医等が、その利便性や有効性が危険性等を上回ると判断した場合において、 これまでも当該患者に対して処方されていた慢性疾患治療薬を電話や情報通信機器を用いた診療で処方することは、 事前に診療計画が作成されていない場合であっても差し支えないこととする。 ・ 電話や情報通信機器を用いた診療で処方する場合、 患者の同意を得て、医療機関から患者が希望する薬局にファクシミリ等により処方箋情報を送付することとして差し 支えない。 ・ 医療機関は、処方箋を保管し、後日、薬局に当該処方箋を送付するか、当該患者が医療機関を受診した際に当該処方箋を手渡し、薬局に持参させる。 ・ 医師は、ファクシミリ等により処方箋情報を 薬局に送付した場合は、診療録に送付 先の薬局を記録すること。 ・ 医師は、3.により、 薬局から、患者から処方箋情報のファクシミリ等による送付があった旨の連絡があった場合にも、診療録に当該薬局を記録すること。 この場合に、同一の処方箋情報が複数の薬局に送付されていないことを確認すること。 今まで複数回(2回以上)診療している、• 慢性疾患を有する定期受診患者等について• 今まで処方されている慢性疾患治療薬であれば、• 事前の電話診療計画がなくても電話診療で処方してもいい となっていて、さらに処方にあたっては• 患者の同意を得て• 医療機関から直に薬局にFAXしていい• FAXした場合はカルテにFAX先の薬局名を記録しておく• 処方箋の原本は後日薬局に送付(郵送とか)するか、(面倒くさいなら)患者経由で薬局に届けさせてもいい• 患者が薬局にFAXした場合に薬局から確認の電話があった場合にも、カルテにその薬局名を記録するとともに、患者が複数の薬局で重複して調剤を受けていないことを確認する(不正防止) となっています。 そして、薬局に対する内容として、 3.薬局における対応 ・ 患者からファクシミリ等による処方箋情報の送付を受け付けた薬局は、 その真偽を確認するため、処方箋を発行した医師が所属する 医療機関に、処方箋の内容を確認する(この行為は、薬剤師法第24条に基づく疑義照会とは別途に、 必ず行うこととする)。 なお、 患者を介さずに医療機関からファクシミリ等による処方箋情報の送付を直接受けた場合には、この確認行為は行わなくてもよい。 ・ 医療機関から処方箋原本を入手するまでの間は、 ファクシミリ等により送付された処方箋を薬剤師法(昭和 35 年法律第 146 号)第 23 条~第 27 条、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和 35 年法律第 145 号)第 49 条 における処方箋とみなして調剤等を行う。 ・ 調剤した薬剤は、患者と相談の上、当該薬剤の品質の保持や、確実な授与等がなされる方法で患者へ渡し、服薬指導は電話や情報通信機器を用いて行うこととしても差し支えない。 また、長期処方に伴う患者の服薬アドヒアランスの低下や薬剤の紛失等を回避するため、調剤後も、必要に応じ電話や情報通信機器を用いて服薬指導等を実施する。 ・ 可能な時期に医療機関から処方箋原本を入手し、以前にファクシミリ等で送付され た処方箋情報とともに保管すること。 まず、処方せんの取り扱いについて、• 処方箋が患家からFAXされた場合は、真偽を確認するため、毎回必ず医療機関に連絡する• 医療機関から薬局に処方箋がFAXされた場合はこの確認は不要• 処方箋原本入手まではFAXされた処方箋を法定の処方箋とみなしてよい となっています。 調剤した薬剤に関して、• 患者と相談のうえ、• 品質を保持しつつ確実に交付できる方法で渡す(手段は限定しない)• 服薬指導は電話等で行ってもいい• アドヒアランス低下や薬剤の紛失などを回避するため、必要に応じ調剤後も電話フォローする(長期処方が前提の話) 処方箋の保管については• 医療機関から処方箋原本を入手してFAXされた処方箋と一緒に保管 となっています。 おさらい 一番シンプルなケースを整理すると以下のようになりそうです。 さてどうしましょ。 細かいことを言えば、診療報酬上の扱いには言及されていないので、私は再診料や薬歴管理指導料は普通に算定してもいいんだろうなぁと勝手に解釈しておきます。 来週から、皆さんの地域でも電話診療による処方箋が届くかもしれません。 (私も週明けにお隣のDr. に説明してお願いする予定です) ashomopapa.

次の

調剤薬局を運営するなら気をつける新型コロナの予防対策【緊急事態宣言】|ヤクタマ

調剤 薬局 コロナ 対策

こんにちはヤクタマです。 緊急事態宣言も発令したことですし、薬局ができる新型コロナ対策について考えてみます。 緊急事態宣言が出たからといって 病院は休みにならない、もちろん薬局も休みにならない。 営業するのだから全力で うつらない・ うつさないの予防策をとる必要があります。 とくに従業員の感染には気をつけないと、でたら大変ですよ。 2週間くらい薬局閉めないとダメだとおもうし、その間に他の薬局へ行ってしまった患者は、きっと戻ってこない。 うわさが広がればますます患者の足は遠のいていきます。 経営的に非常にまずい状況が想定される。 そうならないためにも全力でATフィールドばりの防衛ラインを展開していきたい。 目次(もくじ)• 患者の待ち時間を減らす工夫 患者さんの滞在時間を短くすれば、待合室で密集する時間が減ります。 待ち時間を減らすための努力なんて、普段からやってると思うけど、もう少し踏み込みます。 時間がかかる処方は積極的に郵送・お届けする まず積極的に取り入れたいのが 重い処方内容は「お届け」「郵送」してしまいます。 重い処方箋を1枚処理している間に、どんどん待合室に人がたまっていきます。 たった1枚をすっ飛ばすだけで待合室の密集度合が激的にを改善します。 1枚の重い処方箋のためにみんなが待合室でまたされるの可哀想です。 処方箋をもってきた本人だって長時間待たされるのはイヤなはずだから、薬局からの郵送の提案は 渡りに船だとおもいますよ。 薬局から提案したのだから配送料は薬局で負担すべきでしょうね。 「お届け」や「郵送」の手間は増えるけど、このご時世で患者数がへっているので、それで浮いてしまった時間を充てるといい。 服薬指導さえ先にすませてしまえば「郵送」「お届け」どちらでも法的にもOKです。 投薬時間を短くする いまだけはグッとこらえて投薬を簡潔に切り上げるように意識します。 もちろん服薬指導はしないといけないから、あくまでも「簡潔に」を意識します。 とりあえず世間話はやめようぜ。 心なしか、患者さんからも早く帰りたいオーラが感じ取れるのでコロナピーク時は手短なのがいいとおもう。 一人一人の時間を短くすれば待合室の密度をグッと減らすことができます。 最強最速フォーメーション 最強スタッフで最速フォーメーション。 監査・投薬・薬歴が速い人を前衛にもってきて、ピッキング・一包化が速い人を後衛に。 これが理想なんだけど、たぶん前衛が疲弊するから通常の交代性をしくべきだとおもう。 前衛だけリスクに晒されて薬歴たまって残業するのだから、やりたくないでしょ。 投薬で距離をとる・バリアをはる カウンターから身を乗り出さないようにするとともに、一歩下がって投薬します。 会話に夢中になってだんだんと前のめりになっていくベテランランカーがいるから投薬台の手前に線でもひいといて出ないようにしてもらいたいね。 一番いいのは、飛沫感染対策のアクリル板バリアですね。 たまには仕事のこと。 薬局で飛沫予防のアクリル板設置。 受け口以外はホームセンターでできるのと、6000円程度で完成します。 時間はヤスリ処理込みで2〜3時間。 薬剤師の皆さんの参考になれば。 — 大川原拓佳 NAFT takuyoshi1 既製品もあるから購入するだけで簡単に設置することができます。 いましか使わないものだけど、従業員の安全を天秤にかけたら安いものだとおもいます。 そもそもそんなにお値段は高くない。 設置している店舗が増えているようなので欠品するかもしれません。 天井からビニールシートバリアも、よくみますね。 近所のコンビニはこれで飛沫感染バリアを貼っています。 お昼に寄ったコンビニ ファミリーマート にレジを仕切るビニールが吊り下がっていました。 いいね👍🏻と思ったので拡散! 写真OKと律儀に書いてありました。 いろんなお店でやっているのかな? 従業員を守る工夫良いと思います。 — せいぢ SayG916 天井からビニールシート貼るだけだから安価で、簡単にできるね。 従業員の出勤時間を減らす・ズラす 従業員の安全も第一に考えよう。 時間差出勤 出勤時間をむりに全員そろえる必要はないので、臨時で遅番・早番をもうけるのもありだとおもいます。 とくに公共交通機関を利用しているスタッフの通勤ラッシュを回避する意義はでかい。 通勤ラッシュからウイルスを調剤室にもらってくるリスクは十分に考えられる。 新型コロナの影響で患者数が激減しているいまだからこそシフトを再調整する必要があります。 時短営業 休めないけど、時短営業くらいさせて欲しいところです。 病院がやってくれたらいいんだけど、あんまり期待できないね。 薬局だけ短縮営業ってわけにもいかないから難しいね。 就労スタッフの削減 処方箋の枚数が減っているからスタッフをへらすこともできます。 2月・3月で長期処方が増えているから、その影響でこれから処方箋枚数はますます減ることになると思う。 どうせ有給休暇なんてあまってるでしょ? パートは出勤しないと給料減っちゃうから、正社員が順番に休むといい。 もちろん出勤したくないパートがいるなら意思を尊重して休んでもらうといい。 処方箋がすくない今ならいろいろ融通がききます。 薬局にでてくるよりは家にいたほうが感染リスクは低いに決まっています。 さらに高齢スタッフがいるなら優先してとってもらうといいね。 従業員の衛生管理 行動で予防するとともに、物理的にも予防しないとね。 スタッフのマスクはどこで購入すればいいのか? 感染予防にマスクはしておきたいところだけど、マスクがない! 医療機関にマスク配布があるようだけど、薬局に配布ってというのはきいたことない。 ただ、ないといってもまったく手に入らないわけではありません。 少し高いけどお金さえ払えばネットで購入することもできます。 楽天 ちょっと高いけど買えないというほどの値段ではありません。 従業員の安全を考えたら事業所からマスクは提供するべきでしょう。 どうせ経費で落とすでしょ。 税金優遇されるんだから個人に負担をかけるよりはいい。 カウンターの消毒・換気 定期的に、待合室・カウンター・調剤室・ドアノブの消毒をしましょう。 とくにキッズコーナーのおもちゃは入念にやってほしいところですね。 むしろキッズコーナは一時撤退した方がいい。 リスクでしかない。 親は触らせたくないけど、あれば子供は触りに行きます。 ない方がいいんです。 消毒用アルコールは入荷しにくいけど、入らないということはないです。 とりあえず「薄めた漂白剤」でしのぎましょう。 感染者が別の部屋で生活していても、トイレ、洗面所、浴室などを共用すると思います。 ウイルスは物についてもしばらく生存しているため、ドアの取っ手やノブ、ベッド柵ウイルスがついている可能性はあります。 05%の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた漂白剤)で拭いた後、水拭きするか、アルコールで拭きましょう。 トイレや洗面所の清掃をこまめに行いましょう。 清掃は、市販の家庭用洗剤を使用し、すすいだ後に、0. 1%の次亜塩素酸ナトリウムを含む家庭用消毒剤を使用します。 より 漂白剤のハイターなら激安だから気兼ねなく使えますね。 ただ、うすめたハイターは手指の消毒には適さないので注意してください。 アルコールがないなら、手指の消毒は、やっぱり手洗いでしょ!昼休憩に入る前に手洗いの徹底をしましょう。 ちなみにスプレーボトルも品薄だからウェルパスの空いた容器にでもつめかえてつかうといいです。 コチラの除菌水はまだ購入できます。 いまだけ購入で加湿器がついてきます。 「 無料」で使えて、3000円分のポイントがもらえるハイクオリティな医療系の情報サイトがあるから紹介しちゃいます。 そのサイトが「 」です。 医療系ニュースをまとめて読むことができて、毎日の情報収集がとにかく効率的になります。 毎日、スキマ時間にスマホでチェックするだけで 新薬情報・業界の動向・臨床情報・調剤報酬改定の速報 など、幅広く医療に関 連するネタを収集できちゃう。 し・か・も、 いまだけ 3000円分のAmazonギフトと交換できるポイントがもらえます。 要するに無料登録するだけで3000円の参考書が実質無料でゲットできるってコトです。 ニュース以外にも薬剤師コラムも充実してるから、ヒマつぶしに読むだけで勉強にもなっちゃう。 コラムで読んだ「 薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」これはマジで衝撃的だから、業務効率を改善したい薬局は必読の内容ですね。

次の