かむ ながら の みち。 高島彩アナ『かむながらのみち』教祖・北川慈敬と嫁姑バトル? 理由は長女の小学校受験、北川悠仁の母親とトラブルの噂

高島彩アナ『かむながらのみち』教祖・北川慈敬と嫁姑バトル? 理由は長女の小学校受験、北川悠仁の母親とトラブルの噂

かむ ながら の みち

この記事の目次• 北川悠仁、プロフィール 北川悠仁 出生名:北川悠仁 出生:1977年1月14日 年齢:38歳 出身地:神奈川県横浜市磯子区 学歴:横浜高等学校 ジャンル:J-POP、フォーク 職業:ミュージシャン、歌手、俳優 担当楽器:ボーカル、ギター 活動期間:1997年 — レーベル:セーニャ・アンド・カンパニー 引用: 母親が教祖って? ゆずの北川悠仁さんの 母親は北川敬子さんといいます。 北川敬子さんが宗教家で、教祖であるという話はよく聞きますが本当でしょうか。 調べてみると、お母様は11歳のころに宗教法人解脱会に入り、1999年の2月に離れています。 そして、同年の5月に 『かむながらのみち』という宗教を立ち上げ、今も教祖として活動を続けているようです。 宗教団体として活動をしている時には自身の名前を慈敬 じけい と言っています。 お家も多くの信者を迎い入れることができるように、2億近い金額の大豪邸を建てたそうです。 そこまでのお家を建てることができるということは、信者も数も相当なものではないでしょうか。 さらになんと、 宗教家としての活動だけをしているのだと思ったのですが、その他にも北川精密工業やETLジャパンの取締役でもあります。 ん~~~。 なんか凄い人ですな。。。 2億円近い大豪邸を建てれたのも頷けますね。 「かむながらのみち」ってどんな宗教? では、 「かむながらのみち」とはどういう宗教なのでしょうか。 ちょっと難しいハナシっぽくなりますが、がんばって説明してみましょう・・・! 「かむながらのみち」は漢字にして「神ながらの道」と書き、一般には神道のことを意味するのだそうです。 神仏和合の精神を基本としています。 ホームページも作っていて、その中で 「かむながらのみちとは、人と大自然の法則が一体となり、この世で生きていく命の道」と言っています。 ちなみに、 信者の数は1000人以上と言われていて、思っていたよりも大規模。 宗教としての年間行事を見ても、1年を通して供養やお祓い、神例祭をしていて、名ばかりの宗教とは全く違います。 また、「かむながらのみち青年部」という集まりがあり、5歳から40歳までの男女が伊勢神宮への巡拝や夏合宿、和太鼓などの活動を通してかむながらのみちを広めています。 かむながらのみちの総本山は山梨県の身曾岐神社で、 北川悠仁さんと高島彩さんが結婚式を挙げたことでも有名です。 結婚式以外にも、それまでにゆずのライブを行ったり、「ゆず絵馬」や「幸福ゆず守」など、ゆずにちなんだものもあります。 ん~~~。 けっこう立派です! まとめ 北川悠仁さんのお母さんはすでに11歳から宗教に入っているので、宗教とともに歩む人生を大切にしているのかもしれませんね。 北川悠仁さんも今はゆずの活動を中心に行っていますが、時期が来ればかむながらのみちの教祖になるのかもしれません。 また、高島彩さんとの間に生まれた女の子も信者の方々にお披露目をしたとか…。 もしかすると、子育て方法などにもかむながらのみちの考えが反映されるのかもしれませんね。 ということで、 ゆず・北川悠仁、母親が宗教「かむながらのみち」の教祖ってホント?でした。 最後に気になる動画もどーぞ。

次の

かむながらのみちとは (カムナガラノミチとは) [単語記事]

かむ ながら の みち

『女性セブン』によると、高島彩さんはゆず北川悠仁さんの母親で、新興宗教法人『かむながらのみち』の教祖・北川慈敬さん(きたがわ・じけい 本名=北川敬子 81歳)と子供の進学を巡り嫁姑バトルを繰り広げているそうです。 今までもお義母さんとはいろいろありましたが、子育てをめぐることだったので高島さんにとっては譲れない一線だったんでしょう」と語っています。 高島彩アナは2011年10月に、『めざましテレビ』での共演がきっかけで2005年から交際していたゆず北川悠仁さんと結婚し、2014年2月に第1子となる長女 5 、2016年2月に第2子となる次女 3 が誕生しました。 また、慈敬さんは算命学という占いを大事にしています。 また、 「北川さんと交際を始めると、高島さんは慈敬さんの言いつけ通りに、山梨県内にある『かむながらのみち』の総本山・身曾岐(みそぎ)神社を何度も参拝しました。 大好きなお酒も控えて、算命学の勉強も始めた。 身曾岐神社には高島さん専用の部屋まで常設されたと聞いています。 そして、高島彩アナは結婚する1年前の2011年8月には、年内いっぱいでフジテレビを退社することを発表したのですが、これも北川慈敬さんの助言を受けて決意したものだったといい、フジテレビ側はエースアナの退社を必死に阻止しようとしたものの、高島アナの決意は揺らがなかったそうです。 2010年末をもってフジテレビを退社した高島彩アナは、2011年1月から『フジ・メディア・ホールディングス』の子会社『共同テレビジョン』の関連会社で、元フジテレビの八木亜希子アナ、小島奈津子アナ、中野美奈子アナ、本田朋子アナ、元共同テレビの滝川クリステルさんが所属する芸能事務所『フォニックス』へ移籍し、フリーアナウンサーに転身しました。 これに対して北川慈敬さんは、高島彩アナがフジテレビを退社し結婚後は家庭に入ってくれるものだと思っていたため、 仕事継続に対しては少なからず不満を抱いていたとのことです。 また、高島彩アナの出演番組をチェックし、 「スカートの丈が短いとはしたないですよ」と注意することもあったといいます。 そうしたこともありながら、 2014年に高島彩アナは北川慈敬さんの自宅に隣接する豪邸を自分名義で購入(推定価格1億8000万円)しており、当時『女性自身』が報じた記事では、『かむながらのみち』関係者が現在の嫁姑関係について、 「高島さんと慈敬さんの仲は、いまとても良好なんです。 (中略)嫁姑がお互いを立ててうまくいっているようです。 高島さんは、姑の意向どおりに、教団の所有する山梨の身曾岐神社にも何度も通っていますし、言いつけにはすべて従っています。 」と語っていました。 豪邸購入後も高島彩アナは、北川慈敬さんの言う通り仕事をセーブし、子育て優先の生活を送っていたそうなのですが、 2017年4月スタートの情報・報道番組『サタデーステーション』(テレビ朝日系 土曜20時54分)のメインキャスターに抜擢され、これで一気に嫁姑関係が悪化したとのことです。 そうした中で、 来年小学校に上がる長女の進学を巡って、嫁姑の間に決定的な溝ができてしまったといいます。 フジテレビ関係者によると、 高島彩アナは長女の小学校受験で、小中高一貫教育で有名進学校でもあるカトリックの女子校に通わせたいと考えているそうなのですが、一方 の北川慈敬さんはそれに猛反対しているとのことです。 そうした子供の教育に関する嫁姑の軋轢(あつれき)が、小学校選びを機に一気に爆発してしまったようです」と高島アナの知人が明かしています。 しかし、高島彩アナは北川慈敬さんの反対を押し切って長女の小学校受験を強行し、今後も 「譲れないところは譲らない」という姿勢を貫いていくつもりといい、それは自身の経験も大きく関係しているそうです。 俳優・竜崎勝さん(1984年12月死去 享年44)の娘である高島彩アナは、カトリック系のセレブ幼稚園「枝光会幼稚園」に入り、受験して成蹊小学校に入学、大学まで成蹊に通ってフジテレビへ入社しており、高島アナは 「小さい頃から受験をしたことで、さまざまな学びがあった」「小さい頃の吸収力はすごいから、多くのことに触れさせてあげたい」という思いから、自分の子供も受験させたいという気持ちが強いようです。 そして、現在は事務所の先輩や小学校OGから教育方針や環境などについて話を聞き、長女の小学校受験に向けての準備をしているとのことなのですが、高島彩アナと北川慈敬さんの嫁姑バトル報道に対してネット上では、• 姑はあまりしゃしゃり出ない方がいいと思うんだけどなぁ• 自分の子供だから自分が思った通りに育てるべき• 高島さんと北川さんで結婚して一家庭を築いているんだから、外野のおばあちゃんが孫の教育方針に口出しするもんじゃない。 子供の教育に関しては、祖母が口を出すことではないかと。 高島さんは進学や就職の試験に於いて激戦を勝ち抜いてきた人だしね。 なぜ高島さんがバトルするのか、心底理解できない。 旦那が「オレ達の教育方針で育てるから、口出ししないで」と、バシッと言えばいいだけ。 嫁が言うから角が立つのよ。 姑も自分の息子が言うなら仕方がないのってなる。 世の中の嫁姑問題は、旦那が母親に遠慮してたりマザコンだったりするからなのよ。 旦那は奥さんの味方をしないとね。 旦那がいくら言い返したところで、「嫁のせいで変わってしまった」と嫁への圧力が酷くなるだけ。 出来る事は特にないと思います。 こういう義母がいるところへ嫁へ来たと、自ら選んだ道を日々やり過ごすしか無い。 あと、どうせ、10年くらいの辛抱だと思うしかない。 親の指示に従ったところで、うまく行かない。 適当に流して時間が過ぎるのを待つ、それが一番いいと最近気づいた。 ウチの義父母はまだ60前半、、、あと30年もある、、、• この姑は、人生の終焉を迎える年齢。 勝手に色々決めてその後の責任がとれるのか。 出しゃばるな! それでも出てくるようなら、そして、夫が姑の言いなりにしかならないなら、嫁も食べていけないわけじゃなし、いざとなれば別れりゃいい。 こんな姑のせいで、人生の大きな選択を決められるのはかなわん。 などのコメントが寄せられています。 あくまでも他人である姑に自身の仕事に関することだけでなく、娘の将来がかかった進学にも口を出されて我慢ならないのは当然で、出来る限りモメたくない気持ちはあるかと思いますが、娘の進学については高島彩アナとゆず北川悠仁さんの2人で決めるのがいいと思います。 高島彩アナはこれまで色々と北川慈敬さんの言うことを聞いたり、実家の隣に豪邸を購入するなどしてきたと週刊誌に報じられており、今後も娘のことや仕事のことに関して色々と小言を言われるだろうと思いますが、「譲れないところは譲らない」という姿勢は崩さずに、引き続き仕事と長女の小学校受験に向けた準備を頑張ってもらいたいです。 また、嫁姑バトルに対してゆず北川悠仁さんはどのように思っているのか、2人の関係は見て見ぬふりをしているのか否かは定かではありませんが、高島彩アナと子供のことはしっかりと守ってあげてほしいですね。 参照元• news-postseven. html•

次の

高島彩 『かむながらのみち』の後継者“精子注入”で年子も覚悟 (2016年7月28日)

かむ ながら の みち

北川悠仁の母親が教祖? 出典: 大人気デュオのゆずの北川悠仁 超売れっ子で、アヤパンこと高島彩と 結婚したことでも注目を集めました。 しかしアヤパンとの結婚までには 北川悠仁の母親である北川敬子の間に いろいろとあったことは、ファンの間では よく知られていることです。 実は、北川悠仁の母、敬子は 有名な新興宗教の教祖なのです。 なので、ゆずの北川と高島彩が 結婚するには、宗教の信者になる必要があり 仕事をやめることが条件と 言われていたのです。 さらに教祖である敬子は 70歳をこえているので、高島彩が 次期教祖の候補とも言われています。 そんな北川悠仁の母親が教主である 新興宗教団体とは、どういったものなのでしょう? 山梨県みそぎ神社の宗教団体「かむながらのみち」 ゆずの北川の母は 教祖としては北川慈敬(きたがわじけい)と 名乗っています。 宗教団体の名前は 宗教法人「かむながらのみち」 1999年5月5日創立 横浜市磯子区岡村にある宗教法人 関西から北海道までの全10か所に拠点 全国に1200人を超える信者がいる とされています。 かむながらのみちの総本山は 山梨県にある身曾岐(みそぎ)神社です。 身曾岐(みそぎ)神社といえば 北川悠仁と高島彩が挙式をあげた場所で有名ですね。 芸能界では、神社で挙式をあげることが多いですが 都内の明治神宮といったところが定番の中 山梨のみそぎ神社を選んだのには こういう理由があったわけです。 そのこともあってか 山梨で最も知名度が高く、初詣の参拝客も かなり多くなっています。 みそぎ神社は過去にも ゆずのライブコンサートがたびたび 行われています。 ゆず守りといったゆずのロゴの入った グッズなどは人気で、ファンにはおなじみと なっていますね。 しかし、宗教というと何か怪しい印象を 持つ人もいると思います。 あくまで北川の母親が教祖というだけなのですが ゆずの北川とはどこまで関わっているのでしょうか? 北川悠仁と宗教とのかかわり まず、ゆずの「悠仁」という名前ですが これは本名です。 「~仁」という名前は 天皇家の男の子の名前につけらるもので これにあやかって両親がつけたそうです。 つまり、北川悠仁を宗教団体の中で 特別な存在にしたく、後を継がせることも 両親は考えていたのかもしれません。 もともと北川悠仁の両親は 「解脱会」と呼ばれる宗教団体に入信していました。 両親は解脱会の中でも幹部クラスだったため 息子のさんのためにと、デビュー当時は 信者達がゆずのCDを購入していたそうです。 しかし、北川がゆずとして売れる前 Vシネマに出演した映画の内容が あまりに過激なものだったため 教団内で批判を浴びてしまいます。 それがきっかけで 解脱会を抜け、今のかむながらのみちを 創設することになったそうです。 このような経緯があるので 北川悠仁としても、両親に対して申し訳ない 気持ちがあるのでしょう。 また、デビュー当時に支えてくれた信者の人にも 迷惑をかけたので、将来的には後を継ぎたい ということを話しているそうです。 ただ、末っ子である北川は 17歳はなれた兄がいるので 基本的には兄が継ぐことになっています。 現在は、ゆずとしての活動もあるため かむながらのみちとは関わりは ほとんどないと言われていますね。 しかし婚約までは、 母親にしたがって宗教活動に 参加していたそうですが、 結婚後はそうでもなかったそうです。 2人が結婚したのは2011年10月20日 結婚まで6年間の交際期間がありますから その間、ずっと教団の修行に耐えてきた ということになりますね。 高島彩の本音は仕事はやめず 教団にも入信しないということ 結婚するために表向きは みそぎ神社への参加や宗教的な活動はしてきたが いずれはアナウンサーとしての仕事に 戻りたいと夫の北川には言っていたそうです。 そのため、結婚後早くも 嫁姑のバトルが勃発してしまいます。 2012年1月のこと 「慈敬さんの教団の集会があり、 そこで結婚後初めて信者に高島さんをお披露目する予定でした。 しかし直前になって高島さんが『教団の活動はしません』と出席を拒否。 一部では、そんな家庭に嫁ぐなんて 見る目がない、バカだという否定的な 口コミもあります。 さらに、夫の北川は 母親の味方に立っていることで 夫婦仲が悪化して別居とまで 週刊誌で報じられたこともありました。 実は、高島彩が結婚まで がまんして、宗教活動に協力して見せたのは ある理由があったようです。 それは、 「聞く 笑う、ツナグ。 」という 書籍の中で、20代後半頃は無償に結婚したかった 子供3人ぐらい欲しい と書かれていて 結婚願望が強かったことがわかります。 そして 2014年2月17日のは 待望の長女を出産しています。 2014年5月頃の報道では 北川の母親が住む実家の隣に、 高島が豪邸を建てたそうです。 夫の北川には頼らず、 自腹で1億8千万円ほどで購入 ということです。 今ではみそぎ神社にも 通うようになっていると女性自身が報じています。 待望の子供が生まれたことで 高島彩の気持ちにも余裕ができたのでしょうか。 嫁姑の仲が改善されたようにも見えますね。 ・デビュー当時に支えてくれた信者のためにも 北川が将来的には後を継ぎたいとも 発言している。 ・高島彩の本音は、教団に入信せず アナウンサーの仕事に戻りたい ・北川の母親が住む実家の隣に、 高島が1億8千万円ほどの豪邸を 自腹で建てた。 このことから嫁姑の仲は改善されている? 【編集後記】 私は新興宗教と聞くと無意識レベルで 拒絶反応がでてしまうんですよね。 仏教ぐらいなら興味はありますけど 新興宗教ってほとんどが既存の 宗教が元になってるわけです。 人や見せ方を変えることで その属性の信者も集まるしそれで 救われる人がいればいいんでしょうけど。 ただ、宗教の目的がほぼビジネスに すり替わってると思うんですね。 今は科学の時代ですから、 宗教のほとんどが科学的に証明されてきてるんで そっちを勉強するほうが面白いと思います。 高島彩さんはちょっと大変なようですが 自分のやりたい道に進めるのが一番ですね。

次の