ダイーサ 中 目黒。 素材にこだわるイタリア料理店Part4 中目黒「ピッツェリア エ トラットリア ダ イーサ」

【ダイーサ】世界二連覇のピザが中目黒で味わえる!|ナカメディア

ダイーサ 中 目黒

世界ピッツア選手権チャンピオンの山本さんのお店。 おいしいよー!と友人のオススメをうけていそいそと。 ま、もちろんビールから。 レーベンブロイ。 で、 はやる気持ちを押さえて、 マグロのカルパッチョから。 で、 店員さんにオススメを聞いたら、 やはり「マルゲリータ」とのこと。 ま、その中でも• マルゲリータ ドック(2,250円) が一番とのことでした。 普通のマルゲリータと何が違うかというと、• モッツァレラチーズが水牛のモッツアレラにグレードアップ• トマトソースのほかにミニトマトも入る という点。 あ、もちろん値段も、1,650円から2250円になります。 で、どーんと登場! でかっ! いちお、iPhoneと比較。 トロトロチーズとトマトが食欲をそそります。 いやー、これは美味しいねぇ。 トマトとチーズは王道だねぇ!! そーなると赤ワインに突入するわけです。 で、 個人的に最近ハマっている• クアトロ フォルマッジ(2,350円) をオーダー。 モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、タレッジョ、パルメザンの4種類。 チーズの絶妙な取り合わせがたまりません! いやー、 美味しかったなー。 ひっさしぶりに美味しいピザを食べた気がします! で、 パスタもあるので、 生クリームとレモン、パルミジャーノのタリアテッレ。 1,750円。 ふむう。 個人的には やっぱり、ピザ屋さんではピザだけをオーダーしたほうがいいかもしれません。 って思いました。 コスパ的にも。 ま、 逆に言うと、それだけピザが鮮烈過ぎたということですな。 ご馳走様でした。 店内はホントに人気店だけあって、いつもぎっちり!! 21:30過ぎに一瞬席が空いたときに撮影しましたが、 このあとすぐにお客様がきて埋まりました。 すごいねぇ! でも強いて言えば、荷物を入れる袋というかバッグのようなもの?(あの名称がわからない。。 )くらいは用意してあるとうれしいなー。 これからコートを着る季節になる中で、 さすがに1人1席のイスだけで荷物もコートもまかないながら ピザを食べるのはちと落ち着かないと思うわけです。 ま、人気店なので、テーブルをぎっちり詰めてまわさないとならないのもわかるんですけどね。 ま、ピザが美味しかったのでよしとします!.

次の

ピッツァ職人 山本尚徳プロフィール

ダイーサ 中 目黒

ナポリの名店『イル ピッツァイオーロ デル プレジデンテ』で修行し、2007、2008年と、ナポリで行われる世界ピッツァ選手権で2年連続優勝。 翌2009年も入賞し、大会史上初3年連続入賞を果たす。 確かな腕と人柄で、各方面の注目を集める若手No. 1ピッツァ職人。 著名人、芸能人との交流も多い。 2010年、待望の自らの店をオープン。 明るく、親しみやすい人柄そのままに、リーズナブルで、誰もが気軽にくつろげる暖かいお店は、まるでナポリの下町にあるピッツェリアそのものです。 略 歴• 1977年 静岡県静岡市(現・清水区)に生まれる• 1995年 18歳で上京。 下北沢のイタリア料理店入店• 1998年 イタリア各地を旅し、広く食文化を学ぶ• 2002年 青山のイタリア料理店入店• 2006年 一時休職し、単身イタリア・ナポリに渡る。 クリントン米大統領の来店を記念して命名された名店「イル ピッツァイオーロ デル プレジデンテ」にて、あらためて本格的な修行を開始。 夜明けから深夜の閉店時まで、一日中雑務に追われる厳しい生活を続け、やがて、同店のオーナーであり、ナポリ・ピッツァ界の重鎮でもある故エルネスト・カチャッリ氏の目に留まり、本格的な指導を受ける。 同氏と永遠の師弟関係を結んだのち、帰国。 この頃より、日本のTV番組の出演依頼や雑誌取材などが増えていく。 2007年 青山のイタリア料理店の料理長に。 6月、ナポリで開催された07年世界ピッツァ選手権に出場、29歳、しかも初出場で日本人初の総合優勝。 現地イタリアのTV番組の出演、主要新聞の取材を受ける。 2008年 08年世界ピッツァ選手権にて、 イタリア人さえ成し遂げていない大会史上初の2年連続優勝を果たす。 2009年 09年世界ピッツァ選手権にて、 1部門だけの出場ながら大会史上初の3年連続入賞を果たし、広く世界にその実力を証明して見せた。 11月、TV朝日「徹子の部屋」に出演。 同月、青山のイタリア料理店を退社• 2010年 2月6日、ピッツェリア エ トラットリア ダ イーサを中目黒にオープン!• 2012年 講談社より ナポリ食堂「ダ イーサ」へようこそ! を出版• 2014年 ベスト・ファーザー イエローリボン賞 受賞• 2014年 講談社より ナポリ食堂「ダ イーサ」のまかないイタリアン を出版.

次の

ステーキ なぐら 中 目黒

ダイーサ 中 目黒

場所は、東急東横線、東京メトロ日比谷線の中目黒駅です。 駅からは5~6分くらい歩いた、まっすぐの大きな通り沿いにありました。 店内はトロフィーやら山本さんの写真がたくさん。 イタリアンといえば洒落た店構えを想像していましたが シンプルの店構えで中は大衆食堂のような雰囲気。 沢山のテーブルは既にお客様で満席、長テーブルに相席といった感じで とっても活気溢れる店内。 壁一面にトロフィーやら山本さんの写真がありました。 土曜日のランチなのか土地柄なのか 20代から30代の若い方が多かったですが 中にはロマンスグレーの方や外国の方もおられました。 以前テレビで黒柳徹子さんもこの店の常連さんと言われていました。 この店のファンの年齢層の幅はありそうです。 いつもは行列が出来ているそうです。 今回はたまたま空いていてラッキーにも待たずに店の奥のテーブル席に通されました。 そして早速、元気な男の店員さんがオーダーを聞きに来てくれました。 メニューはピザ以外にも前菜やパスタもあります。 店員さん一番のおすすめのマルゲリータと 茄子がトッピングされたマルゲリータコンメランザーネを注文。 注文後、厨房の大きな窯で焼いてくれます。 間もなく運ばれてきたピザは大きく生地はやや薄め。 ミミの部分は窯焼きらしくぶこつな膨らみと焦げめ。 チーズはこんがり焼かれて本当に美味しそう。 味は脂っぽくなくあっさりしていくらでも食べられる感じでした。 大きめのピザで食べきれるか心配しましたが2人で2枚をペロッと完食。 向こうのほうのテーブルの方は食べきれないくらいオーダーしてしまったようで、 銀紙につつんでお持ち帰り用にしてもらっていました。 いつもの宅配ピザでは味わえない本物の味でした。

次の