お渡しさせて。 C言語 値渡しとアドレス渡し【プログラミングランド】

C言語 値渡しとアドレス渡し【プログラミングランド】

お渡しさせて

「佃島の渡し」(昭和初期) 隅田川の渡し(すみだがわのわたし)は、にかつて存在した・渡船場の総称。 長らくやへの街道筋に合わせていくつかの渡しが存在した。 戦国時代以降にが江戸へと移封されると江戸の町は大きく発展を見せたが、防備上の関係で橋の架橋が制限されたこともあり、市街地を南北に分断する隅田川を渡河するために多くの渡しが誕生した。 を通じて渡しは増え続け、最盛期の初頭には20以上の渡しの存在が確認できる。 以後、震災復興事業に伴う新規の架橋もやの通行も可能な橋も増え、(昭和41年)に廃止された「汐入の渡し」を最後に、公道の一部としての隅田川の渡しは姿を消した。 現在では東京都志茂にある東京工場と、対岸の新田にある日本化薬東京を結ぶ従業員専用の渡船のみが存在する。 主な渡し [ ] ここでは隅田川の主な渡しを、上流から列挙する。 名称と渡船場所は時代とともに変遷しているため、代表的なものを記す。 宮堀の渡し [ ] 「 神谷の渡し」とも称された。 現在の付近にあったもので、江戸期においては主にへの参拝客や堤への花見客などを乗せていたようである。 (大正13年)6月にが開削されると、一帯は放水路と隅田川にはさまれて中州のように孤立した地域となったために後述する野新田の渡しと共に整備が進んだ。 (昭和37年)10月にの架設工事が着工され, (昭和40年)10月に片側車線が開通することになり、宮堀の渡しはその役目を終え、昭和35年の冬に廃止された。の宮堀児童遊園内に案内板が設置され、付近の沿いの「産業考古学探索路」碑においても記載が残る。 野新田(やしんでん)の渡し [ ] 「 馬場の渡し」とも称された。 現在の付近にあったもので、主に現在の付近の農産物を江戸市中に運ぶ農業渡船として使われていたようである。 荒川放水路開削時に中州状に孤立した付近一帯の交通路として前述の宮堀の渡しと共に整備された。 付近は俗に「野新田の原」と呼ばれ桜草の名所であったという。 (昭和16年)の新田橋架橋によって廃止された。 六阿弥陀の渡し [ ] 六阿弥陀詣をして霊場を巡る際に必ず使う必要があったため、この名で呼ばれた。 付近の地名から「 豊島の渡し」とも称された。 現在のの上流200 mほどの隅田川が大きく蛇行する「天狗の鼻」 とよばれる場所にあった。 (大正14年)の豊島橋架橋によって廃止された。 梶原の渡し [ ] 「 船宮の渡し」とも称された。 江北村(現在の足立区宮城付近)から、堀船(現在の堀船4丁目)にあった下野紡績工場へと通う女工たちの通勤用に、両岸の有志によって(明治41年)に作られたという記録が残る。 当初の運賃は大人一銭、子供五厘、荷車一銭五厘、自転車一銭。 駒込の市場への出荷の車を、戦争の頃は足立の軍需工場へ通う人々を、戦後は梶原銀座への買い物客らを、何往復もして運んだ渡しだったが、交通路の発展に伴い(昭和36年)に廃止された。 北区の白山堀公園奥に案内板が設置されている。 小台の渡し [ ] 「 尾久の渡し」とも称された。 現在の付近にあったもので、江戸時代より江北・西新井・草加方面への交通の要所として賑わっていた。 や六阿弥陀のひとつであるの恵明寺に詣でる人々も多く利用した。江戸期は両岸の農民が半月交代の当番制で渡していたという。明治期以降はが運営していたが、交通量の増大に伴い(昭和8年)に小台橋が架橋され、後に廃止された。 小台橋のたもとに案内板が設置されている。 熊野の渡し案内板(そば) 熊野の渡し [ ] 現在の付近にあったもので、大正中期から昭和にかけて利用されていた。 下流の尾竹橋や上流の小台橋が開通した後は徐々に利用客が減少したものの、(昭和25年)3月まで利用された。 尾久橋のたもとに案内板が設置されている。 新渡し [ ] 現在のの上流200 mほどの位置にあり、荒川区町屋五丁目と六丁目の境付近から、足立区千住桜木町を結んでいた。 東側にあった後述される尾竹の渡しに対し、新たに設けられたので新渡しと称したという。 明治後期に整備され、(昭和9年)の尾竹橋架橋後に廃止された。 渡し跡付近に案内板が設置されている。 「新渡し」の名はの停留場名に未だに残されており、に新設された宮03系統にも、都営バスと同位置のバス停名に「新渡し」の名が使用された。 尾竹の渡し [ ] 現在のの下流300 mほどの位置にあった。 付近に「富士見屋」「柳屋」「大黒屋」という 三軒の茶屋があったため「 お茶屋の渡し」とも称されたという。 また「尾竹」の名も「お竹」という茶屋の看板娘から名付けられたと伝わっている。 年間( - )に開設され、昭和9年の尾竹橋架橋後もしばらく運行されていた記録が残る。 、方面へ向かう交通路として重要な役割を果たした。 付近の尾竹橋公園入口に案内板が設置されている。 一本松グリーンスポットの松 一本松の渡し [ ] 現在の付近にあった渡し。 の上流100 mほどの位置にあたる。 と町屋を結んでいた生活道路であったという。 いつごろ廃止されたのかは不明。 上水千住水管橋そばに案内板が設置されている。 名は付近のにあった大きな松の木に因むといわれる。 この松は6年に町屋村と三河島村との境に植えられたと伝えられ、後に戦災で枯死したものの、一本松グリーンスポットという小公園に現在2代目の松が植えられている。 なお、近くを通る都営バスの停留所名として「一本松」の名が残っている。 渡裸の渡し [ ] 古くは裸になって徒歩で渡っていたという記録から「渡裸(とら)川の渡し」と呼ばれるようになったと伝わる。 後に「とら」という音から「とだ」となり「 戸田の渡し」とも称された。 現在ののやや上流にあたり、奥州への古道が通っていた場所である。 千住大橋架橋に伴い、江戸初期に廃されたという。 汐入の渡し [ ] 現在の付近にあった。 (明治23年)から(昭和41年)まで汐入(現在の荒川区南千住八丁目)と千住曙町のを結び、女工たちの通勤用として運行されていた。 紡績工場用とされる以前にも渡しはあったらしい。 隅田川で最後まで運行されていた渡しである。 富士見の渡し(明治時代) 水神の渡し [ ] 現在のの100 mほど下流にあった真崎稲荷と隅田川神社を結んでいた渡しで、名はが水神を祀っていることによるが、付近の俗称が「水神」でもあったことにもよる。 が錦絵「隅田川水神の森眞崎」に渡しを描いている。 橋場の渡し [ ] 現在の付近にあった。 「 白鬚の渡し」とも呼ばれた。 歴史的に位置や名称に変遷があったが、記録に残る隅田川の渡しとしては最も古い。 時代の2年()のに「 住田の渡し」 と書かれたものが残っている。 奥州、総州への古道があり、で主人公が渡ったのもこの渡しとされている。 また、が挙兵してこの地に入る際に、歴史上隅田川に最初に架橋した「船橋」もこの場所とされ、「橋場」という名が残ったとも伝えられている。 橋場は歴史の古い土地柄から江戸時代から風流な場所とされ、大名や豪商の別荘が隅田川河岸に並び、有名な料亭も多かった。 明治期に入ってからも屋敷が建ち並んでおり、とりわけ著名なの別荘である「對鴎荘」が橋場の渡しの西岸にあった。 が錦絵「墨田河橋場の渡かわら竈」に描いた。 白鬚橋の完成に伴い、大正期に廃止されたといわれる。 今戸の渡し [ ] 「 寺島の渡し」とも称される。 現在のの上流付近にあった渡し。 橋場に対して、新しく作られたということで「今」戸と呼ばれたという。 前述の橋場の渡しと名称や渡河位置の錯綜が多く見られることから、ほぼ同じ渡しの流れとも考えられる。 竹屋の渡し [ ] 「 竹家の渡し」、「 向島の渡し」とも称された。 待乳山聖天のふもとにあったことから「 待乳(まつち)の渡し」とも称される。 「竹屋」の名は付近にあった茶屋の名に由来するという。 現在ののやや上流にあり、から 向島三囲(みめぐり)神社(向島二丁目)を結んでいた。 付近は桜の名所であり、花見の時期にはたいへん賑わったという。 年間( - )頃には運行されており、(昭和8年)の言問橋架橋前後に廃された。 近くの台東区スポーツセンター広場に渡し跡の碑がある。 山の宿(やまのしゅく)の渡し [ ] 現在のの付近にあった渡し。 渡しのあった花川戸河岸付近は「山の宿町」と呼ばれ、その町名をとって命名された。 そのため「 花川戸の渡し」と称されたり、東岸の船着場がののたもとにあったので「 枕橋の渡し」とも称される。 渡船創設年代は不明だが、江戸中期には運行されていたと考えられる。 への参拝客や、墨堤の花見客などで賑わった。 内に渡し跡の碑がある。 竹町(たけちょう)の渡し [ ] 「 駒形の渡し」とも称される。 現在のとのほぼ中間の場所にあった渡しで、江戸期に吾妻橋が架橋されたことによって利用者は減ったものの、(明治9年)まで運行されていた記録が残っている。 御厩(おうまや)の渡し [ ] 「 御厩河岸の渡し」とも称され、現在の付近にあった。 川岸に江戸幕府の「浅草御米蔵」があり、その北側に付随施設の厩があったのでこの名がついた。 3年()に渡しとして定められ、渡し船8艘、船頭14人、番人が4人がいたという記録が残る。 渡賃は1人2文で武士は無料。 (明治7年)の厩橋架橋に伴い廃された。 の錦絵「浅草川首尾の松御厩河岸」にも描かれている。 富士見の渡し [ ] 舟上から富士山が良く見渡せたのでこの名がついたと言われている。 江戸幕府の米蔵が付近にあったので「 御蔵の渡し」とも称された。 現在のの下流側にあたる場所にあった。 の発生前まで運行されていたが、震災発生により消滅。 後に震災復興事業によって蔵前橋が架橋され、渡しが再開されることはなかった。 横網の渡し [ ] 現在の、付近にあった渡し。 一目の渡し [ ] 「 千歳の渡し」とも称された。 現在ののやや下流、付近にあった渡し。 後述の安宅の渡しとかなり近いルートのため、同系統の渡しであるとも考えられる。 安宅の渡し [ ] 現在のそばにあった渡し。 江戸初期には運行が開始されていたとされる。 「安宅」とは近くの河岸にあった幕府の御用船係留場にその巨体ゆえに係留されたままになっていた史上最大のでもある御座船安宅丸(あたけまる)にちなんで、付近が俗にそう呼ばれていたからである。 明治期の料金が記録に残っており、1人8銭、人力車1銭5厘、荷物8厘、自転車5厘とある。 江戸期~大正期の新大橋の旧橋は現在より150 mほど下流に架橋されていたため、新大橋と安宅の渡しは平行して運行されていたが、(明治45年)に現在の場所に鉄橋が完成したときに廃された。 に大川口の渡し、中洲の渡しとともに江東区の史跡に指定された。 中洲(なかず)の渡し [ ] 現在のの位置にあった渡し。 現在は内陸だが、渡しのあった当時は水路があり、まさに中洲で無人の荒地だった。 (明治6年)、深川佐賀町に住む青木安兵衛が東京府知事の許可を得て始めたが、はじめ日本橋側の渡船場は箱崎、浜町付近で、中洲の開発が始まる明治40年ごろまで中洲は通過地点でしかなかったと考えられる。 清洲橋の架橋に伴い廃された。 に大川口の渡し、安宅の渡しとともに江東区の史跡に指定された。 大渡し [ ] 「 深川の渡し」とも称された。 現在のの下流側、江戸期のの架橋場所付近に、江戸年間にあった渡し。 11年()の永代橋架橋に伴って廃された。 大川口の渡し [ ] 元来の隅田川の河口にあった渡し。 霊巌島(現在の、)付近と、深川熊井(現在の、)付近を結んでいた。 1986年に中洲の渡し、安宅の渡しとともに江東区の史跡に指定された。 勝鬨の渡し碑(中央区) 佃の渡し [ ] 現在の付近にあった渡し。 はじめはの漁民たちと湊町(湊)とを結ぶ私的な渡しであった。 佃島は漁村のほか、藤の花の名所でもあったため、江戸期には不定期に渡船が運行されていたが、日常的に運行されることはなかった。 明治期に入り、佃島や石川島、に造船所などが生まれると従業員のための重要な交通機関として発展し、明治9年の運賃記録によると1人5厘の料金だったようである。 (明治16年)には定期船の運行が開始、(大正15年) に運営が東京市に移管された。 翌昭和2年3月には無料の曳船渡船となった。 一日に70往復という賑わった渡しであったが、(昭和39年)、佃大橋 約800メートル 架橋に伴い廃された。 佃大橋両岸に渡し跡の碑が残る。 架橋後は造船所を中心に更に大きく賑わい、混雑した。 佃島の光景を愛していた劇作家のが、1957年にこの渡しを舞台に新派俳優のために書き下ろした芝居に『佃の渡し』がある。 初演以来高い評価を受け、滅びゆく日本の古き良き情景を舞台で再生させた名作として、昭和39年には花柳十種のひとつに選ばれているなど、北條、花柳、そして新派にとって欠くことの出来ない代表作のひとつとなっている。 花柳没後はが後を引き継ぎ、こちらも高い評価を得ているが近年は再演されていない。 月島の渡し [ ] 現在の月島と対岸の現在の付近を結んでいた渡し。 月島の埋め立てが完成して間もない(明治25年)に、鈴木由三郎という人物が私設の渡船を航行し始めた。 その後、(明治34年)、東京市が市営化を決め渡賃も無料にした。 利用者は多く、明治44年()には徹夜渡船が運行されるまでであったという記録も残る。 しかし、(昭和15年)のの完成とともに利用者が減少し、後に廃止された。 中央区月島の「わたし児童遊園」内に案内板が残る。 勝鬨の渡し [ ] 現在ののやや下流にあった。 (明治38年)、当時の役所が海幸橋とを結ぶ渡船を創設、無料の手漕ぎ渡船だった。 まさにの陥落直後であり、この勝利を記念して海軍の発祥地でもある築地に「勝鬨の碑」を建設。 さらに渡船も「勝鬨の渡し」と命名した。 後に経営を東京市に移管。 (大正4年)には乗船客の増加に汽船に格上げされた。 月島の工場群に通勤する労働者に多く利用されたが、(昭和15年)勝鬨橋の架橋に伴い廃された。 現在 [ ] 現在隅田川で運行されている渡船は足立区新田にある日本化薬東京が運行する従業員専用の渡船のみとなっている。 この渡船は川によって会社の敷地が分断されているために運行されているものであり、起終点共に工場敷地内にあるため一般の人々が乗ることはできない。 脚注 [ ] [].

次の

北アルプス縦走(04)黒部湖を渡る〜平の渡し

お渡しさせて

概要 [ ] 広義の「渡し船」には、との航路などや、客を沖の独立したや岩礁へ運ぶ渡船業、リゾート企業などが顧客専用として運用するものも含まれる。 本稿では狭義の渡し船として、「比較的狭い距離の対岸同士を渡し、庶民の日常の交通手段や観光に利用され、公共性の高いもの」について述べる。 大型かつ航路の長いものは を、単純な対岸往復でなく、河川や運河の流れに沿って複数の船着場を行き来する船は を参照のこと。 なお、フェリーと渡し船を呼び分ける文化は日本以外にはあまり存在しないため、各国語版へのリンクはのほうを主に参照されたい。 例 [ ] ドバイ・クリークを行き交うアブラ(2010年) ベトナム [ ] では、主に南部の地方を中心に多くの渡船が存在する。 この地方ではが多くの支流に分かれ、農業用・輸送用の水路も網の目のように張り巡らされている。 このため船による輸送が活発で、橋をかけることや、そのために高い堤防を造成することが逆に交通の不効率化を招く場所が極めて多い。 とはいえ、やが庶民の基本的な交通手段であることも事実であるため、渡船は生活に欠かせないものとなっている。 また、21世紀になってやが掛けられるまで、交通の大動脈であるでのバスやトラックでの大規模輸送であっても、大型の渡船が利用された。 このようにベトナムの渡船は基本的に車両での乗船を考慮する必要があるため、輸送量の多い場所ではがそのままの地面とひとつながりになる船体形状のものが多い。 また、河川の流れが極めて緩やかなため、安定性に注意を払う必要が低く、喫水の浅く底が平たい、ある意味一枚の「床」のような形状のものが見られる。 ラオス [ ] 陸上の交通路がきわめて貧弱で、かつ山岳が多く川の流れが急なにおいては、「対岸へ渡す」船ではなく、川を斜めに渡って乗客を運ぶ渡船が主流である。 このため船体は極めて細長い形状である。 タイ [ ] タイの地方ではベトナム同様のオートバイ利用者向けの渡船も見られるが、陸上交通の充実した首都においては、主に徒歩客、特に観光客のためのものが主流である。 バンコク都内を南北に流れるでは、(に分類される)のような川を上下するもののほかに、対岸同士にあるとを結ぶ渡船などが存在する。 また、との国境を形成するには海上の国境を超える渡し船が多く運行されている。 これらは公営のものではなく企業とも呼べない個人経営のものばかりのため、料金交渉が必要であり、事故が起きてもほとんど保障は得られない。 メコン川でのラオス国境にも同様なものがあるが、こちらは運賃が決まっており、個人ではなく企業経営のものが多い。 マレーシア [ ] マレーシアも陸上交通が充実しており、自動車の普及率も高いことから渡船は地方の観光地に多い。 のでは、市街を南北に分けるサラワク川支流の中心部は景観維持のために橋がかかっておらず、徒歩客むけの多くの渡船が早朝から夜遅くまで行き交う。 ドバイ [ ] を東西に流れるでは「アブラ()」と呼ばれる木製の渡し船が昔から利用されており、現代では観光客向けに運航されている。 なお運賃は伝統により1となっている。 日本 [ ] 『』 中世以前は架橋技術の未発達により、渡船に頼る比重が高かった。 江戸時代のにおいても、架橋が困難な地点や、など軍事的理由で架橋が許されなかった地点を中心に渡船が行われた。 また、地形が山がちなことや、軍事的理由から車輪の利用が発達しなかった事によって発生する水運の優位性もあり、渡船は全国各地で行われた。 道路が整備され、また車両が普及するなどして陸運が発達すると、水運の至便性よりも洪水忌避が重要となり、堤防の建設などによって生活と水辺は切り離されてゆく傾向にある。 また、架橋技術や等土木技術の発達も水運の重要性を低下させる。 これらの理由により渡船は徐々に廃止され、初頭の日本では観光用ないしは、港湾・河川等においての船舶交通量が多いため、架橋により通過する船舶の交通量を確保できない場合や遠方の離島との間など架橋が困難ないしは、架橋するだけ交通量が確保できない、橋があっても歩行者・自転車の通行が困難な事例など特別な事情がある場合に限られている。 中世以前の渡し [ ] に、()がうたわれている。 (・)、を渡る(東京都)、()なども古代から知られている。 また、旧を渡る(・茨城県古河市・元栗橋)、旧(現)を渡る川口の渡し(埼玉県)、旧を渡る川口の渡し(埼玉県)も江戸時代以前から知られている。 江戸時代の渡し船 [ ] 、の(現在の)の例でいうと、人を20人まで乗せる 小船、馬を乗せる 馬船、大型で荷物を運べるが常備されていた。 がを渡るは度々洪水で流され、1688年(貞享5年)以後は再建を断念し、六郷の渡しが定着した。 現在も運航されている渡船 [ ] 渡し舟の中には川の向かいや島に立地する旅館やゴルフ場などに、宿泊客や利用客を輸送するためのものもあるが、本項では説明を省く。 詳細は「」を参照 (千葉県~) 左岸の松戸市(やきり、やぎり)地区と右岸の東京都葛飾区を結ぶ。 民営(個人運営)。 有料(大人200円、子供100円 平成24年10月より料金改正)。 かつてが江戸川の渡しとして指定し、の管理により運営されていた航路のうち最後の一つ。 現在も先祖代々船頭だった個人が運営。 民営(貸しボート店による運営)。 競輪場の対岸にある駐車場に駐車した競輪場来場者を主な対象としているが、一般客の利用も可能。 でが開催される日のみ運航。 かつて同区間に菅の渡しが存在したが、昭和48年に廃止されている。 浦賀の渡船 [ ] 詳細は「」を参照 (神奈川県) の半ばを結ぶ。 横須賀市営(民間に運航を委託)。 市道2073号。 大人150円、小児・自転車等50円。 通称「ポンポン船」。 橋の開通により一旦渡船は廃止となった。 平成20年5月に観光資源として50年ぶりに渡船が復活する。 運航日は土曜休日と繁忙期で、有料(片道300円)である。 が運営(平ノ小屋()に運航を委託)。 1日4往復運航。 富山県営渡船 [ ] 詳細は「」を参照 (三重県) 的矢湾を渡り、的矢地区と三ヶ所地区を結ぶ。 基本的に三重県営(休日などは民間へ業務を委託することもある)。 三重県道750号阿児磯部鳥羽線の一部として運行される。 便によっては渡鹿野島を経由するものも存在する。 この他、渡鹿野島へ向かう民間の渡船も存在するが、こちらは終点が離島である渡鹿野島のみなのでここでは扱わない。 登山道連絡船 [ ] () 旧大杉村再生協議会によって運行され、宮川ダムを横断し、大杉~登山口を結ぶ。 1964年に一旦廃止されたが2009年、観光資源として復活した。 運行は原則として土曜・休日のみ。 水曜を除く平日は四人以上の場合旧大杉村再生協議会へ予約が必要。 有料(片道1000円)である。 宮川ダムの遊覧船も兼ねる。 三瀬の渡し [ ] () 三瀬の渡し保存会によって運行され、下三瀬~多岐原を結ぶ。 昭和30年代に一旦廃止されたが2010年、地元住民の力添えにより復活した。 利用に際しては事前に三瀬の渡し保存会へ連絡と予約が必要。 料金も事前に確認のこと。 大阪市の公営渡船 [ ] 詳細は「」を参照 () 天保山渡船など、おもに域のや河口付近に8航路。 大阪市営。 一自治体としては最多の航路を持つ。 の一部をなしてきた。 昭和29年に一旦廃止されたが迂回路が危険である事もあって2005年10月、世界遺産登録を機に地元有志の手により復活した。 乗船3日前までに予約が必要。 有料(片道500円)である。 1999年12月で一旦廃止後2008年7月より別事業者により規模を縮小して運航。 矢田の渡し [ ] 詳細は「」を参照 () を渡る。 地元渡船組合の運営。 自転車も乗船可能。 観光船も兼ねており、観光船として運航されている時間帯は渡船としては利用できない。 尾道渡船・駅前渡船など [ ] () 尾道市街と、で隔てられたを結ぶ3航路。 民営(それぞれの航路を別の民間企業が運営)。 自転車も乗船可能。 一部は自動車も積載できる。 自転車やバイクも乗船可能(別料金)。 萩市営。 自転車も乗船可能。 道路渡船。 人力で運航されている。 船は松茂町側に駐在し、6時30分から18時30まで運航。 途中に8回設定された休航時間以外は随時運航する。 徳島市側から利用の際は、用意されている旗を振るなどして対岸に合図する。 岡崎渡船・黒崎渡船・島田渡船 [ ] (徳島県) を渡る3航路。 鳴門市営だが「(有)小鳴門渡船」「(有)島田渡船」に運航を委託。 までは市の直営だった。 4・5月の土曜日・休日のみの運航で、見物用のを使用するなど遊覧船に近いが、肱川の渡しを復活させるために1980年に復活した経緯がある。 松山市営。 自転車も乗船可能。 昔ながらの小型動力船。 映画「」にも登場した。 高知県営(民間に運航を委託)。 自転車やバイク(125cc以下)も乗船可能。 の一部である関係から県営となっているが、2004年から民間に運航を委託。 2002年までは自動車も航送可能だった。 河口付近の遍路道の下田から初崎まで運航されている。 かつては市営で、有料(大人100円)であった。 市営時代は定員13人、1日5回の運航であったが、に一旦廃止され、これをもって四万十川の渡しは全て消失した。 2009年に地元住民有志によって「下田の渡し保存会」が結成され、4年ぶりに渡しが復活する。 30分前までの予約制で、片道500円の有料である。 ただし、一時運休と再開を繰り返しているので、利用には確認が必要である。 通学を目的に昭和34年開設されたが一般客も乗船可能。 元々遍路道の一部として同ルートの航路があった。 有料(片道200~640円)である。 昭和46年までは西海町渡船という公営渡船だった。 昭和47年に民営化され瀬川汽船となった。 高速船による運営となっており一般的な渡船のイメージとは異なるが、通勤利用も存在する。 美唄市と浦臼町の共同運営。 人のみ乗船可能であり、無料であった。 10月10日に一旦廃止されたが、その後北海道の開拓遺産として観光用に復活。 乗船名簿に記入の上ライフジャケットを着用するなど生活色は無くなり、6月から9月にかけての土日・祝日を中心に1日3回運航していた。 確実に利用するためには予めの携帯電話に予約電話を入れる必要があった。 2011年3月26日の「美浦大橋」の開通に伴い関係両市町で協議した結果、船頭の高齢化もあり2011年9月25日限りで96年の歴史に幕を下ろし、これにより北海道から渡し船はすべて姿を消した。 に廃止。 旅来渡船() の渡船。 で最後の渡し船(海上国道区間を除く)であったが、に廃止。 詳細はを参照。 豊里・津山渡船(旧豊里町~旧津山町) 鴇波の渡し・北上川の渡しなどとも言う。 1931年からで運営され、次いで旧豊里町と旧津山町の共同運行になり、合併により登米市営となったが、実際の運航は豊里-津山渡船協議会に委託されていた。 両岸は気仙沼線の鉄道橋はあるものの、道路橋がないための運航であった。 廃止直前には1日11往復の運航ダイヤ(日曜日は運休)が組まれていたが、1人も利用者がいない日が増えたことに加えて船頭の高齢化によりに廃止され、79年間の歴史に幕を下ろした。 旧の飛び地である北上川左岸の山田地区と桃生町中心部側の樫崎地区を結んでいる。 桃生町営から市町合併により現在は石巻市営であるが「山田船場維持組合」に運営委託している。 主な利用者は通学時の小中学生であったため、通学需要のない日曜日は運休していた。 船頭の死去による後継者問題により、休止され、生徒はスクールバスで通学するようになった。 事実上、廃止に近いが制度は残っている。 小山の渡し(~・) 東北本線の駅がある柴田町槻木地区と対岸の亘理町小山地区・角田市鳩原地区の境界付近を結んでいた。 宮城県営渡船最後の渡し舟であったが、1995年7月7日のの開通に伴い廃止された。 ・の河岸場を結ぶ、に属する船三艘を有する官設の渡船で対岸を結んでいた。 渡船場は「岩淵の渡し」[11]や付近にがあることから「善光寺の渡し」とも呼ばれ近くに善光寺があり、信州に行かず善光寺参りが江戸近郊で手軽に済ませられるとあって渡船場は大変な賑わいだったという。 存在していた時期は定かではないが、渡船料の記録によると遅くとも1780年(安永9年)までには存在していたという。 付近の荒川は平水時、その川幅は60間(約109メートル)程度であった。 この渡船は1905年(明治38年)3月10日の舟橋の架設により廃止された。 () 防衛上の理由から架橋が制限されていたため多くの航路が就航し、最盛期の明治時代初期には20航路以上が就航していた。 1966年に廃止された「汐入の渡し」をもって、隅田川から渡し船は消滅。 波崎町営渡船(~) の下の利根川両岸を結んでいたが1996年1月末で休航。 津宮渡船(千葉県) 利根川の両岸を結んでいた、主に通学用の渡船。 2007年3月末で廃止。 () 左岸にある香取市の富田新田地区と左岸の旧中心部側を結んでいた。 地元渡船組合の運営。 自転車やバイクも乗船可能。 2013年3月末で廃止。 (愛知県) を渡っていた。 愛知県営。 愛知県営道路渡船()。 後述の森下渡船のすぐ隣にあった。 2011年3月末をもって運行廃止。 (愛知県愛西市~岐阜県) を渡る。 岐阜県営。 岐阜県営道路渡船()。 前述の葛木渡船のすぐ隣にあった。 後述の日原渡船(長良川側)と船を共用していたため、2日前までの完全予約制となっていた。 2011年3月末をもって運行廃止が決定した。 (塩田の渡し)(愛知県愛西市~岐阜県海津市) 及びを渡る。 航路は前述の葛木渡船・森下渡船と同様に、並行して流れる両河川に分かれているが、こちらの場合は同じ名称であった。 但し、木曽川側には「塩田渡船」の別名がある。 愛知県営(木曽川)、岐阜県営(長良川)。 木曽川側は愛知県営道路渡船、長良川側は岐阜県営渡船()。 長良川側の渡船は前述の森下渡船と船を共用していたため、2日前までの完全予約制となっていた。 2011年3月末をもって運行廃止。 海上七里ノ渡口『東海道五十三次 桑名』 とを結んでいた、かつての。 1601年の東海道制定の際定められた。 現在定期航路としては存在しない。 とを結んでいた。 1634年、佐屋街道が東海道の脇往還に公認されたことで官道化。 1872年に佐屋街道が公認から外れ消滅。 とを結んでいた。 1601年に徳川家康の認可を受け誕生。 1872年に公認から外れ徐々に衰退し、現在定期航路としては存在しない。 (富山県~) を渡る。 伏木港湾交通が有料で運営していた。 伏木万葉大橋の開通により2009年8月2日を最後に廃止。 山崎の渡し(~) の両岸を結んでいた渡船。 江戸時代以前にはが架かっていた。 の小説『』にもこの渡船が描写されている。 1962年に廃止。 水江の渡し() 高梁川の改修工事により東西に分断された水江地区を無料で結んでいた。 市道「水江2号線」の一部としての機能もあった。 廃止直前の運行時間は平日の7時~11時及び14時~18時であった。 倉敷大橋が2016年(平成28年)開通。 同橋開通により同年をもって廃止 () 境港市相生町岸壁と松江市美保関町宇井岸壁間の両岸を結ぶ。 1時間1-3本程度。 自転車積載可能。 2007年3月末で休航となっているが事実上の廃止。 に京町軽便会社が運航を始め、のちに久留米市営に移行した。 7月11日の開通に伴い廃止された。 下田の渡し(福岡県久留米市) 筑後川中流域にて運航された旧下田地区と同町浜地区とを結んだ。 福岡県営。 架橋の完成とともにに廃止。 これをもって筑後川の渡しは全て消失した。 楮木の渡し舟(~) 沿いに走るの(八代市)と球磨村神瀬(こうのせ)楮木(かじき)を結ぶ。 最寄りの橋まで徒歩で迂回すると1時間近く掛かる対岸を、5分で運行していた。 球磨村営で、村から委託を受けた住民組織「楮木地区渡し舟組合」が管理・運営していたが、4人いた船頭は約30年前からは1人だけであった。 村民は無料で、村民以外の利用者は有料。 日曜日は運休。 に廃止された。 船頭が高齢で後継者が皆無であること、マイカーの普及などで利用者が減少して末期には高校生などの乗客が1日1人いるかいないかだったこと、その主な利用客であった高校生がや親の送迎で通学するようになり渡し船を利用しなくなる事が決定打となった。 廃止まで使われていた和船「楮木丸」は、現在「一勝地温泉かわせみ」での湯桶として余生を送っている。 付近の肥薩線の駅は集落から橋のない対岸に駅があることが多く、かつては多くの駅前に渡船があった。 関連項目 [ ]• 出典 [ ] []• 旧道行脚. 2013年9月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年10月17日閲覧。 2010年12月22日付朝刊「美浦渡船来年度限り 浦臼町と美唄市、廃止決定」• 『歴史の道調査報告書第七集 荒川の水運』24-26頁。 『川口大百科事典』16-17頁。 『歴史の道調査報告書第七集 荒川の水運』24-26頁。 プレスネットジャパン 2012年10月26日. 2014年8月2日閲覧。 2012年10月28日. の2013年8月2日時点におけるアーカイブ。 2013年9月18日閲覧。 球磨村議会 2013年4月25日. 2014年8月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年9月19日閲覧。

次の

隅田川の渡し

お渡しさせて

受け取った名刺の処理 受け取った名刺は、すぐに名刺入れにしまわないようにしましょう。 立っている間は名刺入れの上に持ち、テーブルがある応接室などの場合は、椅子に座ったタイミングでテーブルの上に名刺入れ、名刺の順に重ねて置きます。 名刺をしまうタイミングは、その場の雰囲気によって判断します。 基本は「相手の名前を覚えるまで」ですが、現場ではテーブルに置いた名刺を名刺入れにしまう動作は、打ち合わせや商談がそろそろ終わるという合図になります。 名刺をしまうタイミングは、相手や周りの人に合わせておけば間違いないでしょう。 相手が何名かいて、すぐには全員の名前を覚えられないときは、机の上に、相手が座っている順番に並べると顔と名前が一致して覚えやすくなります。 名刺交換の「やってはいけない!」NG例 こんな名刺交換のタブーをうっかりやってしまっていませんか? 注意してくださいね。 受け取る時、相手の会社のロゴの上に指を置く• ポケットやお財布に直接名刺を入れ、そこから取り出す• よれよれの名刺、折れ曲がっている名刺、汚れている名刺を渡す• 先方から出された名刺を片手で受け取る• 先方から受け取った名刺を話しながら手でもて遊ぶ• 先方から受け取った名刺の裏をメモ代わりに使う• 受け取った名刺を机の上に忘れて帰る• 名刺をテーブル越しに渡す 名刺を忘れた時は「切らしておりまして」を使う なんでも正直が良いとは限りません。 名刺を忘れてしまったら、「忘れました」と打ち明けるよりも「申し訳ございません。 ただ今、名刺を切らしておりまして……」と言ってお詫びします。 オフィスに戻ったら、お詫びの手紙を添えて名刺をすぐに郵送します。 対面せずに電話やメールで仕事が始まった場合は、資料などと送る時に名刺も一緒に送ると相手に安心感を与えることができます。 一度に複数の人と名刺交換をする場合 あらかじめ大体の人数分の名刺を取り出し、名刺入れの上に重ねておきます。 そこから1枚ずつ先方に渡します。 受け取った相手の名刺は、名刺入れと下にある指で挟みます。 名刺交換は、役職の高い方から渡します。 訪問先の方の役職がわからない時は、部屋に入ってくる順番や話し方(誰が誰に対して、どういう敬語を使っているかなど)、あるいは先方の紹介される順番などから判断しましょう。 上司に同行した際は、上司同士の交換が始まったら、部下同士が交換しはじめます。 その後、お互い部下と上司同士が交換します。 また、名刺交換は自分のことを相手に知っていただく大事なチャンス。 名刺が途中で切れたりしないように、最低でも常に10枚は名刺入れに入れておくようにしましょう。 相手に先に出されたら「申し遅れました」の一言を バッグの中をがさごそ探す姿は、あまり美しいものではありません。 このようなことのように、名刺入れはあらかじめバッグの取り出しやすい場所に入れておくか、手に持っておきましょう。 自分が名刺入れを探している間に、先方がすでに名刺を差し出していたら、お待たせしないように「頂戴します」と言って、いったん名刺を受け取り、その後、名刺の準備ができた時点で「申し遅れました」といって自分の名刺を差し出しましょう。 名刺交換のタイミングを逃したら最後に要求してもOK 相手によっては名刺を出し忘れたり、遅れて入ってくるなどで名刺交換のタイミングを逃がすケースがあります。 そういう場合には、用件が終わって帰る間際に「恐れ入りますが、お名刺を一枚いただけないでしょうか?」と依頼しても、マナー違反にはなりません。 名刺交換から始まるビジネスの信頼関係作り 挨拶はビジネスマナーの基本であり、大切な仕事です。 そして、名刺交換と自己紹介は、あなたをプレゼンテーションする貴重な機会です。 短い時間ですが、相手に出会えたことへの感謝の気持ちとこれから先のお互いの未来へより良い一歩が踏み出せるよう精神を研ぎ澄まし、濃密な時間を過ごしてください。 挨拶や自己紹介の印象が良いと、次から相手は好んで声をかけてくれます。 こんにちは。 いつもお世話になっています。 そんな挨拶がきっかけとなり、大きなビジネスチャンスをたぐり寄せることになるかもしれません。 そう、いつも「見られている」という気持ちでいながら、同時にいつでもチャンスの到来に敏感でいたいものですね。 胸から相手の手元に向けて差し出すと「美しい名刺交換」に 最後に「美しい名刺の渡し方」をご紹介しましょう。 名刺は相手から差し出された名刺よりも低いところで出すと謙虚さを表すことができるとご紹介しましたが、あまり低い位置でも卑屈な感じを与えてしまいます。 自分の胸のあたりから、相手の手元に向けて、上に向けて弧を描くように差し出してください。 相手に威圧感を与えず、柔らかい印象を与えることができます。 また、名刺交換の時には、相手の親指に必ず目が行きます。 爪が汚れているなどは問題外ですが、ネイルがはがれているとか、爪の生え際がささくれているとか、相手に「だらしない」という印象を与えないように注意しましょう。 名刺入れも意外と見られている 素材、色、形もさまざまな名刺入れは、「あなたらしさ」を出せる小物です。 くれぐれもお財布が名刺入れ代わりということのないように。 最近はいろんな素材や形の名刺入れがあるようですが、名刺入れはあなたの人柄が表れる小物です。 好みはそれぞれでしょうが、いくらキレイだからと言ってもラインストーンがちりばめられてキラキラした名刺入れでは、あなたの人格が疑われてしまいます。 質・色・形などにこだわってセンスの良いものを選びましょう。 そして、いつも点検と手入れを怠らないようにして、きれいな状態であることを確認しておきましょう。 スマートな名刺交換で、あなたの第一印象をアップしてくださいね。 【関連記事】•

次の