便秘 ツボ 足 裏。 【足ツボ】便秘解消のツボは?「セルフ足ツボ指圧」で足裏を刺激して腸や腎臓を動かそう

目指せ、スッキリお通じ! 便秘を改善するお腹・背中・手・足の「ツボ」 | コーラック | 大正製薬

便秘 ツボ 足 裏

Contents• 足つぼマッサージをするときの注意点 足の裏は第二の心臓と呼ばれていることは良く知られています。 足の裏には様々なツボがあり、体全体に刺激を与える事で健康維持に努める事が可能です。 足裏のツボは体全体につながっており、 マッサージをする事で血行が促進されて、体の痛みやコリを改善してくれます。 足つぼマッサージは、基本的に自宅でできますので、特別に準備するものがなく、 手軽にできるマッサージです。 息を吐きながら押していく! ほとんどの方が手の親指を使っていると思いますが、その親指も疲れてきますので、 百円ショップにあるマッサージ棒が便利でおすすめです。 これがあればいつでも気楽に足つぼマッサージができます。 ただ上から押すだけでなく、押しながら滑らせる方法も効果的ですが、その場合は、足裏の滑りを良くするために足裏につける保湿クリームなどを利用すると足つぼマッサージもやりやすくなります。 やり方として、いきなり強く押すのではなく、 息を吐きながら軽めにゆっくり押していきます。 徐々に押す力を強くしていくのが効果的です。 マッサージをする時間帯・タイミング マッサージを始めるタイミングですが、 お風呂上がりで体全体の血液循環が良い時がベストのタイミングです。 その時間以外では、足湯などでできるだけ足だけでも温めるのがいいです。 足つぼマッサージを避けた方がいい時間帯、タイプもあります。 飲酒の後は、血行が良くなっており、マッサージによってさらに酔いが回るので避けましょう。 また、 妊婦さんや病気など体調がすぐれない時などは避けてください。 食後30分はとよく言われますが、マッサージも同じで避けた方がいいです。 マッサージする時間は、 片足15分を目安にしましょう。 毎日続ける事で少しずつ効果が出てくるものですので、毎日の習慣として取り入れるのが一番です。 一気に解決しようと長い時間続けるのは逆効果になるだけですので気を付けましょう。 こんな時はここを押す! ストレスを感じている時 ストレスを感じている時に効果を発揮してくれるスポットは、 足の指を内側に曲げた時にできるへこみの部分です。 この場所は 湧泉というツボで、ここを押して刺激を与えてあげましょう。 この湧泉しいうツボは万能のツボで、ポカポカと温かくなって 冷え性改善、リラックス効果、不眠改善にも効くツボです。 スマホやパソコンで目が疲れている時 スマホやパソコンで目が疲れている時は、 足裏の中指と人差し指の付け根を押してマッサージしましょう。 目の疲れを放置すると赤くなり、痛みが出るばかりでなく、最悪の場合は視覚障害につながります。 右目の疲れには左足裏の指の付け根、左目の疲れには右足裏の指の付け根と覚えておくといいです。 眠りたいのになかなか寝付けない夜 眠りたいのになかなか寝付けない夜には、 足の親指の腹をマッサージしてもみほぐしてあげましょう。 ここをマッサージすることで、頭痛も和らげることができます。 脳につながるツボでマッサージにより、リラックスすることで不眠解消になります。 合わせて湧泉もマッサージすれば効果的です。 首こりや肩こりを感じる時 首や肩こりは現代病とも言われますが、ひどい時には 足裏の親指の付け根を指圧マッサージしましょう。 足裏親指の付け根は首とつながっており、 足裏の指の付け根全体にかけてマッサージするのがおすすめです。 また、足裏の人差し指と中指の腹は、目の疲れからくる肩こりにも効果的です。 胃腸など消化器系が弱っている時 飲みすぎ食べすぎで胃腸など消化器系が弱っている時には、 土踏まずを指圧しながらマッサージするのが効果的です。 胃を健康な状態に回復してくれます。 青竹踏みで土踏まずをマッサージしてほぐすのも良い方法です。 飲みすぎた時には、肝臓とつながりがある右足外側の方をほぐすと良いです。 土踏まずを毎日マッサージする事で便秘の解消にも効果があります。 冷えやむくみの症状 女性に多くみられる冷えやむくみの症状には 湧泉のツボをマッサージしましょう。 足首を回してほぐすとさらに効果的です。 足は心臓から遠く、血流が悪くなりやすい場所ですので、足つぼマッサージが効果的に表れる場所でもあります。 冷えやむくみには、足裏だけでなく、 足三里というすねのツボに向かって 足首から上に指圧するのもおすすめです。 むくみには先手必勝で、むくみが出る前にマッサージすることでむくみ対策になります。 おわりに 今回は、足のツボのマッサージ方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか? これらのように様々な効果があるのが足裏マッサージです。 毎日続ける事で少しずつ気になる症状が改善されていきますので、健康維持のためにぜひ取り入れてみましょう。

次の

湧泉で便秘解消!効能は便秘以外もたっくさん!奇跡の足ツボ

便秘 ツボ 足 裏

合谷(ごうこく) 万能ツボとして多くの心身の悩み解決に効果を発揮する有名なツボですね。 親指と人差し指の間あたりにあり、押すと痛気持ちよくなる場所が合谷です。 肩こりや精神安定などにも効果がありますが、便秘解消としては「大腸の活性化・整腸作用」が高く、腸の動きの鈍さを改善し快便へと導いてくれるツボです。 神門(しんもん) 手首の付け根、小指から真下に下ろしてきたライン上の骨と筋の間のツボ。 神門も痛気持ち良い程度にぐりぐりと刺激してあげましょう。 自律神経を整えるツボとしても有名で、ストレスからくる便秘解消にも効果的です。 また胃腸運動を活性化させる作用が高いため、腸の動きを活発にしてくれます。 間使(かんし) 手首から約指4本分離れた場所の、腕の真ん中にあるツボ。 押すと痛みをやや痛みを感じる場所で、ここを強めに刺激してあげます。 間使も腸活動を促進し、排便を促すツボとして昔から重宝されてきましたので、即効性の高い便秘解消ツボですよ。 便秘解消に効くツボ【足】 続いては足にある便秘解消ツボです。 青竹ふみを利用しよう! 前述したツボは便秘解消に効果的な代表的なツボたちです。 ですがまだまだ便秘に効くツボは体に多く存在しているのですが、それらを一つ一つ押していくのは大変ですよね。 そこで筆者がおすすめしたいのが 「一家に一台青竹踏み」を用意しておくことです。 立ち仕事やデスクワークなどあらゆる仕事で疲れると、妙に足の裏が痛い時ってないですか? その際青竹踏みを踏むだけで足裏が刺激され、また足裏が柔らかくなるのでとても気持ちよく疲れも取れます。 もちろん足の裏には便秘解消に効くツボがたくさんありますが、いちいちピンポイントで押すのが面倒なので、 青竹踏みを気持ちよく踏んでいるだけで勝手にツボが刺激され便秘改善にも繋がります。 疲労回復や心身の健康維持、そして便秘解消が一気に簡単にできてしまう「青竹踏み」はおすすめですよ。 お腹マッサージと組み合わせる 手や足のツボ押しも便秘には重要ですが、即効性という意味では腸マッサージともいえるお腹のツボ押しも有効です。 のの字マッサージ まずは腸マッサージの基本、おへそを中心に優しくのの字を描くようにお腹をマッサージしてあげましょう。 そして大きくのの字を描くパターンと、小さなのの字を描くパターンを組み合わせて刺激するのがおすすめです。 これは中に溜まった便を動かしたり、胃腸を活発にしたり、便に水分が行き渡りやすくなるため快便につながる基本の方法です。 違和感や痛みのある場所を押す もう一つ、お腹をキューっと凹ませた状態で今度は3本の指の腹でツボ押しするようにおへそ周りを押していきます。 すると何か違和感を感じたり、痛みを感じる箇所があればそこを強く押して刺激してあげます。 違和感や痛みがなくなれば、また別の場所へ移動します。 便秘は胃腸活動の悪さが大きな原因となっていますので、すぐに薬に頼るのではなく根本的な解消のためにツボ押しや食事を始めとした「整腸」をキーワードに改善していってくださいね。

次の

便秘に効く足ツボとは!

便秘 ツボ 足 裏

なかなか便秘が治らない、そんな時は便秘に効くツボを押してみてはいかがでしょうか。 ツボ押しなら今すぐにでも始められますし、お金もかからず健康的に便秘を解消することができます。 そこで、便秘に効くツボをいくつかご紹介していきたいと思います。 便秘に効く手のひらのツボ 手のひらのツボは今すぐにでも押せますし、電車の中やちょっとした休憩中にでも押せるのでおすすめです。 手のひらのツボは左右対称で両手にあるので、両手を押すことでより強い効果が得られます。 合谷 ごうこく 合谷は親指と人差し指の骨が交わるあたりの、ちょうど凹んだところにあります。 凹んでいるので見つけやすいのも特徴です。 合谷は色々な気が集まるツボで、万能のツボとも呼ばれています。 便秘だけでなく、 頭痛や 肩こりにも効果があります。 反対側の親指と人差し指で挟み、グーッと押すようにしましょう。 神門 しんもん) 神門は小指側の手の付け根あたりにあるツボで、骨と筋の間のくぼみにあります。 神門は ストレスを軽減するツボと言われていて、ストレスや緊張によって腸がこわばっているのをほぐし、便秘を解消するのに効果があります。 またストレス緩和で食べ過ぎを防いだりリラックス効果もあるので、便秘だけでなくストレス性の体調不良に悩んでいる方におすすめです。 親指で押したり、ペンなどでグーッと押しても効果があります。 便秘に効く足裏のツボ 足裏は心臓から最も離れた場所にあるため、血流やリンパの流れが悪くなりがちです。 そこで、足裏を刺激することで血流をよくし、内臓をの動きを活発にしたり、浮腫みを解消する効果もあります。 反射区 はんしゃく この反射区には胃や腸のツボが集まっています。 ここを押すことで消化をスムーズにしたり、 腸の動きを活発にして便秘を解消することができます。 便秘の方は痛いですがしっかり押し揉みしていきましょう。 場所はあまり細かく考えず、土踏まずのまわりをぐりぐり押していきましょう。 湧泉 ゆうせん 湧泉は万能の土踏まずの少し上にある、くぼんだところです。 万能のツボと言われていて、 便秘だけでなく 疲れや だるさによく効きます。 また女性系の悩みにもよく効くので、 生理痛の緩和や 冷え、 浮腫みにも効きます。 親指の腹で体重をかけながら押していきましょう。 便秘に効く足のツボ 三陰交 さんいんこう 三陰交は万能のツボで、冷えからくるトラブルに有効です。 冷えからくる便秘、浮腫みなどがある時はここがおすすめです。 ゆっくり息を吐きながら押し、息を吸いながら離す、というのを3回ほど繰り返しましょう。 便秘に効くお腹のツボ お腹のツボは腸にも近いところにあるので、即効性があり効果を実感しやすいです。 腸のマッサージ効果もあるので、腸の動きが鈍くなっている時にもおすすめです。 天枢 てんすう 天枢はちょうどおへその横にあり、指2本~3本分外に離れたところにあります。 便秘だけでなく下痢にも効果があるので、お腹の調子が悪い時はとりあえずここ、というくらいおすすめのツボです。 けっこう奥の方にあるので、人差し指と中指、薬指の3本を使ってギュッと押していきましょう。 気海 きかい 気海はちょうどおへその下にあるツボで、おへそから指2本分くらい下がったところにあります。 気海も 胃腸トラブル全般に効果がありますし、女性なら生理不順などの 生理トラブルにも効果があります。 指だとしっかり押せない場合は、握りこぶしを作ってグーッと押すようにするとしっかりツボを押せるのでおすすめです。 ツボを押す時のコツ ツボ、と聞くと痛いほど効く!というイメージがある方も多いかと思いますが、痛いからといってその分効果があるわけではありません。 腸はリラックスして副交感神経が優位になっている時に活発に動くので、 息をゆっくり吐きながら押して、吸いながら戻す、という感じで、あまりグイグイ押したり強くグリグリしたりせず、ちょっと痛いかな?でも気持ちいいかな?というくらいでゆっくり押すのがおすすめです。 余裕があればお灸なんかもおすすめです。 特に女性は冷えからくる便秘が起きている可能性もあるので、お腹をお灸で温めることで腸の動きが活発になりやすいです。 管理人も、便秘が続くとお腹のツボにお灸をしますが、だいたい次の日お通じがきます。 便秘薬などと違ってクセにもならないですし、お腹がポカポカしてきて夜ぐっすり眠れます。

次の