デレステ 判定幅。 【雑記】今プレイしているスマホ音ゲーを軽く説明しつつ紹介する (デレステ,ミリシタ,バンドリ_ガルパ,ナナシス) : Nekonade Daydreamer (けんちんじるおいしい)

【音ゲー】リズムゲームアプリ30選!ガチャ無しから高密度までおすすめを一挙紹介【スマホ】

デレステ 判定幅

: 、 : 、 : の3人による、それぞれが違った方向にった個性を持つ、一筋縄ではいかないがった・ による待望の新曲。 何といっても本曲最大のトは「 のサプラ」であろう。 これまでがついていなかった美が本曲の予告で何の前触れもなく喋り出した際には、多くのが度肝を抜かれ、美担当Pが次々と喜びのを流しながら死した。 の初披露がでもでもなくになったのはが初めてであり、いきなりの楽曲担当と相成った。 楽曲は、たちの「個性をする」格好良さを前面に押し出した重厚なー。 とはまた違うで歌いこなす子、初めての歌となる美、普段のへなへなとは全く違うな歌 本人いわく「やけくぼ」 を披露する々、それぞれのぶつかり合いが巻き起こす「個性の」を楽う。 形式のでは「」以来7ヶぶりとなる全曲である。 は、美が活動をめて子と々を机の下から引っり出すところから始まる。 補助の協も得つつ、としてお互いの「個性」を調和させるために悪戦苦闘する3人の姿が描かれる。 「」のからが繋がっている部分も。 報酬のでは、美がしくのを外した姿を披露している。 なしのはR特訓前以来2枚だが、Rのは中でをつぶっていたため、両を開けている美は初開である。 同じく報酬では、々がお染みのではないのを披露している。 こちらも初開。 のミズンキとのは、「」や「」を手掛けてきた。 曲、、そして今回はと様々な引き出しを披露している。 演出の特徴 3人楽曲のため、も両端に配置した2人は表示されない。 左から2番に々、に美、右から2番に子を配置すれば分け通りになる。 暗いに設置された、鎖でがんじがらめに縛られた檻の中という、なかなか衝撃的ながの。 当初は檻に閉じ込められているの3人だが、歌っているうちに檻を縛る鎖は徐々にちぎれていく。 そしてに入ろうとする間に檻は粉々に破壊され、はのに囲まれたに切り替わる。 での、初披露のをした人も多いのではないだろうか。 「何者にも縛られない個性」というのを体現したと言えるだろう。 譜面の特徴 は較的癖の少ない、な26相当。 際立った難所もあまりないので、やや忙しくなるのをさばければ理なくやまで持っていけるだろう。 「生き残れ」というで[M]にもあった状のが降ってくるなど、ちょっとしたも入っている。 一方、スライド後初のLv 最 を冠するとなったは、その表記に違わぬ難しさを誇る。 絶え間なく降ってくる高密度同時ラッシュをはじめ、 一年前は発狂だったはずがいつの間にか何度も降ってくるようになった16分階段、スライドによる片手処理、認識が難しいフなどが容赦なく集中と体を削り、極めつけには大直前に の分乱打というもはやの配置が降ってくるなと、数多ある難所が行く手を阻んでくる。 なおは配置の関係上、の中でも特にによってが変化するでもあり、端末置きでは先述の高速乱打を してただの16分二重として処理したり、16分階段を複数ので処理したりと負担を軽減できるが数多く訪れるが、端末両手持ちでは特殊な持ち方をしない限りこういった負担軽減ができないため、高密度配置そのままに延々と左右に大きく振り回される非常に厳しいとなる。 この結果、人によってはLvの中でも強いに感じることもあれば、逆にも感じることもあるという極端な個人差が報告されている。 としては発売の「 29 」に収録された。 「」を参照。 関連項目• 広い判定幅を利用し、複数のを的に同時押しと見なすことで負担を軽減する簡略化の技法。 詳細や具体例はを参照。 なお、この技法の発案者もである。

次の

【バンドリ】他ゲーと比べてガルパの判定厳しいの?甘いの?お前らどう思う?

デレステ 判定幅

今のぼくにとっての、このブログでの目標なんですけど、 「読む人にデレステ・ミリシタ・バンドリ ガルパ ・ナナシス・アーケアへの興味を持たせる」っていうのがあります。 じゃあ何してるのって言われたら、まあ、適当に垂れ流しの日記を書いてるだけなんですけど。 ほら、 音ゲーマーってわりと新しいゲームに手を出したがるじゃないですか。 だから何かしらきっかけ と時間 があれば、 ちょっと触ってみるか~とかなるじゃないですか。 たぶん。 そのきっかけになればいいな、程度の考え。 ……むしろアレやれコレやれって言われても、絶対やりたくならないと思うんですよね。 自分から興味を持って触るようにならないとたぶんダメ。 「お、この曲いいな」とか、 「それなりにやりごたえありそう」とか、 そう思えるきっかけを与える程度が人間の限界だと思うんですが、どうでしょうか。 人は一人で勝手に助かるだけ。 とか言いましたけど、今回はわりとガッツリ紹介する記事を書きます。 判定: 評価判定 PERFECTの取りやすさ はかなりぬるい。 接続判定 評価判定によるコンボの切れやすさ はそれなりの厳しさ。 横判定 タップが反応する範囲 はそれなりの広さ。 特筆事項としては、フリックノーツの判定が面倒臭い。 が、その詳細を説明すると長くなるので割愛。 曲解禁: イベント楽曲は全て初期解禁曲として追加されていくので、 かなりの曲を最初から遊べる。 解禁に手間がかかるのは、 プレイヤーレベルで解禁される楽曲 アイドルのソロ曲群。 それなりに手間。 これは、 2週間ごとに対象楽曲が切り替わるという仕様で、ある意味、解禁よりも面倒臭い。 A、B、Cの3つの曲グループを2週間ごとに切り替えているため、 一度期間が終了すると、4週間待たないと再プレイできない。 記録を残したいなら、2週間のうちに結果を残さないといけない。 スタミナ: 特筆事項無し。 一般的なスタミナシステム。 ただ、リハーサル 結果が残らないプレイ がゲーム内通貨を消費してほぼタダ同然でプレイできるのが大きい。 結果が残らなくてもいいのであれば、実質、プレイし放題。 入手手段は色々ありますし、 よっぽど粘着プレイしない限り そのうち余ってくるはずですけど、序盤は思うようにプレイできないかもしれない。 総評: 全体的に面倒臭さが目立つものの、 フルコンへの挑戦という意味では、かなりやりごたえがある。 ただ挑戦したいだけ 記録が残らなくてもいい なら、リハーサルでいくらでも遊べるので、試してみて欲しい。 余りがちなわりに良いお金になります。 脳トレめいたところがあるんですけど、うまくいくと最高に気持ちがいい。 判定: 評価判定はそれなりの厳しさ。 接続判定は激ヌル。 横判定はほんのちょっと狭い印象がある。 曲解禁: 基本的にはデレステと同じ。 イベント楽曲は全て初期解禁曲。 アイドルのソロ曲群がレベル解禁で、Lv50になればすべての解禁条件を満たせる。 個人的にはそういうのも実装して欲しいんですけど、実際に来るかは分からない。 まったり難易度を貫く可能性もある。 追記:忘れてた。 数曲だけ有償石じゃないと解禁できない曲があります。 が、それらは実装直後はタダで解禁できたので、今後もそういう曲が追加される際は、プレイしていればタダで解禁できると思います。 スタミナ: 基本的には一般的なスタミナシステムで、回復アイテムがやたら手に入る、って感じなんですけど……少し変わったシステムもある。 スタミナ消費の方法として、音ゲー以外にも 「お仕事」というのがあって、それをすることで消費スタミナぶんの 「チケット」を得ることができる。 この 「チケット」をスタミナの代わりに消費することで音ゲーをプレイできます。 消費するチケットの数は、本来消費するスタミナと等しい。 そして、 チケットでプレイした場合でも ライブ報酬アイテムは得られないものの スコアやフルコン結果は残る。 チケットは 500枚までキープできるので、実質、かなりのスタミナをキープできるということになります 最高難易度のプレイは1回30消費。 まあ、本当は 「チケット10倍消費」をすることで、イベントを走るときに時短できる、って目的の機能なんですけど……スタミナをかなりキープできるという意味も持つので、そう説明しました。 ちなみに、デレステ同様のリハーサル機能もあります。 総評: まだ難易度の高い譜面は無いものの、物量・フリック・ソラフンのおかげでそれなりのやりごたえがあり、楽しい。 とくに、 方向指定の単発フリックはかなりの可能性を感じる。 物量が多く忙しい。 同時押しはもちろん、 平気な顔をしてトリルをぶち込んでくるので、この難易度でこんな量のノーツ出すの? と何度も思った。 他に特筆すべきは フリック。 デレステやミリシタのフリックは、始点と離れた位置から滑って来ても拾えるんですけど、バンドリのフリックは 始点をタップしてから弾かないと反応してくれない。 これが面白いポイントで、通常ノーツの直後にフリックを置くと、それだけでエグい配置になる。 これもまた忙しさに繋がる。 判定: 評価判定はかなりの厳しさ。 接続判定は……通常ノーツは激ヌル、スライドは基本的にはヌルいものの、モノによってはシビア。 横判定は激ヌル。 曲解禁: ほとんどの曲は最初からプレイすることができる。 解禁が必要なのは2種類。 ひとつは、 版権カバー楽曲。 ゲーム内アイテムを消費することで解禁できる。 そのアイテムは、それなりの期間プレイしていれば余るくらいなんですけど、いちからスタートして全部解禁するとなると、結構な時間がかかると思われる。 まあ、順番の制限等はなくて、 好きな曲から解禁できるから、好みで選んでいけばそこまで困ることはないかもしれない。 ふたつめは、 バンドランクを上げることで解禁できるバンド楽曲。 5つのバンドがあり、それぞれの所属キャラクターをユニットに入れてプレイすることで、バンドレベルが上がっていく。 それを上げないと解禁できない曲がバンドごとに用意されていて、 全部解禁しようとするとめちゃくちゃ手間がかかる。 幸い ? その解禁曲のうち、 高難易度の楽曲を含むのはひとつのバンド Roselia だけなので、高難易度をやりたいだけなら、そのバンドに絞って編成してプレイすると良いです。 スタミナ: 一応、スタミナにあたるものはあるんですけど、それを消費しても報酬がn倍になるだけで、 楽曲のプレイ自体は無制限にできる。 最高としか言いようがない。 スタミナに関わる話なのでここに書きますけど、このゲーム、 AP オールパーフェクト の記録が残るんですよ。 それを狙うとなると、どうしてもリトライを繰り返すことになる。 その時、スタミナ関係なく無制限にプレイできるメリットは非常に大きなものになる、という話です。 総評: 難易度が低めの譜面であっても通常ノーツの物量が多く、やりごたえ抜群。 高難易度においては、フリックの仕様によって忙しさが加速する。 そして、比較的キツめの判定の中でAPを狙う、という楽しみも用意されている。 強いて言うなら、フルコン難易度的にはまだそこまで難しい譜面は無いので、そろそろ本気を出して欲しいところ。 それやられたらぼくは繋げなさそうだけど! ぼくが個人的に バンドリらしくて 一番好きな譜面は 『R』のEXPERTです。 サビ前 コンボ500の前あたり のフリック入り連打が最高に脳汁を出させてくれる。 その後のサビに向けて盛り上がっていく感じも好き。 まとめると、 フルコン挑戦ならデレステ、 物量や精度への挑戦ならバンドリ、 ギミック的な楽しさならミリシタ、 全てを兼ね備えたナナシス、という感じでしょうか。 ゲーセン音ゲー含め 他ゲーと並行してやる前提なら、 一番とっつきやすいのはバンドリでしょうね。 スタミナが無いのはデカいと思います。 音ゲーとしてもクセがなくシンプルに良いデキで、大抵の人の "音ゲーしたい欲"を満たしてくれるはず。 単なる音ゲーとしてはイチオシ。 ゲーセン音ゲーとかの出身で、全曲フルコン余裕なプレイヤーでも、AP狙いの挑戦という楽しみ プレイ意欲 が残る。 フルコンの限界に挑戦したいのであればデレステをやるべき。 可愛い顔してえげつない配置がわんさかわんさかわんさかわんさかって感じ。 ただ、捻りの入った音ゲーの経験が無い人には、若干厳しいかもしれない。 低難易度は物足りなく、高難易度は面倒臭い、の両極端なので……。 そういうのに疲れて、 ノリノリでまったりプレイしたくなったらミリシタを勧める。 ……まあ、ミリシタの魅力は音ゲー以外のところにかなりあるので、音ゲーとしてだけの要素で勧めるのはなかなか厳しい気もしますけど。 一度、 単発方向指定フリックの可能性を見にきて欲しい。

次の

【雑記】今プレイしているスマホ音ゲーを軽く説明しつつ紹介する (デレステ,ミリシタ,バンドリ_ガルパ,ナナシス) : Nekonade Daydreamer (けんちんじるおいしい)

デレステ 判定幅

: 、 : 、 : の3人による、それぞれが違った方向にった個性を持つ、一筋縄ではいかないがった・ による待望の新曲。 何といっても本曲最大のトは「 のサプラ」であろう。 これまでがついていなかった美が本曲の予告で何の前触れもなく喋り出した際には、多くのが度肝を抜かれ、美担当Pが次々と喜びのを流しながら死した。 の初披露がでもでもなくになったのはが初めてであり、いきなりの楽曲担当と相成った。 楽曲は、たちの「個性をする」格好良さを前面に押し出した重厚なー。 とはまた違うで歌いこなす子、初めての歌となる美、普段のへなへなとは全く違うな歌 本人いわく「やけくぼ」 を披露する々、それぞれのぶつかり合いが巻き起こす「個性の」を楽う。 形式のでは「」以来7ヶぶりとなる全曲である。 は、美が活動をめて子と々を机の下から引っり出すところから始まる。 補助の協も得つつ、としてお互いの「個性」を調和させるために悪戦苦闘する3人の姿が描かれる。 「」のからが繋がっている部分も。 報酬のでは、美がしくのを外した姿を披露している。 なしのはR特訓前以来2枚だが、Rのは中でをつぶっていたため、両を開けている美は初開である。 同じく報酬では、々がお染みのではないのを披露している。 こちらも初開。 のミズンキとのは、「」や「」を手掛けてきた。 曲、、そして今回はと様々な引き出しを披露している。 演出の特徴 3人楽曲のため、も両端に配置した2人は表示されない。 左から2番に々、に美、右から2番に子を配置すれば分け通りになる。 暗いに設置された、鎖でがんじがらめに縛られた檻の中という、なかなか衝撃的ながの。 当初は檻に閉じ込められているの3人だが、歌っているうちに檻を縛る鎖は徐々にちぎれていく。 そしてに入ろうとする間に檻は粉々に破壊され、はのに囲まれたに切り替わる。 での、初披露のをした人も多いのではないだろうか。 「何者にも縛られない個性」というのを体現したと言えるだろう。 譜面の特徴 は較的癖の少ない、な26相当。 際立った難所もあまりないので、やや忙しくなるのをさばければ理なくやまで持っていけるだろう。 「生き残れ」というで[M]にもあった状のが降ってくるなど、ちょっとしたも入っている。 一方、スライド後初のLv 最 を冠するとなったは、その表記に違わぬ難しさを誇る。 絶え間なく降ってくる高密度同時ラッシュをはじめ、 一年前は発狂だったはずがいつの間にか何度も降ってくるようになった16分階段、スライドによる片手処理、認識が難しいフなどが容赦なく集中と体を削り、極めつけには大直前に の分乱打というもはやの配置が降ってくるなと、数多ある難所が行く手を阻んでくる。 なおは配置の関係上、の中でも特にによってが変化するでもあり、端末置きでは先述の高速乱打を してただの16分二重として処理したり、16分階段を複数ので処理したりと負担を軽減できるが数多く訪れるが、端末両手持ちでは特殊な持ち方をしない限りこういった負担軽減ができないため、高密度配置そのままに延々と左右に大きく振り回される非常に厳しいとなる。 この結果、人によってはLvの中でも強いに感じることもあれば、逆にも感じることもあるという極端な個人差が報告されている。 としては発売の「 29 」に収録された。 「」を参照。 関連項目• 広い判定幅を利用し、複数のを的に同時押しと見なすことで負担を軽減する簡略化の技法。 詳細や具体例はを参照。 なお、この技法の発案者もである。

次の