シリコン オイル 洗車。 【シリコンスプレー】車の劣化樹脂パーツ、ゴムパーツの艶と輝きが復活

【シリコンスプレー】車の劣化樹脂パーツ、ゴムパーツの艶と輝きが復活

シリコン オイル 洗車

車のホイールってひどく汚れますよね!ボディーが綺麗でもホイールが汚れていると台無しです!車も足元からコーティングを施し綺麗にしたいものです。 そこで登場するのが、信越化学工業さんのシリコーンオイルKF-96です。 コーティング剤には様々な種類がありますが光沢と撥水効果もある優れものです。 コーティング剤やワックスの代わりにボディーやタイヤの側面にも簡単に使うことができコスパもいい優れものシリコーンオイルKF-96! シリコーンオイルを車のボディー、ホイールに使っているのをYouTubeやネットで見かけたので、今回はこのうわさのシリコーンオイルKF-96で車のホイールコーティング剤としての施工のしかたをご紹介します。 それでは、シリコーンオイルKF-96を詳しく見ていきましょう。 Contents• シリコーンオイルKF-96-50CSとは シリコーンオイルKF-96-50CSを製造されているのは、信越化学工業株式会社さんになります。 シリコンの純度が高く様々な分野で使われています。 シリコーンオイルKF96-50CSの特徴は以下の通りです。 内容量:1kg• タイプ:離型• 粘度 cSt :50 末尾の数値が粘土を表しています。 高いほど粘度も高くなる。 色:無色透明• 価格:¥2,148 Amazonさん 2020. 01調べ) 容量が1㎏もあり使用時は伸ばして使用するのでなかなか減ることがなくコスパはいいと思います。 シリコーンの特徴は、簡単に言うと細かな凹凸面にも浸透しぬれがいいということと、さまざまな成形の材料に使用できる汎用性であり、化学的に不活性(科学的に変化がおきにくい)、耐熱・耐寒性と広い温度範囲で使うことができるという優れもの。 半導体や化粧品、食品の製造過程や生活・住環境の中と多種多様に使用されていますよ。 ん?食品と思われた方もいると思うので少しふれておきますね。 代表例として業務用の食用油(揚げ油)に使われています。 泡を抑えることで油跳ねも少なくし安全に使用できるようにするそうです。 国内品であれば1㎏で5ppm以内(1ppm=0. 食品の製造過程に使われているのですが人体には影響がないとされています。 大きな汚れが取れたら激泡ガラスクリーナーを吹きかけ、1分程度おきます。 汚れが浮いてくるので、その後は水で洗い流しましょう。 ) <高圧洗浄機:使用前> <高圧洗浄機:使用後> ホイールの内側の汚れも取っていきましょう。 スタッドレスタイヤ、夏タイヤなどの交換時期はタイヤの取り外しがあるので、内側の洗浄が楽にでき念入りに洗うことができますね。 (後ででてくるコーティングも施すといいですよ!) タイヤ交換時期がタイヤを綺麗にするチャンスになりますね!今回は装着したままの状態から洗浄を行っています。 水滴が付いた状態にしておき次の作業、シリコーンオイルKF-96のコーティングに移っていきましょう! シリコーンオイルでコーティングやり方 信越化学工業さんのシリコーンオイルKF-96を使ってコーティングをやっていくのですが使い方が分かるように解説します。 又、シリコーンオイル KF96と一緒に使用するのがスコット ショップタオルになります!こちらもYouTubeやネットでシリコーンオイル KF-96と共によく紹介されています。 合わせて見ていくことにしましょう! シリコーンオイル缶のキャップの外し方 先ずはシリコーンオイルKF-96の缶のキャップの外し方ですが、キャップの真ん中を指(親指)で押して外側の淵を逸らせて広げます。 するとキャップを簡単に外すことができます(この時点で外れています)。 キャップを外したら、もう一つ内蓋があります。 それには輪っかがあるので指でつまみ引っ張り上げて取り外します。 勢いが強いとシリコーンオイルが飛び散るのでゆっくりと引き上げます。 シリコーンオイルの缶の口にショップタオルを押し付け缶を横にして、シリコーンオイルKF-96を適量を含ませていきます。 含ませたら縦に戻します。 ショップタオルに含ませていることを確認しシリコーンオイルを優しくホイールに塗っていきます。 ホイールに薄く伸ばして塗布していきます。 足りなければ上記の説明の通り、シリコーンオイルを含ませて塗布します。 塗布をするときは、優しく拭いてくださいね。 汚れが残っていることもあるのでキズを防止するためです。 マット系(ブラック)のホイールへの施工は、好ましくないのでやらないように。 シリコーンオイルは光沢を出しながら表面の保護をします。 マット系は光沢を出さないため不向きです。 シリコーンオイルを塗布し終えたらそのままの状態で置いておきます。 これで完了です。 シリコーンオイルのキャップの締め方 シリコーンオイルのキャップを締めていきます。 中蓋を押してはめ込みます。 次にキャップの内側の真ん中が膨らんでいるので、そのキャップの膨らんでいるところ(内側の真ん中)を指で押します。 すると「パチン」という音が鳴り反対側に戻ります。 そして、キャップを缶の口に合わせ押し込めば締まります。 難しくなく、簡単に施工ができるのでチャレンジしてくださいね! まとめ 今回は、車のホイールコーティング剤としてうわさのシリコーンオイルKF-96をご紹介しました。 信越化学工業さんのシリコーンオイルKF-96は優れものでした。 ホイールだけではなくボディーや樹脂部品、ゴムといったところをコーティングできる優れものでコスパもよっかですね。 私は、ホイール以外にボディーやタイヤの側面に試してみましたが綺麗に仕上がりました。 何回も塗り重ねていくことで汚れも取れやすくなり、お手入れも楽になりますね。 次回は、白けた樹脂部分にも使ってみようと思います! このKF-96は、生活の中で多種多様に使われていて安心して使えることも分かりました。 綺麗になったホイールは気持ちのいいものですね。 一度使ってみてはどうでしょうか! 今回は、ここまでとなります。 ご覧になった方は、いかがだったでしょうか。 また、別の記事も見てくださいね。 皆様の愛車がいつまでも綺麗であり続け事故の無いことを祈っています。 では、また次回に!!.

次の

これが最強!?工業用シリコーンオイルでカーコーティングしてみた!

シリコン オイル 洗車

タイヤワックスは、ひと塗するだけでピッカピカになるカーメンテナンスの定番アイテムです。 しかし、そこに含まれている石油系溶剤のせいで、使えば使うほどタイヤの劣化にもつながってしまいます。 そんな時におすすめしたいのが、タイヤワックスと同じ効果があり、しかもタイヤの保護にも役立つ代用品です。 しかし、この代用品にも種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。 さらにタイヤワックスを使わなくても、タイヤ本来の美しさを引き出す方法もあります。 そこで今回はタイヤワックスの代用品を種類ごとにそれぞれのメリット・デメリットなどを紹介しながら、「どう洗えばあなたの愛車のタイヤがキレイになるのか」正しいタイヤの洗浄方法まで紹介していきます。 タイヤワックスの代用品6選 タイヤワックスの代用品にも、様々なものがあります。 身近なものを使って代用する方法もありますが、タイヤのメンテナンス専用の代用品もあります。 それぞれにメリット・デメリットや特徴がありますので、代表的な6つの代用品を紹介していきます。 1-1. アーマオール アーマオールは、タイヤワックスの代用品として最もよく知られている代用品です。 アーマオールは昔からある商品で、カー用品店だけでなくホームセンターなどでも販売されています。 ですから「使ったことはないけれど見たことはある!」という人の方が多いはずです。 メリット アーマオールのメリットは、タイヤに影響がないタイヤのメンテナンス商品ということでしょう。 もともとタイヤワックスが「タイヤの劣化の原因」といわれる理由は、シリコンを溶かすときに石油系溶剤が使われていることにあります。 この石油系溶剤を使っているタイヤワックスは「油性タイプ」といわれています。 ところがタイヤに悪影響がないアーマオールは中性タイプのつや出し剤です。 そのため使い続けていてもタイヤの劣化に影響はなく、さらにタイヤワックスのようなピッカピカなつやが手に入ります。 デメリット アーマオールは、タイヤにストレスを与えずにピッカピカにする効果があります。 しかし、すでにタイヤの劣化が進んでいる場合は、使ってもあまり効果がありません。 また中性タイプのつや出し剤なのでダッシュボードやバンパーなど、プラスチック製品にも使うことも出来るのですが、思っている以上にツヤツヤになってしまうので「使わなかったほうが良かった!」と思うこともあります。 特にダッシュボードの場合は、車内に入り込む日差しの照り返しを防ぐためにあえてつや消し加工がされています。 ですからダッシュボードに使ってしまうと照り返しを防ぐどころか、逆に光を反射させてしまいます。 つまり「タイヤ以外でも使えるオールマイティーなつや出し剤」ですが、「つや消し加工されている部分には使うとカーライフに影響が出る」ということがデメリットとして挙げられます。 使い方の注意点 アーマオールには乳化剤が含まれています。 そのためスプレータイプのつや出し剤なのですが、直接タイヤに吹き付けて使うと液だれの原因となります。 少量でビックリするほど伸びますので、直接タイヤに吹き付けるのではなく布やスポンジにつけてからタイヤに塗ることが使用する際の注意点になります。 詳細については、「 」こちらもご確認ください。 1-2. シリコンオイル もともとタイヤワックスにはシリコンが含まれています。 このシリコンを水に溶かしたものを水性タイプといい、石油系溶剤に溶かしたものを油性タイプといいます。 シリコンにはタイヤワックスを使ったときのピッカピカなツヤと関係しているので、つや出し効果があるタイヤメンテナンス商品にはほとんど含まれています。 ただしシリコンを何で溶かすかによって異なるのがタイヤワックスです。 特に油性タイプは、タイヤの劣化の原因になります。 そこでタイヤワックスの代用としておすすめしたいのが、シリコンオイルです。 シリコンオイルはタイヤワックスのようなツヤ出し効果はありますが、タイヤへ悪影響を与えることはありません。 メリット シリコンオイルは、タイヤワックスのようなピッカピカのつやが出るのが特徴です。 しかもタイヤの表面のみをコーティングしてくれるので、タイヤ内部にシリコンオイルが染み込んでいくことはありません。 つまりしっかりとツヤ出しをしながらもタイヤに影響のない成分で作られているため、タイヤ本来が持つ保護成分の効果をきちんと発揮させることが出来ます。 これがシリコンオイルのメリットです。 デメリット シリコンオイルには液体タイプとスプレータイプがあります。 特にはシリコンオイル本来の効果が発揮できる点がおすすめなのですが、プロも使うとあって値段がかなり高いです。 業務用で値段も高いため、一般ユーザーとしてはその点がデメリットとなります。 の場合は、シリコンオイルの中に石油系溶剤が含まれています。 石油系溶剤はタイヤの劣化の原因となりますので、スプレータイプのシリコンオイルを使い続けているとひび割れなどが起こります。 使い方の注意点 シリコンオイルの場合は、「どのタイプのシリコンオイルを使うのか」がポイントです。 液体タイプは「つや出し&タイヤの保護」としては最適なのですが、値段が高いのがネックになります。 スプレータイプの場合は、主成分をきちんと確認することが大切です。 「スプレータイプ=石油系溶剤が含まれている」と思っておいた方が賢いでしょう。 使い方は一般的なタイヤワックスと同じなのですが、どのシリコンオイルを使うのかが一番の注意点となります。 1-3. 食器用洗剤 わざわざカー用品店に行って代用品を買わなくても、台所にある食器用洗剤を使って代用することもできます。 メリット とにかく自宅にあるもので出来るというのが、食器用洗剤を代用品として使う最大のメリットです。 「タイヤのメンテナンスのためだけに高い代用品を買うのがもったいない!」という人には、100円で簡単に購入できる食器用洗剤の方が絶対お得だと思うはずです。 デメリット 食器用洗剤を代用品として使う最大のデメリットは、「とにかく持ちが悪い」ということでしょう。 食器用洗剤を使った直後はピカピカになるのですが、その効果が持続するのはせいぜい2~3日程度です。 つまり「こまめに手入れをしなければいけないため手間がかかる」ということがデメリットとして挙げられます。 使い方の注意点 食器用洗剤を代用品として使う場合は、「洗車」と「洗剤を使ったコーティング」は別々にしなければいけません。 洗車時に食器用洗剤を使うのでは、ただの汚れ落としにしかなりません。 そのためタイヤワックスの代用品として使いたい場合は、「洗車とは別の日に行うこと」が一番の注意点となります。 1-4. マジックリン 大掃除の時に大活躍するマジックリンでも、タイヤワックスの代用品として使うことが出来ます。 メリット タイヤの表面についた汚れなどは、わざわざタイヤワックスを使わなくてもマジックリンで十分代用できます。 しかも油汚れ専用のマジックリンであれば、ホイールに着いた汚れまできれいに落とすことが出来ます。 汚れが落ちるということは「くすんでいたタイヤの色が復活する」ということですので、見た目も大きく変わります。 これがワンコイン以下で買えて、しかもタイヤのメンテナンス以外にも使えるのですからコスパ的には最高ですよね。 デメリット 食器用洗剤と同様、持ちが悪いのがデメリットになります。 そもそもマジックリンは汚れを落とすことが目的なので、タイヤワックスのようにコーティングするものではありません。 また劣化したタイヤに使った場合は、いくらマジックリンを使っても思っているような効果は出ないです。 これもマジックリンのデメリットといえます。 使い方の注意点 マジックリンは1本でスプレー式と泡式に切り替えることが出来ます。 でもどちらの場合も直接タイヤに吹き付けるのではなく、布やスポンジにつけてから表面を塗っていくようにします。 これをしないと、いくら注意していてもタイヤ以外の部分に吹き飛んでしまいます。 また間違って吹き付けてしまった部分をそのままにしておくと、しつこいシミになります。 1-5. シリコンスプレー シリコンスプレーも、タイヤワックスの代用品としてよく使われます。 特にタイヤワックスのようなツヤ出しが欲しい人にはおすすめです。 メリット スプレータイプでありながら、タイヤの劣化の原因となる石油系溶剤が含まれていないのがシリコンスプレーの特徴です。 タイヤのゴム以外にもプラスチック製品や金属製品のつや出しとしても使うことが出来ます。 デメリット タイヤには優しいシリコンスプレーですが、耐久性に若干問題があるのがデメリットです。 使い方は一般的なスプレータイプのワックスと同じなのですが、持ちが悪いためこまめに手入れが必要になります。 「この手間が苦手」という人には、耐久性の悪さが最大のデメリットといえます。 使い方の注意点 スプレータイプなので、誤ってタイヤ以外の場所に液体を付けてしまうことがあります。 そのため塗る時には、布やスポンジにつけてからタイヤに塗るのがポイントです。 さらにシリコンスプレーは非常に滑りやすいので、ブレーキやハンドルなどに使うと非常に危険です。 基本的に車のつや出しにはこれ一本で十分なのですが、使ってはいけない部分を事前に理解しておかないと危険です。 十分に注意して使いましょう。 1-6. エンジンオイル 快適なカーライフを手に入れるためには必ず必要になるエンジンオイル。 実はこれも「タイヤのつや出し効果がある代用品」なのです。 メリット エンジンオイルは定期的に交換しなければいけないものです。 でも「ちょっとだけ残っちゃった!」という場合、他に使い道がないと思ったりしますよね。 そんな時にタイヤワックスの代わりとして使うことが出来るのが、エンジンオイルを使うメリットといえます。 デメリット つや出し効果は期待で来ても、タイヤの保護を目的として使う場合にはおすすめできません。 もともとエンジンのために開発されたオイルなので、タイヤの保護成分は含んでいません。 使い方の注意点 タイヤワックスのようなツヤが出るのがエンジンオイルですが、路面との接地面に使うと滑りやすくなってしまい危険です。 あくまでもタイヤの側面のつや出しとして使うようにすることが、エンジンオイルで代用する時の注意点です。 タイヤワックスの代用以外でタイヤを黒くする方法 「タイヤワックスに限らず代用品すらも使いたくない!」という人もいるはずです。 そんな人こそ正しくタイヤを洗っていません。 正しいタイヤ洗浄の仕方さえわかれば、特別なことは何もしなくてもタイヤ本来の黒さを取り戻すことは出来るのです。 詳細は「」でもご紹介していますので、こちらも参考にしてください。 2-1. 正しいタイヤ洗車で茶色汚れを落とす タイヤについた茶色い汚れは、土がついて汚れてしまっていることが考えられます。 この場合は中性洗剤を薄めたものをブラシにつけ、力を入れずに優しく洗っていくだけできれいに落とすことが出来ます。 2-2. タイヤが黒くなるタイヤ洗車の方法 汚れをしっかりと落とすことによって、タイヤ本来の黒い色が蘇ります。 ただしタイヤにこびりついてしまった汚れは、かなりしつこいです。 そこでおすすめなのが「高圧洗浄機」です。 高圧洗浄器であれば、タイヤやホイールを傷つけることなくしつこい汚れだけを落としてくれます。 ただし水圧が高いですので、50cmほど離れてからタイヤに吹き付けると傷をつけることなく汚れを落とすことが出来ます。 高圧洗浄機で大まかな汚れが落とせたら、中性洗剤を専用のブラシにつけて軽くこすり洗いします。 この時にも力を入れ過ぎると、傷がつく原因になります。 最後に中性洗剤が残らないようにしっかりと洗い流します。 洗い終えた後に表面を乾拭きすれば、これだけでタイヤ本来の黒さが蘇ります。

次の

シリコンスプレーでバイクをきれいに出来る!無塗装部分に使えるボディコーティング剤

シリコン オイル 洗車

バイクの樹脂部分のくすみ対策 バイクに限った話ではないですが、自動車のバンパーをはじめ無塗装の樹脂パーツ 素地部分 ってどうしても経年劣化で白化してしまうもの。 無塗装部分、その名の通り 塗装をしていないので、磨くことができず手入れの手間がかかる部分なのです。 耐久性はイマイチでしたが しかし高い&少ない! いや、物がいいとわかっていてもコスパが悪くそのうちやんなくなる。 シリコーンスプレーで出来ること そこで荒業ですがシリコンスプレーで手早くメンテしてしまおうというのが僕のやり方。 シリコンスプレーとは溶剤を使っていない潤滑油の事で、名前の通りシリコン製の油膜で可動部分の滑りをよくするために使用します。 有機溶剤を使っていないのでゴムやプラスチックなどの樹脂製品を溶かさずいろんな場所に使えます。 シリコーンスプレー、言ってみれば液体ワックスという感じで使えるのがいいところ。 シリコンスプレーと同じく液体ワックス系なので樹脂にも使えて白ボケを隠すことができます。 ただ、これはギトギトになってしまう恐れありです。 オークションなどで買った車のダッシュボードがテカテカしていたらこれを疑ってください。 タイヤワックス同様、油分が強すぎてギトギトべたべたになるので、塗った後に一旦洗車してください。 …エンジンオイルはオススメはしませんので自己責任でお願いします。 シリコンスプレーでのボディケア方法 さてここからはシリコンスプレーを使ったメンテナンスの手順や注意点を説明していきます。 これはホームセンターでよく見かける『AZシリコーンスプレー イエロー 』です。 速乾性でドライタイプなので 触ってもベタつかないので、とにかく何でも使えるのが良い点でしょう。 めんどくさい場合やバンパーみたいな大型の物は直接吹いてガッツリやった方が早いですが、付けすぎのもとになりますので注意。 半分まで塗ってみての比較です。 テカテカではなく半光沢 半艶 という感じで仕上がります。 白ボケでくすむよりは全然マシでしょう。 新車購入から約1年半、洗車など普通に行い毎日通勤で使用していれば無塗装樹脂パーツなんてすぐに傷んできます。 細かい場所はウエスを折って入れ込むとバッチリです。 固形ワックスみたいに塊が残るということもないので隙間まで塗っても大丈夫です。 レザーワックスのようなべたつきはないので、砂が付着して困るということもなさそうです。 耐久性は期待できないものの、こまめに塗っていると汚れも付きにくいというメリットがあります まとめ 専用コーティング剤を使うのが一番いいのですが、軽くメンテする程度でいいやという人にはシリコンスプレーでバイクをきれいにすることは可能です。 特に 古い車両にはよくわかるもしれません。 洗車でほこりを落とした後にシリコンスプレーを使えば効率的です。 他にもエンジン部分やフレームなどにも塗ってOKなので適当にやっちゃってください。 若干撥水して汚れも落ちやすい シリコンを塗るということで撥水効果もあります。 汚れも付きにくくなるので、次の洗車が楽になります。 新車の時の綺麗さが再現できるってとても気持ちがいいものです。 ただ、あくまでもその場限りのボディケアなので、コーティングのような長期的な耐久性はありません。 スプレーワックスとはまた違う シュアラスターなどの液体ワックス系も同様の撥水効果があります。 これは固形ワックスのような傷消し効果はなく、単に撥水&塗膜簡易保護というものです。 洗車後に軽く吹き付けて乾拭きする程度でOKです。 ということで、シリコンスプレーでのメンテナンスでした! こんにちわ、紫摩です。 アクセルがぐらぐらしたり、半クラッチの位置がちょっと自分に合わない こんにちわ、紫摩 しま です。 ヤフオクでバイクを売買してみようと思っても初めてだとよくわ こんにちわ、バイク好きの紫摩 しま です。 ツーリングに便利なバイクパーツ、その名も「スロット こんにちわ、紫摩 しま です。 2016年9月4日に行われたダンロップオートバイカップ、愛 こんにちわ、しまです。 今回はソロツーリングをしようということで四国霊場12番札所の焼山寺へ行って ガラスコーティング フッ素系、シリコン系、などコーティングの成分はいろいろありますが、ガラ こんにちわ、紫摩 しま です。 「バイクに乗るためにちょっとでもうまくなりたい。 」そう思っ こんにちわ、紫摩 しま です。 僕が免許を取ってジムカーナを始めて、それから教える立場になって こんにちわ、紫摩 しま です。 皆さんブレーキレバーはどういうものに交換していますか? こんにちわ、CBR125R乗りの紫摩 しま です。 寒い冬が到来してきました。 僕は極端 こんにちわ、紫摩 しま です。 自宅で焼肉を焼く時に「油はね こんにちわ、紫摩 しま です。 以前からVTRのサスセッティ こんにちわ、紫摩です。 新型コロナウイルスで外出自粛要請を出 こんにちわ、紫摩です。 コロナウイルス感染防止対策でマスクを着け こんにちわ、紫摩です。 コロナウイルスの関係で、バイクも何も こんにちわ、紫摩です。 新型コロナウイルスの猛威がヤバイこの こんにちわ、紫摩です。 今回はドラムブレーキの点検整備の小ネ こんにちわ、紫摩です。

次の