くろがね の あ youtube。 九五式小型乗用車

【youtube】日本の軍歌、行進曲と歌詞まとめ

くろがね の あ youtube

2016年09月24日 19時05分 2年の歳月をかけて当時そのままに復元された「くろがね四起」がついに公開されたので見に行ってきました 2016年9月24日 土 、およそ2年の歳月をかけて修復作業が完了した「世界初の量産小型四輪駆動車」である「 くろがね四起・前期型」が、ついに一般向けにお披露目されました。 2013年に傷みが激しい状態で「再発見」され、クラウドファンディングで集められた1300万円を超える資金をもとに修復作業が進められた車体がどんな様子になったのか、現地に行って見てくることにしました。 修復が完了し、当時の姿をほぼそのまま再現したという「くろがね四起・前期型」が公開されました。 修復のもとになったのは1939年ごろに当時のメーカー「日本内燃機 現・ 」によって製造された「前期型・最後期」の車体で、今年でおよそ80歳になろうというもの。 残せる部分は残し、傷みの激しかった部分は鉄板を叩いて作り上げる作業を行って当時のままに再現されています。 この車体は、9月25日 日 に御殿場高原ホテル時の栖 特設会場で 一般無料公開されるので、気になった人は要チェック。 前日の9月24日に開催されたお披露目会の当日はあいにくの天候でしたが、午前中にメディア向けに公開された際には、くろがね四起のエンジンをかけて実際に走行する様子を見ることもできました。 現地には、ドイツの「キューベールワーゲン」とアメリカの「ジープ」も展示され、実際に3台が並んで走行する場面も。 大戦中はおろか、現代でもおそらくここでしか見ることのできない光景が展開されました。 この修復プロジェクトは、「NPO法人防衛技術博物館を創る会」の代表理事を務める小林雅彦氏が中心となって進められたもので、インターネットを通じて広く出資を募る「クラウドファンディング」のキャンペーンによって資金が賄われました。 実際にキャンペーンを実施した「READYFOR」のページでは、今でもキャンペーンの詳細を見てみることが可能です。 70年の時を越えて、幻の国産車「くろがね四起」復元計画始動!(小林 雅彦) - READYFOR レディーフォー 剣道の「お面」のようなフロントグリルには、中央に帝国陸軍の が据えられています。 オリジナルのパーツは失われていましたが、代表の小林氏が個人的にもつながりのあるプラモデルメーカー「 」に掛け合って、金属の塊から削り出しで作ってもらったものだとのこと。 「くろがね」と書かれたエンブレムも、わずかに残っていた当時のものを譲り受けて使っているそうです。 復元前はサビで覆われていたボディパネルも復元され、失われていたライトも当時のものをベースに再現。 ボディの修復では、神奈川県の がメインで作業を担当。 前輪サスペンションのアームもキレイに復元。 修復前はなかった前輪駆動用のドライブシャフトも復活。 現代の自動車ではまず見かけない十字型のジョイントなどが時代を感じさせます。 滑らかな曲面のリヤセクション。 ホイールは当時のものを所有しているロシア人コレクターのもとを小林氏が訪れ、手荷物として自ら持ち帰ってきたものとのこと。 ホイール以外にも、このロシア人コレクターからは多くの協力を得られたそうです。 もちろんマフラーもこの車体のために完全復元。 担当したのは自動車用マフラーで知られる 藤壺技研工業 とのこと。 ピカピカの状態に復元されたくろがね四起ですが、わずか2年ほど前までは傷みのひどい状態でした。 GIGAZINEでは修復が始まる前の段階で実車を見せてもらって以下の記事にまとめていたのですが、修復後の状態と見比べるといかにすごい技術で修復が行われたのかがよくわかります。 短い車体とホイールベースと、18インチという大きめのタイヤが特徴的なサイドビュー。 当日は天候のために幌を開けることはできませんでしたが、もちろん完動するように復元されているとのこと。 車内もピカピカの状態。 エンジンとミッションが室内に大きく食い込むレイアウトのため、足元には巨大なトンネルが張り出しています。 あちこちに穴が開いていますがこれが仕様だそうで、実際に乗ってみた人の感想だと「熱気が上がってきてけっこう熱い」のだとか。 再現されたメーター回り。 銘板も復元されています。 鉄板むき出しで、申し訳程度に敷かれたカーペットの床から生えるアクセル・ブレーキ・クラッチの3ペダル。 車内は3人がけのタイプ。 この車両は戦闘中の斥候・情報伝達や、軍部のお偉方の移動のために使われていたそうで、当時よく使われていたサイドカーに替わるものとしての役割も担っていたとのこと。 エンジンフードを開けると…… 空冷4サイクル・V型2気筒の1400ccガソリンエンジンが鎮座していました。 06トンの車体を走らせます。 バルブ駆動形式はOHVで、バルブを叩くロッカーアームとバルブスプリングはシリンダーヘッドの上に露出。 クネクネと伸びている銅パイプはオイルをエンジン中に循環させるためのものだそうで、このエンジンはオイルパンを持たない「ドライサンプ方式」を採用していたそうです。 エンジンをかけると、現代では考えられないほどの白煙を出すくろがね四起。 ガソリンの燃えるにおいと、ほのかに感じられるオイルのにおいからは、何かノスタルジーのようなものすら感じられました。 修復されたくろがね四起と、小林氏が所有するドイツのキューベルワーゲンとアメリカのジープの3台。 当時は日本・ドイツと敵対関係にあったアメリカ軍の車両が一堂に会するという光景は、世界広しといえどここだけといっても間違いないそうです。 くろがね四起の傍らに置かれていた説明のパネルはこんな感じ。 修復作業にあたった関係者のうち、プロジェクトを率いた株式会社カマド社長の小林氏と、社員の方々。 社内でもエキスパートを集めて進められたプロジェクトになっていたそうです。 今回の修復にあたり、プロジェクトを率いた小林氏は「なにも手つかずのままだと朽ちていく技術を、後世に伝えていかなければならない。 先輩方が培ってこられた技術を受け継ぎ、それを後の世代に伝えるのが私たちの役目です。 そのためには、当時の日本の工業製品をそのまま保存し、当時の技術の素晴らしさと至らなさを含めて、ありのままの姿で残して行くための施設が必要です」と語っていました。 当日は雨脚が激しくなることもある中でしたが、300名ほどの出資者がくろがね四起をひと目見ようと全国から集まりました。 雨を避けたスペースの中で、思い思いにカメラを向ける参加者。 みなさんそれぞれがクラウドファンディングに出資した人たちばかりなので、それぞれ感慨深いものがあったようです。 来賓として、実際に復元前の車両を保管していた京都の日工自動車・永田社長があいさつ。 永田社長は小林氏の父上と仕事でのつながりが深い方で、不思議な縁でくろがね四起の復元が始まった様子を語っていました。 また、ジープをはじめとする軍用車両に造詣が深く、「大塚アクション」と呼ばれる独特の作風で「未来少年コナン」や「ルパン三世 カリオストロの城」などの作品にも携わったアニメーターの 氏からもひとこと。 少年時代にくろがね四起を目にした時に感じたアメリカの軍用車との違いなどをもとに、くろがね四起への思いを語っていました。 関係者によるテープカットが行われ…… 正式にお披露目の運びとなりました。 当日参加した出資者には、出資したプランに応じて座席に座って撮影などの特典が行われていました。 復元が完了したくろがね四起は9月25日 日 に一般無料公開されるほか、各地のイベントに参加する計画もあるとのことで、今後は目にできる機会も増えることになりそう。 また、小林氏が中心となって進めている「防衛技術博物館」が実現した際には、その中にも展示されることになっているそうで、イベント参加情報を含めてサイトを要チェックです。

次の

YouTube

くろがね の あ youtube

概要 [ ] (昭和9年)、帝国陸軍は走行性能に富む小型の()・連絡(伝令)・人員輸送用車両 軽四起 の開発を、日本内燃機(現:)・(現:)・発動機製造(現:)・岡本自転車自動車製作所の各に依頼した。 試作型の評価の結果、最も優れていた日本内燃機製が制式採用され、(昭和11年)から量産された。 当時の量産軍用車としては国産初の四輪駆動機構を備え、道路整備状況の悪いや方面などで極めて良好な走破性を発揮した。 の(0. 5t積み)に相当する車輌であるが、本車は帝国陸軍が競争試作にあたって各社に「軽四起」というカテゴリ名を提示している。 このことから分かるように人員輸送車としての性格が強かったため搭載量は劣っており、前述の二つのような小型的貨客両用運用がしづらかった。 そのため、運用もあくまで偵察・連絡用の・(・等)を代用する程度に留まるものであった。 ただ、擁護するならば、計画段階からキューベルワーゲンとジープは小型トラック的な運用を考慮して開発されたわけではない。 汎用性は意識されたかもしれないが、前者はフォルクスワーゲン・タイプ1を軍用車に応用する研究として、後者は四輪駆動の小型偵察車開発計画として開発が始まったのであり、小型トラック的な運用ができたのはあくまで副産物である。 そのため、それらに先駆けて開発生産されていた点と走破性の高さを見るか、軽便な小型車両に重点を置いたがゆえに汎用性に難があったと見るかで評価が変わってくる車両でもある。 参考までに、日本陸軍は四輪駆動車の悪路走破性自体には深い理解を示しており、本車の以前には1. 5t積み ()六輪トラックのの他、当時主流であった型乗用車を六輪にして後2軸駆動とする事で走破性を高めた 九三式六輪乗用車 や、フェートン型四輪駆動車の 九八式四輪起動乗用車 を戦闘指揮車として制式採用しており、の追撃任務で大いに名を高めたの ()を手がけたの ちよだ軍用乗用車 や、 ()を試作したなどのように、民間企業にも研究開発を活発に行わせていたが、これらもボディ形状が一般的な乗用車とさほど変わらないためジープのような小型トラック的な積載性能は見込めず、本車と九四式六輪自動貨車との間に不整地輸送能力の点で大きな穴が開いたまま に突入せざるを得ず、結局緒戦のフィリピン戦線で1941年にしたバンタム製ジープをにさせて製作した 四式小型貨物車 トヨタAK10型 を、本車の事実上の後継車として1944年に制式採用している。 どちらにしても、他の各国に比べ量産技術に劣った当時の日本はも進んでおらず、にもかかわらずその少ないリソースは陸軍ととで分断され、かつ陸軍内部においても航空兵器等やトラック(九四式六輪自動貨車やその後継の 等)の生産が優先されていたため、本車の総生産数は5千台以下と少なく、米独の2車のように軍事上の戦術的・戦略的影響を顕著に残すことはなかった。 本車は日中戦争やを通し、()敗戦に至るまで陸軍主力乗用車として多くの戦線や日本内地で使用され、一部は海軍にも供与されている。 基本的にには陸軍を表す(五光星)の金属星章を付していた。 ボディの変更や座席増などのマイナーチェンジを併せて、(昭和19年)までに計4,775台が生産された。 形式 [ ] 以下、各モデルを示す。 なお、ここに記した生産型A〜Cは形式を区別する便宜的なもので制式名称ではない。 プロトタイプ 1935年試作型。 排気量1200cc。 型と型が試作された。 (ラジエーター)グリルは長方形。 バンパーは無い。 生産型A 1937〜38年型。 排気量1300cc。 3名乗りロードスター型。 グリルは小判型。 このモデルよりバンパーを装着。 4ドア試作型 1939年に1台だけ試作された4ドアの型。 ホイールベースが延長され観音扉式のドアを持つ。 エンジンの詳細は不明だが、空冷ではなく水冷説有り。 グリルは正方形。 生産型B 1939〜43年型。 排気量1400cc。 4名乗りフェートン型。 生産台数最多モデル。 グリルは正方形。 生産型C 1944年型。 排気量1400cc。 2名乗り型。 車種が小型貨物自動車に変更された最終生産モデル。 グリルは蝶が左右に展翅した様な、特徴的なバタフライ型。 なおサイドカーと同じく軽戦闘車両として助手席には(・・)を装備可能で、また大戦最末期にはであるが、を装備した本車(に搭載)をもってのアメリカ軍陣地に挺進・強襲する計画があった。 構造 [ ] 開発者は日本内燃機の創業者でもある技術者のである。 蒔田は-の日本では卓越した自動車技術者の一人で、古くはによって設立された初期の国産自動車メーカー「白楊社」で小型四輪車「オートモ号」の開発に携わり、オート三輪業界では自社開発エンジン搭載の「ニューエラ」(のち「くろがね」と改称)で市場のリーディングメーカーとしての地位を確立していた人物であった。 右ハンドル車で車幅は1. 3m足らずと狭く、腰高で、ジープやキューベルワーゲンに比べると重心は高めだった。 幅の狭い鋼製梯子形フレームをベースとしたは2,000mmのショートで、通常駆動に常用される後軸は半楕円支持の固定軸であるが、前輪は支持の一種のウィッシュボーン式としていた。 前輪への駆動力伝達は副によるパートタイム式で、この時代の四輪駆動車の例に漏れず四輪駆動は駆動力を要する非常時のみ、通常時は後輪のみで走行する。 このため、ジョイントはもっとも構造の簡単なダブルで済ませている。 前輪独立懸架採用の動機は、ドライブシャフトのジョイント切れ角について、固定軸より条件が緩くなるためであった。 固定車軸だと1輪あたり1組のジョイントしか与えられないが、独立懸架にすれば1輪あたり2組のジョイントを組み込めるため、操舵時の切れ角の狭さによる四輪駆動時の不等速回転を緩和できたのである。 基本設計のベースは、日本内燃機がの依頼で1934年にオート三輪・二輪車用として製作した「ザイマス」"Xymas" 単気筒650ccエンジンで、製オートバイ・の600cc単気筒OHVエンジンを多く模倣したものであった。 日本内燃機がやはりイギリス製エンジンの影響を受けて開発し、自社オート三輪用に多く生産した、より簡略なエンジンとは系譜を別とするものである。 原型は自然空冷・単気筒であるが、倍のV型2気筒化されてプロペラファンを装備した強制空冷となり(冷却効率を上げるシュラウドは設けられなかった)、更にドライサンプ仕様とされた。 のシェブラーの設計をコピーしたキャブレターをVバンク中央後方に配置したシングル・キャブレター仕様で、インテークマニホールドで左右に分配した。 当初は排気量1. 2Lで設計されたものの、オーバーヒート時の熱負荷による性能低下が甚だしかったことからその補償策として1. 3L、1. 4Lへと順次排気量拡大され、2気筒エンジンとしては大排気量の1. このエンジンは、前輪差動装置真上に位置するため重心が高くなり、水平対向式に比して振動も大きいという欠点があった為、後期型は前方配置のパイプ製マウントフレームで上部から吊られるように改良された。 三社にコーチビルドが分割されたため、ボディの細部の変更は凡そ十種に及んでおり、初期の試作車では2ドアボディを架装したこともあったが、量産車の多くはドアを持たず、幌屋根のとした軽快なボディを架装した。 このためボディの長さは一定ではないが、通常3. 6m弱程度の仕様であった。 後に拡大型も少数製造されている。 現存車 [ ] 日本国内では後期型トラックタイプがのに、九四式六輪自動貨車甲ともども極めて良好な状態で収蔵・展示されている。 海外ではのにある「Retro Auto Museum」に比較的良好な状態で収蔵・展示されている。 また、アメリカのにある「Redball Military Transport Club」が九五式小型乗用車を保有している。 近年までは上記の3台が世界中に現存する九五式小型乗用車の全てと考えられていたが、に入って内の自動車修理工場「日工自動車」に、初期型ロードスタータイプがほぼ原型を留めた状態で現存しているのが、のNPO法人「防衛技術博物館を創る会」により「再発見」された。 この個体は(29年)頃に、日工自動車がのを請け負っていた伝で入手したとされるもので、当時の時点では実働車であったという。 また、この個体をモデルにが同型のを製作販売している。 今回の「再発見」は、タミヤからの情報を元にNPO法人理事で作家の三野正洋が工場を訪ねたところ、改めて現存が確認されたもので、同NPO法人は復元を前提に同社社長より車体の譲渡を受け、の手法で資金を集めつつ、走行可能な状態までのを目指すとしている。 にレストアが完了し、ににて公開された。 またロシア国内にはこれ以外にも実動車の存在が確認されており 、旧陸軍が展開した地域にはまだ未発見の車両が存在する可能性がある。 登場作品 [ ] 映画 [ ] 『』 の場面でが登場。 『』 同じくレプリカ車両が「ジープ」という呼称で登場。 漫画・アニメ [ ] 『』 風紀委員(カモさんチーム)の宣伝車として型が第10話に登場。 『』 第1期第1話に登場。 『』 「Jungle Express」にて、に上陸した有村らの移動手段として生産型Aが登場するが、道中、を起こしたの攻撃を受けがし、その場に放棄される。 「ハート・オブ・ダークネス」にて、と丸尾が移動する際に生産型Bを使用する。 『創作ノート』 松本の父、松本強が本車に乗って任地へ出発したとの記述有り。 『』 四駆郎の祖父が第二次大戦中に開始された架空の自動車レース「地獄ラリー」に参加する際に使用した。 地下洞窟でクラッシュした車体は祖父の遺体とともに放置され、長い年月を経てその息子である源駆郎(四駆郎の父)に発見された。 ゲーム [ ] 『』 のユニットとして登場。 『』 マルチプレイの一部マップにオブジェクトとして置いてある。 『』 『』 日本軍の車両として登場する。 『』 の輸送車両として登場する。 何故かが搭載されている。 『』 シングルプレイにのみ登場する。 『BF1943』同様、何故かM1919重機関銃が搭載されている。 『』 日本軍の車両として登場する。 脚注 [ ] []• - 陸奥屋。 - TAKI'S HOME PAGE。 - TAKI'S HOME PAGE。 - 陸奥屋。 本車では積み切れない重量物を、六輪自動貨車では狭すぎる悪路で運んでいく必要がある場合、を改良したに100kg程度するか、200kg前後積載可能なのかを軍馬に曳かせるのが一番現実的な選択という状況であった。 - トヨタ自動車75年史。 - TAKI'S HOME PAGE。 データは月刊『』1976年4月号、P50〜51「イラストにみる日本軍用車両史」より。 - 2014年3月17日• - 2016年10月12日• - 自走する九五式小型乗用車 関連項目 [ ]• - 同時期のトヨタ自動車工業製の大型乗用車。 帝国陸軍に大量に納入された• - 帝国陸軍の主力トラック。 () - 1934年に試作された軍用四輪駆動車。 外部リンク [ ]• - 社団法人• (ロシア語)• (英語)• (英語) - 九五式小型乗用車の画像集• (英語)• Youtube - 九五式小型乗用車の動画• - 自走する九五式小型乗用車• - 九五式小型乗用車を修復したニュース映像.

次の

YouTube

くろがね の あ youtube

YouTube 設立 2005年2月 (15年前) ( 2005-02) 本社 チェリー通り 901 : 事業地域 全世界 創業者 主要人物 チャド・ハーリー(アドバイザー) 所有者 (2006年 - ) ウェブサイト 2位 種類 広告 登録 任意(ライブ配信にチャットをする際や、高評価、低評価の際は必要)(通常動画の閲覧のみなら不要) ユーザー数 10億人以上 対応言語 76言語• アフリカーンス語• アゼルバイジャン語• インドネシア語• マレー語• ボスニア語• カタルーニャ語• チェコ語• デンマーク語• ドイツ語• エストニア語• 英語 英国方言• 英語 米国方言• スペイン語 スペイン方言• スペイン語 ラテンアメリカ方言• スペイン語 アメリカ方言• バスク語• タガログ語• フランス語 フランス方言• フランス語 カナダ方言• ガリシア語• クロアチア語• ズールー語• アイスランド語• イタリア語• スワヒリ語• ラトビア語• リトアニア語• ハンガリー語• オランダ語• ノルウェー語• ウズベク語• ポーランド語• ポルトガル語 ポルトガル方言• ポルトガル語 ブラジル方言• ルーマニア語• アルバニア語• スロバキア語• スロベニア語• セルビア語 Srpski• フィンランド語• スウェーデン語• ベトナム語• トルコ語• ベラルーシ語• ブルガリア語• キルギス語• カザフ語• マケドニア語• モンゴル語• ロシア語• ウクライナ語• ギリシア語• アルメニア語• ヘブライ語• ウルドゥー語• アラビア語• ペルシア語• ネパール語• マラーティー語• ヒンディー語• ベンガル語• パンジャブ語• グジャラート語• タミル語• テルグ語• カンナダ語• マラヤーラム語• シンハラ語• タイ語• ラーオ語• ビルマ語• グルジア語• アムハラ語• クメール語• 中国語(簡体字)• 中国語(繁体字)• 中国語(香港方言)• 日本語• 朝鮮語 開設 2005年2月14日 2005-02-14 現況 運営中 YouTube ( ユーチューブ )は、 が提供する 世界最大の。 Youは「」、Tubeは「()」という意味である。 YouTubeの創業者たち : 左から、、 、の従業員であった、、らがで設立した。 ハーリーはでデザインを、チェンとカリムはともにでを学んだ。 メディア上でよく取り上げられる一説によれば、ハーリーとチェンが2005年の初めにYouTubeのアイディアをひらめいたのは、のチェンので開かれたディナーパーティの動画を共有するのに苦労したことがきっかけだったとされている。 カリムはこのパーティに出席しておらず、そのようなパーティが開かれたこと自体を否定している。 チェンは、パーティは実際に開かれたとした上で、「YouTubeはディナーパーティをきっかけにされた」という物語は、わかりやすいストーリーを必要とする上の都合によってかなり強調されていることを認めた。 カリムによると、YouTubeの発想のきっかけとなったのは、2004年にが起こした(パフォーマンス中にジャクソンの胸が露出した)と、同じく2004年に発生しただった。 カリムは上でそれらの事件の動画を探したが、どちらの出来事の動画も簡単には見つけることができず、その体験が動画共有サイトのアイディアを生んだという。 サービス開始からまで使用されたYouTubeのロゴ。 Broadcast Yourself とのスローガンが含まれていた。 YouTubeはが出資するとして開業した。 主な出資者はであり、2005年11月から2006年4月までの間に1150万米ドルをYouTubeに投資した。 当初、YouTubeの本社はのピザ販売店・日本食レストランの2階に置かれていた。 www. youtube. comのは2005年2月14日に有効化された。 ハーリーとチェンによれば、最初期のYouTubeは動画版の ()(ユーザーが異性の画像をアップロードできる)を目指しており、その方向性を示したのはカリムだった。 YouTubeに初めて投稿された動画は、ジョード・カリムがの象の前にいる様子を映した 『』(2005年4月23日投稿)だった。 2005年5月、YouTubeのベータ版が一般に公開された。 YouTubeで初めて再生回数が100万に達した動画は、が出演したの広告動画(2005年11月に達成)だった。 2005年10月、カリフォルニア州で事業を行うデラウェア州法人としてYOUTUBE, INC. を設立 2005年11月にセコイア・キャピタルから350万米ドルの出資を受け、YouTubeは2005年12月15日から公式なサービスを開始した。 公式サービスの開始当時、1日の動画再生回数は約800万回だった。 YouTubeは急速に成長し、2006年7月の発表では、1日に6万5000本以上の新たな動画がアップロードされており、1日の動画再生回数は約1億回であるとされた。 アメリカでは、2005年12月頃にの人気テレビ番組『』がアップロードされていたことからブログなどで話題になり 、2006年上旬にはYouTubeの映像をブログなどに貼り付け簡単に見られるも公開され爆発的に普及した。 日本では2006年3月に民間調査会社のの調査で日本国内からの利用者が約212万人達し、平均利用時間では米国ユーザーを上回っていることが発表された。 4月にの映画制作会社の、と提携し、映画の予告編が YouTubeで配信された。 これを初めとして様々な企業や団体がYouTubeにチャンネルを持ち、コンテンツを公開するようになった。 2006年10月、YouTubeは本社をカリフォルニア州に移転した。 開業当初本社が置かれたカリフォルニア州サンマテオのビル www. youtube. comというドメイン名を選択したことで、類似するドメイン名 www. utube. comの保有者との間でトラブルが生じた。 2006年11月、YouTubeへのアクセスを試みた訪問者によって自社サイトが常に過負荷になっているとして、 www. utube. comを保有する ()社はYouTubeを提訴した。 その後、Universal Tube社は自社サイトのドメイン名を www. utubeonline. comに変更した。 YouTubeはサーバ回線コストだけで月間100万ドルに達すると言われていたため、どう収益を上げていくかが注目されていたが 、2006年10月9日に16億5000万ドルの株式交換での買収に同意した。 GoogleによるYouTubeの買収は2006年11月13日に完了した。 2006年11月、カリフォルニア州で事業を行うデラウェア州法人としてYOUTUBE, LLCを設立。 「された動画に対し厳しい規制が取られてしまうのでは」と一般ユーザーから危惧が持たれていたが、ハーリーCEOは「YouTubeはGoogleに買収されたが、今後もYouTubeとしたブランドで独立したサービスを提供し続ける」と述べた。 またGoogle側も類似サービスであるのサービスを継続。 検索窓を通じてYouTube内の動画を検索するサービスを開始した。 その後、誌の「Invention of the Year for 2006」に選出された。 3月、民間調査会社のから日本国内家庭からの利用者が1000万人を超えたことが発表された。 同年5月、第11回を受賞。 2007年にYouTubeが消費した通信容量は、2000年当時のインターネット全体の通信量に相当すると推定された。 第三者のウェブ分析企業であるおよびによれば、YouTubeは2016年12月時点で世界で2番目に訪問者の多いウェブサイト だった。 さらにシミラーウェブは、月間150億人以上の訪問者を抱えるYouTubeは、TV・ビデオ分野における世界第1位のウェブサイトであるとした。 11月22日、YouTube本部が主催する公式イベント「YouTube Live」がで開かれ、11月23日にはで「YouTube Live Tokyo」が開かれた。 5月時点では、毎分48時間分の動画がYouTubeにアップロードされていた。 動画が投稿される速度は年々増加しており、2012年1月時点では毎分60時間分が 、2013年5月時点では毎分100時間分が 、2014年11月時点では毎分300時間分が 、2017年2月時点では毎分400時間分の動画がアップロードされていた。 2012年1月の時点で、YouTubeの月間は8億人だった。 2010年3月、YouTubeは特定のコンテンツ のクリケットのゲーム60試合を含む の無料ストリーム配信を開始した。 YouTubeは、この試みがメジャースポーツのイベントの世界初無料オンライン放送であるとした。 2010年5月、YouTube動画の1日の視聴回数は20億回以上だった。 この数字は2011年5月時点では30億回 、2012年1月時点では40億回に増加した。 2017年2月時点で、YouTubeの1日あたりの視聴時間は10億時間に達していた。 、チャド・ハーリーがYouTubeの最高経営責任者 CEO を退任しYouTubeの顧問となること、CEO職が ()に引継がれることが発表された。 2015年から2017年にかけて使用されたYouTubeロゴ。 2011年12月、YouTubeはウェブサイトの(UI)を刷新した。 新しいUIでは、SNSのニュースフィードに似た形で、トップページ中央の一覧に動画のチャンネルが表示されるようになった。 UIと同時にロゴデザインも2006年10月以来初めて変更され、使われる赤の色合いが濃くなった。 5月、YouTubeは、コンテンツ制作者がの有料チャンネルを開設できる試験的プログラムを開始した。 9月14日、YouTubeが主催する公式イベント『YouTube エンタメウィーク』が開催された。 プロデューサーは。 、 がYouTubeのに就任した。 2014年11月、YouTubeはの有料サービス『Music Key』を発表した。 『Music Key』は既存のサービスと、YouTube上の音楽コンテンツを広告なしで再生できるサービスをしたものだった。 7月、YouTubeが常時化(常時)された。 2月、YouTubeは子ども向けに最適化された 『YouTube Kids』をリリースした。 『YouTube Kids』では簡略化されたユーザーインターフェース、子供に適するよう精選されたコンテンツ、機能が提供された。 2015年8月26日、YouTubeはの動画・ライブストリーミング向けに最適化された『YouTube Gaming』のサービスを開始した。 『YouTube Gaming』はモバイルアプリとしても提供され、所有のと競合することを狙っていた。 2015年10月、広告なしでYouTube上の全てのコンテンツにアクセスできる有料サービス『 ()』が発表された。 (前年発表の『Music Key』の後継サービスに当たる)『YouTube Red』の会員はYouTubeタレントがプロデュースするオリジナル動画を視聴できるほか、モバイル端末でYouTubeコンテンツをバックグラウンド再生する機能も利用できる。 YouTubeはさらに、音楽コンテンツの再生・検索に最適化された第3のアプリとなる 『』をリリースした。 、YouTubeは2億1500万米ドルでを購入し、サンブルーノの本社を拡張した。 本社の敷地面積は約51500平方メートルとなり、最大で2800人の従業員を収容することが可能になった。 、YouTubeはを採用した新ユーザーインターフェースを公式にリリースした。 同時にYouTubeロゴも刷新され、動画再生ボタンをモチーフにしたものとなった。 12月、YouTubeはである『YouTube Originals』を開始した。 のスピンオフ作品などが視聴できる。 、カリフォルニア州サンブルーノのYouTube本社のオープンカフェにて ()が発生した。 に住む39歳女性による犯行とみられ、容疑者女性はした。 容疑者はYouTubeと長年争っており、YouTubeがコンテンツクリエイターを抑圧しようとしていると主張、投稿した動画に対する支払いが止められたことに憤っていた。 、YouTubeは『YouTube Red』のサービス名を『YouTube Premium』に変更すること、このサービスをカナダと13のヨーロッパ諸国でも展開することを発表した。 さらに、近く『YouTube Music』が独立した方式のサービスとして展開されることも発表された。 同年11月14日、日本での両サービスが展開された。 2019年12月10日、利用規約が更新され、YouTubeのサービス提供者がYouTube LLCからに変更された。 動画 視聴 サービスは基本無料で利用できる。 登録していなくても、多くの動画を見ることが出来る。 動画の評価をしたり、コメントを残すことや、再生リストの作成には、無料の会員登録が必要である。 YouTube上での検索などで直接視聴できるものもあれば、特定のサイトやURLを経由のみで視聴できる限定公開も可能。 と呼ばれる技術が用いられており、YouTubeを利用するにはを有効にする必要がある。 かつてはを用いた動画再生が行われていたが、2015年からでの再生が標準になった。 再生リスト(キューに追加・追加先)により、動画をまとめたり自動再生(リピート)やシャッフル再生をすることができる。 検索においては、より目的の動画を判別するためにを挿入することもできる。 機能追加も活発に行われており、動画に吹き出しなどの注釈を書き込むことができる「Video Annotations」 、動画に字幕が付けられる機能 、動画の字幕自動翻訳機能 、テレビ画面(家庭用含む)で視聴するための専用サービスの「YouTube for Television」 、大画面テレビで視聴するための専用ユーザーインターフェイスの「YouTube XL」 、Webブラウザでテレビ感覚で見られるユーザーインターフェイスの「YouTube Leanback」 が公開されていた。 YouTube Premium 「」を参照 70を超えるテレビネットワークのライブTV、オンデマンドビデオ、クラウドベースの9ヶ月間保存の録画機能を提供するYouTubeの有料ストリーミングテレビサービス アップロード アップロードできる動画形式は非常に広く、現在流通しているほとんどの動画形式に対応している。 ニコニコ動画などと違い、必ずYouTube側で再圧縮が行われるので、自前で圧縮せずにオリジナルファイルのアップロードが可能。 音声は、Youtubeはステレオまたは5. 1チャンネルでサンプルレート96 kHzまたは48 kHzを推奨しているが、現時点では5. 1チャンネルでの再生はできない。 尚、プレーヤーの右下のメニューによって画質が選択できるがアップロードされた動画の画質によって選択できる画質は限られるので、どの動画でも下記の画質で表示できる訳ではない。 また、広告動画はメニュー上にない為、画質を選択できない。 05 AAC 24 3GP 240p MPEG-4 Simple 0. 175 AAC 32 FLV 240p Sorenson H. 263 0. 25 MP3 64 MP4 360p H. 264 Baseline 0. 5 AAC 96 MP4 720p H. 264 High 2-3 AAC 192 WebM 360p VP8 0. 264 0. 5 AAC 96 MP4 240p H. 264 0. 5 AAC 96 MP4 720p H. 264 2-3 AAC 192 MP4 1080p H. 264 Main 0. 1 240p 0. 2—0. 3 360p 0. 3—0. 4 480p 0. 5—1 720p 1—1. 5 720p 3—3. 5 1080p H. 264 High 2. 5—3 1080p 5. 5 1440p 4—4. 5 2160p—2304p 12. 5—16 2160p—4320p 13. 5—25 WebM 144p 15 fps VP9 0. 08 240p 0. 1—0. 2 360p 0. 25 480p 0. 5 720p 0. 7—0. 8 1080p 1. 5 1440p 9 2160p 13—15 720p 2. 264 Baseline 0. 05 AAC 24 240p 0. 15—0. 2 48 240p H. 264 Main 0. 15—0. 3 48 360p 0. 5—1 128 480p 0. 8—1. 25 128 720p 1. 5—3 256 1080p H. 264 High 2. 5—6 256 [1] itag is an undocumented parameter used internally by YouTube to differentiate between quality profiles. Until December 2010, there was also a URL parameter known as fmt that allowed a user to force a profile using itag codes. [2] Approximate values based on statistical data; actual bitrate can be higher or lower due to variable encoding rate. [6] Available in the DASH manifest and on YouTube's content distribution servers, but not used in playback. は自動的に判断され正しい比率で再生できる。 卑猥な動画など過激な描写を含む動画は視聴者からの通報などにより、メンバー登録による18歳以上の年齢認証が設定されるが、年齢認証は検証の手段が無い簡易的なものなのであまり有効ではないため、場合によっては年齢認証ではなく、ガイドライン違反として削除されることもある。 尚、年齢認証の必要な動画はYouTube側の独自の判断で決められる為、テレビで放映できるようなものも、嫌がらせの通報により年齢認証が必要となってしまうことがある(特に、暴力シーンがあると判断されたアクション映画のクリップ、路上でのストリートファイト等)。 投稿した動画がや過激な性描写などの理由で3回削除されるとアカウントと同時に過去にアップロードした全ての動画が警告なしに削除される。 基本は容量2GB、長さ15分29秒までの動画ファイルをアップロードできる。 ガイドライン違反がない会員の場合、申請および認証により容量20GB、長さ無制限の動画ファイルをアップロード、投稿できるようになる。 に初の3D動画がアップロードされ 、に「」に対応し、すべての動画でヴァーチャル3Dが視聴できるようになった。 には、の映像制作会社が8Kスーパーハイビジョンの動画アップロードに成功した。 しかしながら、負荷がかかるため、対応した再生機器は少ない。 ライブストリーミング この節のが望まれています。 2011年4月に開始されたYouTubeの機能。 通称YouTube Live。 YouTubeは、2008年11月にというリアルライブイベントや 、U2によるコンサート 、2010年2月の米国大統領との質疑応答セッション など、サードパーティパートナーの技術に依存したライブストリーミングの初期実験を実施した。 2010年9月にYouTubeはGoogle独自技術のライブストリーミングテストを一部コンテンツパートナーと開始し 2011年4月にライブストリーミングサービスの正式開始を発表。 2012年10月には、約800万人以上の人々がの宇宙の端から飛ぶをYouTubeのライブストリームとして視聴しました。 2013年5月には1000人以上のチャンネル登録者数がないと利用不可能だったが、同年8月には100人以上へと緩和され、12月には制限が撤廃された。 また、2017年2月からはモバイルアプリにライブストリーミング機能が導入され、当初は1万人以上のチャンネル登録者が条件だったが、2017年後半には100人以上のチャンネル登録者へ緩和されたものの、2019年10月現在、1000人以上のチャンネル登録者へと引き上げられている。 システムとしては、通常のYouTubeにもある画質変換機能の他、コメントの代わりとしてチャットを備えている。 チャットは、視聴者からのポップアウトを除いた上位チャットと、全ての書き込みを表示する通常のチャットの二段に分けている。 放送後はアーカイブとして、動画の形で残すことも可能(コメントに関しては再現の可否の設定が可能)。 あらかじめ配信を行うことを予告したページでは、視聴者側でリマインダー設定(配信開始の直前通知)が可能。 また、最大4K 60fpsや、360度ビデオの配信が可能。 ライブ情報は、検索での絞り込み、ライブ専用チャンネルで現時点でのライブ放送や今後予定しているライブ放送を一覧としてまとめている。 ゲーム配信に特化した「YouTube Gaming」にも同様のサービスを受けることができる。 なお、ライブストリーミングは、ユーザーが著作権侵害やガイドライン違反をした場合(警告がされた場合)は、制限されて使用ができなくなる。 また、ドイツからは使用できない。 Super Chat スーパーチャット 「」を参照 に追加された、ライブチャットや動画のプレミア公開でチャット欄にメッセージを目立たせることができる有料機能。 YouTubeにおいて一定のチャンネル登録者数を超えていると利用できる機能の一つ。 機能であり、略称は「スパチャ」。 複数の金額段階を持つ購入制となっており、支払った金額に応じてチャットコメントを色付きで強調表示し、一定の金額以上だとチャットの上部にティッカーという形で一定時間表示される。 スーパーチャットとして課金された総額の7割が、配信者の収益となる。 1日で利用できるスーパーチャットの金額は1日ごとに上限が設けられている。 2019年9月のインタビューでYouTubeの最高プロダクト責任者のNeal Mohan(ニール・モーハン)は、スーパーチャットの収益ランキングのトップ10人の内、7人までが日本のクリエイターと答えた。 2020年3月4日、流行に伴い無観客ライブを行うが、開演を前に5000万円を集めた。 Super Stickers スーパーステッカー 2019年11月に追加された、ライブチャットや動画のプレミア公開で、チャット欄にステッカーを表示させる有料機能。 YouTubeにおいて一定のチャンネル登録者数を超えていると利用できる機能の一つ。 YouTube プレミア公開 YouTube Premieres YouTubeで映画やテレビ番組の上映のように、クリエイターと視聴者が公開した(ストリーミングではない事前制作された)動画を同時に観て楽しむようにする機能。 上記の YouTube Premium(プレミアム)とは別の機能。 スケジュール設定された動画が巻き戻しや早送りが出来ない状態でライブ再生され、全員が同じタイミングで動画を観ることになる。 YoutubeLiveのようなチャット機能および、スーパーチャットも使用できる。 一度再生されると、通常の動画として再生出来るようになる。 マルチカメラ動画 この節のが望まれています。 YouTubeのライブイベントでのみ使用できるマルチカメラアングル機能。 ライブ配信後、動画アーカイブとして視聴することができる。 動画再生中に視聴者の好みでカメラを切り替えられる「マルチアングル機能」が一部のチャンネルで公開されている。 の公式YouTubeチャンネルもこの技術を利用している。 360度動画 2015年3月、YouTubeは360度動画のアップロードと再生に対応した。 Googleアカウントとの連携 ほとんどの動画はGoogleアカウントを持ってなくても閲覧できるが、年齢制限がかかっている動画などはGoogleアカウントを持っている場合しか見ることができない。 Googleアカウントがある場合、主に以下のサービスを利用できる。 動画の投稿• プレイリストの作成• 動画への評価やコメント• おすすめ動画の表示• 用のファイルの追加 収益 は2019年財務報告書の一部として、2020年2月にYouTubeの正確な広告収入を初めて公開した。 Alphabetによると、YouTubeの広告収入は、2017年81億ドル、2018年111億ドル、2019年151億ドルだった。 YouTubeの利益については未だ非公開である。 2019年第4四半期の時点でYouTube PremiumとYouTube Musicのサブスクリプションを合わせた加入者は約2,000万人、YouTube TVの加入者は200万人いる。 なお一定に人数にチャンネル登録されると バナーが贈られる。 Content ID 2007年6月にGoogleは、YouTubeの著作権を侵害するアップロード動画を自動検出する著作権保護ツールの試用を開始した。 著作権者は、閲覧できないよう動画をブロックするか、動画の再生に関する統計情報を追跡するか、動画に広告を掲載して動画を収益化し、場合によってはアップロードしたユーザーと収益を分配するかを選択することができる。 これにより、動画投稿者は、サイトの広告によって生み出された収益を共有できます。 YouTubeパートナーシップの用件を満たしたには• 承認済みの• のどちらかをリンクさせる必要がある。 本編の始まる前に動画CMを流す 他、バナー(アイコンリク)での静止画広告も挿入することができる。 収益を受け取るには、AdSense経由の場合はAdSenseに準ずる(本人名義のと現住所を登録する必要がある)。 マルチチャンネルネットワークの場合はネットワークが定める方法で収益を受け取る 銀行振り込み、Paypalなど。 ただし、2019年冬以降は「子供向け」コンテンツに関しては収益の対象外となる。 YOUTUBE側での自動判断で子供向けと判断される場合もあり、その都度申請が必要となる。 Youtube チャンネル メンバーシップ この節のが望まれています。 制度を利用したチャンネルに対し、利用者が一定料金を毎月支払うことで該当チャンネルの「チャンネルメンバー」となる。 旧名称、スポンサーシップ。 チャンネルメンバーになることで、動画およびYoutubeLiveのコメント欄に表示できるバッジや独自の絵文字、その他メンバー限定のコンテンツに優先してアクセスすることができる。 弊害 収益化を悪用し、理不尽なや、を煽る不適切コンテンツで収益を得る投稿者が増加している。 、政府は不適切なコンテンツに政府や英企業の広告が掲載される事を問題視しYouTubeから広告を引き上げを表明した。 同問題はの他にも波及し、アメリカの大手企業も広告引き上げを表明している。 YouTube側が問題へ対策を行う事を約束すると発表した。 2017年4月7日対策の一環として視聴回数1万未満のチャンネルは広告が非表示となり、1万回以上となったチャンネルは審査を行い問題が無い場合のみ収益化が有効となる。 理由は視聴回数が1万回未満のチャンネルのは、広告収入目当ての著作権侵害動画が多いことを上げ、遵法性の高いクリエイターの収入を守るためという。 以降は収益化の審査を行う基準が変更され、チャンネル登録者1,000人以上、直近12ヶ月の視聴時間が4,000時間 240,000分 を超えたチャンネルについて収益化の審査の対象となる。 なお、基準変更以前に収益化を有効とされたチャンネルについても同じ基準が適用され、要件を満たさない場合は収益化は無効となる。 世論への影響 娯楽以外の活用例としてはのがYouTubeを通じに対する告発を行ったり、の警官が無抵抗な被疑者に対し暴力を振るっている姿を捕らえた映像がYouTubeで匿名で公開されたりと 告発の場となっている。 他には、の警察が犯人逮捕のために、殺人事件が発生した際に映った犯人らしき人物のビデオ映像をYouTube上で流している。 政治面としてはYouTube側が「You Choose '08」を用意し、のために候補者と有権者が直接映像で意見交換する場を設置。 登録者のひとりである大統領候補者が「YouTubeを利用することで、アメリカ国民に自分の意志を動画で共有出来るから」とコメントしている。 でも2007年12月に、、が相次いで公式チャンネルを開設、政策発信や党の活動状況の情報配信を実施し若い有権者へのアピールを行っている。 2007年6月1日、にて反政府的として大統領によって閉鎖させられた民間放送局ラジオ・カラカス・テレビ()は閉鎖に抗議する形として、YouTubeでの番組の公開を開始した。 2007年の後半にはのであるの言動をした映像がされ、これがマスメディアを通して世界中に伝えられる事態となりやがては同司祭の解任にまで至った。 、によってひた隠しにされていたの映像が当時であったにより、のからされ、事件の状況が映像で明らかになり、日本の世論に衝撃を与えた。 これはと呼ばれ、日本では社会現象ともなった。 著作権問題 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2010年8月) 他の動画共有サービスと同様にによって保護されているコンテンツ、例えばや、中にはアーティストのを密かに録画したものなどが違法に多数アップロードされていることが問題点として指摘されている。 YouTubeは利用規約で著作権侵害になるファイルのを禁止しているが、違法コンテンツは後を絶たない。 YouTube側の対応 からなどののアップロードを制限するために、10分を超えるファイルのアップロードを原則制限しているが 、利用者はファイルを10分以内に分割するようになった。 2006年4月10日から15分以上の動画をアップロードしたいとの要望に応えるため、Director制度が始まった。 Directorに登録すれば15分を超えるファイルのアップロードも可能になるが登録には審査があり、完全なオリジナルコンテンツを提供する人のみに限定されている。 通常とは違い、他者の著作権を侵害した動画をアップロードした場合は動画を1回削除されただけでアカウントも削除されることとなっている。 以前は違法コンテンツも放置される傾向にあったが、2006年5月頃からは削除作業が活発になった。 また2008年10月23日、YouTubeととの間で音楽著作権に関する包括許諾契約を締結した。 また、JASRAC以外にも及びとも既に契約を結んでいる。 ただし、これらはあくまで二次利用の許諾であるためかオリジナル音源やプロモーションビデオをそのまま投稿することは違法行為である。 このため、動画に問題はなくても音源に問題がある場合、音源だけが削除・されることがある他、動画・音源共に削除されないものの、一部地域で動画の視聴が不可能になる場合などがある。 のは YouTube向けの動画識別技術の実証実験に参加 、これによる著作権対策が有効だと判断できたとして、2008年2月より公式チャンネルを開設、角川グループとして YouTubeのプロモーション活用を行うほか、の映像作品を使った投稿動画についても、各権利者の許諾が得られた場合、公認動画として認定マークと広告を付加、広告収入を権利者に分配を行う事にしている。 さらに公認動画の広告枠の販売や、投稿された動画の優秀作の作者を角川グループの作品の監督や脚本家に起用する「クリエイター発掘企画」も展開する予定となっている。 テレビ局の対応 2006年2月16日、アメリカのが著作権の侵害として、テレビ番組『』の無断転載映像を削除した。 大手のテレビ局からの要請による動画削除はこの件が初めてであった(その後『サタデー・ナイト・ライブ』は、公式YouTubeチャンネルを開設している)。 各テレビ局に YouTubeの動画の監視・削除要請などを行う専任監視部隊(主として編成や著作権・権利関係の業務を行う専任部署、またはスカイアンドロード社ほか番組制作会社の関連会社など)が設けられている。 度々の申し入れをせざるを得ない社 に対しては、専用の申し入れフォームが作成送付されている。 また、TBSはほかの動画共有サイトにある動画の削除の対応にも強化を入れている。 2006年、、 なども削除依頼を提出している。 しかし、番組映像の二次流用が後を絶たない。 例外的にの一部の番組についてはアップロードが黙認されたケースがあった。 2006年放送の『 』は出演者、広告主、制作会社、 TOKYO MXの4社が、 YouTubeに積極的にアップロードすることの番組的価値を見出し、30分放送のプログラムを10分枠で3本に分割した上でアップロードしている。 2008年4月7日放送の『』においては、放送分を前週のに、テレビ放送よりも先に YouTubeで共有するという手法をとっている。 また、海外のテレビ局(など)の対応は、比較的寛容である。 2007年1月25日から放送番組の違法流通を防止するため「」が発足し、2月6日にチャド・ハーリーCEOと親会社のグーグル社の幹部が訪日し、日本の著作権団体らと会見。 日本側が提示した登録者に対して、個人情報登録をさせる件については難色を示したものの、違法動画をアップロードすら出来なくなる技術を開発することと、日本語での著作権に対する警告文を表示すると約束した。 レコード会社の対応 まず、YouTubeは2006年9月にとの間で、の取り扱いに関する契約を結んだ。 さらに2006年10月9日に、、CBSとの間でビデオの投稿や購入に関する提携を行った。 Googleも同日にソニーBMG・ミュージックエンタテインメントとワーナー・ミュージック・グループとの間にビデオ配信に関する提携を行った。 またユニバーサルミュージック、ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント、ワーナー・ミュージック・グループの3社は以前よりYouTube株を取得しており、Googleとの合併時に5000万ドルの利益を得たと報じられた。 メジャーだけでなくとも提携している。 法廷闘争 「」も参照 やを保有する米メディア大手は2007年2月に10万本以上の未許可投稿動画を削除するよう要請、3月13日のYouTubeとを相手に10億ドルの著作権訴訟をニューヨーク連邦地裁に起こした。 声明で「無許可の映像につけた広告を収入源とするYouTubeとGoogleの事業モデルは明らかに違法行為だ」と述べた。 訴えによるとこれまでに同社の映像16万本が流れ、計15億回視聴された。 メディア会社は、対価なしで自社の番組を使用するYouTubeがやからや費を奪い取ることを懸念している。 バイアコムは同時にので、番組を1本1. 99ドルで販売するなど、合法的なデジタル配信の方法を模索している。 これは、を使って、・・(Video )で視聴できる。 YouTubeはすべての著作権者に協力し通知を受けた場合は直ちに削除を行うとしているが、バイアコムはYouTubeがこのような方法を取ることで著作権侵害を防止するイニシアチブを取ることを避け、サイトを監視する負担とコストを著作権者に転嫁していると主張している。 バイアコムが削除要請した動画には、著作権侵害に当たらないバイアコム傘下企業番組のパロディ映像が含まれていたとして、2007年3月22日に、はバイアコムに対し、を侵害したとして提訴したが 、バイアコムは削除要請したことは誤りだったと認め、訴状は同年4月に取り下げられた。 日本における著作権法改正案 、所轄2007年第13回会合にて、 YouTubeに公開されている違法コンテンツを知らずにダウンロードしただけでも違法行為とする指針が定められ、著作権法改正案のなかに入れることで合意した。 また、著作権課は「YouTubeはストリーミング再生なのでこの指針のうちには入らず違法ではない」との声明を出している。 に JASRAC と楽曲の使用についての包括契約を締結し、「JASRACが管理する曲」を演奏したり歌ったりした動画を(合法的に)アップロードできるようになった。 同日、は公式チャンネルを設けている。 また、日本国内と海外からのアクセスを切り分けも行っている。 YouTubeは、構造的にストリーミング再生ではなくダウンロードでの再生であるためにもしこの改正案がそのまま国会で可決され施行された場合、YouTubeに勝手に公開されてしまった違法コンテンツを知らずに自分のパソコンなどで見ただけでも違法行為となるという意見がネットを中心として続出したが 、ブラウザのキャッシュ機能は著作権業界における「ダウンロード」ないし「複製」には当てはまらないという指摘もある。 著作権分科会は2007年10月16日から11月15日までの制度を使い、広く意見を募集していた。 これに対し、などが意見の提出を一般ユーザーに呼びかけると共に、一般ユーザーの意見提出に対する支援を実施するとしている。 アクセス規制措置 「」を参照 YouTubeには、各国の法律に違反するコンテンツの投稿が後を絶たない。 そのため、各国政府若しくはなど、しばしば非常措置として、YouTubeへのを実施することがある。 2007年1月9日、にて元のの元婚約者のが、恋人と海岸にいる姿をに撮られ、YouTubeに公開されたことに対し、ブラジルの裁判所に訴えYouTube側は何度もその映像を削除していたもののすぐに他の誰かが公開してしまい、まだ映像が残っているとのことによりブラジルからYouTubeに接続できなくなるという措置がブラジル政府により執られた。 翌日の1月10日には完全にその映像が削除され、アクセス制限は解除された。 2007年3月6日、の初代大統領であるを誹謗する映像が掲載されたとして第一刑事治安裁判所は同国内からのYouTubeへのアクセスを禁止する命令を下した。 この決定を受けトルコの通信サービス最大手、トルコ・テレコムはすぐにYouTubeへのアクセスを規制した。 問題の映像は削除され、3月9日にアクセス規制は解除された。 2007年4月5日、の暫定政府は(当時)をする映像が掲載されたとして、同国内からYouTubeへのアクセス規制措置を下した。 映像自体は投稿者が自主的に削除したものの、YouTube側は「アメリカの大統領をもっとひどくからかった映像が放置されている」として、削除要請を拒否した。 脚注 [] 注釈• 2016年12月22日閲覧。 www. youtube. com. 2020年3月11日閲覧。 鳥羽賢 2006年11月25日. All About. 2011年4月10日閲覧。 Graham, Jefferson 2005年11月21日. USA Today. 2006年7月28日閲覧。 2009年1月11日時点のよりアーカイブ。 2008年11月29日閲覧。 2017年3月26日閲覧。 Hopkins, Jim 2006年10月11日. 2017年3月26日閲覧。 2006年10月10日. 2017年3月26日閲覧。 Kehaulani Goo, Sara 2006年10月7日. 2017年3月26日閲覧。 DomainTools. 2009年4月1日閲覧。 , April 28, 2005. Retrieved June 19, 2013. Alleyne, Richard 2008年7月31日. 2017年3月26日閲覧。 YouTube 2005年4月23日. 2009年8月3日閲覧。 2005年11月25日. 2017年1月1日閲覧。 2005年11月2日. 2017年1月1日閲覧。 California Secretary of State. 2020年3月11日閲覧。 www. bloomberg. com. 2020年3月11日閲覧。 2010年4月17日. 2017年3月26日閲覧。 Dickey, Megan Rose 2013年2月15日. 2017年3月25日閲覧。 2006年7月16日. 2017年3月26日閲覧。 、MYCOMジャーナル、2006年10月10日• internet. watch. impress. 2020年2月24日閲覧。 、USATODAY. com、2006年4月17日• 2015年2月15日. 2018年7月4日閲覧。 Zappone, Christian 2006年10月12日. CNN. 2008年11月29日閲覧。 Blakely, Rhys 2006年11月2日. The Times London. 2008年11月29日閲覧。 、Forbes. com、2006年4月28日• 、 ITmedia、2006年10月10日• Arrington, Michael 2006年11月13日. 2017年3月26日閲覧。 2006年11月14日. 2007年12月20日時点のよりアーカイブ。 2017年3月26日閲覧。 California Secretary of State. 2020年3月11日閲覧。 www. bloomberg. com. 2020年3月11日閲覧。 - (Google買収に対するチャド・ハーリーCEOとスティーブのコメント)• 、 ITmedia、2006年11月6日• ニールセン デジタル株式会社. 2020年2月24日閲覧。 、MSNBC. com、2007年5月1日• Carter, Lewis 2008年4月7日. 2017年3月26日閲覧。 2017年7月9日. 2018年1月20日閲覧。 2015年6月29日閲覧。 2015年6月29日閲覧。 2010年6月27日閲覧。 2017年3月26日閲覧。 Welch, Chris 2013年5月19日. 2017年3月26日閲覧。 Russell, Jon 2013年5月19日. The Next Web. 2017年3月26日閲覧。 Solsman, Joan 2014年11月12日. 2017年3月25日閲覧。 Hamedy, Saba 2017年2月28日. 2017年3月26日閲覧。 Bates, Daniel 2017年3月1日. 2017年3月26日閲覧。 Seabrook, John 2012年1月16日. The New Yorker. 2012年1月6日閲覧。 Sweney, Mark 2010年1月20日. The Guardian London. Feburary 6, 2010閲覧。 Parr, Ben 2010年5月17日. 2017年3月26日閲覧。 Kincaid, Jason 2010年5月16日. 2017年3月26日閲覧。 Barnett, Emma 2010年5月17日. 2017年3月26日閲覧。 O'Neill, Megan 2011年5月25日. Beringer Capital. 2017年3月26日閲覧。 Bryant, Martin 2011年5月25日. The Next Web. 2017年3月26日閲覧。 2011年5月25日. 2017年3月26日閲覧。 Perez, Sarah 2012年1月23日. 2017年3月26日閲覧。 McCormick, Rich 2017年2月27日. 2017年3月26日閲覧。 Lumb, David 2017年2月27日. 2017年3月26日閲覧。 Broussard, Mitchel 2017年2月28日. 2017年3月26日閲覧。 AFP. 2010年10月29日. 2010年10月30日閲覧。 Whitelaw, Ben 2011年4月20日. 2017年3月26日閲覧。 AV Watch. 2011年12月2日. 2018年7月4日閲覧。 BBC. 2011年12月2日. 2011年12月2日閲覧。 Cashmore, Pete 2006年10月26日. 2011年12月2日閲覧。 2013年5月9日. 2013年5月11日閲覧。 Nakaso, Dan 2013年5月7日. 2013年5月10日閲覧。 Reuters. 2017年9月16日閲覧。 The Verge. 2018年5月17日閲覧。 Perez, Sarah 2015年2月23日. 2017年3月26日閲覧。 Dredge, Stuart 2015年8月26日. The Guardian. 2015年9月5日閲覧。 Venturebeat. 2015年10月22日閲覧。 The Verge. 2018年5月17日閲覧。 Engadget. 2016年11月7日閲覧。 Avalos, George 2016年1月20日. San Jose Mercury News. 2016年2月3日閲覧。 The Verge. 2018年5月7日閲覧。 AV Watchによる報道• BBC News. 2018年4月4日. 2018年4月9日閲覧。 The Verge. 2018年5月17日閲覧。 CNET Japan 2018年11月14日. 2018年11月15日閲覧。 - Engineering and Developers Blog - 2016年8月14日閲覧• internet. watch. impress. 2020年2月24日閲覧。 MarkeZine. 2020年2月24日閲覧。 CNET Japan 2008年11月4日. 2020年2月24日閲覧。 、 AV watch、2009年1月16日• internet. watch. impress. 2020年2月24日閲覧。 ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。 Mashable. 2020年2月24日閲覧。 CNET Japan 2018年2月2日. 2020年2月24日閲覧。 ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。 WIRED. 2020年2月24日閲覧。 Macall, Fred 2010年. 2013年8月25日閲覧。 McFarland, Patrick 2010年5月24日. 2010年8月12日閲覧。 2010年8月12日閲覧。 Greenfield, Trevor 2009年11月22日. 2010年6月9日時点のよりアーカイブ。 2010年8月12日閲覧。 Biggs, Billy 2009年11月12日. 2010年8月12日閲覧。 TechCrunch Japan. 2020年2月24日閲覧。 TechCrunch Japan. 2020年2月24日閲覧。 AFPBB News. 2020年2月24日閲覧。 日経クロステック(xTECH). 2020年2月24日閲覧。 オルタナティブ・ブログ. 2020年2月24日閲覧。 ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。 Plunkett, John 2012年10月15日. The Guardian. 2020年2月24日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2020年2月24日閲覧。 MacNN 2013年12月13日. 2017年9月22日閲覧。 CNET Japan 2019年11月6日. 2020年2月24日閲覧。 Buzz Feed News. 2018年6月3日. 2020年3月4日閲覧。 ASCII. ASCII. 2020年2月24日閲覧。 ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。 support. google. com. 2020年2月24日閲覧。 YouTube がマルチアングル動画を実験中。 マディリン・ベイリー1曲のみ• マルチアングル動画のサンプル• PHILE WEB. 2020年2月24日閲覧。 The Verge 2016年11月30日. 2020年2月24日閲覧。 証券取引委員会. 2020年2月24日閲覧。 Engadget 日本版. 2020年2月24日閲覧。 ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。 ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。 support. google. com. 2020年2月24日閲覧。 ASCII. ASCII. 2020年2月24日閲覧。 TechCrunch. 2020年2月24日閲覧。 ITmedia NEWS. アイティメディア. 2020年5月17日閲覧。 ITmedia NEWS. アイティメディア. 2020年5月17日閲覧。 佐藤由紀子 2017年3月20日. 2017年4月15日閲覧。 佐藤由紀子 2017年3月22日. 2017年4月15日閲覧。 佐藤由紀子 2017年4月7日. 2017年4月15日閲覧。 、イザ! 、2006年11月11日• 、ITpro、2006年12月22日• 、INTERNET Watch、2007年3月2日• 、asahi. com、2007年12月18日• 、Internet Watch、2007年12月20日• 、CNN. com、2007年6月3日• 青木大我 2006年3月28日. 2011年4月10日閲覧。 INTERNET Watch. 2006年12月27日. 2011年4月10日閲覧。 永沢茂 2006年4月11日. INTERNET Watch. 2011年4月10日閲覧。 、 ITmedia、2007年7月26日• 、 ITmedia、2008年1月25日• 例:、、、、、、、、、、、など。 、 ITmedia、2007年2月6日• Anderson, Nate 2006年9月18日. Ars Technica. Ars Technica, LLC. 2007年6月5日閲覧。 Lombardi, Candace 2006年10月10日. CNET Japan. 2007年6月4日閲覧。 Google 2006年10月9日. 2007年6月4日閲覧。 Google 2006年10月9日. 2007年6月4日閲覧。 EMI Group plc 2007年5月31日. 2007年6月4日閲覧。 Ross Sorkin, Andrew,; Jeff Leads 2006年10月19日. The New York Times. The New York Times Company. 2007年6月4日閲覧。 、MYCOMジャーナル、2007年3月14日• 、ITmedia、2007年3月24日• 、CNET Japan、2007年4月24日• 2007年9月26日. 2007年9月26日閲覧。 インプレス 2007年9月26日. 2008年5月12日閲覧。 NEWS. 2007年10月30日. 2008年4月12日時点のよりアーカイブ。 2018年3月7日閲覧。 GIGAZINE 2007年9月27日. 2008年5月12日閲覧。 ITmedia 2007年10月12日. 2007年10月15日閲覧。 INTERNET Watch 2007年10月16日. 2008年5月12日閲覧。 MIAU 2007年10月18日. 2007年10月18日閲覧。 、ZAKZAK、2007年1月5日• 、Guardian Unlimited、2007年3月7日• 、theage. com. au、2007年3月10日• 、BBS NEWS、2007年4月4日• 、MSNBC. com、2007年4月5日 関連項目 ウィキニュースに YouTubeに関するニュースがあります。

次の