ワイ モバイル 機種。 Yahoo!モバイル

Y!mobile(ワイモバイル)のバックアップは機種変更でもデータ移行不要

ワイ モバイル 機種

オンラインストアで適用されるキャンペーン キャンペーン 特典内容 オンラインストア適用の可否 ソフトバンク運営 Yahoo! モバイル 機種代割引 オンラインストアでの購入機種は、以下の金額が税込で割引される。 新規契約:14,400円• 他社から乗り換え:14,400円• 契約変更 PHSから乗り換え :7,200円• プランSを契約すると、PayPayボーナス3,000円相当• JAPAN IDでログインして特典エントリーをし、申し込みの翌月末までに「Y! よりオトクになりやすいのは、たくさんのPayPayボーナスライトをもらえる「Yahooモバイル内のオンラインストア」になります。 どちらのオンラインストアで、どのキャンペーンを適用するかはとても重要です。 「どのキャンペーンが実際に適用できる?」 「どういったキャンペーンの組みあわせで申し込めばいい?」 上記のような疑問や不安を持った方は、 各キャンペーンの内容や組み合わせをまとめている下記ページをご覧ください。

次の

ワイモバイルの機種変更は簡単3ステップ!手順から注意点まで完全ガイド

ワイ モバイル 機種

オンラインで機種変更する手順 オンラインがおすすめな理由 ワイモバイルの機種変更は、 ワイモバイルの店舗またはで手続き可能です。 おすすめは断然オンラインサイトです。 オンラインなら 機種変更手数料が無料で、 端末価格も店舗より安いです。 来店不要で手続きかんたん、待ち時間もありません。 機種変更手数料が無料• 端末価格が店舗より安い• 24時間いつでも手続き可• 送料無料• 来店不要・待ち時間なし• 端末を実際に触れない• 店員さんのサポートなし オンラインで機種変更する手順 ワイモバイルオンラインサイトで機種変更する手順は大まかに以下の5つです。 公式サイトで機種変更手続き• 商品発送• SIMの差し替え or 回線切り替え オンラインサイトで機種変更手続き後、 商品が当日・または翌日に発送されます。 この際、 端末のみ送られてくる場合と、端末とセットで新しいSIMカードが送られてくる場合があります。 端末のみ送られてきた場合は、現在の端末からSIMを抜いて新しい端末に挿せば機種変更は完了です。 回線切替が必要なパターン 前章で解説したとおり、機種変更後に 端末とSIMカードが送れられてくる場合と、 端末のみが送られてくる場合があります。 端末だけ送られてきた場合には古い端末からSIMを抜いて新しい端末に挿せば機種変更は完了です。 端末にSIMカードが同封されてきた場合、これまで使っていたSIMを無効化して新しいSIMを有効にする作業が必要です。 これを 「回線切り替え」と呼びます。 「新しいSIMが送られてきたら回線切り替えが必要」と覚えておいてください。 詳しい手順書が同封されていますので、それをよく読めば大丈夫です。 回線切り替えの手順と時間 SIMが届いた場合、元のSIMカードから新しいSIMへの 回線切り替えが必要です。 同封されている用紙に記載されている電話番号(0800-919-9809)に電話をかけ、音声案内の指示に従って回線切り替えを行ってください。 回線切り替えの電話の受付時間はAM10時~PM7:00です。 回線切り替えの電話をするまでは元の機種に挿入されたSIMが使え、回線切り替えすると1時間後くらいに新しい機種のSIMが使えるようになります。 ただし、到着から6日をすぎると強制的に回線切り替えされます。 詳細は下記サイトをご覧ください。 機種変更受付時間 ワイモバイルオンラインストアなら 24時間機種変更の手続きが可能です。 来店不要で待ち時間もありませんので、断然ワイモバイルオンラインストアでの機種変更がおすすめです。 ただし、機種到着後の回線切り替えはAM10時~PM7時のうちに行ってください。 これはオンラインサイトも店舗も共通です。 ただし、オンラインサイトではを実施しています。 オンラインで機種変更すれば手数料が無料です。 店舗や家電量販店では手数料3000円がかかりますので、機種変更はオンラインが断然お得です。 機種変更時の審査 ワイモバイルで機種変更する際、必ず審査があります。 特に以下の場合には審査が厳しくなり、審査を通過しなければ機種変更はできません。 端末代金を24回分割払いにする• 端末代金が10万円を超える 審査の通過基準は公表されていませんが、 過去に料金の滞納があったり、 機種変更回数が多い場合は審査に落ちることもあるようです。 また、ワイモバイルで10万円を越える端末は多くありませんが、今後新しい機種が出た場合には注意が必要です。 古い機種は下取りも可能 ワイモバイルで機種変更する際、 古い機種は下取りしてもらうことも可能です。 ただし、ワイモバイルの下取り額はそれほど高いものではありません。 状態がよければ街中の中古スマホ買取ショップなどで見積もってもらうことも検討してください。 店舗での機種変更に必要なもの ワイモバイル店舗で機種変更する際に必要なものは以下の通りです。 <必要なもの>• 運転免許証• 日本国パスポート• 個人番号カード マイナンバーカード• 身体障がい者手帳• 療育手帳• 精神障がい者手帳• 住民基本台帳カード(QRコード付)+補助書類• 健康保険証+補助書類 店舗での機種変更受付時間 店舗で機種変更する場合、機種変更は 店舗営業中ならいつでも可能です。 ただし、機種変更手続きにはかなりの時間を要しますので、閉店間際に駆け込むとかなり遅くなってしまいます。 (場合によっては受け付けてもらえない場合もあります) できるだけ時間に余裕を持って来店しましょう。 店舗はおすすめではない 正直、 店舗で機種変更するのはおすすめではありません。 店舗で機種変更すれば手数料もかかりますし、端末価格もオンラインより高いです。 「店員さんのサポートが無いと不安…」という方は仕方がないですが、オンラインでの機種変更は非常に簡単です。 端末が届いたら電話をして回線切り替えするだけです。 店舗だと1万円近く損になりますので、できるだけオンラインで機種変更しましょう。 自分で機種変更する手順は以下の通りです。 ドコモ・auのAndroid端末は、・など一部を除き、ワイモバイルのバンドに対応していません。 使えないことはないですが、 使わないほうが無難でしょう。 ソフトバンクのAndroidはワイモバイルのバンドに対応していますので、SIMロック解除すれば使えます。 しかし、 ソフトバンクのAndroid端末は2018年5月以降に発売された機種でないとテザリングできません。 その他にも一部例外があるので必ず事前に確認してください。 中古スマホに機種変更も可 持ち込み端末は、 もちろん中古でもOKです。 大手スマホ通販サイト「」などでは、中古スマホが格安で手に入ります。 ワイモバイルで機種変更できる中古スマホはざっくり以下の通りです。 また、他社版のiPhoneは、6S・SE以降の機種ならSIMロック解除すれば使えます。 Androidは、SIMフリー端末以外にソフトバンク版のAndroidスマホもSIMロック解除後に使えます。 詳細は動作確認端末一覧を確認してください。 その後、 APN設定(プロファイルのインストール)が必要です。 APNをしないと、SIMカードを挿してもデータ通信ができません。 手順: 自分で機種変更時の注意点 ワイモバイルユーザーが 自分で機種変更する際の唯一の注意点はSIMカードのサイズです。 スマホ端末によって、使えるSIMカードのサイズが異なります。 現在販売している端末はほとんどがnanoサイズですが、一部の古い機種はmicroの場合があります。 その場合、SIMカードサイズを変更してください。 SIMカードサイズの変更はワイモバイルショップのみの受付で、 手数料が3,000円かかります。 Ymobile版iPhoneから機種変更する場合 ワイモバイルでiPhone7・iPhone6S・iPhone SEとSIMをセットで契約していた方が、他で購入したスマホに機種変更する場合は、 SIMカードの変更が必要です。 通常、ワイモバイルでSIMカードを契約すると「n111」または「n101」というSIMカードが発行されます。 しかし、 ワイモバイルで購入したiPhoneに挿入されているSIMは、「n141」というワイモバイル版iPhone専用のSIMカードです。 使えるのはワイモバイルのiPhoneのみです。 ワイモバイルでiPhone SE・iPhone6S・iPhone7を購入した方が他で購入したスマホに機種変更する際は、SIMカードの交換が必要です。 ワイモバイルの店舗で 「n101」に交換してもらってください。 厳密にいうと特殊なAPNを入力すると使えますが、保証対象外ですので素直にSIMを交換したほうが良いでしょう。 どうしても知りたい方は「」に記載されている非公式APNを入力すれば使えるようです。 参考記事: HUAWEI P30 lite 私がワイモバイルでもっともおすすめする機種は、 HUAWEI P30 liteです。 搭載CPUはKirin710、メモリーRAMも4GBと性能は十分です。 15インチの大画面なのでゲームも快適でしょう。 カメラにはAIが搭載されており、被写体に応じて最適な撮影モードに切り替えてくれます。 ワイモバイル版はシングルSIMに改良されているのが残念ですが、普段使いには問題ありません。 安心の京セラ製スマホで、初めての方でも使いやすいのが特徴です。 端末価格も安いので、 電話やメール・LINEが中心でそれほどスマホは使わないという方におすすめです。 CPUやメモリーは最低限ですが、 カメラはデュアルレンズです。 同時期に発売されたAndroid One S7と悩む方が多いですが、S7のカメラはシングルレンズでしたので、その点ではS6の方が良いですね。 S7にはなかった指紋認証センサーにも対応しています。 価格もAndroid One S7より安いので、S7と比べるとこちらの機種のほうがおすすめです。 <端末価格>• 店舗での価格:25,920円• オンラインの価格• なら月額料金をシミュレーションできますので、ぜひ事前に試算しましょう。 iPhoneはやはり非常に人気ですね。 iPhone7は2018年末に発売され、圧倒的な人気を誇っています。 3Dゲームもできる高性能端末で、おサイフケータイや防水にも対応しています。 この場合、機種はアップルストアなどで購入することになりますので、SIMカードがあれば十分です。 詳細は以下の記事を参考にしてください。 店舗とオンラインでは端末価格が異なり、オンラインの方が安いです。 なら機種変更時に 7,200円の割引が自動適用されます。 しかし、店舗だとこの割引はありません。 しかし、 なら事務手数料が無料です。 ワイモバイルは店舗や家電量販店で機種変更する方が多いですが、この場合は機種代金に手数料が上乗せされます。 できるだけ安く機種変更したい方はで機種変更しましょう。 それは、 家のネットをソフトバンク光/ソフトバンクAirにすることです。 家のネットをソフトバンク光・Airにすると 「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。 <おうち割による割引額>.

次の

ワイモバイルで持ち込みiPhoneに機種変更!ソフトバンクiPhoneは使える?|スマちょ。

ワイ モバイル 機種

Xperia8 最初のおサイフケータイ対応機種は、2019年10月に発売の Xperia8です。 ワイモバイルで初めて発売されるXperiaで、もちろんおサイフケータイ搭載です。 何より 21:9の縦長画面が最大の特徴です。 SNSなど、これまでより多い情報量を画面に映せます。 搭載CPUはSnapdragon630、 メモリーRAMは4GBなので、高負荷の3Dゲームなどを除けば動作はサクサクでしょう。 性能としてはそこまで高いものではありませんが、 AIが被写体を判別して自動で最適なモードに設定してくれます。 強くこだわる方でなければ十分です。 ミドルスペックの機種なので、Xperia XZシリーズやXperia 1に比べるともちろん性能は劣ります。 ですが、「Xperiaがいいので3キャリアしか選べなかった」という方にも、待望の発売になりました。 ワイモバイル初のXperia• 21:9の6インチ縦長画面• AI搭載デュアルカメラ• 防水・防塵対応• おサイフケータイ搭載• Xperiaが3. 6万円で買える• 性能はそこそこ• iPhoneは7以降の機種でおサイフケータイに対応しています。 iPhone7は3世代前のiPhoneですが、今でも性能は十分です。 ベンチマークスコアは、 2018年末に発売された Android One X5と同等か少し劣るくらいです。 3Dゲームをされる方もiPhone7なら満足でしょう。 ホームボタンで指紋認証もできます。 防水・防塵にも対応しているのが嬉しいですね。 他端末に比べて価格は高いですが、 比較的安価に使えるiPhone7は非常におすすめです。 ゲームもできる高性能機種• ホームボタンあり• おサイフケータイ対応• 防水・防塵• テザリングも可能• 価格は他機種より高い• 搭載CPUはSnapdragon835、メモリー RAM も4GBなので、性能は十分です。 3Dゲームをされる方や性能にこだわる方はこのAndroid One X5か、iPhone7にしましょう。 カメラにはAI(人工知能)が搭載されており、被写体に応じて最適な撮影モードに自動で切り替えてくれます。 海外メーカーのLG製ながら 防水・防塵・おサイフケータイにも対応しており、オーディオにもこだわっています。 ただし、 バッテリーの持ちは平凡なので注意が必要です。 超高性能Snapdragon835• メモリーRAMが4GB• AI搭載カメラ• おサイフケータイ対応• 防水・防塵対応• オーディオにもこだわり• 端末価格が高い• 現在やで販売中です。 製造はSHARPで、Android Oneシリーズの中でも高性能な「Xシリーズ」の機種です。 Android One X4の 搭載CPUはSnapdragon630、 メモリーRAMは3GBです。 高負荷の3Dゲームなどを除けば、処理はいつでも快適でしょう。 本体は 今流行の18:9縦長画面で、5. 5インチと大画面ながら横幅は従来の端末と変わらず、 片手でも持ちやすいです。 Snapdragon630+3GBメモリー• 流行の5. 5インチ縦長画面• フルHD+の美しいディスプレイ• ワンセグ・おサイフケータイ• 指紋認証センサー搭載• 安心の防水・防塵対応• 比較的低価格で買える• メモリーが4GBあれば…• 特徴はなんと言っても「全部入り」の高機能・多機能スマホであることです。 おサイフケータイ以外にも 「ワンセグ」「防水・防塵」「赤外線通信」「指紋認証センサー」と、便利機能が全て搭載されています。 また、 バッテリーの持ちが良いことも特徴です。 「3日間充電不要!」と謳っています。 軽快に動作するため、スマホをよく使う方も安心です。 個人的にはAndroid One X4の方が良いかなと思いますが、価格はこちらの方が安いです。 ワンセグ・おサイフ搭載• 防水・防塵・耐衝撃• バッテリーの持ちがよい• Android Oneで高めのCPU搭載• 安心の国産スマホ• X4より安いがスペックは劣る• Android One S5• Android One S4• Android One S3• Android One S2• Android One S1• HUAWEI P30 lite• HUAWEI P20 lite• Libero S10• かんたんスマホ• iPhone6S• iPhoneSE Android OneのXシリーズは全機種でおサイフケータイが使えますが、 逆にSシリーズはどれもおサイフケータイに対応していません。 SHARP製・京セラ製のスマホも非対応なので注意して下さい。 また、 iPhone6S・iPhoneSEも非対応ですし、「P30 lite」 「P20 lite」や「かんたんスマホ」も使えません。 私もおサイフケータイを使っていますが、スマホだけでいろんな決済ができて大変便利です。 ワイモバイルにはおサイフケータイ対応機種が多数ありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてください。 ワイモバイルのスマホ購入は店舗でも可能ですが、24時間待ち時間不要で手続き簡単のがおすすめです。

次の