ウェルド ライン。 PlaBase

Q. 塩ビ製継手にひびが入っているように見える箇所がありますが?

ウェルド ライン

(1)発生原理 ウェルドラインは溶融樹脂が合流するところに発生する筋状の不良現象です。 写真は2カ所のゲートから流入した樹脂が合流するところにウェルドラインが発生した例です。 【写真 ウェルドラインの外観】 ウェルドラインには、図1に示す3つのタイプがあります。 【図1 ウェルドラインのタイプ】 対抗流は両側から流れてきた樹脂が合流して流動停止するタイプで、強度低下は大きいです。 並走流は樹脂が合流したのちに並走して流れるタイプで、外観不良にはなりますが、強度低下は比較的小さいです。 偏流は肉厚の厚い部分を先に流れたのちに薄肉部に流れ込み最後に合流したところに発生するタイプで、強度低下は大きいです。 ウェルド部で溶融樹脂が合流する様子を図2に示します。 【図2 ウェルド部の合流状態】 ウェルド部では、次のような特徴があります。 ウェルドラインが発生すると、次の不具合が生じます。 【図3 ゲート位置とウェルド強度】 図3(a)の位置にゲートを設けるとウェルド強度は低くなります。 図3(b)の位置にゲートを設けるとウェルド強度は比較的高くなります。 【図4 ダミーキャビティ設置によるウェルド強度向上例】 図4のようにダミーキャビティ(捨てキャビティ)を設けるとウェルド強度は向上します。 【図5 ゲート方式とウェルドライン発生の有無】 図5 a の形状の成形品に、サイドゲートを2カ所に設けるとウェルドラインが発生します。 図5(b のように、ディスクゲート方式にするとウェルドラインは発生しなくなります。 ウェルド部にはガスベントを設けると、ウェルド強度が向上するとともに、塗膜やメッキ膜の密着性も向上します。

次の

ウェルドラインとは? 発生する原因と対策方法をやさしく解説。

ウェルド ライン

ウェルドライン(Weld Lines) 樹脂の固化速度が速い結晶性樹脂のほうが、ウェルド不良が出来やすく、溶融樹脂は、金型のキャビティ中では、流れやすいところを流れるため、流れの分岐と結合が起こる。 ウェルドラインは、この結合部に出来る線状の溶着部のことである。 固化の速い樹脂は、溶着までに薄い固化したスキン層が出来ることもあり、このようなスキン層ができると、溶着は不十分になって、ウェルドラインも太く目立つことになる。 また、強度上からも問題であり、このようなウェルド不良現象は避けるようにしなければならない。 形状設計のうえからは、極端な厚肉や薄肉の設計を避け、できるだけ均一な肉厚の成型品を設計することである。 厚肉の場合は、固化したスキン層ができやすく、射出の最終工程でしわ状になっているスキン層がキャビティ内面に押し付けられるが、しわはウェルドライン状態で残ることもある。 薄肉の場合は、樹脂の流動性が悪くなって、ショートショットに近いウェルド不良を起こしやすい。 金型設計時に、ゲート位置は、ウェルドラインを考慮して決めることや、エアベントを強化するなどの対策も折り込む事が好ましい。 また、ウェルド部が肉厚方向にやや盛り上がることがあるため、ウェルドラインを成型品のどの位置に置くか、ゲート位置との関係から設計段階で十分検討しておく必要がある。 ウェルドライン部分のメタリック顔料は、その形状の作用で光の反射、吸収が他の部分と異なるために、ウェルドラインが目立ちやすく、上記と同様に十分な事前検討をしておく必要がある。 チェックポイント ・ウェルド部の肉厚は厚すぎないか。 ・ウェルド部の肉厚は薄すぎないか。 ・ウェルド部のエアベントは考慮されているか。 ・ウェルドラインができる位置は、強度上、外観上で問題ない位置か。 対策 ・肉盗みをして、ウェルドラインを目立たないようにする。 ・薄肉部にリブを設けて、ウェルドラインをなくす。 ・ウェルド部のエアベントを強化する。 ・ゲート位置を変更して、強度、外観上、問題の少ない位置にウェルドラインが出来るようにする。

次の

ウェルド ラインおよびメルド ライン、トラブルシューティング

ウェルド ライン

(1)発生原理 ウェルドラインは溶融樹脂が合流するところに発生する筋状の不良現象です。 写真は2カ所のゲートから流入した樹脂が合流するところにウェルドラインが発生した例です。 【写真 ウェルドラインの外観】 ウェルドラインには、図1に示す3つのタイプがあります。 【図1 ウェルドラインのタイプ】 対抗流は両側から流れてきた樹脂が合流して流動停止するタイプで、強度低下は大きいです。 並走流は樹脂が合流したのちに並走して流れるタイプで、外観不良にはなりますが、強度低下は比較的小さいです。 偏流は肉厚の厚い部分を先に流れたのちに薄肉部に流れ込み最後に合流したところに発生するタイプで、強度低下は大きいです。 ウェルド部で溶融樹脂が合流する様子を図2に示します。 【図2 ウェルド部の合流状態】 ウェルド部では、次のような特徴があります。 ウェルドラインが発生すると、次の不具合が生じます。 【図3 ゲート位置とウェルド強度】 図3(a)の位置にゲートを設けるとウェルド強度は低くなります。 図3(b)の位置にゲートを設けるとウェルド強度は比較的高くなります。 【図4 ダミーキャビティ設置によるウェルド強度向上例】 図4のようにダミーキャビティ(捨てキャビティ)を設けるとウェルド強度は向上します。 【図5 ゲート方式とウェルドライン発生の有無】 図5 a の形状の成形品に、サイドゲートを2カ所に設けるとウェルドラインが発生します。 図5(b のように、ディスクゲート方式にするとウェルドラインは発生しなくなります。 ウェルド部にはガスベントを設けると、ウェルド強度が向上するとともに、塗膜やメッキ膜の密着性も向上します。

次の