推し武道 優佳。 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』10話感想 文と優佳の関係性が好き

【推しが武道館いってくれたら死ぬ】横田文の詳細プロフィールまとめ【推しが武道館いってくれたら死ぬ】

推し武道 優佳

推しが武道館いってくれたら死ぬ、略して【推し武道】は岡山のアイドルグループ、ChamJamの市井舞菜を推すために人生を注ぐ話。 ヒロインというか主人公のえりぴよの舞菜への愛の熱さをはじめ、自分の推しに貢ぐためにどれだけ身を削っているのかをコメディ要素を交えて描かれている作品ですね。 えりぴよ:ファイルーズあい 古参にして唯一の舞菜ヲタとして有名なえりぴよ20歳(フリーター)。 収入のすべてを舞菜に貢ぎ、自分は常に高校時代の赤ジャージしか持っていないことで新参が恐れをなして逃げるという伝説の女。 舞菜のファンがいないのはキンブレの色が絶妙なサーモンピンクの為、表現しがたいからだと思っているが、 実は握手券などのファンイベントのきっかけを一人で抑えてしまっていることが原因(と気づいていない) 最近は舞菜に塩対応されていてへこんでますが、めげずに舞菜に告白した勢いで両鼻から流血をする盛大な鼻血をしてさらに伝説の女へと昇り詰めていきます。 Sponsored Link 市井舞菜 17歳)人気投票7位(最下位):立花日菜 誕生日:1月18日 年齢:17歳 出身地:岡山県倉敷市 血液型:A型 身長:152cm 好きな食べ物:パン 性格:内気 趣味:散歩 短所:人見知り 特技:将棋 アイドルになったきっかけ:アイドルに憧れて えりぴよに推されている、イメージカラーがサーモンピンクカラーの舞菜。 いつも応援してくれるえりぴよを見ると緊張のあまり塩対応になってしまうが、それ以外の気持ちも? アイドルの仕事が好きなのでえりぴよとは距離を置こうとしている。 声優は立花日菜さんですね! 五十嵐れお(22歳)人気投票1位:本渡楓 誕生日:10月25日 年齢:22歳 出身地:岡山県勝田郡 血液型:AB型 身長:156cm 好きな食べ物:桃 性格:思いやりがあって優しい 趣味:熊グッズあつめ 短所:体が弱い 特技:書道 アイドルになったきっかけ:自ら応募 ChamJamの最年長でリーダーで、謙虚な性格で武道館出場を最終目標にしているリーダーのれお。 人気投票は圧倒的に1位。 実力は高いですが、以前組んでいたグループは突然解散してしまい、現在のChamJamのリーダーになります。 イメージカラーはピンク 声優は本渡楓さんです! 松山空音(18歳)人気投票5位:長谷川育美 誕生日2月13日 年齢:18歳 出身地:岡山県岡山市 血液型:A型 身長:157cm 好きな食べ物:辛いもの 性格:さばさば 趣味:テニス アイドルになったきっかけ:親戚に薦められて ショートカットが特徴的な空音!基の推しで人気投票は6位。 サバサバした性格で、アイドルには自分から始めたわけではないので熱はそこまでなかったですが、アイドルの先輩としてれおを尊敬しています。 好きな人を好きな性格で、ファンの事をよく覚えていたり、ファンレターには絶対目を通すためはじめは前列にいましたが、男と歩いているという事がファンの間で、噂になってしまい、ランキングを落としてしまいます。 声優は長谷川育美さんですね! 伯方眞妃(19歳)人気投票3位:榎吉麻弥 誕生日:6月2日 年齢:19歳 出身地:香川県高松市 血液型:O型 身長:160cm 好きな食べ物:ミルフィーユ 性格:冷静沈着 趣味:買い物 アイドルになったきっかけ:スカウト 仲がいいメンバー:ゆめ莉 メンバー中一番大人の色気がある眞妃。 人気投票では3位で、スカウトがきっかけでアイドルを始めますが、 親戚に香川でアイドルをやっている子がいますが、自分の方が売れていないという事で気負っている。 一番仲がいいゆめ莉とは友達以上の関係のような発言も。 声優は榎吉麻弥さんですね! 水守ゆめ莉 人気投票4位:石原夏織 誕生日:12月30日 年齢:18歳 出身地:神奈川県 血液型:A型 身長:155cm 好きな食べ物:果物 性格:穏やか 趣味:歌う事 アイドルになったきっかけ:知人に勧められて 仲いい内部の人間:眞妃 おっとりした性格で眞妃と仲がいいゆめ莉。 人気投票では4位ギリギリ光栄だけれど、特に前に出たいという事はなく、むしろ後ろで眞妃w見ていたいと考えています。 アイドルになったきっかけも知人に勧められたことだったので、特に熱はこもっていませんでしたが、眞妃に言われた言葉で、応援してくれるファンにも心をひらくようになっていきます。 声優は石原夏織さんです! 寺本優佳 人気投票3位:和多田美咲 誕生日:8月5日 年齢:16歳 出身地:岡山県玉野市 血液型:AB型 身長:156cm 好きな食べ物:スルメ 性格:底抜けに明るい 趣味:ソシャゲ アイドルになったきっかけ:親戚に勧められて 横田 文 人気投票6位:伊藤麻菜美 誕生日:7月21日 年齢:18歳 出身地:岡山県新見市 血液型:B型 身長:147cm 好きな食べ物:パンケーキ 性格:負けず嫌い 趣味:アニメ鑑賞 アイドルになったきっかけ:優佳 メイド喫茶で働いている くまさ:前野智昭 えりぴよと同等の最古参のファンのくまさ。 れおが推しメンで、以前のグループの時からずっと推している。 元々会社員をしていましたが、休みが取れないという理由から現在は仕事を辞めている。 声優は前野智昭さんですね! 基:山谷祥生 空音を推しにしている基。 ショートカットが推しでアイドルとのリアルの恋愛を妄想しているリア恋勢。 ショートカットの推しの理由は妹の玲菜と似ているからかも? 空音が男と歩いていたと話題になった時は立ち直れなくなるほどへこむ。 声優は山谷祥生さんです! 玲奈:市ノ瀬加那 兄の基と一緒にGFを見たことで舞菜のファンになった玲奈。 高校3年生の為受験勉強と並行してたまに来ている。 声優は市ノ瀬加那さんです! 2020年冬アニメの声優まとめ.

次の

【推し武道】Clover wishの2番パート分け問題に回答が来てた話を今更だけどメモしとく

推し武道 優佳

前回あらすじ 大晦日。 今年最後の公演後、特別にスマホに声を吹き込んでくれる物販が行われた。 優佳はその物販でファンはChamJamが武道館に立つことを夢見ていることを知った。 えりぴよは基と玲奈を誘い、初詣に出掛ける。 別の神社には舞菜と優佳も訪れていた。 2人は「武道館に行けますように」とお願いをする。 優佳は最初は武道館には興味がなかったが、大晦日公演の物販から考えを改めていた。 10話あらすじ 劇場の工事のため公演が休止しているので、えりぴよはくまささんと文のバイト先のメイド喫茶で舞菜の誕生日を祝っていた。 すると、舞菜が現れた。 彼女は公演休止中、メイド喫茶でアルバイトをしていたのだ。 プライベートの姿を見られて恥ずかしがるえりぴよに、文は舞菜のメイド姿チェキをプレゼントするのだった。 えりぴよは風邪をひいてしまい、久々のライブに参加できなくなってしまった。 そのライブでは眞紀と優佳も風邪で休んでいたため、舞菜が初めて前列で踊ることになった。 くまささんはえりぴよにその事実を悟られまいと何とか誤魔化す。 バレンタインデー。 一推しと二推しからチョコを貰えるイベントが開催された。 えりぴよは当然舞菜と、余っていた文とスリーショットチェキを撮ることになるが、舞菜からチョコを渡される際に、前列になったことを伝えられてしまう。 ショックで喉を潰してしまうえりぴよだった。 タイムリーなエピソード 1ヶ月間の公演中止もそうだけど、風邪もタイムリーなエピソード。 最初は初詣の時にマスクをしていない2人が風邪になったのかと思っていたが、マスクをしていないのは優佳とゆめ莉だったので、あんまり関係ないようだ。 えりぴよと優佳と眞紀がマスクしていないんだったら伏線凝ってるなと思ったんだけど、そんなことはなかった。 推しは友達じゃない えりぴよは結局舞菜と文とスリーショットチェキを撮ったけど、舞菜がなんで文ちゃんを指名したのか、もしかして文に推し変するのではないかと不安がらなかったのが少し意外だった。 舞菜はえりぴよとプライベートで友達になりたいような感じだったけど、この前までは恋愛対象として好きみたいな雰囲気だったのに、どっちが本音なんだろうか。 まずはお友達からみたいなことか。 アイドルとは言っても同性なんだったら、友達になるのは別に構わないような気もするんだけどな。 文ちゃんだってプライベートでオタと接してても特に問題になってないんだし。 優佳が文に「文になら任せても安心」みたいなことをLINEで言ってたシーンは良かった。 いつもあんまり噛み合ってない二人だけど、 心の中ではどっちも信頼してるんだなってのが伝わってきた。 意外と相性いいんだろうなと思う。 こういう 近すぎず離れすぎずの関係性は大好きだなあ。 私がスリーショットチェキするんだったら、文と空音がいいなあ。 文が一推しだけど、空音に上目遣いで釣られたら推し変してしまうかもしれない。 でも本当は文と玲奈ちゃんとスリーショット撮りたい。 あとドラマのれおが可愛かった。 でも劇団に所属していたという割には演技が大して上手くなかった気がする。 ドラマに不慣れな感じを出すためにわざとそうしたのだろうか。

次の

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』10話感想 文と優佳の関係性が好き

推し武道 優佳

前回あらすじ 文はスキャンダルの噂の絶えない空音を疎みつつも、それでいて人気が自分以上の彼女を妬ましく思っていた。 さらに文と空音の不仲騒動の噂も流れる。 空音は疑念を払拭させようと努め、文もそんな彼女の魅力を肌で感じ、空音を認めるのだった。 クリスマス公演、舞菜の初のサンタコスに至福のえりぴよだったが、ゲリラ豪雨で会場が停電してしまう。 えりぴよは冷静に観客を落ち着かせ、ペンライトで灯りを確保し、メンバーを避難誘導させた。 えりぴよを頼もしく思った舞菜はチェキ会で、自分からえりぴよのそばに近付くのだった。 9話あらすじ 大晦日。 今年最後の公演にえりぴよ、くまさ、基が顔を合わせる。 1月から劇場の修理工事のために、1ヶ月間ライブがなくなってしまうので、えりぴよは絶望していた。 公演後、特別にスマホに推しの声を5秒間吹き込んでくれる物販が行われた。 みんな思い思いの言葉を推しにお願いする中、えりぴよも舞菜に仕事が辛くなったときにために「えりさん、積んで!」という言葉をお願いするが、さすがにキモいと思われたのではと再び落ち込むのだった。 えりぴよは基と玲奈を誘い、初詣に出掛ける。 別の神社には舞菜と優佳、そして眞紀とゆめ莉も初詣に訪れていた。 舞菜と優佳は「武道館に行けますように」とお願いをする。 優佳はアイドルさえできればいいので、武道館には興味がなかったが、何人ものファンに武道館で優佳を見たいと言われ、考えを改めていた。 えりぴよも舞菜を武道館で見たいという気持ちが爆発し、初日の出に大声で叫ぶ。 その声のやまびこが舞菜の耳に微かに届いていた。 1ヶ月間の公演中止 劇場の修繕で1ヶ月の公演が中止になったけど、それが今のイベント自粛でライブが中止になったり、劇場が閉鎖したりしている今の日本の状況と妙にリンクしていた。 舞菜や眞紀もマスクしてたし。 1月に流行してたら初詣も自粛要請が出たのかな。 あと玲奈ちゃんは受験生なんだから人混みに行かない方がいいぞ。 あと全然関係ないけど、えりぴよが初詣で基さんを誘ってたけど、 基さんってえりぴよのこと気になったりしないのかな。 もし自分が女性から年明け早々初詣に誘われたら、いくら相手が舞菜しか眼中にないとしても、 ひょっとして自分に気があるんじゃ…とか思ってしまうのだが。 もしえりぴよがめちゃくちゃブサイク設定で、どうあがいても恋愛対象にならんっていうのだったら分かるけど、そういうわけでもなさそうだし。 優佳のアイドル像 いつも屈託なく思ったことをズバズバ言ってしまう空気読めない優佳だけど、 実はすごくファン想いなんだということが伝わってきた。 武道館でなくても、優佳を見てくれるならどこでもいいという考え方は、アイドルを自分が成り上がるための道具として捉えていないということだし、ファンにお願いされたら、それを叶えてあげたいと思うのも、 心の底から純粋な子なんだなと思う。 彼女こそ本当のアイドルなのかもしれない。 ただChamJamはなんでそんなに武道館に拘るのかというのがいまだによく分からない。 確かにアイドルやアーティストの憧れの舞台なのは間違いないんだろうけど、ファンまでそんなに固執することだろうか。 最初に言い出したのは、れおだから彼女に何か 武道館にまつわるエピソードとかあればいいなと思うのだが。 例えば、武道館で憧れのアイドルを見たからとかそんなのでもいいけど。 あと、空音はやっぱり小悪魔だわ。 何言ってもらおうか悩んでるときに「浮気しないで」とか絶対こんなん好きになるやん。 ガチ恋勢作るのもいいけど、こんなことやってたら危ないわ。 ちょっとでも冷たくされたら、裏切られたと思って危険な行動に走るやつがいるから。 これは完全に個人的な意見だけど、現実では、ファンに妙に優しくしたり、ファンの喜ぶようなことばかり言ったり、ファンを釣ったりするアイドルや声優は、絶対裏で男とイチャイチャしてると思う。 ファンを実は裏切っているという罪悪感が、必要以上にファンに尽くそうとしてしまうのではないかと思っている。 意外と塩対応の子の方が安全安心だったりする。 過度な期待もしないしね。

次の