釣りユーチューバー カメラ。 人気YouTuber使用カメラを紹介!動画撮影に最適のカメラ

釣りユーチューバー向け撮影用カメラ機材紹介!|越前Noobオフィシャルブログ

釣りユーチューバー カメラ

アクションカメラを使用して主観 一人称 視点で撮影• カメラ+三脚で背後から撮影• 複数のカメラを使用して撮影する• 【特殊用途】カメラを水中に沈めて撮影する アクションカメラを使用して主観 一人称 視点で撮影する 一人称視点だと、竿の動きがダイレクトに伝わる GoProなどアクションカメラを頭や首に取り付けて、一人称視点で撮影する方法。 スマホだと画角が狭いため、超広角で撮影可能なアクションカムが必須。 一人称視点でダイナミックな映像を撮影できるほか、「撮影してます」感がないので 人の多い釣り場でも気軽にカメラを取り出して撮影することが可能。 気軽さちう点で、一人で釣り動画を撮影するなら最もおすすめの方法です。 5万円ほど予算があれば十分機材を揃えられるかと。 アクションカムを使用しての主観映像は見ていて面白い一方、釣り場全体が把握できません。 その点、定点カメラなら一人でも釣りの様子をバッチリ映せます。 本格的なカメラを使用すれば高画質で撮影できますし、スマホを使用することも可能ですが、常に 「三脚が倒れて故障or水没」「盗難」のリスクが付きまといます・・・。 他にも、「定点カメラだと顔出し前提になる」「混雑している釣り場で定点カメラを持ち運ぶか?」など、様々な問題も。 複数人での釣行や、周囲に誰もいない田舎の撮影であれば定点カメラでも問題ないんですが、やはり 混雑している釣り場で一人で定点カメラを使うのは気が引けます。 「定点カメラを使用中、釣り人にキレられて竿を破壊された」みたいな動画がYouTubeに上がっていたぐらいなので、今後も一人称視点で撮影を続けると思います。 複数のカメラを使用して撮影する 定点カメラ&一人称視点のアクションカメラを使い分けている「」 売れている釣りYouTuberのなかには、「一眼レフカメラを三脚に固定」しながら「アクションカメラで一人称視点で撮影」と複数のカメラを使って撮影している人も。 この方法であれば、 普段は三脚のカメラで全体を撮影し、ヒットした瞬間に手元のカメラに 編集で 切り替えて釣りの様子を撮影!といった具合に使いこなせます。 視聴者目線から見て、このような動画は釣り場の臨場感がより伝わりやすくなるので、予算的に問題なければおすすめ。 必要な機材は多くなりますけどね。 2台のアクションカメラを駆使する「」 他にも、 「アクションカムを頭・胸部の両方につけて撮影」している人も。 頭のカメラで釣り場全体を映しつつ、胸部でヒットのやり取りを収めるといったイメージ。 自身は普段からカメラ一台のみで撮影していますが、視聴回数の多い釣りYouTuberほど複数のカメラを使いこなしているイメージです。 予算が増える、編集に大きな労力がかかるなどデメリットもありますが、今後本格的にYouTubeに参入するなら必須かもしれません。 【特殊用途】カメラを水中に沈めて撮影する 特殊な用途になりますが、 「アクションカメラの防水性能」を利用して水中に沈めてみるのも面白いです。 一時期ハマり、長くて丈夫なヒモを付けて海中に沈めていました。 普段絶対に撮影できない映像が撮れるのと、単純に「釣りをしている最中、水中の様子ってどうなっているのだろう?」と気になっていたので、撮影しました。 水深がある場所だと、専用の防水ハウジングケースが必要になります。 「」さんのように水中映像専門のチャンネルを開設している人もいますね。 釣り動画撮影に必要な機材一覧 カメラ本体 アクションカメラ 続いて、釣り動画撮影に必要なカメラ機材を紹介します。 個人で気軽に動画撮影を始めるなら、 「」などのアクションカメラが最もおすすめです。 体の様々な場所に取り付けて面白い映像を撮影できるし、防水機能があるため波しぶきをかぶるシチュエーションでも故障を気にせず撮影できます。 専用のマウントを使えば、車載動画のタイムラプスも可能。 最近の機種は超画質で撮影できるので、小さいからといって画質が低いわけではありません。 価格は高いが、小型&超高画質で撮影できる「」も使用。 定点用のカメラを購入する場合、一眼レフなど大型カメラを導入すれば最高画質で撮影できますが、盗難や故障などのリスクが高くなってしまいます。 気軽に撮影する目的であれば、 コンパクトで気軽に持ち運べながら高画質撮影が可能な「高級コンデジ」がおすすめです! 価格は少し高めなものの、スマホでは絶対に撮影できない映像が撮れますし、高画質で釣った魚を撮影してブログやSNSにアップすることも可能です。 三脚類・マウント 一人称視点で釣り動画を撮影するためには、カメラを様々な場所に取り付けられる「マウント」が必須!アクションカムなら必ず用意しておきましょう。 定点カメラを使う場合は三脚も必要になりますが、何より「撮影途中に倒れない」ことが重要なので、安いアルミ製の三脚でOK。 常にカメラを回している状態になるんですが、アクションカメラはバッテリーも小型なので、1時間程度で切れてしまうます。 常に気を使う必要があるんですね。 重要なシーンを逃すと見応えがなくなるため、 常に交換用バッテリーを10個、SDカードも10枚ほど用意して、途中で切れないよう注意しながら撮影しています。 「超高画質」にこだわらなければここまで揃える必要はないものの、最低でも予備バッテリー2・3個、SDカードは128GBを2枚程度は用意する必要があります。 おわりに というわけで、今回は普段から行っている釣り動画撮影のコツと、必要な機材について解説してみました。 今の時代、せっかく釣りをするなら動画もアップしちゃいましょう! 動画と釣りってすごく相性がよくて、工夫すれば想像以上に見られるため、釣りYouTuberとして仕事にしてしまっている人もいます。 自身は今後、 記事内で紹介した機材を使って本格的に釣り動画を撮影・公開し、有名釣りYouTuberを目指します!今の時代に動画投稿しなければ損ですよ!.

次の

YouTube【ユーチューブ】に最適なビデオカメラの選び方 パナソニック編

釣りユーチューバー カメラ

釣りに使いやすいカメラとは、カンタンに操作できて水に強い撮影アイテムのことです。 これさえあれば、対象魚周辺の状況を撮影することができますよ。 静止画はもちろん、動画も記録することによって、魚の居場所や食い付き方などを推し量ることがカンタンになります。 潜水艦のようなドローンを潜らせなくても、魚の位置が確定できれば、かなり釣果に影響が出るでしょう。 撮影した画像は、インスタやブログなどに貼って、公開してみるのも面白いかもしれませんね。 多くの人々に見てもらうことによって、また次の画像撮影にも気合いが入るというものです。 防水性能を装備している釣り用カメラを携えて、フィールドに足を運んでみましょう。 釣り用のカメラには、防水機能の付いたコンパクトデジタルカメラと、ウェアラブルカメラと呼ばれるものがあります。 まずコンパクトデジタルカメラとは、手のひらに収まるような小型カメラのことで、一般的にイメージできるフラッシュ機能の付いたオートカメラのことです。 ニコンやキャノン・リコーといった、昔から馴染みの深い光学精密機器のメーカーがリリースしているものが多く、扱いやすくて耐久性・防水性に優れた機種が豊富に揃っていますよ。 今では高性能なカメラがスマホに搭載されていますから、以前ほど出番が無くなっているように感じますが、いざ水辺での撮影となれば、大切なスマホを使うよりも安心して撮影をこなすことができるでしょう。 販売価格は、かなり安価なものが増えつつあります。 高性能で安いとなれば、使わない手はないですよね。 予備用としても重宝するのは間違いないでしょう。 釣りの撮影に使われるカメラに、ウェアラブルカメラが存在します。 これは服装や帽子などに装着し、アングラー目線の画像を撮影するのに適していますよ。 例えば、頭に装着すれば、釣っている前景と手元・ロッド・リールなどを含んだ画像をとらえることができます。 それにとても迫力があり、動画にしてYouTubeに載せる人も増えています。 GoProが、最もよく知られているウェアラブルカメラでしょう。 コンパクトで防水性能が高く、操作がとてもシンプルです。 衝撃にも強くて、長時間の撮影にもじゅうぶん耐えてくれますよ。 自然を自然のままに、そこで躍動するアングラーや魚の様子を克明にとらえるには、ウェアラブルカメラなしでは難しいかもしれません。 ウェアラブルカメラ・GoProのHERO7です。 耐久性と防水性が高められていて、インスタなどのSNSとも連動していますから、撮影してすぐに掲載することも可能です。 また鮮明な音質で録音することも可能ですから、記録したものを編集して魅力ある動画に仕上げることもカンタンです。 どんどん進化していくウェアラブルカメラ、その進化をうまく使いこなせれば、釣りが持つ奥深さやディテールをもっと活用できるようになるでしょう。 オブションパーツも充実していますから、このカメラシリーズ以外はなかなか使いづらいかもしれません。 パソコンにデータを落とし込んで編集するのもアリですが、今はスマホアプリに高い画像編集機能の付いたものがリリースされています。 そういった最新アプリを使いこなすことも、釣り用カメラの活用術を膨らませることにつながっていくでしょう。

次の

釣り用カメラ特集!水中を撮影可能なタイプや防水機能の高いタイプからおすすめ機種をピックアップ

釣りユーチューバー カメラ

YouTuberになりたいと考えた時に、気になるのが「どんなカメラで撮影すればいいの?」ということですよね。 「ひとまずカメラ屋さんに行ってみたけど、どれを選んだらいいのかわからない」 「YouTuberに最適なカメラを知ってから、機材を購入したい」 「初期投資をできるだけ抑えてYouTuberになりたい」 というような、悩みや要望を持っている方も多いのではないでしょうか。 カメラは高級なものであっても、すべてのシーンに対応しているわけではありません。 撮りたい動画の種類によって、最適なカメラは変わってきます。 Youtuberにとって、どんなカメラが最適なのかについて、今回は紹介していきましょう。 この記事を読めば、自分にとって理想のカメラが、どういうものなのかわかるようになりますよ。 YouTuberに必要なカメラってどんなカメラ? YouTuberに必要なカメラは、一体どんなカメラなのでしょうか? それは、撮りたい動画のシーンよって大きく変わってきます。 一般的によく使われているカメラは• 一眼レフカメラ・ミラーレス一眼レフカメラ• ビデオカメラ• アクションカメラ• スマホカメラ などが挙げられます。 これらのカメラが、どのようなシーンに向いているのかについて、詳しく解説していきましょう。 レンズ交換であらゆるシーンに対応できる一眼レフカメラ・ミラーレス一眼レフカメラ 一眼レフカメラ・ミラーレス一眼レフカメラは、レンズが交換できるタイプのカメラを指します。 一眼レフカメラは、レンズが交換できるため、 レンズを交換すると様々なシーンに対応できるのが特徴です。 幅広い角度で撮影できる広角レンズを装着すれば、 狭い部屋の中の撮影であっても対応できます。 反対に、遠くを撮影できる望遠レンズを装着すれば、はるか遠くのものも大きく拡大して撮影が可能です。 一眼レフカメラは、このように1台で様々な シーンに対応できるのが大きなメリットです。 ただし、 様々なシーンに対応するためにはそのシーンに合わせたレンズが必要なので、レンズに対する投資は必要になってきます。 一眼レフカメラはプロも使用するため、どのようなシーンであっても良好な画質で撮影ができます。 そのため、本格的に動画撮影を楽しみたいという方には非常におすすめなカメラです。 気軽に本格的な撮影ができるビデオカメラ 気軽に本格的な撮影がしたいなら、ビデオカメラがおすすめです。 運動会などで、お父さんたちが片手に持って子供を撮影しているのが、このビデオカメラ。 一眼レフカメラのようにレンズを交換することはできませんが、 多くの機種はズーム機能を搭載しています。 また、 手ぶれ補正の機能が強いものが多いので、手で持って気軽に撮影できるのも、とても魅力的。 画質にとことんこだわるという場合は、一眼レフを選ぶのが最適ですが、 気軽にそこそこの画質で取りたいという場合はビデオカメラが最適です。 そして、 長時間の撮影に対応しているので、常に撮影を続けなければいけないような場合は、ビデオカメラを選択するのがいいでしょう。 アウトドアシーンや動きのあるシーンに最適なアクションカメラ 超小型で、軽量、そして防水の機能も兼ね備えた、アウトドアに最適なカメラがアクションカメラです。 アクションカメラは、その名の通り激しい動きをするスポーツシーンやアクティビティなどに最適なカメラ。 小型なので体に取り付けられ、スポーツなどの臨場感のある撮影できるのが良いところです。 一眼レフカメラやビデオカメラでは、防水の機能を備えているものは少ないですが、 アクションカメラは基本的に高い防水性を持っています。 雨の日の撮影であったり、海で泳いでいるシーンを撮影をしたいのであれば、右に出るカメラはありません。 一方で、アクションカメラは、小型なことからバッテリー容量が少ないものが多く、 長時間の撮影には適さないのがデメリットです。 そのため、 アクションカメラ1台で撮影するというよりも、メインカメラにほかのカメラを使用して、サブカメラとして利用するのが最適かもしれません。 最小限の投資でYoutuberになるのに最適なスマホカメラ 最小限の投資でYouTuberになるのには、スマホカメラが最適です。 スマホに付いているカメラは、 必要にして十分な画質を備えているものが多く、とりあえず撮影を始めて見たいという方にはオススメできます。 元々スマホにインストールされているカメラアプリでは、不十分な場合が多いので、 YouTubeなどの動画に適したカメラアプリをインストールするとより使い勝手が向上します。 カメラにはお金をかけたくないという方は、 とりあえずスマホカメラで撮影をはじめてみて、動画編集や企画など、スキルを身につけてからステップアップしていくのがいいかもしれません。 どっちがいいの?ビデオカメラVS一眼レフ・ミラーレス 先ほど紹介した中で、どちらを選ぶべきか迷うのは、ビデオカメラと一眼レフのうちのどちらかではないでしょうか。 ビデオカメラと一眼レフのメリットデメリットについて詳しく知って、どちらが自分に適しているのか判断してみてください。 ビデオカメラのメリット・デメリット ビデオカメラのメリットは• 長時間撮影ができる• 手持ち撮影でもブレにくい といった点が挙げられます。 ビデオカメラは、1回の撮影で長時間撮影できるというのが大きなメリットです。 例えば、釣りのシーンなどで、魚がかかる瞬間をとらえるには、常にカメラを回し続ける必要があります。 そのようなシーンを撮影するのに、撮影時間に制限があると、頻繁にカメラを操作しなければなりません。 しかし、 ビデオカメラであれば、長時間撮影に対応しているので撮りっぱなしでも大丈夫。 この点が、一眼レフカメラでは得られない大きなメリットです。 ビデオカメラは手持ち撮影を前提として作られているため、 手ぶれ補正の機能が付いているものがほとんど。 そのため、 三脚を購入しなくても手持ちでブレの少ない映像を撮影できます。 反対に、ビデオカメラのデメリットは、• ズーム時に画質が荒くなってしまう• ピントが合うのが遅い という点が挙げられます。 ビデオカメラは一眼レフとは違いレンズを交換してズームするのではなく、光学式のズームとなっています。 そのため、 ズームを使用してしまうと、どうしても画質が荒くなってしまうのです。 もし、ズームをするような撮影シーンが多くなってしまうようであれば、ビデオカメラは避けた方がいいかもしれません。 また、ビデオカメラは、オートフォーカスでピントを合わせるのが遅いのもデメリット。 そのため、 複雑に被写体が動くようなシーンが多いのであれば、 全体的にピントが合っていない動画が出来上がってしまうかもしれません。 そういった場合は、一眼レフカメラやミラーレス一眼レフカメラのほうが適しているでしょう。 一眼レフ・ミラーレスのメリット・デメリット 続いて一眼レフのメリットデメリットについて見ていきましょう。 一眼レフにあげられるメリットは、• ボケが美しい• レンズ交換で様々なシーンに対応できる といった点です。 一眼レフカメラは、ピントを細かく調整でき、なおかつ「絞り」という機構を細く操作できます。 この「絞り」は、ピントの合う距離に深く関わっている機構部分です。 一眼レフカメラであれば、「絞り」を調節して綺麗なボケを演出できます。 また、レンズ交換で様々なシーンに対応できるので、これから色々な撮影をしようと考えている方にはおすすめです。 反対に一眼レフのデメリットは• レンズを揃えるのにお金がかかる• 長時間の撮影ができない という点です。 レンズ交換で様々なシーン に対応できるというのは、大きなメリットですが、その一方で、 レンズに対する費用がかかってきます。 レンズの1つの費用も高く、安いものでも1万円前後、高いものになってくると10万円以上するものも。 そのような、高級なレンズは必ずしも必要ではありませんが、レンズは必ず必要になってくるものです。 一眼レフを利用するのであれば、レンズ費用は頭の中に入れておく必要があります。 また、 一眼レフカメラには、動画の撮影時間に制限がある場合があり、長時間とりっぱなしの撮影にはあまり適しません。 長時間カメラを回す使い方をするのであれば、ビデオカメラを選択した方がいいでしょう。 自撮りメインならバリアングル液晶に対応したカメラを選ぼう もし、自撮りメインのYouTuberになるのであれば、バリアングル液晶に対応したカメラを選びましょう。 バリアングル液晶というのは、 カメラのレンズの方向に液晶モニターを反転させられる機能です。 この機能があると、自撮りをしながら液晶モニターで、撮影されている映像を確認できるので、アングルや映像の明るさなどの調整をしながら撮影できます。 自撮りメインであれば、 このバリアングル液晶備えているかどうかチェックして購入するのがおすすめです。 ミラーレス一眼ならコレ!オススメ2選 ここからは、 それぞれの機材についてオススメの製品を紹介していきます。 まずは、コンパクトで優秀な性能を持ったミラーレス一眼の製品から紹介していきましょう。 オートフォーカスの速さが特徴で、世界最速の0. 02秒という速度を誇っています。 瞳オートフォーカスとバリアングル液晶があるので、自撮りメインのユーチューバーにもオススメできる製品です。 Panasonic(パナソニック)Lumix GH5 出典: パナソニックの「LUMIX GH5」は、超高画質での撮影ができるミラーレス一眼です。 4K画質で60FPSの動画撮影にも対応しているので、とにかく高画質で撮影したいという方にオススメの製品。 長時間撮影に対応ビデオカメラ!Panasonic(パナソニック)HC-VX1M 出典: こちらのカメラの特徴は、 スマホと連携するとワイプ撮りができるという点です。 ワイプ撮りを気軽に行いたいという方にオススメの機種。 4Kでの撮影にも対応しているので、画質にこだわりたい方にもオススメです。 アクションカメラなら定番のGOPRO HERO8 出典: アウトドアシーンを撮影するのであればGOPROの右に出るものはありません。 GOPROの最新機種HERO8であれば、強力な手ブレ補正である 「HYPER Smooth 2. 0」を搭載しています。 ブレの気になる動きの激しいシーンであっても、手ブレを気にせず撮影が可能。 アウトドアでの撮影シーンがあるのであれば1台持っておいて損はないでしょう。 スマホ撮影に最適な究極の自撮り棒 出典: スマホ撮影では、自撮り棒があると撮影の幅が広がります。 こちらの 自撮り棒は、 自撮り機能だけでなく三脚などの様々な機能が備えられており、まさにオールインワンといった性能を持っています。 とにかくお金をかけずに、 様々な撮影シーンに対応したいという方にオススメです。 他のカメラを持っていても、こちらの自撮り棒があれば、スマホが優秀なサブカメラに変身します。 いいカメラを購入するのは人気が出てからでもOK 有名なユーチューバーが良い機材を使用していると、良いカメラが必要なんだと思ってしまいがちです。 しかし、 そんな有名なユーチューバー達も、最初のうちはチープな機材でやっていたという場合がほとんど。 Youtuberで人気になるには、画質よりもコンテンツの質がとても重要です。 高画質のカメラに切り替えるのは、人気が出始めてからでも遅くありません。 YouTuberデビューはスマホカメラからであっても全く問題ないので、楽しみながら良いコンテンツを作ってみてください。

次の