グレート ハンティング。 グレート・ハンティング

グレートハンティング : 作品情報

グレート ハンティング

メガバスの渓流ミノー「グレートハンティング」を実際に使ったので、そのレビュー&インプレ記事を書いていきますよ。 ドッグX事件はまだ忘れてねぇからな!! てなわけでね、僕と同じ年代のルアーマンはみーんな大抵そうなんだけど メガバスのルアーといえば、あの90年代~2000年初頭のルアーフィッシングブームの中で爆発的人気があったブランドっていうイメージなんですよね。 だから、30代前後のアングラーでメガバスっていうと、大抵あの頃のこと思い出して凄く複雑な感情になる。 例えば、発売されたにも関わらず、まったく釣具屋に入ってこなかったドッグXを都会の釣具屋で見つけたと思ったら、なんか知らないけど1万円位で売ってたりとかね。 本当に今思い返してもあれはないよ。 人気凄すぎなんだよ本当に。 雑誌でさぁ、あんだけ散々宣伝しててさぁ、うわーこれ欲しいーーー!!って思ってたキッズで どんだけドッグX手に入れられたと思っているのか。 あんなにカッコイイのに!こんなに欲しいのに! まったく手に入らないあの絶望感! どうせなら!もうちょっとダサくしてほしかった! そうしたら僕でも買えるのに! とか滅茶苦茶意味不明なことすらワメきつつ、雑誌のドッグXの広告を永遠と眺めてましたよね。 それが僕にとってのメガバスのイメージなんですが、なんかそれを未だに引き摺っちゃってるというか メガバスを見ると、もう凄い複雑な気持ちになるのね。 おまえあの時のことまだ忘れてねぇぞとね。 まぁ僕が卑屈なだけというか、僕より下の世代のメガバス好きにはそんな気持ちはまったくないはずです。 そんな僕が渓流用ミノーでメガバス使うのって、結構珍しいんですけど なんか札幌の釣具屋さんの改装セールにいったら、なか凄い安く売ってたんですよね。 そうしたら、なんかドッグX事件のことを思い出しちゃって メガバスが安くなる、まじか、メガバスが安い・・・ てな気持ちで、つい買っちゃったんですけど 最初はこれ、どーやって使うのか良くわからなかった けど、実際に使っる内にフックが秀逸な他、ミノーの動きもかなり独特で、ハマったらやみつきになるタイプだなと思いましたね。 メガバスのグレートハンティング45フラットサイド メガバスといえばブラックバスのメーカーだと思っていたのは、やっぱりあのバスブームのイメージが強すぎるからなのか。 そもそも名前がメガにバスですから、やっぱりバスのイメージがあまりに強い。 だから、渓流を始めた頃、まさかあのメガバスから渓流用ミノーが出ているとは思わなかった。 しかも、山岳渓流ですら使える、シンキングモデルのフラット系ミノーが。 僕が買ったグレートハンティング45フラットサイドは、メガバスのグレートハンティングシリーズの中で最も小さく、ヤマメやイワナを釣るためのモデル。 しかし、やはりメガバスのデザインというのは独特というか、オーラがある。 タックルボックスに入れても、こいつだけなんか目立ってるというか。 やっぱり、小さくてもメガバスなのだなとつくづく思う。 渓流用、しかも扁平ボディのミノーというのは、まぁ大抵似てる。 この小さいボディにそれだけ多くの特徴を詰め込むほうが無理だし、そもそも無駄。 極論を言えば、ダイワのシルバークリークミノーのような、いたって扁平かつ、無駄のないデザインで十分なはずだし、魚から見ても、そう大して違いは無いとすら思える。 けれど、グッドデザイン賞受賞歴19回、ルアー界のカリスマデザイナー、伊藤代表は、まーそんな単純なものは作らないですね。 もうなんか、量産型のインジェクションミノーですよ? それでここまでやる必要ある?ってくらい美しく攻撃的なデザインになってるんですよね。 「いやーメガバスは、どこでもメガバスだなー」 とか言いながら、まじまじと見ちゃいましたよね。 渓流ミノーで美しいってい言われるタイプは沢山あるけど このグレートハンティングはまったく異質。 曲線のカーブからヘッド部分のデザインまで、デザインに一切の妥協無して感じで なんかキレたフインキがありますよね。 グレートハンティング・フラットサイドのスペック グレートハンティング45フラットサイドのスペックについて紹介です。 フローティングモデルとFS ファストシンキング モデルの二種類がありますが、僕が買ったのはFSモデル。 フローティングもありますけど、流行りの渓流ミノーのスタイルとはやっぱり違ってます 【グレートハンティング45フラットサイド FS】• 全長:50mm 重さ:2. 5g フック:全長:50mm 重さ:4. 0g フック:鬼手仏針 タイプ:フローティング ちなみに、このフックの「鬼手仏針」って何?って気になるでしょうが このフックについては後で詳しく説明しますよ グレートハンティングってそもそも何? しかし、メガバスのグレートハンティングって名前、一体どういう意味なんだろう? 疑問に思って検索を掛けてみると、実は90年代のメガバスに、すでにグレートハンティングなる渓流用のサブブランドが存在したことがわかりました。 いや、確かに昔は渓流やってなかったけど、まさかバスブームの最中から渓流用のアイテムを作っていたとは。 まったく知りませんでしたね。 グレートハンティングは90年代から存在したらしく、伊藤由樹さんがサツキマスを作るべく生み出した重心移動機構搭載のGH70という世界発の扁平ミノーが結構なヒットを飛ばしていたらしい。 その後、こちらも世界発の55㎜扁平インジェクションミノーであるGH55を発売して、これもヒット。 というわけで、結構コアなファンが付いていたらしんですが、その後のバスブームのせいか、そこまで活発には動かなかったらしい。 それからダイワとの資本提携とか色々あって、渓流用のアイテムはどこまで作れていたかはわからないんですが。 2016年になり、いきなりグレートハンティングシリーズが再始動しはじめた。 ルアーどころかロッドまで作り、メガバスが渓流に本気になってきているそうですね。 ちなみにグレートハンティングという名前なんですが。 伊藤由樹さんが猟犬を連れて山岳渓流に挑むスタイルで渓流釣りをやっていたらから、この名前になったらしいんですね。 伊藤さんはかなりの愛犬家らしく「犬のきもち」というあの雑誌、一般人を装いさらーーっと登場したこともあるお方。 「仕事:釣り具メーカー」と書き、メガバスの名前を一切出さずに犬雑誌に登場してるレベルなんですが、そこで「渓流で一緒に釣りをしていた」と書いちゃってるんで、まぁ犬好き、渓流好き=グレートハンティングになったんでしょうね。 まぁ猟犬に限らず、犬を連れて渓流に入る人なら僕も何度か見たことがあるけど、あれは楽しそう。 うちは猫だから無理だけど、犬ならああいうのもできていいなーとは思うし、愛犬家の方はこのルアーでグレートハンティングしちゃってくださいよ。 でも、グレートハンティングって、犬連れていかなきゃだめなの? え?うそ?うち猫しかいないんだけど?? 犬は居ないが渓流でグレートハンティングしてきた インプレ 我が家に犬はいませんし、要るのは猫だけ それでも、このミノーを使って渓流ルアーフィッシングをすれば、それはもうグレートハンティングなのか? なんか良くわからない天才伊藤氏の提唱するグレートハンティングをするため 渓流に向かうことにしました。 といっても、時間がないのでお昼の後の30分だけ。 かなり短い時間ですね。 でも、犬がいない。 ここまできたらグレートハンティングしたいとに、どこにも全然犬がいない 僕「くそ・・なんかその辺りから銀とか出てこないかな」 と伝説の熊追い犬の登場に期待していたのですが、やっぱり東北じゃないと出て来ないようなので、今回は一人グレートハンティングに勤しむこととしました。 【使用タックル】 ロッド: リール: ライン:PE0. 動かし方がわからないと攻め方もわからないんで、巻いたり、トゥイッチしたり、シェイクしたり、色々と試していると、いきなり一匹目が釣れてしまいました。 しかもフッキングとか対してやてないし、ほぼーと これでバーブレスはバレちゃうかなーと思って巻いてみると、ぜんぜんバレない 釣れたのはヤマメかニジマスかわかんない位の小さいやつ こんな軽いやつで、アワセなくてもフックが深く口元に刺さってる このフックいいな・・・すげぇぞ 口元から外す時も、すごく簡単にスルっといく。 それからあと、このミノーでヤマメ、ニジマスを釣り続けたんですが、バレたのは1回だけ。 バーブレスフックにしては、驚異的なキャッチ率だと感心しましたよね。 この鬼手仏針、読み方はキシュボシン?なのかわかりませんが メガバスが開発した独自のトリプルフックで 異常にカーブした針と、細く鋭いフックが特徴。 このカーブが魚のアゴにしっかり掛かってホールドしてくれるから、バーブレスなのにバレにくい。 しかも軸が細いから、アワセをしっかりやらずとも、自重の軽い魚だろうとも、簡単にフッキングできてしまう。 うーん、これはいいね。 本当に トリプルとはいえ、これだけ細い針だと、魚を釣ったあとのダメージが極端に低いから、リリースするのにうってつけ。 ヤマメやイワナを釣るのに、このフックは本当に良いし、このフックだけでも欲しい と思ったら、メガバスで別売り販売されてましたよ。 そういえばメガバスって何時からか「鬼手仏心」ってパッケージに書くよになりましたよね。 ぶっちゃけ、トリプルのバーブレスってどうなのかなーと思ってたけど、メガバスの鬼手仏針一回使うと、もうコレだわって感じになる。 全部のミノー、このフックに交換しちゃおうか? ただ細いフックと大きなカーブがあるので、ニジマスとかアメマスが掛かると、パワーでフックを曲げられそうなんで、使いどころは選んでいきたい。 実際、この釣行の終わりあたりで、良いサイズのニジマスが出現したんですけど そっちは違うルアーで釣ったので別記事で パワフルなニジマスにこのフックを使うのは、やっぱり躊躇いますね。 テンポ良く釣るためのダート系渓流ミノー 時間が短いながらも、魚の密集しているエリアに出会えたおかげで、グレートハンティング45で6匹ほど釣ることができました。 ぜんぶ子虹や子ヤマメちゃんばかりで、たぶん越冬のために移動している最中なんでしょうね。 で、その結果わかったのは このミノーは、すごいテンポ良く釣るためのダート系渓流ミノーだったってことですよ。 前方重心と細いリップが生み出すダート系ロールアクション このミノー、見てわかる通りリップが凄く細い。 本当に渓流用か?ってくらい細いし、なんかシュっとして長い。 てなわけで、ただ巻きだとあんまり動かないんですよね、これ。 でもトゥイッチをしてやると、なんか凄い速度でビュゥンて体をひねりながら左右にダートするんですよ。 これは細いリップと、渓流ミノーでは珍しい極端な前方重心だから。 ボディ無いの空気室も、ほぼミノーの後方に集中していて、ルアーを止めると頭を下に向けてストーンって落ちてく。 だから、その姿勢でルアーにアクションを掛けると、左右にすっ飛ぶ。 しかもすっ飛ぶ時、細いリップに水をうけて、ボディがウォブリングするんじゃなく、ギュゥンっと高速でローリングしていきます。 ヒラ打ちでも、慣性ドリフトでもない。 他の渓流ミノーでまったく見られないタイプで、かなり変わってる。 リップやボディで水を押すというより、切り裂くように水中をかっ飛んで行くスピーディーなアクションです。 浮き上がりにくテンポ良く釣れる あと、浮き上がりが極端なほど抑えられてますね。 スプーンかよお前位の勢いで浮いてこないので、同じレンジをずーっと引いてこれます。 フォール速度も自重に比べて速めに設定されているタイプ。 フラッタリングで誘うということはできないけれど、常に動かし続けて釣る感じ。 しかも素早く。 その場でジックリ動きを見せて掛けるような渓流ミノーではなく、スピーディーに、ローリングの明滅と左右へのダートで、おもいきりリアクションバイトを狙っていく感じ。 とにかく動きが速いし、水中を縦と横の動きでアピールするから、目立つけど見切られにくい。 活性が良いやつほど思わず口を使うような感じだし、スレてるエリアほど、この動きは強いですね。 あと、釣っている時のテンポが凄く良い。 フォールが速めで、アクションもスピーディーで、パーンと打って、素早くチェックして、移動っていう高速ランガンスタイルの人にはうてつけ。 実際、グレートハンティングは山岳渓流でトレッキングをしながら使いやすいモデルだし、使ってる人もアスリートが多いイメージ。 山を登りながら、ガンガン攻めるような渓流が一番威力を発揮しますね。 グレートハンティングはやっぱり良いミノーです 実際に渓流で使って見たところ、どうやって使うのかさっぱりわからなかったんですけど これ、実際に使ってみるとかなり面白いし、フックが秀逸ですね。 鬼手仏針はグレートハンティングのフラットサイドなら全てついてますし、別売りもしているので、そいつを買って一回試してみるといいですね。 掛かりがよくて、バレにくく、魚へのダメージも少ないヤマメ・イワナ用トリプルフックを探している人にはぜひおすすめしたいです。

次の

殺したライオンと嬉しそうに記念撮影するカップルに悲劇が…! トロフィーハンティングの現状について考えさせられる動画

グレート ハンティング

皆さんは 「トロフィーハンティング」をご存じでしょうか? 個人の趣味として野生動物の狩猟をおこない、射止めた 獲物の剥製などを記念品(トロフィー)として持ち帰るというものです。 欧米ではスポーツハンティングとして古くからおこなわれてきたという歴史があり、合法の範囲でおこなうぶんには問題ないとされていますが、そこには多くの批判や問題があることも事実。 今回YouTubeからご紹介するのは非常にショッキングな映像。 ライオンを仕留めたカップルの男女が、別のライオンに襲われるという動画で、トロフィーハンティングについて考えさせられる内容となっています。 【別のライオンに襲われるカップル】 トロフィーハンティングにより銃で殺された一頭のライオン。 そのライオンと自分たちの姿をビデオカメラで自撮りしようとするカップル。 大きな笑い声をあげガッツポーズをしています。 その後、男性がカメラの様子をチェックしていると、突然女性の悲鳴が! なんと後ろから、別のライオンが猛スピードで走ってきた!! 女性は銃を持ったまま、男性もカメラを置き去りにして必死に逃げます。 カメラから姿が消えるふたり。 その後、女性のすさまじい悲鳴とバーンという銃声。 しばらくしてカメラの画面にふたたび映り込むライオン。 悠然と歩きながら去っていきますが、カップルはいったいどうなったんでしょうか……。 【貴重な命が趣味のために失われる現状への警鐘】 実はこれ、 トロフィーハンティングをする人たちへの警鐘動画として製作されたもの。 実際にあった光景ではなく、CGなどを使って作られているそうです。 動画の投稿主であるJayden Tannerさんは次のようにコメントをしています。 トロフィーハンターたちは毎年、アフリカの野生動物を数千匹と殺し、絶滅危惧種の生存に深刻な脅威をもたらしている。 私たちは今、これをやめなければいけない。 そしてまた、狩猟目的のためだけに飼育され繁殖させられている動物たちもいる。 高い値でも喜んで支払う観光客がいるからで、トロフィーハンターたちにとってライオン狩りは3万5000ドル(日本円で約360万円)もの金額になることもある。 【トロフィーハンティングについて考えさせられる動画】 残酷なものからは目をそむけたくなりますが、まずはこうした現状があるということを知るだけでも意味のあることにちがいありません。 すでに再生回数660万回超えとなっているこの動画。 一滴の血も見えないしグロテスクな箇所もないので、興味を持った方は、下記のYouTubeから観てみては。 しかしYouTubeには、トロフィーハンティングを楽しむ人たちによってその様子が日々アップされているようで、そちらのほうがよほどグロテスクそうなことを考えるとなんとも皮肉なものであります。

次の

GREAT HUNTING 50 Flat Side

グレート ハンティング

グレートハンティング 地上最後の残酷 Ultime grida dalla savana 監督 アントニオ・クリマーティ マリオ・モッラ 脚本 アントニオ・クリマーティ マリオ・モッラ 製作 アントニオ・クリマーティ マリオ・モッラ ナレーター アルベルト・モラヴィア 音楽 カルロ・サヴィーナ 撮影 アントニオ・クリマーティ マリオ・モッラ 編集 アントニオ・クリマーティ マリオ・モッラ 配給 公開 1975年10月24日 1976年3月13日 上映時間 96分 製作国 言語 配給収入 18億円 次作 グレートハンティング2 『 グレートハンティング』 Ultime grida dalla savana は、にの会社が製作配給した。 による人喰いシーンの映像に象徴されるショッキングな映像により、世界的なヒットを収め、続編の他、多数の亜流作品を生み出した。 日本公開は3月、配給で「地上最後の残酷」という副題が付いていた。 日本での配給収入は18億円で、1976年の外国映画2位。 概要 [ ] 1970年代のオカルト映画、動物などで刺激的な描写に慣れていた観客の度肝を抜いた、ライオンによって人が喰い殺されるシーンを売り物にしたドキュメンタリー映画である。 『』()と同様、文明と野生を対比させてその根本は変わらない、むしろ人間のほうがおかしいのではないかと文明批判をするスタイルを装いつつ、キワモノ感覚に満ちたシーンを集めている。 とはいえ主要スタッフのは『世界残酷物語』など、の作品群で撮影を担当していただけのことはあり、他の残酷ドキュメンタリーやモンド映画に比して抜群の絵作りを見せており、現在でも鑑賞に堪え得る映像作品である。 なお、売り物となったライオンの人喰いシーンや人間狩りのシーンは、偶発事故を撮った割には丹念なカット割りや編集、演技にしか見えない不自然な行動などが散見され、明らかなである。 ストーリー [ ] 狩る者、狩られる者……。 野生も文明も、根底に流れているのは狩りである。 全世界の動物や人間の狩りを巡るエピソードを紹介している。 猿を飲み込む大蛇、ブーメランを使って狩りをするの原住民、成金となってしまって狩りを忘れてしまった、遊びで狩られていく象やシマウマたち。 アフリカのでは、バスから降りてライオンを撮影していた観光客が、背後からライオンに襲われ、家族の目の前で食い殺された。 の奥地では、飛行場建設に反対する原住民を白人が狩り出し、頭の皮を剥ぎ、首を切り落として嬉々としている。 しかしのジーメン博士のように、野生の狼と共存している人間もいるのだ。 スタッフ [ ]• 音楽: カルロ・サヴィーナ 封切り [ ] 日本では、映画公開前より成人映画に指定するべきとの要求が各自治体より寄せられたが、映画会社側は「動物と人間の絡み合いを描いた高い次元の映画」であると反論し、これに応じなかった。 後に、保護者同伴でない未成年者は入場させない事で公開される事となった。 また、実際には家族連れで鑑賞に来る来場者が多く、この規制はあまり効果を発揮していなかった。 作品の評価 [ ] 映画批評家によるレビュー [ ] 怪談史研究家の小池壮彦は、「内蔵ぶちまけシーンにこそリアル感があったものの、『ライオンの動きが妙に穏やかじゃねえか』とか『マネキン人形なんて食ってもうまくねえだろう』などと映画館で失笑を買っていた」、「やけにカットがぶつ切りで編集しまくった形跡があることから、公開当時からヤラセ疑惑が指摘されていた」と否定的意見を述べているが、「(ライオンの犠牲となった人の最後の映像に関して)のちのちまで応用される衝撃映像のスタイルを先取りしていた」、「むしろこの映画は殺戮シーン以外の映像に目を見張るものがある。 大自然の優美を描く演出は、残酷ドキュメンタリーの最高傑作の感がある」と肯定的な評価も下している。 こぼれ話 [ ]• クリマーティとモッラのコンビは、その後も本シリーズの続編2本、『』()などを発表する。 はその後F1ドキュメンタリー『』()シリーズを発表するが、やはり死傷事故を中心とした残酷シーンが売り物となった。 5月8日 TBS「」にてTV放送。 脚注 [ ] []• 関連作品 [ ]• 『グレートハンティング2』( Savana violenta, )• 『グレートハンティング'84』( Dimensione violenza, )• 『』( Dolce e selvaggio, )• 『グレートハンティング』、『グレートハンティング2』、『カランバ』は三部作(「 Savage Trilogy」と呼ばれる)をなす。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の