神奈川 県 コロナ 感染 者 数。 神奈川県 新型コロナ関連情報

神奈川 新型コロナ 2人死亡 107人の感染確認

神奈川 県 コロナ 感染 者 数

/ 次のいずれかの症状がある方については、「 」にご相談ください。 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「 」をご紹介しています。 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 ( これらに該当しない場合の相談も可能です。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の 強い症状のいずれかがある場合• 重症化しやすい方 (注意)で、発熱や咳などの 比較的軽い風邪の症状がある場合 (注意)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方• 上記以外の方で発熱や咳など 比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) 妊婦の方へ 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 お子様をお持ちの方へ 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 相談は、帰国者・接触者相談センターの他、地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあるので、御活用ください。 、、、、、にお住まいの方はそれぞれの市町村のホームページをご覧ください。 上記以外の市町村にお住まいの方は帰国者・接触者センター受付窓口にご相談ください。 帰国者・接触者相談センター受付窓口 電話:0570-056799、045-285-1015 受付時間:24時間対応 電話での相談が難しい方 聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での相談が難しい方で、「帰国者・接触者相談センター」へのご相談をご希望の場合は、 1 電話での相談が難しいこと、 2 帰国者・接触者相談センターへの相談であること、 3 現在の症状(いつからどんな症状があり、現在はどのような状態か、医療機関は受信済みかなど)をご記入の上、ファクシミリ(045-285-0216)でお送りください。 現在、多数のお問い合わせをいただいておりますため、電話がつながりにくい状態となっております。 ご迷惑をおかけいたしますことを、お詫び申し上げます。 電話:0570-056774、045-285-0536 音声案内につながります。 (1)微熱や軽い咳などの症状のある方や感染の不安のある方、健康・医療に関すること (9)協力金に関すること (2)『神奈川警戒アラートに関すること』、『大規模イベント開催の事前相談に関すること』 (3)経営相談に関すること (4)『LINEコロナお知らせシステム』及びその他 受付時間 (1) 平日及び休日(9時00分から21時00分) 9 2 3 4 平日(9時00分から17時00分) 【注意】番号のかけ間違いには十分にお気をつけください。 メールやファクシミリでのご相談について 現在、「新型コロナウイルス感染症」に関する大変多くのご意見等をいただいております。 いただいたご意見等については、真摯に受け止め、今後の業務にできる限り反映していきますが、現在、個別にご回答することが困難な状況です。 このため、大変申し訳ございませんが、メールやファクシミリでのご相談につきましては、 体調不良に関するご相談など、緊急性の高いご相談にのみご回答させていただきます。 何卒、ご理解、ご了承いただきますようお願いいたします。 ファクシミリ:045-633-3770 横浜市にお住まいの方へ 新型コロナウイルス感染症についての一般のご相談はにご相談ください。 電話番号 045-550-5530• 受付時間 9時から21時(平日及び休日とも) 厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)• 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)• 受付時間 9時から21時 電話番号 045-285-0636(受付時間 平日9時から17時) 新型コロナウイルス感染症への感染の不安や療養生活によるストレス等のこころの悩みについて、専門の相談員がご相談をお受けします。 電話番号 0570-024302• 受付時間 9時から17時(月曜から金曜)(祝日・休日・12月29日から1月3日を除く)• (がん・疾病対策課) 神奈川県のLINE公式アカウントと友だちになり、あなたの状態を入力いただくことで、あなたに合わせた、適切な情報をお知らせします。 そのほか、質問に自動で回答したり最新の情報をお届けしますので、ぜひ友だちに追加してください。 LINE相談• (がん・疾病対策課) 生きるのがつらい、苦しいなど、こころの健康に関する悩みの相談ができます。 (人権男女共同参画課) DV・デートDV等に悩む女性からのご相談をお受けしています。 (子ども家庭課) 子育ての不安、親子関係や家族の悩みなど、子どもにかかわる相談をお受けします。 保護者の方はもちろん、子どもの皆さんからの相談もお待ちしています。 (子ども家庭課) 神奈川県にお住まいの、ひとり親家庭の方を対象に、仕事、お金、子育て、教育費などの不安や離婚に伴う悩みなど、さまざまな相談にお答えします。 青少年課 働くこと、将来のこと、家族のこと、友達のこと、どこに相談したらよいかわからない等さまざまな悩みの相談ができます。 神奈川県助産師会の当番助産師が、妊婦の皆様の妊娠や出産の疑問や心配事について、ご相談をお受けします。 電話番号 045-502-3932• 受付時間 10時から16時(月曜から土曜)• 当番助産師の連絡先(電話番号)を音声でご案内します。 メモをお取りになって、あらためて、当番助産師へお電話をおかけください。 新型コロナウイルス感染症の影響により、上下水道料金の支払いが困難になった方を対象に、納入通知書の納期限又は口座振替日(1回目)から最長4か月間支払いの猶予をすることとします。 では、045-662-8110を設置しています。 次の相談窓口でも新型コロナウイルス感染症の影響による労働相談を受け付けています。 相談窓口 かながわ労働センター本所 電話:045-662-6110 かながわ労働センター川崎支所 電話:044-833-3141 かながわ労働センター県央支所 電話:046-296-7311 かながわ労働センター湘南支所 電話:0463-22-2711(代) 受付時間 平日8:30から17:15 (12:00から13:00を除く) 新型コロナウイルス感染症の影響により生活に困窮する方を対象に、くらし、すまい、しごとの相談をワンストップで受け付けています。 電話・FAXによる相談も受け付けています。 時間 時間 平日の9時から17時まで• 場所 神奈川県庁エネルギーセンター棟1階 生活援護課執務室内• 電話 045-285-0647(直通)• FAX 045-210-8859• 県が主体的に開催するイベント開催状況(中止・延期・縮小するもの)• 県立施設の休館や利用キャンセル時の使用料(利用料金)の取扱いについて•

次の

宣言解除の目安 東京と神奈川で上回る 新型コロナウイルス

神奈川 県 コロナ 感染 者 数

1日あたりの感染者は3日連続で千人を下回っていたが、4日ぶりに千人を超えた。 死者は11人増え1077人、入院・療養…• 同店は感染防止に取り組んでいることを示す、都の「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示していたが、それでもクラスターが発生した…• 1日に発表された感染者数としては過去最多の今月8日(128人)に次ぐ多さ。 県内で発表された感染者数は延べ3521人、…• 公表された死者は13日午後9時までで64人に上り、すでに7月の39人を大きく上回る。 最近は重症化しにくい若年層が大半を占め…• 出席した都医師会の猪…• 年齢・性別は非公表。 県内の感染者は172人となった。 長崎県内の感染者は173人となった。 直近1週間の感染者の傾向を年代別に分析し、20~30代は会食、40代…• このうち2人はサッカー部員で寮生活をしていた。 もう1人は県外に….

次の

神奈川)米軍、感染者数明かさず 横須賀基地 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

神奈川 県 コロナ 感染 者 数

NHKがまとめたデータをもとに20日までの1週間について、10万人当たりの新たな感染者数をみると、関東の「特定警戒都道府県」のうち、東京都は0. 56人、神奈川県は1. 11人と目安を上回った一方、埼玉県は0. 31人、千葉県は0. 21人と下回りました。 また、栃木県は0. 36人、群馬県は0. 05人、山梨県は0. 37人で、茨城県は直近の1週間で感染者はいませんでした。 新型コロナウイルス対策を話し合う国の専門家会議は、今月14日に出した提言の中で、関東や関西の行き来が多い生活圏の単位でも感染状況を検討していますが、特定警戒都道府県となっている関東の東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の1都3県では0. 59人と目安を上回っています。 さらに、政府の基本的対処方針では「直近1週間の新たな感染者数が10万人当たり、1人程度以下の場合は、減少傾向を確認するなどして総合的に判断する」としていますが、関東の1都6県と山梨県のうち、超えたのは神奈川県のみでした。 また、目安とされる「直近1週間の感染者数が人口10万人当たり、0. 5人程度」について、それぞれの都道府県の人口のデータから計算すると、東京都の目安は70人となりますが、20日までの1週間での新たな感染者数は78人と8人上回り、神奈川県は目安の46人に対して102人と56人上回っています。 一方で、埼玉県は目安の37人に対して23人、千葉県は目安の31人に対して13人、群馬県は目安の10人に対して1人、栃木県は目安の10人に対して7人、山梨県は目安の4人に対して3人となっています。 神奈川県は、感染者の数が大きく減らない要因は医療機関で集団感染が相次いでいるためだとしています。 政府は、緊急事態宣言の解除を判断する際の感染状況について「直近1週間の新たな感染者数が10万人当たり、0. 5人程度以下」になることを目安の1つとしていますが、NHKがまとめたデータをもとに、20日までの1週間について、10万人当たりの新たな感染者数をみると神奈川県では1. 11人と、この目安を上回っています。 神奈川県内では医療機関での集団感染が目立っていて、20日までの1週間に県内で感染が発表された102人のうち、病院に関係する人は48人と半数近くを占めています。 特に横浜市では、感染者が5人以上のクラスターが確認された病院は8か所にのぼっていて、この1週間ではこのうち少なくとも5か所で新たな感染者が確認されています。 とりわけ横浜市旭区にある「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」は、看護師や入院患者などがこれまでに78人が感染し、この1週間でも、このうちの12人の感染が確認されています。 また、横浜市以外でも、小田原市の小田原市立病院では看護師や入院患者などがこれまでに33人が感染し、このうち6人はこの1週間に感染が確認されました。 一方、20日までの1週間に発表された102人の感染者のうち感染経路がわからないのは、NHKのまとめでは30人で3割ほどとなっています。

次の