給与 所得 者 の 扶養 控除 等 申告 書 書き方。 「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の書き方

「令和2年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の書き方と記入例

給与 所得 者 の 扶養 控除 等 申告 書 書き方

年末調整の時期が近づいて参りました。 、事業者の方にはお手元に年末調整の書類が届いているころかと思います。 今回は、今年の年末調整で使用する平成31年分の扶養控除等申告書の書き方についてご説明します。 年末調整とは• 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の書き方 年末調整とは 毎月の給料から、社会保険料や住民税、源泉所得税が天引きされていると思います。 年末調整は、1年間(1月~12月)の給料から天引きされている所得税と実際に1年間で発生した給料に対する所得税との差額を調整することです。 「毎月所得税を天引きしているのに、あらためて年末調整をする必要があるの?」と疑問に思われる方もいるかもしれません。 毎月の給料から天引きされてる所得税は、あくまでも概算で計算されています。 例えば、年の途中で扶養家族の増減があった場合や、生命保険料の所得控除等は、毎月天引きされている所得税では考慮されていません。 そこで、1年分の所得の計算が可能になる年末に所得税の計算を行い、すでに源泉徴収している源泉所得税と本来の所得税との差額を還付又は追加徴収する作業が年末調整になります。 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の書き方 例題を使って給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の書き方をご説明します。 改正により、控除対象となる配偶者のパターンが大きく変わっております。 詳しくは、の記事をご確認ください。 扶養親族がいない方の場合 名前 :初野 一歩 生年月日:昭和43年1月1日(51歳) 住所 :大阪市中央区備後町〇-〇-〇 勤務先 :中央会計 株式会社 家族構成:配偶者なし、扶養親族なし 本人の情報 独身の場合、配偶者の有無は 「無」を選択します。 障害者・寡夫(寡婦)も該当なしの場合は、記入するのは上記の赤字の部分のみで完了です。 扶養親族がいる方の場合 名前 :初野 一歩 生年月日:昭和43年1月1日(51歳) 住所 :大阪市中央区備後町〇-〇-〇 勤務先 :中央会計 株式会社 所得 :給与所得のみ 家族構成: (妻)歩美 昭和44年2月2日生(50歳)、パート年収見込 150万円 (子)太郎 平成9年3月3日生(22歳)、バイト年収見込 98万円 (子)次郎 平成11年4月4日生(20歳)、非居住者:アメリカ留学中 (子)花子 平成16年5月5日生(15歳)、義務教育学生 (母)ふみ 昭和15年11月11日生(79歳)、年金収入見込 150万円 本人の情報 A欄 源泉控除対象配偶者 A欄 源泉控除対象配偶者の欄に、配偶者の情報を記入します。 ここで、注意して頂きたいのが 「平成31年中の所得の見積額」です。 平成31年中の所得の見積額ですので、来年の収入を予測して記入します。 ここには、パート年収見込 150万円を記入するのではなく、年収から額(最低65万円)を引いた金額を記入します。 歩美の場合は、パート年収見込 150万円-給与所得控除額 65万円=85万円が平成30年中の所得の見積額になります。 「」は 控除をうける給与所得者の給与の額面金額が1,120万円以下(所得金額900万円以下)の場合の、配偶者の給与の額面金額が150万円以下 所得金額85万円以下 をいいます。 合計所得金額とは、収入から控除額を引いた金額のことをいいます。 平成31年中の所得の見積額の欄が85万円を超える場合は控除対象配偶者に該当しないのでA欄に記入する必要はありません。 (給与所得だけの場合は給与等の収入金額が 150 万円) 下記の収入の場合、源泉控除対象配偶者に該当します。 配偶者のパート年収が150万円以下 (年収-給与所得控除額 65万円) 150万円-65万円=85万円• 配偶者が65歳未満で年収が公的年金のみの場合は163. 3万円以下 ・130万未満の場合(収入-公的年金等控除額 70万円) 130万円-70万円=60万• ・163. 5万円)• 163. 75-37. 5万円=849. 750円• 配偶者が65歳以上で収入が公的年金のみの場合は205万円以下 (収入-公的年金等控除額 120万円) 205万円-120万円=85万円 合計所得が85万円超の場合は、源泉控除対象配偶者には該当しないのですが、 「」に該当する場合があります。 配偶者特別控除は、 合計所得金額が 1,000 万円(給与所得だけの 場合は給与等の収入金額が1,220万円)以下の人と生計を一にする配偶者で、合計所得 金額が 38万円超123万円以下(給与所得だけの場合は給与等の収入金額が 201 万円)以下の人を指します。 配偶者特別控除に該当する場合は、を記入して下さい。 令和元年からは保険料控除申告書から配偶者特別控除の欄がなくなり、独立した書類になりましたので注意してください。 パート収入等の場合は、給与所得の欄に記入します。 給与所得には、があります。 配偶者特別控除に該当するかどうかは、「」の記事をご確認ください。 控除額は配偶者控除等申告書を順番に記載していくと、金額が算定されるようになっております。 B欄 控除対象扶養親族(16歳以上 平成16. 1以前生) B欄 控除対象配偶者の欄に扶養親族の情報を記入します。 B欄には、その年12月31日現在の年齢が16歳以上(平成16年1月1日以前に生まれた人)で平成30年中の所得の見積額が、38万円以下の方を記入します。 太郎(22歳) 特定扶養親族に該当しますので、 「特定扶養親族」の欄に「〇」を付けます。 特定扶養親族は、19歳以上23歳未満(平成9年1月2日~平成13年1月1日生)の方が該当します。 特定扶養親族は、控除額が63万円あります。 (一般の控除額 38万円) アルバイトの年収見込 98万円:98万-65万円(給与所得控除額)=33万円を記入します。 次郎(20歳) アメリカに長期留学中です。 次郎については、 「非居住者」に該当しますので下記で詳しくご説明します。 ふみ(78歳) 同居老親等に該当しますので、 「同居老親等」の欄に〇を付けます。 同居老親等とは、70歳以上(昭和25年1月1日以前に生まれた人)で、納税者又はその配偶者の直系の尊属(父母・祖父母など)で、納税者又はその配偶者と常に同居している人が該当します。 同居老親等は、控除額が58万円になります。 (一般の控除額は38万円) 年金収入見込 150万円:150万円-120万円(公的年金等控除額)=30万円を記入します。 70歳以上(昭和25年1月1日以前に生まれた人)で、同居していない場合は、 「その他」の欄に〇を付けます。 非居住者の場合 次郎(20歳) アメリカに長期留学中で、 「非居住者」に該当します。 非居住者の部分は、平成28年分扶養控除等(異動)申告書から追加された部分です。 平成27年度の税制改正で所得税の一部が改正され、源泉徴収義務者に提出し、又は提示しなければならない書類が増えました。 非居住者とは、下記のいずれかに該当する方をいいます。 日本国内に住所を有していない人• 日本国内に住所がなく、かつ、日本国内に引き続き居所を有している期間が1年に満たない人 非居住者に該当する場合、 「非居住者である親族」に「〇」を付けます。 「生計を一する事実」の欄に、平成31年中に次郎に送金等をした金額の合計額を記入します。 平成31年中に送金した金額が100万円の場合は、100万円を記入します。 非居住者が扶養控除の適用を受けるために必要な書類 親族関係書類(親族であることを証明する書類です。 戸籍の附票の写しその他の国又は地方公共団体が発行した書類及び国外居住親族の旅 券(パスポート)の写し• 外国政府又は外国の地方公共団体(以下「外国政府等」といいます。 )が発行した書類 (国外居住親族の氏名、生年月日及び住所又は居所の記載があるものに限ります。 ) 例)戸籍謄本 ・出生証明書 ・婚姻証明書が該当します。 送金関係書類(同一生計であることを証明する書類です。 金融機関の書類又はその写しで、その金融機関が行う為替取引により居住者から国外 居住親族に支払をしたことを明らかにする書類• いわゆるクレジットカード発行会社の書類又はその写しで、国外居住親族がそのクレジットカード発行会社が交付したカードを提示してその国外居住親族が商品等を購入し たこと等により、その商品等の購入等の代金に相当する額の金銭をその居住者から受領 した、又は受領することとなることを明らかにする書類 送金関係書類については、原本に限らずその写しも送金関係書類として取り扱うこと ができます。 送金関係書類には、具体的には次のような書類が該当します。 この場合、その利用明細書は家族カードの名義人となっている国外居住親族の送金関係書類とし て取り扱います。 16歳未満の扶養親族の欄 16歳未満(平成16年1月2日以降に生まれた人)の扶養親族を記入します。 16歳未満は所得税の扶養控除の対象になりませんので、所得税には影響しません。 しかし、市県民税の均等割額と所得割額の、非課税基準額を判定する場合に16歳未満の扶養親族の数を使用して非課税基準額を算定します。 住民税には影響しますので、16歳未満の扶養親族はこちらの欄に必ず記入して下さい。 年末調整関連記事.

次の

【記載例付】給与所得者の扶養控除等申告書の記載方法を徹底解説!

給与 所得 者 の 扶養 控除 等 申告 書 書き方

扶養控除等申告書の書き方 1-1. 必ず右上だけは記載して提出をする 会社から給与所得者の扶養控除等申告書を渡されたら、まずは右上の氏名、住所等を記載して認印を押印しましょう。 個人番号(マイナンバー)については、会社の指示に従ってください。 記載するなと指示されていれば、記載をしなくて結構です。 会社がマイナンバーを別に管理しているため、扶養控除等申告書には記載をしないように指示をされている方が多いのではないでしょうか。 世帯主が自分の夫の場合、あなたとの続柄には『夫』と記載すれば大丈夫です。 <注意点> 扶養する家族がいない方であっても扶養控除等申告書を提出する必要があるのです!理由が気になる方は、をご参照ください。 扶養する配偶者等の親族がいない方で以下のいずれにも該当しない場合には、扶養控除等申告書の記載は以上で終了です。 障害者• 寡婦or寡夫• 勤労学生 本人が障害者の場合、障害の程度によって障害者控除という所得控除を受けることができます。 寡婦とは、夫と死別又は離別したのちに再婚をしていない女性のことです。 寡夫とはその男性版です。 一定の要件に該当すれば寡婦控除(寡夫控除)という所得控除を受けることができます。 給与収入が130万円以下の学生の場合、勤労学生控除という所得控除を受けることができます。 イメージは学生のバイトですね。 社会人が働きながら大学で学びなおすという場合であっても、収入130万円以下であれば勤労学生に該当します。 扶養する配偶者や子供がいない方で、これらのいずれかに該当する方は、へ進んでください。 1-2. 控除対象配偶者や扶養親族(子供、親など)がいる場合 1-2-1. 源泉控除対象配偶者 平成30年から配偶者控除に 所得要件が設けられていますので、まずはご自分の見込み収入をイメージしてください。 源泉控除対象配偶者として記載をしていなかったとしても所得が1,000万円以下(給与収入が1,220万円以下)であれば、配偶者控除等申告書という年末調整の書類を提出することで 配偶者控除を年末調整にて受けることができますのでご安心ください。 就職や転職等によって扶養控除等申告書を記載する方は、『来年』を『今年』と読み替えるようにしてください。 今後でてくる『来年』についても同様です。 自分の給与見込額が1,120万円以下で、配偶者の給与が150万円以下となる見込みの場合には、配偶者の欄を記入してください。 名前(フリガナ)、生年月日、住所は迷うことがないかと思います。 個人番号は右上の場合と同様に記載するか否かは会社の指示に従ってください。 来年の所得の見込額には、給与収入ではなく 所得を記載することとなります。 給与収入150万円以下のパート勤務の場合、 給与収入から65万円を引いた金額が所得となります。 ご不安な方は、配偶者控除等申告書にある給与所得の金額の計算方法をご確認ください。 配偶者が1年以上海外に居住している場合には、非居住者である親族にチェックを入れてください。 詳しくは、『1-2-2. 控除対象扶養親族(16歳以上)』でご説明をします。 1-2-2. 控除対象扶養親族(16歳以上) 扶養する子供については、来年年末の年齢によって記載する場所が異なりますのでご注意ください。 16歳以上の扶養親族で所得が38万円(給与収入103万円)以下の場合、扶養控除という所得控除38万円をうけることができます。 源泉控除対象配偶者とほとんど同じですね。 扶養親族である親や子供が一定の年齢の場合には、該当箇所に チェックマークを入れるのを忘れないようにしてください。 年末で70歳以上の親を扶養している場合、老人扶養親族として所得控除の額が10万円多くなります。 老人扶養親族と同居している場合には、同居老親等としてさらに10万円所得控除が多くなるのです。 年金を受け取る親族の場合も収入ではなく 所得を記載します。 年金の所得を計算したい方は、配偶者控除等申告書の裏面(下記参照)をご確認ください。 年金は雑所得となり、公的年金等控除額を控除した金額が所得となります。 <非居住者である扶養親族> 扶養する子供が海外に留学しているような場合、非居住者である扶養親族にチェックをするようにしてください。 非居住者とは、簡単に言えば1年以上海外に暮らしている方のことを言います。 扶養親族等が非居住者の場合『生計を一にする事実』の欄に1年間に送金をした金額を記入することになっているのですが、記入している現在ではいくらになるのかわかりませんので今回は記入不要です。 来年の年末調整の際、年間の送金額を記入することとされています。 非居住者である扶養親族等がいる場合、以下の書類を会社に提出することとなります。 親族関係書類(戸籍の附票の写し及びパスポートの写し)• 送金関係書類(金融機関の送金明細、クレジットカード利用明細など) 詳しくは扶養控除等申告書の裏側にある注意点を確認していただくか、会社にお問い合わせください。 1-3. 障害者や寡婦等に該当する場合 自分や配偶者、扶養親族等が、 障害者や寡婦等に該当する場合、チェックマークを入れるのを忘れないでください。 障害者控除という所得控除は比較的有名ですので、忘れる方は少ないと思います。 自分だけでなく、配偶者や扶養親族が障害者に該当する場合にもチェックマークを忘れないようにしてください。 配偶者控除の対象になるかは以下の表でご確認ください。 障害の状況によって、特別障害者と一般障害者に分かれます。 特別障害者の方が所得控除が大きいのです。 一般障害者で27万円、特別障害者で40万円、同居している控除対象配偶者や扶養親族が特別障害者の場合には同居特別障害者として75万円の所得控除を受けることができます。 記入する欄を間違えないようにしてください。 寡婦控除は障害者控除ほど一般的に知られていません。 自分が寡婦に該当する方は忘れずにチェックマークを入れるようにしてください。 寡婦控除は非常にわかりづらいのですので、要件をよく確認をしてください。 離別の場合は条件が厳しいです。 扶養親族となる子又は所得38万円以下で他の者の扶養となっていない 子供がいないと寡婦には該当しません。 死別や生死不明の場合、 所得が500万円以下(給与収入およそ688万円以下)であれば、寡婦に該当します。 扶養親族となる子がいてさらに 所得が500万円以下の寡婦の場合、特別の寡婦に該当し所得控除が多くなります。 該当する方は忘れないようにしましょう。 寡婦控除(一般の寡婦)は27万円、特別の寡婦は35万円の所得控除を受けることができます。 <注意点> 寡婦控除は離別や死別が条件となっていますので、法律上の結婚をしたことがある方しか控除を受けることができませんのでご注意ください。 未婚のシングルマザーは寡婦控除対象外なのです。 1-4. 他の所得者が控除を受ける扶養親族等 夫婦共働きで扶養する子供が1人いる場合、夫婦いずれか一方でしか扶養控除の対象とすることができません。 1人の子供を2人の扶養親族とすることはできないのです。 他の者が控除を受ける扶養親族等については、扶養親族の氏名、続柄、生年月日、住所、控除を受ける者の氏名、続柄、住所を記載するようにしてください。 誰から控除をするのか、この欄の記載を通じて確認をするようにしてください。 1-5. 住民税に関する事項(16歳未満扶養親族) 16歳未満の子供等は、用紙の一番下に記入をします。 所得税でも住民税でも16歳未満の子供は扶養控除の対象とはなりませんが、地方税法にて扶養親族の状況を市区町村に提出をすることになっていますので深く考えずに16歳未満は用紙の下に書くと割り切ってください。 これで、扶養控除等申告書の記載はおしまいです。 お疲れさまでした。 扶養控除等申告書とは 給与所得者の扶養控除等申告書は、その年最初に給与等の支払いを受ける日の前日までに会社に提出をする必要があります。 扶養控除等申告書を提出しない場合、給与から徴収される所得税が高くなってしまうのです。 (乙欄なんていいます。 ) 社会保険料を控除した給与が59万円の独身の方の場合、扶養控除等申告書を記載すれば45,440円の所得税が徴収されることになるのですが、扶養控除等申告書を出さなかった場合には、190,600円の所得税が徴収されてしまうのです。 『扶養控除等申告書を出さない=メインの給与は別にある』と考えられてしまうために、高い税率の所得税を徴収されることになるのです。 年末調整の際に来年分の扶養控除等申告書を書かされるのはそのような理由のためです。 来年1月分の給与から徴収する所得税を計算するために必要な書類というわけなのです。 扶養控除等申告書の注意点 3-1. 扶養の状況が変わったら再度提出をする 以下のような扶養の状況が変わったときには、会社に連絡をして扶養控除等申告書を作成しなおすようにしてください。 配偶者が仕事を始めて控除対象外となる見込み• 扶養する親族が障害者に該当することとなった• 年の中途の離婚、死別等により寡婦になった• 扶養親族の見込所得が増加し控除対象外となった 扶養控除等(異動)申告書とされているのは、異動時に提出する書類も兼ねているというわけなのです。 扶養控除等申告者は毎月の給与から徴収する所得税を計算するためのものですので、早急に会社に連絡をするようにしましょう。 そのまま何もしないでいると、これらを考慮しないまま年末調整が行われる恐れがあるからです。 会社の年末調整が間違えていたことになると、税務署から追加の所得税が会社に徴収されることとなります。 その後自分の給与から所得税が天引きされるわけです。 不納付加算税という余計なペナルティが課されてしまいますので、会社に迷惑をかけないためにも異動事項はきちんと申告するようにしましょう。 まとめ 給与所得者の扶養控除等申告書の書き方を中心にご説明しました。 記載方法はそれほど難しくないと思いますが、収入ではなく所得を記載する点ご注意ください。 障害者や寡婦(寡夫)等に該当する方は、扶養控除等申告書に記載をするのを忘れないようにしてください。 扶養控除等申告書は、毎月の給与から徴収される所得税を計算するための重要な書類です。 確定申告をされる方であっても、給与の支払者に必ず提出をするようにしてください。 扶養の状況に異動が出た場合には、再度扶養控除等申告書を作成して会社に提出をするようにしてください。

次の

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の書き方・記載例 [年末調整] All About

給与 所得 者 の 扶養 控除 等 申告 書 書き方

1 あなたの氏名 フリガナ 記入されるご本人の名前とフリガナを記載します。 2 あなたの個人番号 12桁の個人番号 マイナンバー を記載します。 勤め先の指示に従いましょう。 3 あなたの住所又は居所 郵便番号と住所又は居所の住所を記載します。 原則は住民票があるところ 4 あなたの生年月日 5 世帯主の氏名 世帯主の氏名を記載します。 世帯主が本人の場合は本人。 実家住まいの方は、ご両親のどちらだと思われます。 6 あなたとの続柄 世帯主の方との続柄を記入します。 ここでも本人の場合は、本人と記載します。 世帯主がお父さんの場合は、「父」でお母さんの場合は、「母」と記載します。 8 ㊞のところに押印します。 実印でなくても大丈夫です。 シャチハタではなく認印で押印しましょう。 1ヶ所の場合には記載不要です。 扶養されている方が居ない場合には、「平成31年 2019年 分給与所得者の扶養控除等申告書」の記載完了となります。 「平成30年分給与所得者の保険料控除申告書」の記載へ進んで下さい。 扶養されている方がいらっしゃる場合には、引き続き下記を参考にして下さい。 こちらは、税制改正によりいくつか変更点があります。 扶養控除申告書を記載する際、該当する場合には注意する必要があります。 まず確認して頂きたいのは、下記の二つです。 1 配偶者の氏名 フリガナ 名前とフリガナを記載します。 2 配偶者の個人番号 12桁の個人番号 マイナンバー を記載します。 3 配偶者の生年月日 4 平成30年中の所得の見積額 所得の見積額の表を下記に記載しておきます。 6 配偶者の住所又は居所 郵便番号と住所または居所の住所を記載します。 原則は住民票があるところ 同じ住所であれば「同上」と記載で大丈夫です。 7 異動年月日及び事由 異動がなければ空欄のままで大丈夫です。 平成30年中に異動があった場合は記載します。 所得の見積り方法になります。 扶養親族に該当する人の範囲は以下の通りになります。 扶養親族とは、その年の12月31日(納税者が年の中途で死亡し又は出国する場合は、その死亡又は出国の時)の現況で、次の四つの要件のすべてに当てはまる人です。 (注)出国とは、納税管理人の届出をしないで国内に住所及び居所を有しないこととなることをいいます。 1 配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。 )又は都道府県知事から養育を委託された児童 いわゆる里子 や市町村長から養護を委託された老人であること。 2 納税者と生計を一にしていること。 3 年間の合計所得金額が38万円以下であること。 給与のみの場合は給与収入が103万円以下 4 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。 控除対象扶養親族とは、上記の4つの要件に当てはまる扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が16歳以上の人をいいます。 1 控除対象扶養親族の氏名 フリガナ 名前とフリガナを記載します。 2 控除対象扶養親族の個人番号 12桁の個人番号 マイナンバー を記載します。 3 控除対象扶養親族の生年月日 4 控除対象扶養親族が年齢70歳以上 昭和25年1月1日以前生まれ でその人があなた又はあなたの配偶者の直系尊属で同居を常況している人である場合は、「同居老親等」にチェックマークを入れます。 その方がそれ以外のの人である場合には、「その他」にチェックマークを入れます。 5 控除対象扶養親族が、年齢19歳以上23歳未満 平成9年1月2日~平成13年1月1日生 の場合にチェックマークを入れます。 6 控除対象扶養親族の平成31年中の所得の見積額 所得の見積額の表は上記に記載してあります。 8 控除対象扶養親族の住所又は居所 郵便番号と住所または居所の住所を記載します。 原則は住民票があるところ 同じ住所であれば「同上」と記載で大丈夫です。 9 異動年月日及び事由 異動がなければ空欄のままで大丈夫です。 平成31年中に異動があった場合は記載します。 1 障害者 特別障害者 障害者のところにチェックマークを入れます。 表の該当する項目及び欄に、チェックマークをいれて 内には該当する扶養親族の人数を記載します。 2 寡婦、特別の寡婦、寡夫、勤労学生 いずれかに該当する場合に、チェックマークを入れます。 3 左記の内容 左記の障害者等に該当する人がいる場合、その該当する事実やその人の氏名を記載します。 4 異動年月日及び事由 異動がなければ空欄のままで大丈夫です。 平成31年中に異動があった場合は記載します。 こちらは、共働き世帯などで配偶者の方などが扶養控除を受けている子供や両親がいる場合に記載します。 扶養控除がダブらない様に確認するための項目となります。 1 他の所得者が控除を受ける扶養親族等の氏名 フリガナ 名前とフリガナを記載します。 2 他の所得者が控除を受ける扶養親族等のあなたとの続柄 続柄を記載します。 3 他の所得者が控除を受ける扶養親族等の生年月日 4 他の所得者が控除を受ける扶養親族等の住所又は居所 住所または居所の住所を記載します。 原則は住民票があるところ 同じ住所であれば「同上」と記載で大丈夫です。 5 控除を受ける他の所得者 控除を受ける他の所得者の氏名、続柄、住所又は居所を記載します。 7 異動年月日及び事由 異動がなければ空欄のままで大丈夫です。 平成31年中に異動があった場合は記載します。 こちらは、住民税に関係してくるので忘れずに記載して下さい。 1 16歳未満の扶養親族の氏名 フリガナ 名前とフリガナを記載します。 2 16歳未満の扶養親族の個人番号 12桁の個人番号 マイナンバー を記載します。 3 あなたのとの続柄 4 16歳未満の扶養親族の生年月日 5 16歳未満の扶養親族の住所又は居所 住所または居所の住所を記載します。 原則は住民票があるところ 同じ住所であれば「同上」と記載で大丈夫です。 7 16歳未満の扶養親族の平成31年中の所得見積額 上記で記載した表を参考にして下さい。 7 異動年月日及び事由 異動がなければ空欄のままで大丈夫です。 平成31年中に異動があった場合は記載します。 まとめ 記入お疲れ様でした。 以上が「平成31年 2019年 給与所得者の扶養控除等申告書」の記載の仕方になります。 後日「平成30年分給与所得者の保険料控除申告書」「平成30年分給与所得者の配偶者控除控除等申告書」の記入の仕方を紹介していきます。 これらの書類を正しく記載しないと、正しい年末調整が出来なくなってしまいます。 正しく記載して年末調整を受けられるようにしましょう。

次の