ウィンター カップ 速報。 全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会

ウインターカップ2017男子出場校一覧

ウィンター カップ 速報

よくある質問• -月額料金はかかりますか? ソフトバンクのスマートフォンをご利用のお客さまはスマートログイン設定を、Y! mobileのスマートフォンをご利用のお客さまはサービス初期登録を行っていただくことでご利用いただけます。 その他のお客さまはYahoo! プレミアムの利用料として月額462円(税抜)がかかります。 -通信料はかかりますか? お客様のご利用の料金プランに応じて発生いたします。 ご利用の状況などによっては、データ通信料が高額になることがありますのでご注意ください。 視聴の際はWi-Fi環境でのご利用を推奨します。 -対応機種について詳しく教えてください。 0以上)、スマートフォン・タブレット(Android 5. 0以上、iPhone 6 以降)ブラウザ:Safari(最新版)/Google Chrome(最新版) iPad(iOS 11. 0以上、iPad 5 以降、iPad mini Retina以降)ブラウザ:Safari(最新版)/Google Chrome(最新版) スマートフォン(Android 5. タブレット(Android 5. Mac(Mac OS 10. 3以上)ブラウザ:Safari(最新版)/Google Chrome(最新版)/Mozilla Firefox(最新版) Windows 8. -バスケットLIVEの退会方法を教えてください。 バスケットLIVEはYahoo! プレミアムの会員特典として、ご利用いただけるサービスです。 そのため本サービスのみ退会いただくことはできません。 Yahoo! プレミアムを登録解除することでご利用を停止することができます。

次の

スケジュール(2020年)

ウィンター カップ 速報

・男子 今年も激アツな冬がやってきた。 ウインターカップ2019、各ブロックの展望を読み解いていく。 まずは、第1シード福岡第一。 昨年のウインターカップ、今夏インターハイを制し、今大会も優勝候補最有力だ。 今大会も圧倒的な力で大会2連覇を目指す。 同ブロックでは、能代工業 秋田県 ・桜丘 愛知県 などの強豪の台頭にも期待したい。 第2シードは北陸 福井県。 今夏インターハイでは激戦区を勝ち抜き、準優勝と快進撃を見せた。 9大会ぶりの日本一を目指す。 他にも明成 宮城県 、広島皆実、中部第一 愛知県 、東海大諏訪 長野県 、土浦日大 茨城県 といった強豪校が初戦から相見え、熱戦が期待される。 第3シードは報徳学園 兵庫県。 今夏インターハイでは、ダークホースとしてベスト4と躍進。 近畿王者の東山 京都)との関西対決にも注目したい。 第4シードは開志国際 新潟県。 各ポジションに実力のある選手が揃い、バランスのとれたチームだ。 また、シードのポケットには福岡大大濠が控える。 福岡県予選で悔しい思いをしているだけに、今大会に懸ける思いは強いだろう。 ・女子 まずはAブロック。 インターハイ優勝、優勝候補筆頭の強豪桜花学園 愛知 のブロック。 昨年はまさかの準々決勝で悔し涙をのんだ桜花学園は、昨年の借りを返すべく闘志を燃やしている。 他の注目校は開志国際 新潟。 インターハイでは大阪桐蔭に1点差で敗北を喫した開志国際だが力は確実にあるため、桜花学園の1つ目の山となりそうだ。 続いてBブロック。 インターハイベスト4で強豪ひしめく大阪1位の大阪薫英女学院が一歩リード。 他にも、インターハイでは桜花学園に敗れたが、公立校ながら力のある良いチームの沖縄県立西原、関東優勝の昭和学院を県予選で破った千葉経済大もいる激戦区。 Cブロックは、インターハイでは開志国際を1点差で破りベスト4入りした大阪桐蔭が筆頭。 東京1位の明星、インターハイ2位の岐阜女子と接戦を演じた京都精華学園がいるため、ここが最激戦区になる模様だ。 最後にDブロック。 インターハイ2位、昨年王者の岐阜女子がインターハイの借りを返すべく闘志を燃やしている。 関東王者の昭和学院 千葉 が対抗できるか否か。 男女共出場校60校と、昨年から10校増枠されさらなる盛り上がりが予想される今大会。 令和元年王者を賭けた熱い戦いに期待だ。 による速報は、どなたでも無料でできます。 Player! アプリ概要】 タイトル Player! ) 対応言語 日本語、英語 サービスURL App Store: 公式サイト 公式twitter 【ookami 概要 2019年12月1日現在 】 商号:株式会社 ookami 本社所在地:東京都世田谷区羽根木1丁目21-8 代表者:代表取締役 尾形 太陽 事業内容:スポーツエンターテイメントアプリ「Player! 」の開発・運営、スポーツ情報インフラの開発・運営 沿革: 2014年4月 株式会社ookami設立 2014年6月 為末大氏、株式会社ユーザベース、個人投資家より資金調達を実施 2014年7月 本社を東京都渋谷区神宮前に移転 2014年9月 「Player! 」iPhone版を正式に公開 2015年12月 App Store Best of 2015 受賞 2016年4月 グリーベンチャーズより資金調達を実施 2016年9月 2016年度グッドデザイン賞を受賞 2017年3月 IMJ Investment Partners、グリーベンチャーズ、朝日新聞社らより資金調達を実施 2017年6月 IVS 2017 Spring Kobe「LaunchPad」出場 2017年10月 東京急行電鉄株式会社が行う「東急アクセラレートプログラム2017」ファイナリスト、New Work賞受賞 2018年6月 NTTドコモ・ベンチャーズ、みずほキャピタル、朝日メディアラボベンチャーズ、アシックス・ベンチャーズらより資金調達を実施 2019年4月 創業メンバーがForbes Asia Under30のCONSUMER TECHNOLOGY部門で、Asiaを代表する30人に選出 株式会社ookamiは、「人」と「情報技術」の調和によって、スポーツの新しい価値を創造する、スタートアップ企業です。 現代は情報革命の渦中にあり、テクノロジーの進歩により個人のライフスタイルはまだまだ大きく変わっていきます。 伝統的なスポーツエンターテイメントのあり方にもまた、変換点が求められています。 ookami はそんなめまぐるしい社会の中、世界のスポーツに革新を起こすべく、スポーツエンターテイメントアプリ「Player! 」を開発、運営しています。 より豊かなスポーツライフを、スポーツの感動を、世界中の少しでも多くの人々にお届けできるよう、メンバー一同、全力で挑戦をして参ります。

次の

【高校バスケ】ウィンターカップ2018結果速報

ウィンター カップ 速報

・男子 今年も激アツな冬がやってきた。 ウインターカップ2019、各ブロックの展望を読み解いていく。 まずは、第1シード福岡第一。 昨年のウインターカップ、今夏インターハイを制し、今大会も優勝候補最有力だ。 今大会も圧倒的な力で大会2連覇を目指す。 同ブロックでは、能代工業 秋田県 ・桜丘 愛知県 などの強豪の台頭にも期待したい。 第2シードは北陸 福井県。 今夏インターハイでは激戦区を勝ち抜き、準優勝と快進撃を見せた。 9大会ぶりの日本一を目指す。 他にも明成 宮城県 、広島皆実、中部第一 愛知県 、東海大諏訪 長野県 、土浦日大 茨城県 といった強豪校が初戦から相見え、熱戦が期待される。 第3シードは報徳学園 兵庫県。 今夏インターハイでは、ダークホースとしてベスト4と躍進。 近畿王者の東山 京都)との関西対決にも注目したい。 第4シードは開志国際 新潟県。 各ポジションに実力のある選手が揃い、バランスのとれたチームだ。 また、シードのポケットには福岡大大濠が控える。 福岡県予選で悔しい思いをしているだけに、今大会に懸ける思いは強いだろう。 ・女子 まずはAブロック。 インターハイ優勝、優勝候補筆頭の強豪桜花学園 愛知 のブロック。 昨年はまさかの準々決勝で悔し涙をのんだ桜花学園は、昨年の借りを返すべく闘志を燃やしている。 他の注目校は開志国際 新潟。 インターハイでは大阪桐蔭に1点差で敗北を喫した開志国際だが力は確実にあるため、桜花学園の1つ目の山となりそうだ。 続いてBブロック。 インターハイベスト4で強豪ひしめく大阪1位の大阪薫英女学院が一歩リード。 他にも、インターハイでは桜花学園に敗れたが、公立校ながら力のある良いチームの沖縄県立西原、関東優勝の昭和学院を県予選で破った千葉経済大もいる激戦区。 Cブロックは、インターハイでは開志国際を1点差で破りベスト4入りした大阪桐蔭が筆頭。 東京1位の明星、インターハイ2位の岐阜女子と接戦を演じた京都精華学園がいるため、ここが最激戦区になる模様だ。 最後にDブロック。 インターハイ2位、昨年王者の岐阜女子がインターハイの借りを返すべく闘志を燃やしている。 関東王者の昭和学院 千葉 が対抗できるか否か。 男女共出場校60校と、昨年から10校増枠されさらなる盛り上がりが予想される今大会。 令和元年王者を賭けた熱い戦いに期待だ。 による速報は、どなたでも無料でできます。 Player! アプリ概要】 タイトル Player! ) 対応言語 日本語、英語 サービスURL App Store: 公式サイト 公式twitter 【ookami 概要 2019年12月1日現在 】 商号:株式会社 ookami 本社所在地:東京都世田谷区羽根木1丁目21-8 代表者:代表取締役 尾形 太陽 事業内容:スポーツエンターテイメントアプリ「Player! 」の開発・運営、スポーツ情報インフラの開発・運営 沿革: 2014年4月 株式会社ookami設立 2014年6月 為末大氏、株式会社ユーザベース、個人投資家より資金調達を実施 2014年7月 本社を東京都渋谷区神宮前に移転 2014年9月 「Player! 」iPhone版を正式に公開 2015年12月 App Store Best of 2015 受賞 2016年4月 グリーベンチャーズより資金調達を実施 2016年9月 2016年度グッドデザイン賞を受賞 2017年3月 IMJ Investment Partners、グリーベンチャーズ、朝日新聞社らより資金調達を実施 2017年6月 IVS 2017 Spring Kobe「LaunchPad」出場 2017年10月 東京急行電鉄株式会社が行う「東急アクセラレートプログラム2017」ファイナリスト、New Work賞受賞 2018年6月 NTTドコモ・ベンチャーズ、みずほキャピタル、朝日メディアラボベンチャーズ、アシックス・ベンチャーズらより資金調達を実施 2019年4月 創業メンバーがForbes Asia Under30のCONSUMER TECHNOLOGY部門で、Asiaを代表する30人に選出 株式会社ookamiは、「人」と「情報技術」の調和によって、スポーツの新しい価値を創造する、スタートアップ企業です。 現代は情報革命の渦中にあり、テクノロジーの進歩により個人のライフスタイルはまだまだ大きく変わっていきます。 伝統的なスポーツエンターテイメントのあり方にもまた、変換点が求められています。 ookami はそんなめまぐるしい社会の中、世界のスポーツに革新を起こすべく、スポーツエンターテイメントアプリ「Player! 」を開発、運営しています。 より豊かなスポーツライフを、スポーツの感動を、世界中の少しでも多くの人々にお届けできるよう、メンバー一同、全力で挑戦をして参ります。

次の