知恵を欲する案山子。 死因古傷

死体の山がスマイルをお届け~笑えるかボケ、てめえらはアブノーマリティという名の破壊神だ(Lobotomy Corporation)~

知恵を欲する案山子

Oギフトの装備可能箇所 E. Oギフトはアブノーマリティに対する作業時に一定確率で各キャラクターに付与されます。 同一装備箇所のE. Oギフトは上書きされるため注意が必要です。 Oギフトを上書きしたくない場合は、キャラクターのレベルが4以上であれば、 準備画面中に上書きされないようにロックが可能です。 装備可能箇所は以下の13か所です。 ・頭部1 ・頭部2 ・目 ・口1 ・口2 ・頬 ・ブローチ1 ・ブローチ2 ・手1 ・手2 ・顔 ・右背中 ・左背中 頭部1 名前 No. 体力 精神力 作業成功率 作業速度 攻撃速度 移動速度 備考 たった一つの罪と何百もの善 O-03-03 2 該当アブノーマリティの作業成功率10%向上 憎しみの女王 O-01-04 2 2 4 4 幸せなテディ T-04-06 4 愛着作業成功率3%増加 美女と野獣 F-02-44 2 2 そりのルドル・タ F-02-49 -4 8 アルリウネ T-04-53 4 2 黒鳥の夢 F-02-70 -4 -4 10 10 空虚な夢 T-02-99 4 墓穴の桜 O-04-100 2 2 2 火の鳥 O-02-101 2 4 4 キュートちゃん D-02-107 4 -2 -2 頭部2 名前 No. 体力 精神力 作業成功率 作業速度 攻撃速度 移動速度 備考 捨てられた殺人者 T-01-54 2 2 赤ずきんの傭兵 F-01-57 2 4 4 口2 名前 No. 雪の女王 F-01-37 6 6 アブノーマリティ情報に表示されない 絶望の騎士 O-01-73 2 4 4 ブローチ1 名前 No. 体力 精神力 作業成功率 作業速度 攻撃速度 移動速度 備考 1. 体力 精神力 作業成功率 作業速度 攻撃速度 移動速度 備考 銀河の子 O-01-55 3 3 一定時間ごとに体力が少量回復 罰鳥 O-02-56 2 2 知恵を欲する案山子 F-01-87 4 ポーキュバス O-02-98 10 -6 -6 手1 名前 No. 体力 精神力 作業成功率 作業速度 攻撃速度 移動速度 備考 貪欲の王 O-01-64 6 本能作業成功率6%増加 風雲僧 D-01-110 10 -4 手2 名前 No. 体力 精神力 作業成功率 作業速度 攻撃速度 移動速度 備考 血の風呂 T-05-51 2 2 小さな王子 O-04-66 5 2 2 裸の巣 O-02-74 5 2 シャーデンフロイデ O-05-76 4 妖精の祭典 F-04-83 2 2 能力だけを見るなら小さな王子か裸の巣ですが、どちらも管理の難易度は高め。 シャーデンフロイデも厄介部類です。 管理上は血の風呂か妖精の祭典が楽ですかね。 顔 名前 No. 体力 精神力 作業成功率 作業速度 攻撃速度 移動速度 備考 大きくて悪いオオカミ F-02-58 4 2 2 現状、大きくて悪いオオカミのみでの入手。 一応頬で上書きされないことも確認しています。 右背中 名前 No. 戦力が整っていて狙えるなら終末鳥を狙ってもいいと思います。 左背中 名前 No. ギフトを持たないアブノーマリティ 以下はE. Oギフトを持たないアブノーマリティの一覧です。 大半がツール系のアブノーマリティですが、唯一「壁に向かう女」のみE. Oギフトを持たない 非ツールアブノーマリティです。 名前 No. 体力 精神力 作業成功率 作業速度 攻撃速度 移動速度 備考 テレジア T-09-09 壁に向かう女 F-01-18 触れてはならない O-05-47 熱望する心臓 T-09-77 狂研究者のノート T-09-78 肉の偶像 T-09-79 巨木の樹液 T-09-80 調整の鏡 O-09-81 3月27日のシェルター T-09-82 何でも変えて差し上げます T-09-85 地獄への急行列車 T-09-86 皮膚の予言 T-09-90 異界の肖像 O-09-91 あなたは幸せでなければならない T-09-94 輝く腕輪 O-09-95 行動矯正 O-09-96 古い信念と約束 T-09-97 陽 O-07-103 逆行時計 D-09-104 調査中 以下は装備箇所不明なため、現在調査中です。 ・ペスト医師 ・壊れゆく甲冑(頭1または頭2 特殊入手&特殊数値).

次の

アブノーマリティ

知恵を欲する案山子

未来を創るために、恐怖に立ち向かえ。 (Face the fear, Build the future. )- 【アブノーマリティ】 その名前が示すように、従来の手法や現代科学では説明な異常存在であり、世界中で様々なアブノーマリティが発見されています。 また、それは同時に桁外れのエンケファリン(エネルギー源)を放出します。 文字や数字で分類され、見た目や能力から連想される名称がつけられ、その特性や性質は様々です。 多種多様なアブノーマリティがエンケファリン抽出のため、Lobotomy Corporation に送られてきます。 また、それらエンケファリンは、施設へのエネルギー供給や説明されていないパワーなるものに使用されます。 収容室が割り当てられず、作業によるエネルギー生成が行われない存在が施設に発生します。 それらは試練と呼称され、クリフォトカウンター暴走と共に発生します。 【オブジェクト分類】 オブジェクト分類( X-XX-XX )での各項目は、次の通りです。 <根源分類> 1つ目のアルファベットは、アブノーマリティの根源分類です。 01 : 人型 02 : 動物 03 : 宗教 04 : 無生物 05 : 機械または人工物 06 : 抽象または融合 07 : 特殊ツール型 09 : ツール型 <シリアルナンバー> 3つ目の数字は、シリアルナンバーです。 【ダメージタイプ】 色によって4種類に分類されています。 RED:物理的外傷(HPの減少) WHITE:精神的外傷(MPの減少) BLACK:身体および精神に損傷を与える(HPとMPの減少) PALE:即死(最大HPに応じた一定割合のHPが減少) 【危険レベル】 ZAYIN:彼らは通常、大きな損害を与えませんし、職員に有益に働くこともあります。 そのようなアブノーマリティしかいないのならどれだけ素晴らしいことか。 しかし、お分かりでしょう。 往々にして人生とは思う通りにはいかないものです。 TETH:彼らの気分が悪くなれば、職員は何かしらの怪我を負うことになります。 小さな擦り傷からなものまで。 気分が良い限りは素晴らしいものなのですが。 HE:彼らにとって職員を殺すのは造作もないことです。 ですので、その気分を休むことなく観測して、管理下に置かなければなりません。 WAW:彼らにとってセピラはまさにケーキやキャンディーの家で、崩壊は容易いものです。 職員はその上にのせられたチョコチップにすぎません。 ALEPH:このレベルの収容室を担当する場合、脱走の阻止に尽力してください。 今までで一番危険なアブノーマリティであり、施設全体の壊滅もありえます。 この警告は誇張ではありません。 【危険度レベル別アブノーマリティリスト】 unipout.

次の

死因古傷

知恵を欲する案山子

緊急事態が訪れた。 それは八時半ではなかった。 F-01-57:私はプロの傭兵よ。 私の仕事は高価だけどある条件の下で負けてあげるわ。 もしあの糞野郎に会ったなら私に引き渡しなさい。 その文言、観測レベルが上がり次第観閲出来るようになる、あなたのバックストーリーですよね? しかし今更細かいことを喋られても、こちらとしてもどうしようもないので…… F-01-57:どうしようもない? なら契約も依頼も関係ない。 可能な限りの残酷な方法で殺してやるわ。 一応私個人としてはあなたのことはキャターとして結構好きなのですよ。 まるでブ〇ッドボーンに出てくる狩人みたいで……確実に意識されていますよね? その装束。 この施設、残念ながら狩人の夢ではありません。 もも当然ながら居ませんよ。 というか……むしろ私を悪夢から解放して頂けませんか? 是非お頼みしたい所存なのですが。 無理強いにでも。 あなたたちが呼ぶところの"アブノーマリティ"よ。 ですがF-01-57、ひとつだけ苦言を申させて下さい。 F-01-57:流れ弾? それで死んでいく職員たちのことを話しているの? 仕方ないじゃない。 戦場において死ぬのは弱者よ。 彼らは弱いから死んでいくの。 この発言も誤解を招きました。 私の企業では。 F-01-57:あなたの顔に吐き気を催すようなが浮かんだ気がしたわ。 無論……他のアブノーマリティ、そして職員たちにすら、それを観測することは出来ません。 F-01-57:回りくどい言い方ね。 気に食わないわ。 ちゃんと答えないと血染めにしてやりたいくらいよ。 どうせあなたは喋れませんし。 ウチの職員を上手く動かせばいくらでも鎮圧は出来る。 施設内の職員が二十名以上死亡した瞬間に脱走しやがる。 施設内をうろうろしているだけで何ら役にも立ちはしないオフィサーどもの死亡数までカウントしやがって。 何度も言うが、俺は有能なエージェントにしか信頼を置いていない。 無能かつ能力がゴミムシ程度しかないオフィサーは人間としての取り扱いをしていないんだよ。 職員の死亡数が脱走条件に繋がるアブノーマリティはこいつがあるだけで収容が段違いで楽になる。 後、もう一つ言わせてもらうが、てめえの収容そのものには俺は苦労してねえんだよ。 脱走しそうになった瞬間に、エージェントのなかでも特に優秀な連中を集結させてボコりまくれば割と簡単に倒せる。 最悪早期に F-01-57 - の傭兵を出動させれば、奴がてめえのような肉塊を一瞬にして。 問題はな、てめえが脱走することで……別の奴も脱走しやがるんだ。 システム上の問題で。 二十日目の前後ぐらいだったと思う。 最初こそ脱走常習犯だったが、慣れていくうちに滅多に脱走しなくなったし、もし収容違反を起こされても再収容するのは難しくなかった。 体力が多いので時間こそ掛かるが、お前は尻がガラ空きだからな。 真後ろから殴り続ければ問題なく倒せる。 死体の山野郎のせいだ。 ゲームシステム上の問題で、T-01-75が収容違反を起こすと連鎖的にお前も脱走する。 別に良いさ。 お前は元より喋れねえし、俺が代わりに説明してやる。 Lobotomy Corporationにはというものが存在する。 しょぼいアブノーマリティが脱走したり、数人の職員が殉職したりすると非常事態レベル1(First Trumpet)というのが発生する。 この状況を制御するのはそう難しくはない。 冷静にプレイすれば処理出来る範囲内だ。 O-02-40:(無言。 まあBig Birdとはいえ所詮鳥頭のてめえには無理か。 それでも俺は伝えたいことがある。 非常事態レベル2(Second Trumpet)についてだ。 これは複数のアブノーマリティが脱走したり、職員が大量に死亡したりすると発生するものだ。 さらにALEPHランクのアブノーマリティだと一体脱走しただけで一瞬で非常事態レベル2になる。 これが一番重要なことなんだ。 お前は 非常事態レベル2状態になると脱走するという特性を持っている。 死体の山野郎はALEPHランクだから、奴が収容違反を起こすと半強制的にお前も脱走する。 だからといって、お前ら二人に文句は言うまいよ。 脱走を許してしまうのも俺の技量に問題がある。 O-02-40:(無言、無言、無言。 歩いている最中に画面が揺れたりするエフェクトが発生したりする。 O-02-40:(無言。 施設はおろかすべてがぶっ壊れてしまうんだ。 そしてこんなお告げが飛び込んでくる。 O-02-40:(無言。 てめえだよてめえ! 落下地点の職員に即死攻撃を喰らわせる。 操作可能なエージェントは避けられるが、オフィサーは操作不可能なので死ぬしかない。

次の