市 原市 ゴルフ 練習 場 倒壊 どこ。 【台風15号】ゴルフ練習場のポールが倒壊 民家直撃し住民が閉じ込められる 千葉

市原ゴルフガーデン鉄柱倒壊事故

市 原市 ゴルフ 練習 場 倒壊 どこ

収穫の秋を襲った大型台風の爪痕は、未だ各地に残っている。 その象徴ともいえる被災地が、千葉県市原市のゴルフ練習場。 倒壊した鉄柱がようやく撤去されても、原状回復の道筋が見えない被害住民の心のうちは、分断されたままという。 「ドーンという雨風の音をかき消すほどの轟音と、地震のような大きな揺れを感じました。 巨大な鉄の柱が家に倒れてきて、ガラスの割れる音もしたんです」 と、恐怖の一夜を振り返るのは、自宅が直撃を受けた会社員の男性。 別の家では、衝撃で掛け時計が落下して、時計の針はちょうど3時40分を指したまま止まってしまったという。 約2カ月前の9月9日、千葉県を襲った台風15号は、県内で観測史上1位となる最大瞬間風速を記録した。 市原市の「市原ゴルフガーデン」ではネットを支える高さ40メートル、重さが最大4トン強の鉄柱が12本も倒壊。 被害は甚大で、ゴルフ練習場の周囲に建っていた家屋や、駐車中の自動車が直撃を受け、20代の住民女性が重傷、生後3カ月の乳幼児が負傷したのだ。 そんな被災地を再び襲ったのが、10月12日に上陸した台風19号だった。 鉄柱の撤去が遅々として進まなかったことで、穴の開いた屋根からは豪雨が流れ込み、残された家財はほとんどダメになって、屋内にはカビが繁殖する「二次被害」が起きたのだ。 忌わしき鉄柱の撤去作業が始まったのは10月28日のこと。 なぜこれほど時間が掛かったのかを探ると、そこには被害住民たちの避けられぬ分断があった。 「被害を受けた27棟のうち、撤去に同意して頂けたのは15、16棟だけでした」 と話すのは、撤去作業を担う大手解体業者フジムラの藤村直人社長(49)だ。 「住民の皆さんは、作業で再び家屋が壊れたらどうなるのかと不安を抱えていた。 けれど同意書にサインを貰えなければ始まらないので、撤去で生じた損壊はゴルフ練習場が掛け金を払う保険で対応することになり、納得してもらいました」 ちなみに、藤村社長の会社は、旧国立競技場の解体も請け負い、その技術は折り紙つき。 今回はボランティアで作業を行っているという。 「会長である私の兄が報道で被害を知って、助けになればと市役所とゴルフ練習場に撤去を申し出たんですが、最初は信じてもらえなかった。 善意からとはいえ、4500万円ほどかかる作業を無償でやるなんて、私も同じ立場だったら信用できないでしょうから。 作業自体は、大きな解体業者なら十分やれるもので、今月末には終わります」(同) これで復旧へと進むかと思えば、鉄柱が撤去されてもなお、一度分断されてしまった住民たちの間に消し難い壁が生じている。 自宅が全壊したという年配の会社員男性が言う。 「最初はゴルフ練習場のオーナーが被害は全て補償するって話だったのに、後から弁護士が横槍を入れて個人の住宅保険を使ってくれと言ってきた。 それで議論は平行線のまま。 今後、練習場に補償を求めるにしても、住民間で意見が食い違う可能性はありますよ」 その一つに、住民各々が加入している「保険問題」があるとこの男性は続ける。 「家屋にしても自動車にしても、風水害による損壊が補償される保険に入っているか。 火災保険なら家財まで適用されるか。 損壊のレベルに応じてどこまで練習場のオーナーに補償を求めていくか。 あわせて読みたい関連本•

次の

千葉のゴルフ練習場、鉄柱倒壊の損害賠償・撤去費用は?誰が払う?

市 原市 ゴルフ 練習 場 倒壊 どこ

台風15号で倒壊した千葉県市原市にあるゴルフ練習場の鉄柱(1本30〜40mほど)。 複数の近隣住宅を直撃しており、住民への補償がどうなるかに注目が集まっている。 報道によると、住民らは練習場側から「自然災害なので鉄柱の撤去以外の補償は一切しない」(9月16日、日経新聞)、「天災なので補償はない」(9月18日、日本テレビ系「スッキリ」)といった説明を受けているようだ。 「スッキリ」は解体業者に取材し、撤去費用についても概算を報じている。 鉄柱は1本300万円ほどで、全部で数千万円になる見込みだという。 さらに家の解体が1軒300〜350万円ほど。 建て直しとなるとさらに費用がかかる。 法的に見て、住民らに対する補償はどうなるのだろうか。 に聞いた。 鉄柱及びネットに「設置又は保存上の瑕疵」があり、その結果として、台風の強風にあおられ、近隣住宅に被害を与えたと評価できる場合には、占有者または所有者が損害賠償責任を負うことになります。 土地工作物責任は無過失責任ですので、占有者または所有者の過失を被害者が立証する責任はありません。 運営会社は今回、台風が近づく前に天井部のネットは下ろしたものの、側面のネットは固定式のために下ろすことができなかったと説明したとのことです。 また、国土交通省と市原市が現地調査を行ったところ、鉄柱とコンクリートの基礎部分を固定するボルトが複数箇所破断していることを確認したとのことです。 その点は、鉄柱及びネットに「設置又は保存上の瑕疵」があったといえるかの判断において、マイナスに考慮される要素になると考えられます。 過去に例がないほどの強風だったとすると、そうした強風に耐えられる強度を有していないからといって、直ちに「設置又は保存上の瑕疵」があるとは言いにくいからです。 現場の様子(読者提供、2019年9月19日撮影) もっとも、日本国内における過去の最大瞬間風速(沖縄県宮古島で85. 以上のような諸点を総合的に考慮した上で、「設置又は保存上の瑕疵」があったといえるかが、民法上の損害賠償責任を判断する上で重要になると思われます。 もっとも、運営会社が賠償責任保険に加入していれば、保険会社が損害賠償義務を加害者に代わって負担することになります。 また、損害賠償請求の可否とは別に、被害者側が加入している火災保険等で、風害ということで、今回の事故による被害が保険金支払の対象になる可能性はあり、保険契約の内容次第ということになります。

次の

ゴルフ練習場売却し損害補償 台風15号で鉄柱倒壊→まっとうな判断でしょう

市 原市 ゴルフ 練習 場 倒壊 どこ

半壊した自宅の前に立ち尽くす佐藤さん。 3000万円以上かけて建てたマイホームは一晩にして無残な姿に 「午前3時半頃です。 2階の部屋で寝ていた娘に避難警報のメールが届き、娘が1階に降りてきました。 その直後、『ドン』という鈍い音がしたかと思うと、『バキバキ』とおそろしい音が響きました。 突然リビングの真上に鉄柱が倒れてきたんです。 天井は崩れ、娘の部屋は全壊。 鉄柱が倒れてくるのが少し早かったら、娘がどうなっていたか……」 千葉県市原市に住む主婦の佐藤由美子さん 54 は、悲痛な表情で回想した。 9月9日の明け方に千葉県に上陸した台風15号は、関東地方に甚大な被害を及ぼした。 市原市ではゴルフ練習場のネットが風にあおられて鉄柱ごと倒れ、隣接する16軒の家屋を破壊。 佐藤さんの自宅も大破した。 台風が去ってから2週間以上続いた千葉県の停電もおおかた復旧が完了し、住民も元の生活を取り戻しつつある。 しかし、市原のゴルフ練習場は状況が違うようだ。 「倒れた鉄柱とネットは未だ撤去されず、時折『ミシミシ』という音が聞こえます。 事故の2日後、ゴルフ場のオーナーは説明会を開いて『弁償する』と言っていましたが、その数日後に弁護士から『自然災害なので弁償はしない』との連絡がありました」(近隣住民) 家屋の補償は誰がするべきなのか。 賠償問題に詳しい加藤寛久弁護士は言う。 「原則として、自然災害による被害の場合、住民の方々は自身が入っている保険等でカバーすることになります。 しかし、もし鉄柱の設置または保存に瑕疵 かし があったなら、ゴルフ場サイドに賠償責任が発生することもあり得ます」 ゴルフ練習場の鉄柱に問題はなかったのか。 本誌記者が現場に赴き、倒壊した鉄柱を確認したところ、所々塗装が剥げている部分も見て取れた。 鉄柱が老朽化していた可能性はないのか。 ゴルフ練習場の事務所にいたオーナーを直撃した。 「風が強かったんでしょ。 私の口からはいろいろ言わないように弁護士さんから言われていますので」 オーナーは家屋の損壊について、あくまで台風による被害であり、ゴルフ場サイドに過失はないと考えているようだ。 オーナーの無責任な態度には、実際に被害を受けた人々はもちろんのこと近隣住民も怒っている。 「対応を弁護士に任せて逃げようとしているオーナーには、まったく誠意を感じません」 現地で聞き込み取材をすると、こんな怒りの声が上がっていた。 損害賠償の有無は司法の場で決着をつけるとしても、近所の人たちに多大な迷惑をかけて知らんぷりでは、あまりにも無責任というものだろう。 『FRIDAY』2019年10月11日号より• 撮影:濱﨑慎治.

次の