確定 申告 国民 年金 保険 料。 妻の国民年金と国民健康保険料、夫が年末調整で節税、社会保険料を家族代表で所得控除

国民年金も控除の対象!確定申告で社会保険料控除を受けるポイント|スモビバ!

確定 申告 国民 年金 保険 料

もくじ 読みたいところへ飛べます• 国民年金保険料は社会保険料控除の対象! 日本に住むすべての人は、20歳になったときから国民年金の被保険者となり、国民年金保険料を払う義務があります。 この国民年金保険料を支払う場合は、• 子ども本人が支払う• 親が支払う のどちらかを選択することになります。 支払った場合は、 「支払った人」が社会保険料控除という控除を受けることができます。 納税者が自己又は 自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合には、その支払った金額について所得控除を受けることができます。 これを社会保険料控除といいます。 控除できる金額は、その年に実際に支払った金額又は給与や公的年金から差し引かれた金額の全額です。 出典: なお、大学生や専門学校生など学生の場合は申請により在学中の保険料の納付が猶予される 「学生納付特例制度」が設けられています。 そのため、例えば大学4年間は払わないで、後で納付するという選択肢もあります。 子の国民年金保険料は親が払った方が税金上は有利! 社会保険料控除は自分の分だけではなく、生計を一にする家族の分を払っても控除を受けられるので、 「誰が払うか?」が重要になります。 結論から言えば、同じ金額を払うにしても、 年収が多い人が払う方がお得です。 ということは、ふつうは子どもよりも 親が払った方が税金上は有利になるケースがほとんどでしょう。 私の大学時代、アルバイトをせっせとがんばって国民年金保険料を自分で支払っている同級生がいました(学生納付特例は利用せず)。 「親には迷惑をかけない。 自分の年金も自分で払う」 というある意味では素晴らしい考え方だったのですが、 税金的に考えると損をしています。 アルバイトも扶養の範囲内(給料年収103万円以下)で働いていたので、そもそも所得税が発生しません。 自分で年金を払っても 社会保険料控除を一切受けられないのです。 一方、 親が払えば親が社会保険料控除を受けることができます。 現在の保険料は年額で約20万円くらいなので、所得税率10%+住民税率10%の親なら• 扶養内でアルバイトをしている子が払う:節税額0円• 親が払う:節税額約4万円 ちなみに学生の間は猶予して社会人になってからまとめて払うという選択肢もあります。 しかしその場合でも新卒の給料では親の年収よりも少ないことが多いので、やはり親が払って節税した場合に比べると少なるなる可能性が高いです。 子どもが4月から社会人になる場合は要注意 子どもの国民年金保険料を負担するときに注意が必要なのは、 「生計を一」にしているかどうかという条件がある点です。 例えば4月から社会人になり、子どもは自分の給料で生活することになれば 「生計を別」にしている場合があります。 社会保険料控除を受ける場合、「生計を一」にしているかどうかの判定時期は、 国民年金保険料を支払った時点で差し支えないとされています。 1月~3月の間に支払った場合は、社会人になる前で「生計を一」にしていて社会保険料控除の対象になりますが、4月以降は 「生計を別」にしているため対象外になります。 生計を一にしている間に払ったもの: 対象• 生計を別にしている間に払ったもの: 対象外 根拠: 申請方法は年末調整または確定申告で 1 年末調整 社会保険料控除は年末調整で受けることができます。 年末調整の申請方法は下記の記事をお読みください。 関連 2 確定申告 親が自営業の場合や、年末調整で社会保険料控除を受けていない場合には、確定申告で申請します。 まとめ 20歳以上の子どもの国民年金保険料については、次の3つの選択肢があります。 学生納付特例で免除• 「子」が自分で国民年金保険料を支払う• 「親」が代わりに国民年金保険料を支払う 学生の間は「学生納付特例」を利用するのも1つですが、もし支払う場合は 「親」が代わりに払った方が税金上は有利になることがほとんどです。 アルバイトをして自分で払いたいという場合でも、例えば年金の分だけ「仕送りの金額」は減らし、親に社会保険料控除で節税してもらった方が世帯全体ではお得になります。 関連 関連 neronaさん、こんにちは。 国民年金保険料の支払ですが、我が家で損をしたことがあります。 というのも、私が20歳になり支払義務が生じた際に、長年のお年玉などで貯蓄があったということで、父が私の口座から年金保険料を支払いました。 その6年後に弟が20歳になった際に年金保険料を同じように弟の口座から払おうとしていましたが、前述のように父の保険料控除にすることができると分かり父が払うことにしました。 その際に、私の年金保険料を父が払って保険料控除にすれば良かったんだなと気づきました。 当然、学生であることを理由に年金保険料の支払を先延ばしして、稼ぎが出るようになったら支払うという方法もあります。 ですが、家計的に目先の資金繰りが厳しくならないのであれば、大学生を扶養している親等が支払って保険料控除を使うべきです。 特に、社会人に成り立ての頃って元々の所得が少ないだろうし、何かとも物入りな時期だと思いますから、よほど家計が厳しくない限りは保険料支払いの先延ばしはオススメできません。

次の

確定申告では国民年金を活用!自営業やフリーランスの意外な節税

確定 申告 国民 年金 保険 料

国民年金保険料や国民健康保険料(税)は、全額控除の対象ですが、年末調整の際に、国民年金保険料や国民健康保険料(税)を支払った証明書の提出を忘れたという方もいると思います。 まだ、諦めないでくださいね!この場合、確定申告をすることで 払い過ぎた税金を取り戻すことができます。 そこで、今回は年末調整時に国民年金保険料の控除証明書を提出し忘れた方を対象に、確定申告書の書き方から税金の計算方法までを記入例付きで解説しています。 それぞれ転記する内容を確認していきましょう。 所得の内訳 こちらには、源泉徴収票の 「支払金額」、 「源泉徴収税額」、 「勤務先の名称」を下の図のように転記していきます。 最後に「源泉徴収税額」の合計額を忘れないように記入してください。 所得から差し引かれる金額に関する事項 こちらも、まずは源泉徴収票の 「社会保険料等の金額」の金額を「支払保険料」欄へ転記し、「社会保険の種類」には、 「源泉徴収票の通り」と記入します。 また、国民健康保険料(税)もある場合は、空いてる欄に記入してください。 記入が終わったら、その合計額を下に記入するのを忘れないでくださいね。 確定申告書A(第一表)を記入する 続いて、「確定申告書A(第一表)」の記入方法について、解説していきます。 (画像参照) その他、控除がある場合は記入してください。 ここでは、 「生命保険料控除50,000円」と、誰もが一律で受けることができる 「基礎控除380,000円」記入しています。 最後にこの112,003円から源泉徴収票の税額116,800円を引いて出た差額が還付される(または納付する)金額です。 計算の結果がプラスになる場合は、「納める税額」欄に記入してください。

次の

国民年金保険料は、全額、社会保険料控除の対象です 未納分がある方は年内に納付しましょう

確定 申告 国民 年金 保険 料

もくじ 読みたいところへ飛べます• 国民年金保険料は社会保険料控除の対象! 日本に住むすべての人は、20歳になったときから国民年金の被保険者となり、国民年金保険料を払う義務があります。 この国民年金保険料を支払う場合は、• 子ども本人が支払う• 親が支払う のどちらかを選択することになります。 支払った場合は、 「支払った人」が社会保険料控除という控除を受けることができます。 納税者が自己又は 自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合には、その支払った金額について所得控除を受けることができます。 これを社会保険料控除といいます。 控除できる金額は、その年に実際に支払った金額又は給与や公的年金から差し引かれた金額の全額です。 出典: なお、大学生や専門学校生など学生の場合は申請により在学中の保険料の納付が猶予される 「学生納付特例制度」が設けられています。 そのため、例えば大学4年間は払わないで、後で納付するという選択肢もあります。 子の国民年金保険料は親が払った方が税金上は有利! 社会保険料控除は自分の分だけではなく、生計を一にする家族の分を払っても控除を受けられるので、 「誰が払うか?」が重要になります。 結論から言えば、同じ金額を払うにしても、 年収が多い人が払う方がお得です。 ということは、ふつうは子どもよりも 親が払った方が税金上は有利になるケースがほとんどでしょう。 私の大学時代、アルバイトをせっせとがんばって国民年金保険料を自分で支払っている同級生がいました(学生納付特例は利用せず)。 「親には迷惑をかけない。 自分の年金も自分で払う」 というある意味では素晴らしい考え方だったのですが、 税金的に考えると損をしています。 アルバイトも扶養の範囲内(給料年収103万円以下)で働いていたので、そもそも所得税が発生しません。 自分で年金を払っても 社会保険料控除を一切受けられないのです。 一方、 親が払えば親が社会保険料控除を受けることができます。 現在の保険料は年額で約20万円くらいなので、所得税率10%+住民税率10%の親なら• 扶養内でアルバイトをしている子が払う:節税額0円• 親が払う:節税額約4万円 ちなみに学生の間は猶予して社会人になってからまとめて払うという選択肢もあります。 しかしその場合でも新卒の給料では親の年収よりも少ないことが多いので、やはり親が払って節税した場合に比べると少なるなる可能性が高いです。 子どもが4月から社会人になる場合は要注意 子どもの国民年金保険料を負担するときに注意が必要なのは、 「生計を一」にしているかどうかという条件がある点です。 例えば4月から社会人になり、子どもは自分の給料で生活することになれば 「生計を別」にしている場合があります。 社会保険料控除を受ける場合、「生計を一」にしているかどうかの判定時期は、 国民年金保険料を支払った時点で差し支えないとされています。 1月~3月の間に支払った場合は、社会人になる前で「生計を一」にしていて社会保険料控除の対象になりますが、4月以降は 「生計を別」にしているため対象外になります。 生計を一にしている間に払ったもの: 対象• 生計を別にしている間に払ったもの: 対象外 根拠: 申請方法は年末調整または確定申告で 1 年末調整 社会保険料控除は年末調整で受けることができます。 年末調整の申請方法は下記の記事をお読みください。 関連 2 確定申告 親が自営業の場合や、年末調整で社会保険料控除を受けていない場合には、確定申告で申請します。 まとめ 20歳以上の子どもの国民年金保険料については、次の3つの選択肢があります。 学生納付特例で免除• 「子」が自分で国民年金保険料を支払う• 「親」が代わりに国民年金保険料を支払う 学生の間は「学生納付特例」を利用するのも1つですが、もし支払う場合は 「親」が代わりに払った方が税金上は有利になることがほとんどです。 アルバイトをして自分で払いたいという場合でも、例えば年金の分だけ「仕送りの金額」は減らし、親に社会保険料控除で節税してもらった方が世帯全体ではお得になります。 関連 関連 neronaさん、こんにちは。 国民年金保険料の支払ですが、我が家で損をしたことがあります。 というのも、私が20歳になり支払義務が生じた際に、長年のお年玉などで貯蓄があったということで、父が私の口座から年金保険料を支払いました。 その6年後に弟が20歳になった際に年金保険料を同じように弟の口座から払おうとしていましたが、前述のように父の保険料控除にすることができると分かり父が払うことにしました。 その際に、私の年金保険料を父が払って保険料控除にすれば良かったんだなと気づきました。 当然、学生であることを理由に年金保険料の支払を先延ばしして、稼ぎが出るようになったら支払うという方法もあります。 ですが、家計的に目先の資金繰りが厳しくならないのであれば、大学生を扶養している親等が支払って保険料控除を使うべきです。 特に、社会人に成り立ての頃って元々の所得が少ないだろうし、何かとも物入りな時期だと思いますから、よほど家計が厳しくない限りは保険料支払いの先延ばしはオススメできません。

次の