魔法 の i らんど。 ケータイの安全 積み重ねで健全性を保つ「魔法のiらんど」

KADOKAWA、「魔法のiらんど」を小説投稿に特化したサイトへリニューアル

魔法 の i らんど

切ない• ヤンデレ• オフィス• 暴走族• 幼なじみ• 独占欲• 逆ハー• 年の差 作品の傾向• 切ない• ベタ惚れ• オフィス• セクシーラブ• 刺激的• ラブコメ• 泣ける• シリアス• ホラー• 裏切り• ファンタジー• ほのぼの• すれ違い• 歴史 キャラ設定• 暴走族• 美少女• 御曹司• お嬢様• モテ男• 芸能人• 過保護• かわいい• 婚約者• 無愛想• 生徒会• トラウマ• シスコン• アイドル• 女嫌い• 遊び人• 転校生• エリート• 支配者• 二重人格• ご主人様• ストーカー• ヴァンパイア• 男性恐怖症• イケメン• ツンデレ• 無自覚• ヤンデレ• 皇帝 関係性• 幼なじみ• 独占欲• 逆ハー• お仕置き• 年の差• 無理矢理• 初体験• 元カレ• 政略結婚• 身分差• 一夜限り• 男友達• お見合い• 遠距離• 友達の彼.

次の

KADOKAWA、「魔法のiらんど」を小説投稿に特化したサイトへリニューアル

魔法 の i らんど

ドラマ3話分を上映するとともに、出演した桐谷美玲と賀来賢人、主題歌を歌っているシンガソングライターのリサハリムをゲストに招き、トークショーやスペシャルライブを行なった。 「teddy bear」(べあ姫著)は、2005年に魔法のiらんど内で公開され、女子中高生からの支持をうけているケータイ小説。 シリーズ合計58万部のセールスを記録するなどカリスマ的な人気を誇る。 鈴木晴菜役に桐谷美玲、塚本成也役に賀来賢人のキャスティングでドラマ化され、4月1日より携帯電話向けの無料動画サービス「魔法TV」にて1日1話(3分)ずつ、全30話が配信される。 当面はNTTドコモのQVGA以上のiモーション対応端末にて視聴可能で(903iX以降)、auやソフトバンクについては今後対応を予定しているという。 また、25日には原作「teddy bear」の文庫も発売される予定。 挨拶に登場した桐谷、賀来、谷井社長の3名 魔法のiらんどの谷井社長 「キスシーンは受身だったので、女の子になった気持ちで身をまかせました」と語る賀来賢人。 自身では人見知りで、受け身で引きこもりだというが、イベント中のトークは冴え渡っていた 「教会でのキスシーンは、とにかく長くて息が苦しくて、最後は爆笑になった」という桐谷美玲。 報道陣からはキスシーンに関する質問が相次いだ イベントでの7話、10話、25話の上映後、魔法のiらんど 代表取締役社長 谷井玲氏が挨拶に立ち、「魔法のiらんどには600万人のお客さまと、100万以上のケータイ小説がある。 私たち魔法のiらんどは、若い人たちに安心で安全なネットワークコミュニケーションという新しい文化の場を提供し、そこに若い人たちの感動を作ることを志としている。 若い人たちが作り出した『teddy bear』の原作を、制作のプロたちが、新しいケータイドラマとして作り上げたことに本当に感謝する。 新しく若い人たちが作っていくこの日本、そして、日本が作り出した新しいケータイ電話で、更なる感動が作られたら素晴らしい」と感慨深げに語った。 ヒロインを演じた桐谷美玲は、「これは、家庭にも、学校にも居場所のない主人公の晴菜が、成也と出会い、恋をしていくことによって、生きることや愛することの意味を知り、少しずつ成長するドラマ。 ドラマを通じて、ぜひ親との絆や、生きることの大切さを知って欲しい」とコメント。 難病を患う成也を熱演した賀来賢人は、「台本をもらって初めて作品を知ったが、非常に感動するお話。 その主役を演じるということで、プレッシャーはあったが、スタッフみんなでいいものを作ろうということで、やりがいがあった。 多くの方に見てもらえたらうれしい」とドラマをPRした。 イベントではスペシャルライブも行なわれ、リサハリムがJAY'EDとともに登場。 このドラマのために書き下ろしたという主題歌「切ないくらい、愛してた。 」を披露した。 ライブ後、リサハリムは「とても純粋なラブストーリーで、駆け引きのないシンプルな二人だったので、歌詞もシンプルに書きたいと思った。 自分の曲がドラマの中で思い出の曲として登場することはとても光栄。 歌われているシーンには鳥肌がたった」とうれしそうに語った。 リサハリム feat. JAY'EDのライブ ビデオでメッセージを寄せた横山監督 ライブの後はリサハリムも交えて、トークショーが和やかに行われた 原作者のべあ姫氏からは「作品は1年半前に書き終えたが、その後自分の環境は見る見るうちに変わっていき、戸惑ったことが何度もある。 しかし多くの出会いを得ることができた。 関わってくださった皆様にこの場を借りて感謝の気持ちを伝えたい」というメッセージが届いた。 また、イベントでは監督を勤めた横山一洋氏がビデオレターで登場。

次の

KADOKAWA、「魔法のiらんど」を小説投稿に特化したサイトへリニューアル

魔法 の i らんど

ドラマ3話分を上映するとともに、出演した桐谷美玲と賀来賢人、主題歌を歌っているシンガソングライターのリサハリムをゲストに招き、トークショーやスペシャルライブを行なった。 「teddy bear」(べあ姫著)は、2005年に魔法のiらんど内で公開され、女子中高生からの支持をうけているケータイ小説。 シリーズ合計58万部のセールスを記録するなどカリスマ的な人気を誇る。 鈴木晴菜役に桐谷美玲、塚本成也役に賀来賢人のキャスティングでドラマ化され、4月1日より携帯電話向けの無料動画サービス「魔法TV」にて1日1話(3分)ずつ、全30話が配信される。 当面はNTTドコモのQVGA以上のiモーション対応端末にて視聴可能で(903iX以降)、auやソフトバンクについては今後対応を予定しているという。 また、25日には原作「teddy bear」の文庫も発売される予定。 挨拶に登場した桐谷、賀来、谷井社長の3名 魔法のiらんどの谷井社長 「キスシーンは受身だったので、女の子になった気持ちで身をまかせました」と語る賀来賢人。 自身では人見知りで、受け身で引きこもりだというが、イベント中のトークは冴え渡っていた 「教会でのキスシーンは、とにかく長くて息が苦しくて、最後は爆笑になった」という桐谷美玲。 報道陣からはキスシーンに関する質問が相次いだ イベントでの7話、10話、25話の上映後、魔法のiらんど 代表取締役社長 谷井玲氏が挨拶に立ち、「魔法のiらんどには600万人のお客さまと、100万以上のケータイ小説がある。 私たち魔法のiらんどは、若い人たちに安心で安全なネットワークコミュニケーションという新しい文化の場を提供し、そこに若い人たちの感動を作ることを志としている。 若い人たちが作り出した『teddy bear』の原作を、制作のプロたちが、新しいケータイドラマとして作り上げたことに本当に感謝する。 新しく若い人たちが作っていくこの日本、そして、日本が作り出した新しいケータイ電話で、更なる感動が作られたら素晴らしい」と感慨深げに語った。 ヒロインを演じた桐谷美玲は、「これは、家庭にも、学校にも居場所のない主人公の晴菜が、成也と出会い、恋をしていくことによって、生きることや愛することの意味を知り、少しずつ成長するドラマ。 ドラマを通じて、ぜひ親との絆や、生きることの大切さを知って欲しい」とコメント。 難病を患う成也を熱演した賀来賢人は、「台本をもらって初めて作品を知ったが、非常に感動するお話。 その主役を演じるということで、プレッシャーはあったが、スタッフみんなでいいものを作ろうということで、やりがいがあった。 多くの方に見てもらえたらうれしい」とドラマをPRした。 イベントではスペシャルライブも行なわれ、リサハリムがJAY'EDとともに登場。 このドラマのために書き下ろしたという主題歌「切ないくらい、愛してた。 」を披露した。 ライブ後、リサハリムは「とても純粋なラブストーリーで、駆け引きのないシンプルな二人だったので、歌詞もシンプルに書きたいと思った。 自分の曲がドラマの中で思い出の曲として登場することはとても光栄。 歌われているシーンには鳥肌がたった」とうれしそうに語った。 リサハリム feat. JAY'EDのライブ ビデオでメッセージを寄せた横山監督 ライブの後はリサハリムも交えて、トークショーが和やかに行われた 原作者のべあ姫氏からは「作品は1年半前に書き終えたが、その後自分の環境は見る見るうちに変わっていき、戸惑ったことが何度もある。 しかし多くの出会いを得ることができた。 関わってくださった皆様にこの場を借りて感謝の気持ちを伝えたい」というメッセージが届いた。 また、イベントでは監督を勤めた横山一洋氏がビデオレターで登場。

次の