生理 痛 飲み物。 生理前のつらい症状(乳房の痛み・発熱・関節痛・おなかの張り・寒気など)原因や対処法、PMSの治療

生理痛を和らげる飲み物&食べ物まとめ!生理中に控えるべきものも解説

生理 痛 飲み物

生理痛を和らげる効果のある食べ物や飲み物の特徴と栄養素! 生理の時は気持ちが憂鬱になったり沈んだりと、何かと暗くなりがちですよね。 そこに下腹部痛や頭痛、腰痛など、生理痛が重なるとさらに気分が滅入ってしまうもの。 仕事に向かうのも一苦労、という方も多いのではないでしょうか。 このような症状はホルモンバランスの崩れが原因と言われていますが、女性である以上しかたのないこと・・と思いながらも、毎月のこととなるとなかなか気長に構えることもできませんよね。 少しでも楽にしたいというのは、生理痛に悩む女性なら誰でも願うことではないでしょうか。 そこで今回は、 生理痛に効果のある食べ物や飲み物をご紹介したいと思います。 生理痛の緩和に食べ物や飲み物が関係あるの?と思うかも知れませんが、脂っこいものを食べ過ぎたらニキビが出たり、冷たい飲み物を摂り過ぎるとお腹が緩くなるように、体調と食はとても結び付きの強いもの。 生理痛も、摂取することで悪化させてしまうものがある一方で、症状を改善してくれる効果がある栄養素もあるんですよ。 生理痛に効果のある食べ物や食品・食材おすすめ15選! 生理痛がひどい時は、食欲も低下して何も食べたくない・・という気持ちになりがちですが、痛みをやわらげてくれる作用のある食べ物だったらちょっと頑張って口にしてみようかな、と思いませんか? ここでは、生理痛に効果のある食べ物をご紹介したいと思います。 豆腐 豆腐には、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンが含まれているため、生理痛の緩和に効果があると言われています。 ただし、冷奴など冷たい状態で食べると体を冷やしますので、湯豆腐など温かくして食べるのがよいでしょう。 納豆 納豆も豆腐と同様に大豆からできている食品です。 なお、大豆イソフラボンを摂り過ぎても女性ホルモンのバランスを崩してしまう恐れがあるため、過剰摂取にならないように気を付けて下さい。 アーモンド アーモンドは、天然のサプリメントと言われるほど栄養が豊富に含まれる食品です。 血液をサラサラにして巡りを促す働きのあるビタミンEやオレイン酸(不飽和脂肪酸)を始めとして、カルシウム、マグネシウム、鉄分が含まれているので、生理痛の緩和に役立つと言われています。 アボカド 森のバターと称されるアボカドも、栄養が数多く含まれている優秀な食品。 中でも、血行促進作用のあるビタミンEと不飽和脂肪酸が多く含まれていることから、血液の巡りを改善し生理痛をやわらげてくれると言われています。 青魚 イワシやサバ、さんまといった青魚には、子宮の収縮を緩和する働きのあるDHAやEPAが多く含まれています。 なお、えごま油は加熱や酸化に弱いため、摂取する時はサラダなどにかけてそのまま摂るようにし、開封後はできるだけ早く食べ切るようにしましょう。 れんこん れんこんには、カルシウムやビタミンCが多く含まれており、体の冷えをとる作用があるとして昔から体調管理に食されてきました。 食物繊維も豊富なので、生理中便秘になりやすいという方にもお勧めです。 にんじん にんじんはビタミンやミネラルが豊富で、漢方では内臓を温める作用があると言われています。 また、カルシウムや鉄分も多く含まれていることから、貧血予防にもよいと言われています。 グレープフルーツ グレープフルーツに含まれるクエン酸には、血液をサラサラにして血行を促進し、冷えを改善する作用があると言われています。 また、グレープフルーツの独特の香りには、リラックスを促す働きがあることから、生理中のイライラを抑える効果が期待できます。 にんにく にんにくに含まれるアリシン(硫化アリル)には、血行を促進して体の冷えを改善する働きがあると言われています。 また、にんにくにはカルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルも含まれているので、生理痛を緩和する作用があると言われています。 しょうが しょうがに含まれるジンゲロールという成分は、加熱することでショウガオールという成分に代わり、血行を促進して冷えを改善する働きがあると言われています。 パセリ パセリに含まれるホウ素は、エストロゲンに似た働きをすることから、生理痛の改善に役立つと言われています。 また、パセリにはカルシウムや鉄分を始め、便秘解消効果が期待できる食物繊維や、むくみの改善に役立つカリウムも含まれています。 レバー 生理中は血液とともに大量の鉄分が失われるため、貧血になりやすくなります。 貧血を改善することは生理痛の改善にも繋がりますので、積極的に鉄分を摂取するようにしましょう。 ごま ごまには、カルシウム、マグネシウム、ビタミンEが多く含まれるため、毎日適量を意識して摂取するのがよいでしょう。 ひじき ひじきには鉄分が多く含まれています。 貧血気味の方は特に、生理中以外の時も積極的に摂取するようにしましょう。 生理痛に効果のある飲み物おすすめ5選! 生理痛がひどくて食べ物はどうしても受け付けない・・という時は、生理痛に効果のある飲み物を摂取してみてはいかがでしょうか。 豆乳 大豆から作られる豆乳にも、大豆イソフラボンがたくさん含まれています。 飲み過ぎには注意しながらも、意識して摂ってみましょう。 カモミールティー 血行を促進して冷えを改善する作用の他、ホルモンバランスを整えて生理痛の不快な症状を鎮める働きがあると言われています。 ココア ココアにはマグネシウムや食物繊維が含まれており、生理痛の緩和に効果があると言われています。 ただし、ココアにはカフェインも含まれており、カフェインは体を冷やして生理痛を悪化させると言われているので、摂り過ぎないようにしましょう。 野菜スープ 根菜類は体を温める作用があると言われているので、じゃがいもやにんじんなどの野菜スープもお勧めです。 スープだけを飲んでもよいですが、できれば野菜自体も摂取したいので、可能であればすりおろしたものを使うと飲みやすいですよ。 ルイボスティー ルイボスティーにはカリウムが多く含まれているため、体内に溜まった余分な水分が排出されることで血行が促進し、冷えを解消する働きがあると言われています。 生理痛に効果のある食べ物や飲み物を選ぶ時のポイント! 生理痛を引き起こす原因は、プロスタグランジンというホルモンです。 プロスタグランジンの作用は様々にありますが、女性において特に重要と言えるのが月経時の経血の排出。 妊娠に至らなかった場合、厚くなった子宮内膜は経血として排出されますが、その際子宮の収縮を促す役割を果たすのがプロスタグランジンです。 また、プロスタグランジンには痛みを感じやすくさせる働きもあるため、下腹部痛はもちろんのこと、頭痛や腰痛、吐き気といった生理痛の症状を引き起こすと言われています。 このため、 生理痛を緩和するためには、プロスタグランジンの分泌量を増やさないようにする必要があります。 冷えや血行不良によって経血の排出が上手く行かないと、より子宮を収縮させるためにプロスタグランジンの分泌量が増えます。 つまり、生理痛に効果のある食べ物や飲み物を選ぶ時には、冷えや血行不良を改善する働きのあるものを摂ることが大切になります。 生理痛に効果のある栄養素や食べ物や飲み物の特徴 生理痛に効果のある食べ物や飲み物に含まれる栄養素には、次のようなものがあります。 <ホルモンバランスを整える> ・大豆イソフラボン <血行を促進> ・ビタミンE ・クエン酸 ・アリシン <子宮の収縮を緩和する> ・DHAやEPA ・マグネシウム また、最近はカルシウムにプロスタグランジンの過剰分泌を抑える働きがあることがわかっています。 まとめ 生理痛を改善するには、女性に多い冷えや血行不良を改善することが必要と言えます。 今回ご紹介した食べ物や飲み物は、生理中はもちろんのこと普段から意識して摂取をすることが大切でしょう。

次の

快適に過ごすための生理痛セルフケア|生理トラブルをしっかり治療したい|生理痛と女性のからだの悩み 生理のミカタ

生理 痛 飲み物

豆乳には「大豆イソフラボン」が含まれています。 大豆イソフラボンは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの働きと似たような働きをする成分です。 たんぱく質も豊富なので栄養補給にもOKですし、生理痛以外に、生理不順や骨粗しょう症予防、脂質代謝改善などの効果が期待されていますよ。 ただし、飲み過ぎは生理痛がひどくなる恐れがあるため、注意が必要です。 大豆イソフラボンの摂取上限量は1日70mgといわれています。 市販の豆乳飲料200mLには、だいたい約20~40mgのイソフラボンが含まれています。 豆乳を飲んでいる場合は、他の大豆製品の摂取量を減らして調整するようにしましょう。 大豆イソフラボンの含有量は、豆腐1丁で約60mg、納豆1パック約35mg、みそ大さじ1で約9mg、無調整豆乳200mLで約60mgとなっています。 (イソフラボンから糖を分離させたアグリコンとしての値) 野菜は身体の調子を整えてくれる食べ物ですが、生野菜は身体を冷やしてしまうこともありますので温かいスープにしてみてはいかがでしょう。 温かいスープを摂ることでお腹も満たされて、ダイエット効果も期待できますよ。 生理痛を緩和させるのに必要な栄養素はビタミン類です。 ビタミン類が豊富な野菜をスープにして飲むと、身体もぽかぽかしますし、便秘の改善も期待できますよ。 ポトフのようにコトコトと煮ても良いですし、牛乳や豆乳とミキサーにかけてポタージュにしてもおいしいですよ。 生理痛を緩和してくれる野菜にはゴボウやニンジン、タマネギ、レンコン、カボチャ、ショウガ、アボカドなどがあります。 アボカドにはビタミンEが豊富に含まれており、ホルモンバランスを整える効果が期待されています。

次の

生理痛を和らげる飲み物7つ・生理痛を悪化させる飲み物4つ

生理 痛 飲み物

そもそも、どうして生理は毎月くるのでしょうか。 女性のカラダの中では、一定のサイクルで女性ホルモンが変化しています。 それは毎月子宮内膜に栄養をため、妊娠に備えるためです。 しかし、妊娠しなかった場合、子宮が収縮して不要になった子宮内膜を血液とともに体外へ排出します。 これが生理です。 生理痛があるのは、子宮にある筋肉が収縮するためです。 痛みの強さは、子宮内膜の厚さによっても変わるといわれています。 子宮内膜が厚く、体外へ排出される血液や内膜が増えるほど、子宮を強く収縮させなければならないためです。 その一方、子宮内膜が薄いほど体外へ排出される血液や内膜が減るため、一般的には加齢とともに子宮の収縮は弱くなり、生理痛が軽くなる傾向があります。 生理痛をやわらげるには、ホルモンバランスを整え、カラダを温めて血行を良くする効果が期待できる食べ物を摂取しましょう。 ホルモンバランスを整える効果が期待できる食材としては、女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含む大豆食品が代表的です。 納豆や豆腐、味噌、豆乳など、普段の食事に取り入れやすい食品を積極的に食べましょう。 カラダを温めてくれる食材としては、生姜が代表的。 生姜はすりおろして豆腐に乗せたり、味噌汁やスープに加えたりするといった食べ方もおすすめです。 リラックスタイムに、すりおろした生姜を紅茶に足してジンジャーティーを楽しむのもいいですね。 また、カラダの調子を整える良質なたんぱく質を含む、鶏肉や牛肉、青魚も生理中におすすめの食べ物です。 サンマやアジなどの青魚には、必須脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれているため、生活習慣病の予防効果も期待できます。 食べ物を工夫しても、重い生理痛に悩まされ続ける人もいるでしょう。 そんなときはギリギリまで痛みをガマンするのはやめて医師に相談を。 また、鎮痛剤の副作用や習慣性が心配で気軽に服用できない人もいるかもしれませんが、鎮痛剤には習慣性はないといわれています。 痛みが強くなった状態で服用しても、すでに痛みの原因物質が大量に分泌されているためあまり効果は期待できません。 毎回重い生理痛に悩まされているようであれば、痛みを感じたら早めに服用するとよいでしょう。 生理痛の原因となるのは、黄体ホルモンの作用により子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンというホルモンです。 プロスタグランジンは、子宮を収縮させて不要になった子宮内膜を排出させる作用を持つものですが、過剰に分泌されると子宮の収縮が強くなる分、痛みも強くなります。 このプロスタグランジンが血流に乗って全身にまわると、頭痛や腰痛の原因にもなります。 鎮痛薬はこのプロスタグランジンの分泌を抑制するものであるため、早めの服用が大切なのです。 ただ、月経困難症のように日常生活に支障が出るレベルの生理痛の場合、鎮痛薬が効かない場合もあります。 そんなときは、婦人科で相談しましょう。 痛みをやわらげるために、低用量ピルを服用する方法もあります。 低用量ピルは避妊のイメージが強いですが、生理痛が重い人に処方されることもあります。 低用量ピルを服用すると排卵が止まり、黄体ホルモンの分泌が抑制されるため、痛みの原因物質であるプロスタグランジンの分泌も抑制でき、生理痛の予防につながります。 低用量ピルは医師の処方箋が必要なので、希望する場合は婦人科で医師に相談しましょう。 今回は生理中におすすめの食べ物を取り上げましたが、「冷えは万病のもと」といわれるように、思わぬ病気を引きおこす原因となるものです。 普段の食生活にも取り入れて冷えを予防しましょう。 ただ、食べ物やメニューをひとつずつ覚えるのはとても大変ですよね。 カラダを冷やす食べ物は、夏が旬の食材や暑い地域で収穫されるもの。 カラダを温める食べ物は、冬が旬の食材や寒い地域で収穫されるもの、と覚えておくと食材選びに役立ちます。 旬の食材は栄養も豊富で味も良いですから、積極的に食べましょう。 もし、食べ物や生活習慣を工夫しても症状が緩和されず、鎮痛剤を服用しても痛みが強い場合は、何らかの病気が原因の可能性もありますので、早めに婦人科で診察を受けましょう。 生理は閉経を迎えるまで長い期間付きあう必要がありますから、できるだけ生理期間を快適に過ごせるように工夫することが大切です。

次の