お盆 のし袋。 初盆香典/新盆 香典マナー》表書き/香典袋/書き方/お返し/のし袋/香典返し

お盆とは?お盆の迎え方や迎え盆~送り盆の期間、初盆の仕方等を解説 [初盆・お盆の過ごし方] All About

お盆 のし袋

新盆の準備は? 人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことを「新盆(にいぼん)」又は「初盆(はつぼん)」と呼びます。 故人が仏になって初めて里帰りするということで、故人の近親者は 盆提灯 ちょうちん を贈り(現在では住宅事情などでちょうちんを贈るより現金を贈る事が一般的になってきています)、初盆を迎える家では身内や親しい方を招いて僧侶にお経(棚経:精進棚の前で読経してもらうので棚経といいます)をあげてもらい盛大に供養します。 お経(棚経)がすんだら茶菓子などでもてなし、お布施を渡します。 また、ちょうちんですが、最近では使う事がない場合や、家族にそろえていただくことが多いので1万円から2万円の現金を贈ることが多くなっています。 この時のちょうちん代へのお返しは不要です。 【参考】 四十九日の忌明(きあ)け前にお盆を迎える場合は新盆は翌年になります。 新盆の香典・お供え物の贈答様式• 金封 水引/黒白か黒白銀か黄白(5本か7本)・双銀の7本か10本 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御佛前」「御仏前」か「御供物料」「御ちょうちん代」• のし袋 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御佛前」「御仏前」か「御供物料」「御ちょうちん代」• のし紙 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御供」か「御供物」• お返しは必要ある? 一般的にはお返しは必要なく、簡単な食事などでもてなします。 また、近所の方など「御供物」などを頂いた方には「志」と表書きした引き物を渡します。 引き物の品ですが、不祝儀でよく使うお茶、タオルセット、ハンカチなどが多いようです。 読経謝礼(僧侶)の贈答様式 読経をして頂いたあと、精進料理でもてなしますが、僧侶が辞退される場合は「御膳料」を包みます。 また、「お布施」は地方や宗派によって違いますので詳しい方にお聞きください。 また、自宅に僧侶を招いた場合は「御車代」を包みます。 金封 水引/黒白か黒白銀か黄白(5本か7本) 双銀の7本か10本 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御布施」(お車料もつける場合があります)• のし袋 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御布施」(お車料もつける場合があります 【関連記事】• 更新日:2020年04月06日.

次の

初盆で使用するのし袋のマナーとは?表書きの書き方や水引きも解説|終活ねっとのお坊さん

お盆 のし袋

1.お盆について [盆・お盆とは] お盆とは亡くなった人を祀る儀式をさします。 もともとは仏教用語であるサンスクリット語の盂蘭盆(うらぼん)、盂蘭盆会(うらぼんえ)から来ており、旧暦の7月15日に行なわれる行事です。 昔、お釈迦様の弟子の1人が、自分の母親があの世で極楽に行けず「餓鬼道」というところで飢えに苦しんでいることを知り、お釈迦様に相談したところ、7月15日に多くの食べ物や供物をささげて供養をすれば救われると諭されました。 お釈迦様の教えの通りにしたところ、母親は無事に往生が遂げられたというものです。 この事から供物をささげ、供養をする行事として現代に伝わっています。 このページではお盆、初盆、新盆についてご説明いたします。 [お盆の時期・期間] お盆の時期は地方によって異なりますが、7月または8月の13日から4日間に行なわれます。 余談ですが同じ7月15日頃の行事には、中国の道教の「中元」という行事があります。 もともと道教には、三元(上元、中元、下元)という儀式いがあり、天地水の三人の神様が生まれた日とされています。 中元はこのうちの一つ、地の神様が生まれた日で、これまでの罪を懺悔し、火を焚いて祈りを捧げる儀式の日です。 ちょうど同じ7月15日頃に仏教のお盆があるために、日本では三元のうち中元だけが定着し、祖先の霊を供養し、世話になった人に贈り物を送る習慣(お中元)へと変化していったという説があるようです。 そういえば、中元と言って火を焚くという習慣は現在の日本にはありませんが、逆にお盆の行事として迎え火、送り火などの火が焚かれますね。 現在のお盆では、死者が年に一度帰って来るという信仰に基づいた儀式が各地に残っています。 お盆の時期は地方によって異なりますが、7月13日からまたは8月13日から4日間に行なわれます。 (旧暦または新暦の7月15日頃。 旧暦の7月15日は現在の8月15日頃になります) ・13日…迎え火。 死者を家に迎えます。 ・16日…送り火。 死者を送ります。 ・お墓の掃除とお墓参り。 ・精霊棚(しょうりょうだな)・盆棚(ぼんだな)を飾る。 ・盆提灯を飾る。 ・僧侶を呼び供養の法要を行なう。 特に 初盆・新盆の場合 上記の他、お盆の風習は地方によってさまざまです。 例えば、「精霊流し」を行なう地域や「灯篭流し」を行なう地域もあります。 [精霊棚について] お盆の供養の時の飾り付けを精霊棚(しょうりょうだな)と言います。 ご先祖を供養する気持ちが大切だと思いますので、しきたりどおりにこだわる必要はないと思います。 一般例をご紹介します。 位牌を仏壇から取り出し、仏壇の扉は閉めて、その前に飾り付けをします。 本来は、笹の支柱に真菰(まこも)の綱を張り、棚を作った上に真菰を敷いて作りますが、四本足の小机に白布を敷いて代用しても良いと思います。 小机の後方のニ本の足にそれぞれ少し背の高い笹をくくりつけるとニ本の支柱ができます。 そこに綱(つな)をわたし、盆花をさかさにつるします。 その場合は、四方に綱を張り、結界を作るとされています。 ほおずき、栗の葉、ガマの穂、枝豆、里芋、粟(アワ)、桔梗、みそはぎなど。 つるさずに、花立てに盆花を飾るだけの地域もあります。 最前列には旬の食べ物や供物をかざります。 これはナスをサイの目に切ったものを蓮の葉にかざったもの、あるいは、洗った米にキュウリとナスのサイの目切りを混ぜたものを、蓮の葉に飾ったものです。 蓮の葉が無ければ、お椀でも良いでしょう。 サイの目切りのナスや米は、百八つの煩悩を表わすと言われています。 ナスの牛は、滞在後は牛に乗ってなるべくゆっくりお帰り下さいという気持ちを表わしています。 真菰(まこも)というイネ科の植物で編んだ馬や牛を飾る地方もあります。 真菰(まこも)は、出雲神社のしめ縄にも使われ、古くから神事、仏教行事のいずれにも用いられ、古事記や日本書紀などにも登場します。 特に仏教ではお釈迦様が真菰で編んだ筵(むしろ)に病人を寝かせ治療したという説話がら、盆舟、盆ゴザにも用いられます。 届け先の近くのお花屋さんが 直接手渡しでお届け。 盆提灯には、初盆・新盆用の「白提灯」と、それ以降に用いる「絵柄の入った提灯」の二種類があります。 盆提灯は、親族が購入するのがならわしでしたが、住宅事情や飾るスペースなどを考慮し、不祝儀袋に「御提灯代」として現金を遺族に渡し、遺族が必要な個数を購入するようになってきています。 初盆・新盆用の白提灯は1つだけあれば良いでしょう。 玄関先(あるいは、縁側の軒先などの、危なくない場所)に飾ります。 絵柄の入った提灯は、精霊棚の両側や、仏壇の両側などに飾ります。 お盆が終わった白提灯は、送り火で燃やしたり、菩提寺に供養をお願いしたりします。 事前に、お寺に確認すると良いでしょう。 絵柄の入った提灯の方は毎年使いますので、ホコリを払い、良く拭いて箱に入れて保管します。 素材によっては、防虫剤を入れて下さい。 法事・法要の準備(遺族) お寺の手配、引出物の手配、食事の手配などを行ないます。 地方により、7月に行なう場合と8月に行なう場合があります。 お盆の日程 時期 準備するものと内容 解説 〜1ケ月以上前までに 準備するものと内容 解説 お寺の手配 (詳細は下記4にて) お盆期間はお寺も大変忙しい時期です。 僧侶のご都合を聞き、予約を入れます。 〜12日までに 準備するものと内容 解説 購入・組み立て [初盆・新盆の場合] 灯篭、盆提灯の購入 精霊棚の組み立て お供物の準備など [2年目以降] 精霊棚の組み立て お供物の準備など 提灯を箱から出したり、棚を組み立てたりします。 まだ飾り付けはしません。 新しいロウソクやお線香など、必要なものは、この日までに購入しておきます。 迎え火や送り火のときに用いる松の割り木なども購入しておきます。 時期 準備するものと内容 解説 13日 お迎えの日(迎え火を焚く日) [午前中] 精霊棚の飾り付け お供物・供花をします。 ・仏壇から位牌を出し、精霊棚の中央に置きます。 仏壇の扉は閉じておきます。 ・精霊棚の飾り付けや、お供物や盆花をお供えします。 [日中] お墓参り ・お墓まで霊を迎えに行くという地方もあります。 お墓参りをし、お墓で提灯に火を灯します。 できればその火を消さずに提灯を自宅まで持ち帰ります。 [夕方] 迎え火を焚く 提灯に火を灯す ・迎え火として、松の割り木や麻幹(おがら)を焚きます。 ・盆提灯に火を灯します。 (日中、お墓から提灯に点灯して持って来た場合を除く) 14〜15日 お墓参り 法要と会食 ・お盆期間中には、ぜひ一度は家族全員でお墓参りをしましょう。 ・初盆に僧侶を呼んで読経を行なう法要は、14日または15日に行なわれます。 ・霊が帰ってきている間は、灯明を絶やさないようにし、お水や食べ物は毎日交換します。 時期 準備するものと内容 解説 16日 お送りの日(送り火を焚く日) [午前中] 最後のお供えものをする ・家で過ごす最後の朝なので、心をこめてお祈りをします。 [夕方] 送り火を焚く ・また来年来て下さいという気持ちをこめてお送りします。 初盆・新盆で使用した白提灯は一緒に燃やすか、菩提寺に納めます。 法事・法要の準備(遺族) 2. お寺への連絡 ・初盆の場合には、なるべく早く菩提寺に連絡をします。 ・菩提寺とは、先祖代々の墓をお願いしているお寺をさします。 霊園、墓地などを利用している御家庭では、葬儀の際に世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。 ・念のため、白提灯の供養の仕方も確認しておきます。 料理の手配をする ・法要のあと会食がある場合には、料理の手配または用意をします。 ・仕出しなどを予約する場合には、おめでたい伊勢海老や、鯛などの献立は避けた方がよいので、予約の際には「お盆の法事で利用します」と、利用目的を告げましょう。 案内状の手配 ・親族だけで行なう場合には電話での連絡でも良いでしょう。 ・初盆だけは、親族だけでなく知人や友人たちを招いて法要を行うのが一般的です。 お葬式のときに記帳して頂いた会葬者名簿などをもとに案内状を出します。 初盆以外は親族だけで行います。 ・初盆や、会社関係などで執り行うお盆の法要の場合には、往復ハガキや返信用のはがきを同封した封書などで、案内状を用意し、出欠をたずねます。 引出物の手配 ・引出物はお盆の法要の参列者へのお返しの一部と考えられます。 法要のあとで会食を行なう場合には、その会食もお返しの一部となります。 ・のしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。 ・引き出物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や食品等が良く用いられます。 遠方からの方もいらっしゃるので、かさばるものは避けます。 最近はカタログギフトも増えました。 予算は@2,000〜5,000円程度が一般的です。 ・引出物ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。 ・法事の後、おもてなしの席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。 御布施・お布施などを用意しておく につづく 法事・法要の準備(遺族)つづき 6. 御布施・お布施などを用意しておく ・僧侶にはお礼をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事()に同席して下さる場合には、御布施または御経料、お車代の2つを用意します。 もし、僧侶がお斎を辞退されたら、御布施または御経料、お車代のほかに、御膳料を加えた3つをお渡しします。 ・お布施やお礼の金額の目安(相場)をご紹介します(2019年6月現在) ……お布施または御経料は、初盆の場合3万円程度 (ふだんのお盆は1万円くらい) ……お車代は、5千円〜1万円くらい。 ……御膳料は、5千円〜2万円くらい。 ・お金を入れる袋の表書きは薄墨ではなく普通の墨で書きます。 半紙の中包みに入れ、奉書紙で慶事の上包みの折り方をするのが最も丁寧な形ですが、市販の白い封筒で構いません。 郵便番号欄の無い無地の封筒を用います。 ・直接手渡しせず、小さなお盆などに載せてお渡しします。 お盆も用意しておきましょう。

次の

新盆・初盆とは?新盆の時期・迎える準備・香典やお布施はどうする? [初盆・お盆の過ごし方] All About

お盆 のし袋

夏と聞くと、私たちがイメージしやすいものの一つにお盆があります。 お盆とは、ほとんどの場合8月の中旬の先祖供養のための時期であるとともに、帰省して海水浴や花火大会などで休暇を楽しむ期間とイメージも強いです。 さて、イベントの多いお盆の中でも、亡くなった身内の方(故人)の四十九日法要を過ぎて最初に迎える場合は新盆といいます。 新盆では、特に故人の供養のために多くの方が集まって法要を行うなどするのが慣例です。 法要を行うとなるとどうしても必要となるものが1つに、香典などを入れるために使うのし袋が挙げられます。 新盆ではのし袋を使う機会も多くなるため、のし袋にまつわる作法をあらかじめ知っておくことも大切です。 そこで今回「終活ねっと」では、 新盆でののし袋についてや作法などを見ていきます。 新盆をまもなく迎えるというご家庭の方や、新盆の法要に参列するといった方にとって耳寄りな情報をまとめてありますので、最後まで読んでいただければ幸いです。 新盆とはどのようなものなのか? 新盆とはいったいどのようなものなのかについてを、簡単にご説明します。 新盆でのし袋を使う場面とは? 比較的のし袋を使う機会の多い新盆ですが、どのような場面でのし袋を使うのかについて詳しく見ていきます。 新盆ののし袋を書く際に使うのは薄墨なのか? 新盆ののし袋を書く際に使う墨の種類について見ていきます。 新盆ののし袋の書き方の作法とは? 使う機会が多い新盆でののし袋の書き方の作法について詳しくご紹介します。 新盆で使うのし袋の選び方とは? 新盆で使うのし袋を選ぶ際のポイントについて解説します。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください 新盆では初めてこの世に戻ってくる故人の霊を供養するため、のし袋を使う機会も多いです。 ここでは、新盆でのし袋を使う場面について見ていきましょう。 香典を包むとき 新盆でのし袋を使用する場面として最初に挙げられるのが、 新盆法要の際に香典を包む場合です。 四十九日法要の後の日数にもよりますが、新盆法要は四十九日法要の後に持たれる法要の中でも大切な意味を持つものの1つといえます。 香典の金額相場は、故人との関係性によって異なりますが、ご自身と故人との生前の関係を考えて真心から供養する気持ちを込めて包むことが大切です。 提灯代を包むとき 新盆でのし袋を使う場面は香典だけではありません。 香典とは別に見舞いの品や品物代わりの 金銭を用意する際にのし袋を使用します。 新盆の際の見舞い(新盆見舞い)の品物の中でも特徴的なものの1つが、提灯(盆提灯)やその代金です。 特に最近では、提灯代をご遺族(喪主・施主)に渡す場合が多くなってきています。 お返しをするとき 新盆の際にのしを使うのは参列者側だけではありません。 新盆見舞いや香典を持参した方に対してご遺族側がお返しをする場面でも使われます。 なお、お返しの場合は「のし袋」ではなく 「のし紙」を掛ける形で使用します。 お布施を包むときは? 新盆法要では僧侶の方に読経をお願いする以上、その謝礼としてお布施を包むことも大切です。 しかし、お布施の場合は基本的には のし袋は使用しません。 これは、渡す相手である僧侶の方や寺院の方の方で慶事も弔事も起こったわけではないためです。 のし袋の代わりに封筒が使われるうえ、水引がかけられることもありません。 新盆ののし袋は薄墨で書くの? 新盆の香典などでのし袋に使う墨について見てきたところで、ここでは のし袋の書き方の作法について詳しく見ていきましょう。 最初に触れたように、新盆ではのし袋を使う機会が多いことから、書き方の作法を覚えておくと非常に便利です。 表書きの書き方 まずは、のし袋の中でも最も目立つ項目である表書きを書く作法から見ていきましょう。 表書きの部分は、間違ったものを書いて恥ずかしい思いをするケースが多いため、きちんと理解しておくことが大切です。 仏式の場合 まずはのし袋を使う機会が比較的多くなる仏式での表書きの書き方について見ていきましょう。 ポイントとしては四十九日までとそれ以降、また 包むものによって表書きが異なるという点です。 四十九日までは「御霊前」 基本的に新盆は故人の四十九日以降に迎えるものであるため、四十九日を迎える前に新盆用で書く場合はほとんどありません。 しかし、それ以外の場合は四十九日前の表書きを覚えておいても損はないので、記しておきます。 さて仏式の場合、ほとんどの宗派で四十九日よりも前の表書きは 「御霊前」や「ご霊前」が一般的です。 これは、四十九日前の故人の霊は生まれ変わる先が決まっていないことから、あの世とこの世をさまよっている状態とされていることによります。 なお、浄土真宗の場合は四十九日までであっても「御仏前」や「御佛前」、「ご仏前」と書くのが作法です。 浄土真宗の場合は、人は亡くなった後に仏様の力によってすぐに成仏し、極楽浄土に生まれ変わると考えられています。 四十九日以降は「ご仏前」 四十九日法要以後は仏教のどの宗派でも 「御仏前」や「御佛前」、「ご仏前」を使います。 四十九日以後はすでに故人の霊は成仏して生まれ変わった後であるためです。 なお、新盆では香典とは別に提灯代などの新盆見舞いも用意する慣習があります。 この場合の表書きは、提灯代などであれば「御提灯代」や「御供物料」、品物であれば「御供物」や「御供」が一般的です。 神式の場合 神道に基づいた神式の場合でものし袋の表書きは 包む目的や中身によって異なります。 香典の場合であれば、「御神前(ご神前)」や「御榊料」、「御玉串料」が一般的です。 また、見舞いの場合は、品物であれば「御供」や「御供物」、「奉納」、「奉献」などが使われます。 一方、見舞いで金銭を包む場合は「御供物料」や「御玉串料」、「御榊料」が主な表書きです。 名前の書き方 のし袋の 下半分は名前を書くためのスペースになっています。 名前の書き方は、基本的に香典などを包んだ個人の氏名をフルネームで書くというものです。 夫婦で連名で書く場合は、夫の氏名をフルネームで書いた左横に、妻の下の名前を書きます。 複数人の連名で包んだ場合は、3人までであれば立場順に右からそれぞれの氏名をフルネームで記し、4人以上の場合は所属会社名や部署名を記したうえで、中に目録を入れましょう。 金額の書き方 金額については、のし袋に中袋がある場合は中袋の表面に、ない場合はのし袋の裏面左下に記します。 金額の書き方のポイントは、 漢数字の旧字体を使って「金〇〇圓」と書く点です。 例えば、1万円を包んだ場合は「金壱萬圓」、5千円を包んだ場合は「金伍仟圓」と書きます。 間違いなくその金額を包んだことを示したい場合は、最後に「也(なり)」をつけましょう。 住所の書き方 住所は中袋がある場合もない場合も、のし袋もしくは中袋の 裏面左下に記します。 縦書きとして記すのが基本であることから、丁目や番地の数字も漢数字(こちらは旧字体でなくて良い)で書きましょう。 なお、ご遺族側の管理の都合上、できれば住所のほか電話番号や郵便番号も書いておくのがおすすめです。 この場合も、数字は漢数字を用いて書きましょう。 新盆ののし袋の選び方 最後に、新盆で使うのし袋の選び方についても見ていきましょう。 選ぶ際に注目するポイントは、 水引の色と水引の結い方です。 水引の色 新盆の香典や見舞いなどに使うのし袋は不祝儀袋であることから、水引の色は 黒白のものが基本です。 ただし、関西や北陸など一部地域では黒白ではなく黄白の水引を選びます。 また、包む金額によっても選ぶべき水引の色が異なってきます。 例えば、1万円から3万円の金額を包んだ場合は黒白もしくは黄白ではなく、双銀の水引を選ぶのが作法です。 水引の結い方 新盆を含め不祝儀ののし袋では水引の結い方も重要です。 不祝儀ののし袋で使われている水引(あるいはそのデザイン)の結び方として一般的なものに、 あわじ結び(あわび結び)や結び切りのものが挙げられます。 両方とも一度結ぶと結び目を解きにくいことから、「もう2度とあってほしくない」という意味で使われるためです。 新盆ののし袋に関するまとめ• 新盆とは、お盆の中でも故人の四十九日法要が終わった後に最初に迎えるものを指す。 故人の霊にとっては最初にこの世に戻って来るため、普通のお盆と異なり特別な意味を持っている。 新盆でのし袋を使う場面として新盆法要の際の香典や提灯代などの新盆見舞い、香典や新盆見舞いへのお返しをする場合(のし紙)が挙げられる。 このほかお布施については、のし袋ではなく封筒が使うのが基本である。 新盆ののし袋は薄墨ではなく、普通の墨で書いて問題はない。 すでに四十九日を過ぎていて、故人をしのぶ段階だからである。 新盆ののし袋の書き方として、まず表書きは仏式であれば「御仏前」や「御佛前」、「ご仏前」が使われる。 提灯代など新盆見舞いの場合は「御供」や「御提灯代」、「御供物」などが一般的である。 さらに神式の場合は、「御神前」や「御供物料」、「御玉串料」、「御供」などが使われる。 名前については個人名をフルネームで書くのが基本である。 金額は漢数字の旧字体を用いて書き、住所は数字の部分のみ漢数字で記す。 新盆ののし袋の選び方として、水引の色は黒白が基本だが地域や金額により黄白や双銀も使う。 また、水引の結び方は結び切りかあわじ結び(あわび結び)のものを選ぶ。 新盆ではのし袋を使う機会が比較的多いですが、基本的には不祝儀袋を使うことから、表書きや金額の書き方やのし袋の選び方も普通の不祝儀袋にまつわる作法に基づきます。 特に表書きの書き方などは、間違えて恥ずかしい思いをする場合も多いため、事前に相手方の宗派などをよく確認してから書くと無難です。 最期まで読んでいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の